2/24 2/25
2/17 2/18

スレッド一覧トップに戻る  スレッドを立てる新しくスレッドを立てる

地方競馬総合予想板(407)

2011年05月24日 11:08

  競馬歴2019年 回収率%
地方競馬総合予想板
26:2011年06月05日 17:29
佐賀 九州ダービー栄城賞 予想

本来、軸となるべき九州ジュニアチャンピオン勝ちで、JRA小倉 くすのき賞勝ちのウルトラカイザーは回避。

人気有力処は4頭か。
まずはヒシダイアナ。
佐賀重賞2勝で、佐賀は【4-2-0-0】
グランダムジャパンを中心に遠征を重ねてる牝馬。

次にリリー。 こちらも牝馬。
荒尾ダービー圧勝。 佐賀移籍後【4-3-0-0】と、連対率100%。
前走の古馬B2級千四戦を圧勝のスピードタイプ。
しかし、ヒシダイアナとは1勝2敗と分が悪く、ヒシダイアナと出走したレースで全て2着。

実績が劣る牡馬勢。
佐賀5戦4勝のカノヤハヤブサ。
中央遠征を2回経験しており、前走のダービーTR 鯱の門特選1着。

鯱の門特選2着のリネンハイブリッド。 こちらも佐賀は5戦4勝。
行き切れなかった前走で、砂を被る競馬になりながらも、直線で差を詰める2着と、収穫が多かった内容。

実績No.1のヒシダイアナは、山口勲がカノヤを選んで乗り替わりと、致命的なマイナス材料。 これは厳しいなぁ。
後方一辺倒で仕掛け処次第でしょうが、南谷が乗りこなせるかどうかが焦点だろうけど、テン乗りなら消しでしょ。

展開が、かなり面白そう。
キングシャークのリリーに、今や佐賀No.1の山口勲 カノヤハヤブサのハナ争い。
両方共に出脚良いし、鞍上が鞍上。 序盤から見処満載の一戦!
この二人が先行して、両立するのは考えにくいし、引くとは思えないし・・・。
一応、枠からキングシャークがハナだろうけど、山口が突き通して潰しに行く可能性が大。
一連の佐賀3歳重賞の鮫島克 リリー VS 山口勲 ヒシダイアナの競馬みたいに、両方共に簡単には行かせないのがわかるだけに、これは見物。
しかし、距離が二千。
特にカノヤハヤブサの前走は、楽に行けて勝負処で突き放しに行きながら、最後はギリギリ凌いだ代物。
負けに等しい内容で、そこから距離が250m長くなるだけに、展開、距離が厳しいと見て、カノヤハヤブサは消しに。

本命はエコグランプリ。
前述の有力処では無いというww
南関で1勝の実績で佐賀に移籍した前走の古馬B2戦で、勝ったサクラリボルバーから3.2秒差の大差の3着。
いや、大差負けだけど、このサクラリボルバーは【17-1-1-0】と、まだ底を見せていない佐賀で話題の馬。
走破時計が翌日のダービーTR 鯱の門特選の1、2着馬と0.3秒差と僅か。
レース内容も悪くなく、サクラリボルバー相手にもテンに楽について行ける出脚良し。
一旦は順位を下げて4着かの場面も、最後に盛り返して競り勝ち3着と味な内容。
古馬相手にあれだけやれれば問題無いし、終いしっかり伸びてるんで距離も大丈夫。
初の佐賀を叩かれた上積みもあるしで、狙い目は立つと。

相手はリネンハイブリット。
前走の鯱の門特選は、テンに押しても出脚の良さではカノヤハヤブサに敵わず、カノヤの後ろで砂を被る形で競馬。
それでも怯まず競馬が出来た点は◯。 勝負処でズブく、カノヤに離されながらも、直線で猛追。
前々から上がり最速で、クビの上げ下げまで行ったのも好感。
控えた競馬でも追って良く、距離は大丈夫そうだし、ここでも勝ち負けしそう。

三番手にリリー。
荒尾ダービー圧勝で、一応、距離に目途。
後続を早目に振り切る競馬で、どこまで我慢出来るかになりそう。
キングシャークの手綱に期待。

馬券はいつもの8点で♪
27:2011年06月05日 20:59
2011年6月6日(月) 佐 賀 第11競走 ダート 2000m(右)16:35発走
農林水産大臣賞典社台SS・JBC協会協賛
第53回 DW2011九州ダービー栄城賞

出馬表http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?...

地方競馬のダービーとは言え
ダービーとなるといつものペースとは違うものである

地方競馬はいつもルーチンワークなレースをしているせいか
どうも騎手自身のモチベーション的な問題で
馬が全力で走っていない印象がある

つまり九州ダービーで初めて厳しい流れの
ロングスパート決着で真価を発揮する馬もいるはずである

ロングスパートと言えばヒシミラクルが代名詞みたいなもんだが
そのヒシミラクル産駒のヒシダイアナがなかなか楽しめる一頭である

九州皐月賞の荒尾ダービー勝利したリリー相手に今年はじめに連勝した実績を持ち
ル・プランタン賞ではマンボビーン相手に0.5秒差の3着

前走こそ園田に遠征して大敗も
地方所属馬がそもそも輸送経験のなさから来る
輸送での弱さを考えれば論外の一戦と断じる

◎ヒシダイアナ
○リリー
▲カノヤハヤブサ
△キャンベル

馬券

複勝 ◎ヒシダイアナ

3連複 ◎-○、▲-1、3、7、9、11

正直リリーとカノヤのどちらかは消えると思うので
馬券的にも配当で楽しめる一戦と見る

何故ならリリーもカノヤも成績こそいいが
かなり単調なレースばかりしていて
同型が競った場合に一方が消えるのは常である

もしかしたらどちらも消えることも考えられるので
複勝も買うがリリーとカノヤが消えた場合は配当が高くなるので
それはそれでいい
28:2011年06月05日 21:04
>27

◎ヒシダイアナ
○リリー
▲カノヤハヤブサ
△キャンベル

馬連

◎-○、▲、△
29:2011年06月06日 17:56
2011年6月6日 (月) 佐 賀第11競走 ダート 2000m(右) 天候:曇 馬場:良

農林水産大臣賞典社台SS・JBC協会協賛
第53回 DW2011九州ダービー栄城賞

競走成績http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTa...

道中人気の2頭がそんなにやり合うわけでもなく
騎手が互いに間隔を空けてレースをしていた割には
馬の方が互いに威嚇しあう始末でどうにもならない

今までオレが大将の競馬しかしてないもんだから
道中自分より前にいる馬がうっとおしいらしい

もう2周目の向こう正面では2番手の山口も観念して
馬と一緒にキングシャークとリリー潰しに夢中になる

おかげで3角の辺りで
もうどちらも一杯一杯
いや正確には道中つつかれる形が続いた
逃げたリリーの方が完全に終わった

カノヤもほとんど余力なしで
4角では掲示板を確保するのに一杯一杯の様子

ところでその2頭の漁夫の利を取った
2番のリネンハイブリッドは3角で先頭
4角で突き放す勢いも追撃の1番ノーズに
直線で一気にパックン

田中直も勝てると思ってただけに
「あれ?!」って感じではないの

しかし近年JRAのダービーが
直線だけのクソレースになった今では
九州ダービーは全頭がロングスパートして
力を出し切った印象で

楽しめた

本命のヒシダイアナは
向こう正面で一気に加速した時は
「いいぞ」と思ったが
前が止まらず6着

中位に位置取りした騎手の
戦略力の勝利かもしれない
30:2011年06月06日 18:27
2011年6月7日(火) 門 別 第12競走 ダート 2000m(右)20:35発走
JBC協会・社台SS協賛 STV杯
第39回 北海優駿

出馬表http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?...

実はエバーオンワードは南関東に移籍しないと知った時点で
北海優駿の本命と決めていた

北海道2歳優駿の走りは3着ながらも
道中無茶苦茶な競馬で1番強い印象もあり
南関東に移籍して京浜盃などに出走していたら
絶対本命にしてやると決めていた

南関東で通用だと断じた器が
北海優駿で勝てないハズがない

◎エバーオンワード
○オグリシュンコー
▲スタープロフィット
△ピエールタイガー

オグリシュンコーはどの競馬場でも善戦のタイプで
中央競馬でも2度掲示板に載るくらいなのだから
環境の変化には対応できるタイプ

スタープロフィットは2走前にベストマイヒーローに
1秒差の完敗も長期休み明けの前走のJ交 スピカ特別で
成長を感じる勝利
好位に取れる戦法も魅力感じる

ピエールタイガーは北斗盃3着もタイム差は0.3秒で
大井の準重賞で5着の実績馬
父カコイーシーズの安定感は厳しいダービーだから活きる

パフォーマンスは脅威ではあるが
臨戦過程、キャリアなど考えると
強くなるのは先
人気ならいらない

しかしずんだ餅さんも言ってたが
北海優駿はどの馬も魅力的でいい意味で
群雄割拠ではないかな
31:2011年06月06日 18:34
>30

◎エバーオンワード
○オグリシュンコー
▲スタープロフィット
△ピエールタイガー

馬券

◎軸馬連
三連複◎軸1頭
32:2011年06月07日 00:24
えっ!? もう日が変わってんの!?

佐賀 九州ダービー栄城賞 回顧

案の定っちゅうか、なんとちゅうか。
佐賀どころか日本でもトップクラスの二人が逃げ馬乗るとこうなるよなぁ。

ヒシダイアナが出負け。 おいおい南谷。
リリーが前で、カノヤが番手。 ちょっぴりエコも混ざりながら、リネンは内々4番手。

牽制、牽制、また牽制。 意識に次ぐ意識の連鎖。
キングシャークのリリーは単騎ばかりの楽な競馬ばかり。
これは何故か、キングシャークだから。
佐賀で潰しに行けるのは山口勲だけ。 だからこうなると。
山口はクビ、アタマ差でつかず離れず。 リリーに取っては絡まれるのが、佐賀移籍後初めて、意識し過ぎて早目早目に。
この流れで、エコはずーっと手綱を押しながらの追走で一杯一杯に。

勝負処で砂の深い内から一気にリネンのスパートで直線ではセーフティーリードで、先行した前二頭は既に余力無しで後方。

「えっ!? マジで!?」
「内目後ろ」を確認する田中直。 そんなヒマがありゃ、追えよ阿呆が。
長田 コスモノーズアートが「直線大外」から一気の脚で田中を交わした所がゴール。

1着 コスモノーズアート
佐賀は【4-2-3-1】 着外は飛燕賞の5着。
前走の鯱の門特選は3着で1750mも勝ち鞍あり、距離に目途。
まぁ、漁夫の利。 

2着 リネンハイブリット
田中のボーンヘッド。
差されたら仕方ないで、一心不乱に追うべき処を後ろ確認してどうするよ。
しかも、確認してない外から差されるオマケ付き、おいおい。

3着 リョウマニッポン
騎手時代は、ミスター九州ダービーだった北村欣師の管理馬。
構えて勝負の倉富らしい乗り方で3着まで。

4着 リバースターリング
流れ込んだだけ。

5着 カノヤハヤブサ
距離に自信が無いから、とにかく潰しについて行って、後ろも振り切る競馬じゃないと行けないし。
もっと短いトコじゃないとね。

6着 ヒシダイアナ
南谷のボーンヘッド。
人気馬乗って出負けして慌てて。 これじゃあねぇ。

11着 エコグランプリ
とにかく前について行ってと、勝負に行った姿勢は評価。

12着 リリー
あれだけ絡まれりゃ、さもありなん。

テンから駆け引き堪能出来た、見応えがある素晴らしいレース。
中央じゃ絶対ありえないレースが地方にはある。
33:2011年06月07日 00:25
門別 北海優駿 予想

行ける馬がいるけど、距離が距離だし、道中はスローっぽいなぁ。

頭はサントメジャーで良さそう。
門別【6-0-1-0】 地元で負けたのが、デビュー初戦のフレッシュ3着のみ。
クローバー賞4着だし、川崎 鎌倉記念では一番人気に推された程の馬。(結果は初物尽くしの影響でブービー)
中央での二戦も、中山千八の平場で、ラヴィアンクレールから1.0秒差の9着とまずまず。
テン乗りですが、鞍上は小国。 元上山リーディングだし、クラキンコの主戦騎手なんだから大丈夫。
むしろ、堂山芳厩舎所属騎手でここは勝負懸かり。

今期門別の二戦は、斤量57Kg背負って早目先頭のワンサイド。
定量56Kgは有利だし、距離に不安も無いしで、ここは頭で大丈夫そう。

相手にモリデンクーパー。
前走の北海優駿TR カネヒキリ賞では、ビューティーリヨを振り切っての勝利。
雲取賞馬のファジュル相手に千七で完勝もあるし、この内容なら距離ば大丈夫。
着外は南部駒賞の7着のみ。 地元じゃ【2-2-1-0】 千七で【2-1-0-0】
負けたのが、今期初戦のサントメジャー相手の一戦。
距離に自信があるがいいんで、こちらを対抗に。

三番手にスタープロフィット。
水沢 南部駒賞ではベストマイヒーローから1.0秒差の3着。
2番人気に推された程でしたが、馬主が馬主で人気先行の面も。
前走の中央交流のスピカ特別(1着)は、勝ち時計はクラキンコのコスモバルク記念より0.7秒も速いもの。
時計が出る馬場だった事を考えても、優秀な時計。
外から先行出来れば、そう崩れる事は無いかと。

馬券は◎の単勝 ◎→◯、▲の馬連、馬単 ◎→◯→▲の三連複、三連単の計5点。

ビービーゼオもファジュルに勝った事あったけど、精神的にスランプ中。

エバーオンワード。
スターリングローズにウォーニングで門別二千?
前走のカネヒキリ賞は結構楽な競馬で3着だから、やっぱ二千は長いかな。

ピエールタイガー。
雲取賞5着は全然能力発揮してないって豪語した前走 北斗盃は、一番人気で3着。
距離も長そうだし、本気なら前走に引き続き小国が乗るって。

パフォーマンス。
流石に距離がなぁ。 潜在能力は凄そうだけど。

遠征組は軽視。
道営組のほうが上でしょ。
34:2011年06月07日 09:22
「神は細部に宿る」といいますが、今見てる「日常」はそんな感じ。
やっぱ京アニすげぇや!! DVDは爆死らしいけど。
ただ、10話の不満はみおが足りなすぎ。

大井 東京ダービー 予想

ポイントは、本橋孝太 ジャクソンライヒ。
前走の船橋 東京湾Cは、スタートから出鞭をくれてハナを主張して、逃げ切った馬。

圧倒的一番人気は勿論、川島−戸崎のクラーベセクレタ。
ただ、道中に絡まれた経験は皆無。
スピードがあるし、楽に行けたしで圧勝続き。
羽田盃も内を行かせて、外3から圧勝。 被された経験も皆無。
しかし、今回、クラーベセクレタが初めて絡まれそうな枠順。
ジャクソンライヒ陣営は、無理して逃げるのはどうかと述べており、無理にはハナにはこだわらないと。
戸崎が行くにせよ、つかず離れずで本橋が鈴を付けに行くと。
強気で鳴らす本橋がどれだけ戸崎に絡むのかがカギか。
本橋が行くにせよ、外から戸崎を被せる形でプレッシャーを与えながらの道中になるか。

本橋が飛ばしての逃げになっても、控える戸崎に絡むは水野に森に吉原。
内からは羽田でも戸崎の前に行った柏木。
戸崎が距離を意識すれば、テンに行かず可能性は少ないでしょう。
羽田の不良馬場とは違い、良馬場なら行ける馬はいるんで、戸崎に絡める馬はいます。
やはり、外の本橋の動きがカギになりそう。
どの様な形でも、戸崎 VS 15人の様相は変わらず。
初距離、良馬場見込みでスタミナが必要。
絡まれた経験が皆無で、絡まれる可能性は大。
クラーベセクレタ自身、いつもの自分のペースを守れる競馬にはならないでしょう。
揉まれた競馬無く、ペースを守れず自滅というのは、スピードタイプに良くある光景ですな。

血統もトランセンドに代表される重馬場得意で、仕上がり早スピードタイプの父 ワイルドラッシュ。
距離をこなす産駒はいますが、母父 トニービンのトランセンドにクリールパッション。
ヒシウォーシイの母父 デザートキングは、マカイビーディーヴァや英四千 ゴールドカップ勝ちのミスターディノスに代表されるステイヤーを多数輩出。
パーソナルラッシュの母父のアリダーは、BMSでは芝はマチカネキンノホシ、ダートではヒシアトラス、クワイエットデイと、距離はこなせるタイプ。
距離をこなす産駒には、BMSの下地があったと。
で、クラーベセクレタの母父はタイキシャトル。
代表産駒は、ウインクリューガーにメイショウボーラーと、距離に限界があるタイプ。
他にもディープサマー、レッドスパーダ、テイエムチュラサン。
唯一こなした二千重賞勝ちは、ディアチャンスのマーメイドSのみ。
BMS成績でもダンツキッスイのアーリントンCのみと、距離に自信は無いはず。

前走の圧倒的な強さは、重馬場スピード馬場が得意なワイルドラッシュ産駒らしい圧勝劇で、額面通りに捕らえるのは難しいか。
良馬場二千で同じ競馬が出来るかは疑問とし、クラーベセクレタ自身の今回取り巻く環境と、血統面による距離不安を考えて自身を持って消し!!!

本命はシングンボス。
前懸かりの展開で、展開利は後ろ。
前走の羽田盃は、枠から前々に進出しての積極的な競馬で、2着争いを制した内容は評価出来るもの。
前々走の京浜盃は、最内枠を後方からと競馬をしにくい処を上がり最速で5着。

砂を被るのも平気で、距離不安は無いタイプで、末の決め手は大井外回り向き。
町田からの乗り替わりも、御神本なら大丈夫。
スタートの上手さは日本一でしょうし、気性のきつい馬の乗りこなしも、トップサバトンですら乗りこなせる技術。
この乗り替わりは問題無いはず。
この中間は稽古で抜群の動きと体調面も上向き。
同厩の森 オーゴンヒリツが前々で絡んでアシストしてする形なら、更にチャンスありか。

相手はキスミープリンス。
前走羽田盃は外枠に加えて、直前の乗り替わりと不幸続きで6着。
不良馬場で外々回されてはしょうがないでしょ。 巻き返しは可能な感じ。
ただ、本追い切りが一本。 それも平凡。 これをどう見るか。
乗り込んでるとは言っても、使い詰めで体調面の上積みを感じず、その分、対抗視に。

三番手にヴェガス。
前走の羽田盃は3着。 内枠から捌きながら良く伸びた内容は評価出来るもの。
前々走のクラウンCも2着とはいえ、末脚には見処。
テンに行けない馬だから、距離が伸びるのはいいし、末脚の決め手もそれなり。 良馬場なら楽しめそう。

馬券はいつもの8点で♪
35:2011年06月07日 12:52
2011年6月8日
第5回  大井競馬 第3日  ダ2,000m(外)(16頭) 発走時刻 20:10

第57回 東京ダービー(SI)

出馬表http://www.nankankeiba.com/uma_shosai/2011060820050311.do

クラーベセクレタはネフェルメモリーに似ている

同じ北海道競馬から移籍初戦で
東京2歳優駿牝馬で優勝して
翌年の大井1800mのS1を優勝して

東京ダービーに出走して1番人気の支持を受ける

牝馬の方が強いと言われるのも
シチュエーション的に同じである



ネフェルメモリーの東京ダービーの着順は4着

同じテンのスピードで押し切る競馬なので
歴史は繰り返すのかもしれない

クラーベセクレタは前走羽田盃で
2着に1.4秒差の大勝をしたわけだけど
当時の馬場が前有利の不良馬場で
クラーベセクレタにとって恩恵の馬場だったことを考えれば
着差をそのまま信じていいるのか疑問でもある

それに大井2000mをスピードのみで
押し切るのはやはりハードルが高い

結論

◎ゴールドスガ
○シングンボス
▲ヴェガス
△キスミープリンス

馬券

ワイド ◎軸

◎ゴールドスガは前走1角でとても勝負にならない位置にいながら
3着に猛追
当時の1、2着馬は船橋1700mが先行有利の恩恵で特に価値はない
しかし先行有利な馬場で大外追い込みを決めたゴールドスガの価値は大きい

○シングンボスはアメリカンボス産駒らしく
堅実な差し脚が魅力である
勝ちきる破壊力感じないも相手筆頭である

▲ヴェガスはクラウンCで唯一追い込みで連対した馬
ドラゴンウィスカーを買うくらいならこちらの方で

△キスミープリンスは中間の調整が心配ではある
しかし前走柴山が超絶のクソ騎乗で大敗したのは論外で
本来交流重賞で好走できる実力馬で完成度も高い
的場文男騎乗も心強い

というか




























的場文男のダービー勝利が観たい
36:2011年06月07日 21:03
2011年6月7日 (火) 門 別第12競走 ダート 2000m(右) 天候:晴 馬場:良

JBC協会・社台SS協賛 STV杯
第39回 北海優駿

競走成績http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTa...

しかし4角でサントメジャーとかピエールタイガーが
あんなに外回す必要ってあるのかねぇ

インがポッカリ空いたのでエバーオンワードにとっては
かなり有利だったと思うのに
そこんところは距離の限界なのかねぇ

ところで上記のサントメジャーなんだけど
いくらなんでも向こう正面のあの位置から
加速したらそりゃ止まるでしょ

あれじゃ後方勢の手助けしてるようなもんだって

まあ ジョッキーの技量考えたら
意図的にやったとは思えないが
どちらにしろ意味のない乗り替わりになったのも事実

騎手としては屈辱でしょうねぇ

反対にダービーでやたらと強い宮崎さん
4角で外に膨らむ以外は特にロスなく
北海優駿勝ちたいなら宮崎乗せろってことかね

スタープロフィットも同じく優秀な騎乗で文句なし
そりゃ相手がミスターダービーの宮崎さんじゃ
惜敗も仕方ないって

角川厩舎なんだし大舞台ならこっちの方が良かったかなと反省

オグリシュンコーは騎乗の意図はいいんだが
どうも同型についていけなかった感じ

どうも笠松の馬は道営に行くとパフォーマンスが落ちる
う~む

どちらにしろ
山中厩舎なんて数で勝負の厩舎の馬を
大舞台で信頼してはいけないってか

エルドラゴンはどうなんだろ
展開?実力?
おそらく前者だと思うが
3歳なんで成長力を否定してもねぇ
37:2011年06月07日 23:56
門別 北海優駿 回顧

パフォーマンスは、前走に続き出負け気味。

内からビービーゼオがハナ。
続いてピエールタイガー、4番手外にスタープロフィット。
一番人気 サントウイナーは持ってかれ気味に5番手中から。
道中はゆったりスローなペースかな。

勝負処でスーッと先頭に並びかけるサントウイナー。
直線は前三頭で追い比べか?だった処、サントウイナーはあっさり脱落。
内 ピエールタイガーと外 スタープロフイットの叩き合いがゴールまで続き、内 ピエールタイガーが僅かに先着。

1着 ピエールタイガー
前走 北斗盃は、一番人気で3着。
前々走の大井 雲取賞の5着は伊達じゃ無かったと。
結果的に叩かれ良化の感じ。
星雲賞は2.10.1。 北海優駿は2.11.3。 ここ3年では一番遅い勝ち時計。
う〜ん。 堂山芳厩舎の人気無いほうの優勝は、去年の道営記念とおんなじパターン。

2着 スタープロフィット
ゴール板過ぎは確実に出てたのに・・・。
枠なり外々から流れに乗ってと悪くない競馬なんだけど、詰めが甘いかな。

3着 エルドラゴン
じっくり構えて終いだけ。
こういう競馬で上位に来れる競馬場は、門別、盛岡、大井くらい。

4着 モリデンクーパー
こっちも枠なり外々。
もう少し前で競馬が出来ればなぁ。 勝負処の動きが早過ぎて。

5着 ビューティーリヨ
またお前かww
3歳一連の競走でお馴染みの掲示板。

6着 エバーオンワード
勝負処で後退っていうか、サントメジャーの動きが早過ぎてのクチ。

7着 パフォーマンス
また出遅れ。 意図的なのかどうなのか。
素直に短距離路線使えば巻き返すだろうけど、出っぱで変な事教えたのが今後どうなのか。
一走見ないといけないかも。

8着 サントメジャー
掛かり気味に行ったかも知れないけど、直線入口で膨れるのって口向き悪いから。
前走勝った時も、直線でカメラ目線になるくらい馬が外に顔を向けてた程。
テン乗りが裏目かぁ・・・。 小国は、上山では1回しかダービー取れなかったから、頑張ってほしかったけど。

笠松組はなぁ。
今こそホースケア−山中だけど、昔の交流常連は小栗−山中。
オグリホットとか勝ち負けにならないその辺を走らせてたからね。

大井組もまだこの時期なら、道営組のほうが上でしょ。
38:2011年06月07日 23:58
園田 兵庫ダービー 予想

6戦6勝の園田2歳チャンプ オオエライジン VS 兵庫CS2着のホクセツサンデーの一騎打ち。
園田の女傑候補マンボビーンは、グランダムジャパンとの兼ね合い込みで、川崎 関東オークスに向う様子。
8頭立てが示す通り、回避した馬は多数。 全国区クラス二頭が出走だもの、そりゃ嫌でしょうよw

本命はキムタケが選んだ オオエライジン。
キムタケが選んだ時点でもう決まりでしょう。
骨膜炎で菊水賞を回避して、約3ヶ月ぶりの一戦。
まぁ、大丈夫でしょ。 丁度いいハンデじゃないかな。

相手は勿論、ホクセツサンデー。
前に行って、番手三角スパートでセーフティーリードを取り切れるかでしょ。
鞍上は川原さんだし、問題ナッシング。

三番手にナナクサ。
そりゃそうでしょ。 テン乗りでも田中学じゃ関係無し。
お母さんは吉原乗せて中央勝ちがあるくらいの金沢の名牝 トゥインチアズ。
前に行けるスピードはお母さん譲り。 ハナ切ってマイペースだろうから、馬券には絡むでしょ。

◎→◯、▲の馬単 ◎→◯→▲の三連単 計3点

吉田ネ申で実況聞きたいとこだけど、竹之上なんだろうなぁ。
39:2011年06月08日 00:00
名古屋 東海ダービー 予想

東海地区はどんぐりの背くらべ。
頭一つ抜け出た馬も不在で、2歳時から重賞勝ち馬がころころ変わる混戦模様。
ここに金沢からの刺客が登場。 こいつは本気だ!!

◎ エムザックハーツ
こいつが金沢からの刺客。
前走 北日本新聞杯は衝撃の圧勝劇。
荒尾ダービーのリリーレベルじゃ無く、金沢千七での物だからなぁ。
その金沢千七の走破時計が、1.50.6(良)。
通年レベルで考えると、4月にクレイアートビュンが金沢千七A2を良で1.51.2。
先週日曜の金沢最高峰のメンバーが揃った千七A1戦クラス(稍重)でも5着級の時計と、ここでもクレイアートビュンより上に。
北日本新聞杯 歴代の勝ち時計でも、かなり速い部類で、内容、時計は秀逸。
鞍上には岡部誠と、陣営の本気モードはかなり。
名古屋、笠松勢に抜けた馬が不在のここはチャンスあり。

◯ モエレシリアス
こっちは園田からの移籍組。
門別、浦和で3勝。 園田で2戦も、初戦は中央移籍して芝の平場で5着のエルウェーオージャ相手に3着。
前走の兵庫CSでも5着と掲示板。 実績、実力ありで、既存の東海勢では敵わないかも知れないなぁ。

▲ ミサキティンバー
ボナパルト兄さんには悪いけども、三番手だなぁ。
脚質から取りこぼしもあるからねぇ。

◎の単勝 ◎→◯、▲の馬連、馬単 ◎→◯→▲の三連複、三連単 計7点。
40:2011年06月08日 21:19
大井 東京ダービー 回顧

はいはい、戸崎戸崎。
はいはい、川島川島。

ゲート前で戸崎がクラーベセクレタのクビをポンポンと触れて、しきりに意志疎通を計ってたのが印象的。

外枠三頭が前々で流れを引っ張る展開。
戸崎は出たなりにゆっくり運ぶ慎重な競馬。

3角手前から最後方のヴェガスが捲り気味に進出。
ファジュルも3角で先頭に立ち、流れを引っ張り直線へ。

直線で一瞬は先頭に立つ吉原 ナターレ。
しかし、後ろから戸崎が交わして先頭。 そして、ヴェガスが食い下がる直線。
徐々にヴェガスが迫るも、なんとかクラーベセクレタが振り切り1馬身差の勝利。

1着 クラーベセクレタ
外から被せられないように慎重にレースを運んだスタート後の直線。
流石は戸崎だなぁ。 だけど、結果は1馬身差と羽田盃で見せた圧倒的な強さは皆無。

結局、ここでは完成度が高かったということじゃなかったかな。
スピードは抜けてるのもあるけども、距離面に不安を見せたのも事実。
次やったらヴェガスの逆転は可能に見える競馬では、JDDでも盤石とはいえないなぁ〜。

相手をアイアムアクトレスとするならば、ユニコーンの内容は凄かったからなぁ。
土曜最終1000万下と比べて1.0秒速く、日曜最終の準OPとは0.1秒遅いだけ。
この時期の3歳牝馬では破格も破格。 ちょっと次元が違うかも知れないからね。
クラーベセクレタでは敵わないかも。 勿論、ユニコーン2着のグレープブランデーの方も、クラーベより上と見たいなぁ。

2着 ヴェガス
惜しい内容。 終いに確実性が出てきたし、クラウンCでは不利な展開を2着に持ってきたように、流れ関係無しに持ち上げてくる地力が身についてきた印象。
こっちの方がJDDでは楽しめそうな気がするけど、砂を被って怯む処があるからレースは最後方待機のワンパターン。
この辺をどうするかでしょうがね。

3着 キスミープリンス
今年は3着かいww
頑張ったけどなぁ。 これが精一杯かな。

4着 オーゴンヒリツ
!?!?? えっ!?
東京プリンセス賞2着で、レースの格が一気に跳ね上がるような好走。
東京プリンセス賞1着のマニエリスムも、来週の関東オークスでは期待持てそうって、これも川島戸崎じゃーん!!

5着 ファジュル
一気に仕掛けて見せ場。
一応、準重賞 雲取賞馬だしね。
しかし、血統的にムラっ気ありそうで、馬券的には扱いづらいなぁ。

6着 ナターレ
吉原が見せたなぁ〜。
これだけの重賞呼ばれるだけはあるよね!

10着 シングンボス
結局、新味を見せる以前に手が合わなかったなぁ。
向正面で手綱を動かしても反応無いし、ガシガシ追わせる騎手の方が良かったかもなぁ。
町田が教えてたから、余計にそうなのかも。
41:2011年06月08日 22:35
2011年6月9日(木) 園 田 第10競走 ダート 1870m(右)15:55発走
DW2011 JBC協会・社台SS協賛
第12回 兵庫ダービー

出馬表http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?...

東京ダービーの回顧は後日

兵庫の馬が交流重賞の兵庫CSで馬券対象になるだけでも
かなりの快挙なのにその快挙を成し遂げた馬ホクセツサンデーではなく
キムタケが選んだのが久々のオオエライジンだというのだから
今年の兵庫には好素材の馬がいるという証明なのか?

実は今年のダービーウィークって
クラーベセクレタとかベストマイヒーローとか
各地に割と強い馬がいるんでみんなJDDに出走したら
案外やれるんでないかなぁ

ダービーウィークの意義って本来そんなところでしょ

ところでキムタケが選んだってことで
オオエライジンにえらい人気集中しそうなんだけど
地方競馬とはいえ天下のダービーを休み明けで勝つなんて
やっぱりちと考えづらい

ホクセツサンデーを基準に考えたら
ナナクサとかでも勝負になるわけだし
オオエライジンが+20キロとかで出走してたら
順調に調整された馬のワンツーとかもありそう

基本競馬って
過去の栄光馬の休み明けは嫌って
順調な格下を選ぶのが常道だと思うんで

◎ホクセツサンデー
○ナナクサ
▲グリーンアイズ
△ニシノイーグル

馬券

馬連 ◎軸

オオエライジンは結構馬格のある馬だから
おそらく休み明けでは仕上がらないと思うんですねぇ

おそらく馬体重も前走から+10キロ以上は絶対だと思うし

キムタケが選んだ可能性もあるけど
反対に言えば昨年の8月以来の付き合いだから
仕方なくということも考えられる

騎手と厩舎の関係ってあまり簡単でもないからねぇ

北海優駿でも乗り替わりの馬が勝ったり
割と騎手が馬を選んだというのを重視しても
いいことないかもなんて

ホクセツサンデーは川原で菊水賞勝ってるわけだし
あまり心配はないでしょ

ナナクサはそのホクセツサンデーの菊水賞2着
3月のA3ではそのホクセツサンデーにも勝ってたりするので
案外勝てるかもしれない

グリーンアイズとニシノイーグルは
これくらいの人気だと騎手が一発かましそうなムードがする
あまりかましまくられても困るけど
42:2011年06月09日 11:26
2011年6月10日(金) 名古屋 第11競走 ダート 1900m(右)16:30発走
DW2011 JBC協会・社台SS協賛
第41回 東海ダービー

出馬表http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?...

http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?...

オレ的にはミサキティンバーに勝って欲しい

山本茜のダービー制覇が観たい

のだが冷静に考えると枠は有力馬では一番わるいし

前走の大勝で他馬のマークを受けるとどうも勝ちづらい

どうしたものか?

金沢のエムザックハーツの楽勝

前走完敗のマルヨコンバットの巻き返しも十分考えられる


























仕方ねぇなぁ

金沢のエムザックハーツは道営時代も南関東時代も大した成績ではないが

金沢に移籍してからの走りが見違える

砂適性なのかどうかは知らないが

前走、前前走の走りに文句のつけどころがない

特に前走の北日本新聞杯では

2着に2.1秒差の大楽勝で

時計もとても優秀で

正直名古屋組で太刀打ちできるレベルなのかわからない

岡部誠が名古屋のではなく他地区のの依頼を受けたのは

それ程の器と断じたのかもしれない

冷静に考えれば本命で問題ない

でも笠松のマルヨコンバットもなかなか侮れない

前走はスタート直後に躓きリズムがわるい道中で

無理に押し上げて4着

当時の2、3着馬が位置取りに問題なく有利に競馬を進められたことを考えれば

いい走りではある

2走前の新緑賞では名古屋組には完勝しているわけで

早い話がマルヨコンバットの場合は道中のリズムが大事

ミサキティンバーの場合新緑賞と同じ大外枠なので

道中後方に位置取り

2周目の向こう正面でスパートして

全頭を飲み込む競馬でないと勝てない

前走と同じパターンなら勝てるかもしれない

でも上記の2頭が何の問題もなく

先行した場合捕えることが可能なのか?

そこが心配な所ではある

馬券は冷静に考えたら

上記の2頭の1着で買いたい

でも山本茜から馬券も買いたい

う~ん 困った

仕方ないので

ミサキティンバー
エムザックハーツ
オーナーシップ
マルヨコンバット
モエレウェバリング
モエレシリアス

上記の3連複BOXで

あまりいい買い方とは言えないが
冷静と感情のバランスが保てない

もう的中したら問題ない

と考えることにした





























的中が1番

オーナーシップは東川から向山の乗り替わりがどうか?
もちろん名古屋に勝利の女神がいない東川でないのはいいと思うが
それで向山だから安心という訳でもない
でも馬は堅実で魅力一杯なんでねぇ

モエレウェバリングは名古屋神安部幸なので

モエレシリアスは前走兵庫チャンピオンシップくらい走れば馬券になる

どうも有力馬全頭買ってるけど許してね
43:2011年06月09日 13:14
2011年6月8日
第5回  大井競馬 第3日  ダ2,000m(外)(16頭) 発走時刻 20:10

第57回 東京ダービー(SI)

出馬表http://www.nankankeiba.com/result/2011060820050311.do

クラーベセクレタはネフェルメモリーに似ている
なんて予想の時点で言ったわけだけど
そもそもネフェルメモリーが牝馬限定の東京プリンセス賞で
2着との着差が3馬身1/2なのに対して
クラーベセクレタが牡馬との羽田盃で
2着との着差が7馬身なので器が違うなんて解釈でもできた

でも羽田盃の着差7馬身が東京ダービーで1馬身になっているので
基本的にネフェルメモリーと同じ見解は正解かもしれない

【本題】

スタートして外枠3頭が一気に先行した
展開的にクラーベセクレタをインに封じる競馬になったのだけど
クラーベセクレタの戸崎はクールに対処
先行した3頭の砂を避けるために外めに位置取る

道中は先行した3頭がリードして
クラーベセクレタには楽々な展開
でもそこで動いたのがクラーベセクレタと
同厩のファジュル
向う正面から一気にマクリを決めて
クラーベセクレタまでインに閉じ込める形になる

当時オレは

ドン川島のクラーベセクレタの邪魔なんて
駿の奴イカれたのかな?
明日東京湾で水死体で発見なんてならないといいけど

となんだか駿の心配もしたりして

それでレースはファジュルのマクリで一気に動く
ファジュルに乗る形でヴェガスなども
クラーベセクレタの外圧となる

でも戸崎はクールに待ちの一手

リーディングは伊達ではない

直線でクラーベセクレタは邪魔な先行組の外めで
一気に加速

あらら

羽田盃の再現かな

と思ったら意外と突き放せない

あれれ

それどころか早めに動いたヴェガスが迫る

最後はなんとかしのいで1着
二冠達成おめでとう

なんだけど
どうもJDDに向けて
あまりいい走りでもなかった印象も

どうもクラーベセクレタには交流重賞で勝てる何かがたりないと思うし
道営出身なので早熟かもしれない

二冠達成してもオレ的にはセルサスの方が
JDDで期待したい
44:2011年06月09日 19:22
2011年6月9日 (木) 園 田第10競走 ダート 1870m(右) 天候:曇 馬場:良

DW2011 JBC協会・社台SS協賛
第12回 兵庫ダービー

競走成績http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTa...

もうあまりにも強いので失禁するとこだったっつ~の
オオエライジン

絶好の手応えのホクセツサンデーが番手で追走も
ちっとも追いつけない

何なんだろ

久しぶりにとても究極の単調なレースを見たけど
単調なレースも究極になるともう観るものを圧倒するね

オオエライジンの逃げにはもうそれくらいのインパクトを感じた

怪物という表現は阿呆なマスコミに安易に使われることが多いが
本当の怪物はもうどうしようもないくらい怪物

ローテとか展開なんて知ったことかな
くらいの破壊力で競馬ファンを圧倒する

う~ん

ハンパねぇ

九州ダービーでは展開的面白さだったが
兵庫ダービーではただただ強いパフォーマンスにしてやられた

2011年のダービーウィークはなかなか見所満載
夢一杯ってか

しかし交流重賞で2着で中央のオープン馬ラヴィアンクレールにも
先着したホクセツサンデーが全く話にならない
7馬身差の大楽勝

兵庫レベルの馬ではない

でも兵庫にいて欲しい

ともかくキムタケおめでとうってことで
45:2011年06月09日 20:29
園田 兵庫ダービー 回顧

グリーンアイズが出遅れ。

ハナはオオエライジン、2番手ナナクサ、三番手にホクセツサンデーも、ゴール板過ぎに速くもホクセツサンデーが二番手に浮上し、一騎打ちムード。
向正面でムチが入るホクセツサンデーに、持ったまんまのオオエライジン。
直線はオオエライジンが差を広げるワンサイド。 強い強い。

1着 オオエライジン
これで7の7。 まぁ、強い。
3ヶ月ぶりでも、あれだけの出脚使える馬もそうはいないよなぁ。

園田でこれだけ期待出来そうなのはチャンストウライ以来か、いやそれ以上か。
ただただ圧巻。

2着 ホクセツサンデー
相手が悪かったとしか言えないなぁ。

3着以下はなんともなぁ。
ナナクサ、もう少し頑張ってくれよとしかないなぁ。
グリーンアイズも出遅れてそのままじゃあねぇ。
菊水賞の取り消し後の状態がかなり悪いとは聞いてたけど、前走は楽に勝ってたのになぁ。
46:2011年06月10日 22:51
名古屋 東海ダービー 回顧

バーンバーンバーン、モエレウェバリング、アムロが先団形勢。
単独4番手にマルヨコンバット、5、6番手に金沢のエムザックハーツ。
山本茜 ミサキティンバーは例によって後ろから。

向正面でムチが入り前を追うエムザックハーツですが、手応え悪くジリジリ。
一方のマルヨコンバットも、相変わらずのコーナリングの悪さで追い上げれず。
ミサキティンバーは後方から押し上げ、前を射程圏に。

直線で抜け出したのは、アムロ。 一完歩ずつ確実に差を詰めるミサキティンバー。
しかし、ゴール手前で踏ん張るアムロ。 二頭並んでゴール、僅かにハナ差でアムロが勝利。

1着 アムロ
一応、駿蹄賞は惨敗も、二番人気に推されてはいた馬。
しかし、それにしても・・・。 う〜ん・・・。
東海地区の3歳はこれだから・・・。 軸になる馬はやはり不在。 いまだ混戦模様。

2着 ミサキティンバー
現地観戦のボナパルト兄さんは、さぞかし騒いだろうなぁww
いや〜、惜しかった! ゴール前は体勢有利かと思ったけど・・・。
一連の東海地区の3歳重賞では崩れは無し、東海地区では一番だとは思うけど、先に抜け出す馬を捕らえ切れないという取りこぼしもあるから、本当に強いとも言えないんだよねぇ。

3着 サカジロタイヨー
名古屋で2歳時は一番の評価だった馬。
ただ、これで復活とまではねぇ。

4着 オーナーシップ
笠松でそこそこ、ここでもそこそこ。
安定感はあるけど、決め手は無し。

5着 マルヨコンバット
素質はこのメンバーでは一番のはず、だけど気性が悪いしコーナーも下手。
まだ、地元笠松以外では頼りなく。

9着 エムザックハーツ
東海地区の壁は厚いか。
以前に出走した、エムザックローマンよりは期待出来ると思ったんだけどなぁ。
47:2011年06月11日 22:03
2011年6月12日(日) 金 沢 第10競走 ダート 1500m(右)16:05発走

金沢城入場特別

出馬表http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?...

東海ダービーの回顧は後日

明日の金沢の10Rには
南関東所縁の馬が多く
個人的にはエプソムC以上に興味のあるレース

ドン川島が大事に育てたジャイアントビートも
金沢に移籍して5戦目
南関東時代は川島の条件クラスのJRA交流のエースだった馬で
力強い先行力が売りの馬だった
金沢の深い砂ではジャイアントビートの走法は合うハズで
ここで上位なのは言うまでもない

ワイルドワンダーの弟でもあるラインドライブも
金沢に移籍して無敗の4連勝
そりゃJRA時代に4勝した馬だし
血統も血統なんで有力なのは当たり前
金沢のリーディングジョッキーの吉原の騎乗なんで
そりゃこの馬も有力なのは違いない

ナンヨーサンセットも初期に金沢移籍してAクラスで走った時は
てんで話にならなかったが4月の再度金沢Cクラス始動で軌道に乗り
B2まで4連勝
勢いだけなら上位好走も

そして東西南北どこでも行くベルモントギルダー
昨年の盛岡ではゴールドマインとか破って
復活かなと思ったらまた南関東戻ったり
金沢移籍したりお前は競走馬版内田利雄かっつ~の
今回有力のシャイニーコートを4月で破ったりしてるけど
その後はてんでいいとこなし
年齢考えれば3カ月に一回好走すりゃ上々なんで
そろそろお願いしたいところではある

そんで9歳のベルモントギルダーに敗北のシャイニーコート
JRAから移籍して金沢で馬券外になったのが2回だけ
本命にしたくないけど安定感はいい

なんで

上記の5頭馬連BOX馬券で
どうもオレはこういうレースは買いたくなる
48:2011年06月12日 00:49
2011年6月10日 (金) 名古屋第11競走 ダート 1900m(右) 天候:曇 馬場:良

DW2011 JBC協会・社台SS協賛
第41回 東海ダービー

競走成績http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTa...

山本茜

がダービー勝つのを期待していたのに
どうして勝てない

直線では何度も山本茜と叫んだが
競馬の神はどこまでも冷酷らしい

名古屋競馬場で現地観戦したオレに免じて
同着くらいにしてくれ

【本題】

ミサキティンバーは大外枠なので枠いりは最後でスタートも前走以上
先行勢がリードの競馬で展開もかなり楽ではある

しかし

それと同時に1着馬アムロも絶好のスタートから好位の番手競馬
先行争いに敗北し全く競馬にならなかった前走の駿蹄賞とは大違いで
一度厳しい競馬を経験して馬自身が勝負に対して真剣になった印象も

道中はバーンバーンバーンがリードの競馬
2番手に安部幸のモエレウェバリング

常に名古屋中距離で好位に付ける安部幸は神

それで番手争いに敗れた笠松のマルヨコンバットに金沢のエムザックハーツなどはもう論外
所詮金沢の馬らしい

名古屋の中距離ははじめの番手争いに敗北した先行馬は後方の差し馬に
飲まれるだけの存在で
他の先行馬も上記2頭と同じ運命になる

バーンバーンバーンが2周目の3角くらいでアムロに迫られ
手応えがわるくなる

それを機に後方のミサキティンバーが一気に加速
グングン位置取りを上げて
直線でバーンバーンバーンとアムロに迫る

バーンバーンバーンの方は早めにアムロに来られたせいか
一杯一杯になり

ミサキティンバーの相手はアムロ1頭

山本茜のムチに応えるミサキティンバー

グングン伸びるもタイム差なしの2着

正直交わしていると思ったので

敗北を知った時は倒れた

本当に倒れた

でも楽しいダービーでした
49:2011年06月12日 16:55
2011年6月12日 (日) 金 沢第10競走 ダート 1500m(右) 天候:曇 馬場:良


金沢城入場特別

競走成績http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTa...

晃浩に利夫余計なことすんな(怒)
サンセットとシャイニーの馬連が確実だと思ったのにぃ
畜生め

しかしジャイアントビートも南関東の強豪相手に戦ってきたのに
シャイニーとの競り合いに敗北ってどういうことなの?

南関東の馬って他地区に移籍するといきなり
馬が弱くなったりするけど
所詮厩舎とか施設の違いなのかねぇ

情けないと言えばラインドライブもなんだかねぇ
スタート直後に躓いたにしてもちっとも巻き返してないのがどうも

寛人も金沢であの位置取りはないでしょ
3角でもっと前にいないと

なんだか人馬共にダメダメな感じ

反対にナンヨーサンセットは勢いがあるとはいえ
こんなに圧勝すると馬が強くなってるのかねぇ

あまりにも強力なスイープで
シャイニーコート以下の先行馬が全部掃除
おかげで人気のない2頭がなだれ込み

金沢で三連複676,380円
三連単4,546,380円なんて反則でないの
50:2011年06月12日 20:21
2011年6月13日(月) 盛 岡 第10競走 ダート 2000m(左)16:25発走
めんこいテレビ杯/社台SS・JBC協会
第31回 岩手ダービー ダイヤモンドカップ

出馬表http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?...

ダービーのラストを飾る岩手のダービー

ラストなのにシーグランディも出走しない
近走に掲示板に載った馬が数えるくらいしかいない

あまり言いたくないけど
もしかしてダービーウィークで1番メンバーがどうかしてるかもしれない

でも勲曰く「ロックハンドスタークラス」の
ベストマイヒーローが出走してくれたのが幸いか

【本題】

ベストマイヒーローで仕方ない
昨年の時点で岩手の馬との勝負付けは完全に終わってるし
(中央のダービーと違って、岩手の場合走る馬は
他地区に移籍してしまうので成長等を期待云々の話ではない)
陣営だって岩手のダービー勝つために
岩手に出走しているわけで
負けるわけにはいかない

問題は相手で

え~と

とりあえずいらない馬は以下の通り

アデスガタ
パラダイスアンダー
サンリクロマン
ミスマンボ
センリライズ

理由は出馬表を見れば明白

3連単でベストマイヒーローを1着固定なのは当たり前だけど
問題は2着候補で

スパルタン
ヤマトスバル
ドキドキ
トーホクスピリット

上記の4頭から誰が2着に近いかって

そりゃ単に成績だけ見れば
七時雨賞で2着のヤマトスバルになるんだけど
どうも前走はベストマイヒーローに可愛がってもらったから
2着になれた印象も
それにシーグランディの村上が超絶のクソ騎乗で自滅してくれたのも
嬉しい誤算

そしてその超絶のクソ騎乗プレイヤー村上忍が今回
ヤマトスバルの騎乗なんてことになるので
そりゃオレは買わない

来たら仕方ない

◎ベストマイヒーロー
○ドキドキ
▲トーホクスピリット
△スパルタン

馬券

3連単 ◎→○→▲、△

ドキドキは偽りの岩手リーディングジョッキー村上から
地味に巧い阿部に乗り替わり
父がホワイトマズルで本来なら2000mくらいがいい印象も

トーホクスピリットも昨年末の寒菊賞以来全く崩れない
崩れないが決定力もない
如何にも3着なイメージ

スパルタンは正直厳しいと思うんだけど
他にろくなのがいないのでは仕方ない

競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
雨龍泥舟
02/23 11:19

ベルシャザールみたいですね。

編集長おくりばんと
02/23 00:07

http://db.netkeiba.com/horse/2016100575/ お父さんがいないのですが、なぜ?

夜明けのばぁた
02/21 10:41

【競馬ナンデPOG2018-2019】の現在のセリ状況を前回同様にブログとツィッターにアップしました。

編集長おくりばんと
02/21 08:33

【競馬ナンデPOG2018-2019】 競馬ナンデトップページに掲出した20頭を上場します。 ナンデBBS入札方式にて、締切3/2(金)21:59:59時点で最高額だった方が落札です。 (但し、誰かが入札...

編集長おくりばんと
02/20 14:28

おお!雨竜さん本当にありがとうございます!どこで見つけられましたか?

雨龍泥舟
02/20 12:55

BBSに20頭分お台を挙げておきました。

編集長おくりばんと
02/20 10:52

ばあたさんありがとうございます。実勢価格はわかるんですが、お台がわからなくて困っております、、

夜明けのばぁた
02/20 09:44

実勢価格ならココhttp://www.jrha.or.jp/selectsale/2017_list1.htmlですが???

編集長おくりばんと
02/19 15:25

そろそろ次のセリやりたいところなのですが、、

   つぶやきだけ全て見る

メアド
パ ス
 

コメント

ぐつん>>

>>ぐつん


02/21 19:51

@中山記念 つまんねーな

index>>

>>index


02/19 19:33

index>>

>>ぐつん


02/19 19:25

クライスト教授>>

>>クライスト教授


02/19 03:09

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社