6/2 6/3
5/26 5/27
新着予想>クイーンC2009結果回顧一覧

東京11R クイーンC 2009年2月21日(土)
芝1600 3歳GIII 晴良 平均レースレベル3.3

87654321枠番
16151413121110987654321馬番
パ
ド
ブ
レ
グ
ロ
|
リ
|
ル
ピ
ナ
ス
エ
イ
ブ
ル
イ
ン
レ
|
ス
ド
ゥ
ミ
ポ
ワ
ン
ト
ミ
ク
ロ
コ
ス
モ
ス
デ
ィ
ア
ジ
|
ナ
ア
ン
ジ
ュ
ア
イ
ル
ダ
ノ
ン
ベ
ル
ベ
|
ル
ア
イ
ア
ム
マ
リ
リ
ン
カ
イ
テ
キ
プ
リ
ン
メ
ジ
ャ
|
サ
イ
レ
ン
ス
メ
イ
シ
ョ
ウ
ボ
ナ
|
ル
カ
ツ
ヨ
ト
ワ
イ
ニ
ン
グ
ア
ラ
マ
サ
ロ
|
ズ
フ
レ
ン
ド
リ
|
ド
レ
ス
パ
|
ル
シ
ャ
ド
ウ



馬名



牝3 牝3牝3 牝3 牝3牝3 牝3牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3性齢
54 5454 54 5454 5455 54 54 54 54 54 54 54 54斤量
松
岡
æ­£
岩
田
康
戸
崎
圭
æ­¦
士
æ²¢
æ­¦
豊
内
田
博
吉
田
豊
後
藤
浩
ル
メ
|
ル
三
浦
å±±
田
ä¿¡
田
中
勝
江
田
照
勝
浦
柴
å±±
蛯
名
騎手
単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
……狙……危…………………………信じる♪
……危……危…狙……………………軍神マルス
……………狙…狙……………………編集長おく
……………危…狙…………………狙kenoh
……狙…………………………………サニーのす
  <予想家の色:◆馬場型 ◆展開型 ◆血統型 ◆騎手型 ◆パドック型 ◆調教型> <背景濃色=自信度S・A>

タイム 1:35.7 4F 47.3 3F 34.9
単勝11番1340円(4人気)
複勝11番360円(4人気)9番170円(2人気)14番1060円(8人気)

競馬予想型   信じる♪西三段目六枚目 予想歴20年 回収率150% 勝ちたい気持ちと綺麗に乗りたい気持ちの違い
5拍手
811PV

内田の勝ちたい勝たなければいけないという意識が他の騎手を遥かに上回ったレースだった。

勝った内田の馬は岩田が逃げるかなり緩いレースの番手につける形。うまかったのは4角をまわるとき。後藤が内目をまわって楽に勝とうとしているとこを岩田の脚の残りを測りつつ内に押し込めて進路を与えなかった。この地点で後藤の馬と勝負あった感じと思う。ただ馬の力というより騎手の腕によって勝った感じが強いので正直これで人気が急騰するようなことあれば同じ競馬の再現は考えにくいだけに疑ってかかるほうがいいのではないか。

ダノンベルベールは好位からの競馬でセンスを磨きつつここは後ろからの馬を意識するよりは勝ちたいと感じさせるレース。ただ4角は安直だったとは感じる。切れ味勝負ではやはり本番考えるときびしいから桜よりはスタミナを強化してのオークス狙いが懸命であろう。

地方馬はレースの流れにうまくのって3着フラワーCに出走権利があるかとか規定はよくは知りませんがこれだけのレースセンスのよさがあればメンバーのレベル落ちは確実ですので好戦必死でしょう。

ミクロコスモスはまずくなりました。やはり豊は後方一気のレースを試みませんでした。予想の範疇でした。しかしここ2先下手鮫が変な競馬を教えたお陰でスムーズなレースに道中やはりならずマイルがベストと感じさせるミクロコスモスにとってはロスが大きかったのではないかと感じさせられます。最後の直線で2回不利がありましたが1回目の不利は正直豊がついたコースもよくなかったですし馬に脚があれば逆に間を割って内田と後藤の馬を撥ね飛ばすこともできたと思いますからあれは豊のせい。2つめのは明らかに寄られてますがそれがなくても突き抜けているとは思いませんので今日のとこは賞金加算は難しかったのではないかと思います。ただ本賞金800万の身。ここ使って加算できなかったことは次に使うレースは3月のトライアルになりますがかなり選択が難しいと思いますしどこを使って万一権利とれても桜まで押せ押せになってしまいます。能力は高いのは誰もが認めるとこでしょうがなんか運はかなりないかんじがします。
レースレベル:3
→次走狙い馬:エイブルインレース  
→次走危険馬:ディアジーナ  

競馬予想型   軍神マルス東前頭一枚目 予想歴11年 回収率200% クイーンC メジロマックイーンの特性。
7拍手
1639PV

2009年 タイム 1'35"7 (良) 1FAve=11.96 3FAve=35.89

ラップ
①12.6-②11.1-③12.2-④12.5-⑤12.4-⑥11.4-⑦11.5-⑧12.0
1FAveとの誤差
①+0.6 ②-0.9 ③+0.2 ④+0.5 ⑤+0.4 ⑥-0.6 ⑦-0.5 ⑧±0
テン35.9-中盤24.9(3F換算37.35)-上がり34.9 『加速・中弛み』

『加速』・・・逃げ◎ 先行○ 差し△ 追込×
『中弛み』・・・逃げ◎ 先行△ 差し× 追込○

1着ディアジーナ・・・メジロマックイーン×ビショップボブ=マイバブー×ニアークティック 2-2
2着ダノンベルベール・・・アグネスタキオン×Bering=サンデーサイレンス×ネイティヴダンサー 2-3
3着エイブルインレース・・・フジキセキ×Deputy Minister=サンデーサイレンス×マイバブー 4-3

今年はテン-上がりのラップ差から『加速』と、例年通り中盤が弛む『中弛み』の複合ラップ。逃げが最も恵まれ、差し・追込がきつい流れと考える。

1着ディアジーナは、前走菜の花賞1着(=中山芝1600m)からの連続好走。菜の花賞を先行して好走した馬はこのレースと相性が良く(=04年2着クリスタルヴィオレ、06年1着コイウタ、07年1着イクスキューズなど、負けていても先行していて好走したのは06年2着アサヒライジング)、本馬も先行しての好走から適性は向いていたと考える。メジロマックイーン産駒は、叩き良化型のステイヤータイプが多いがこの時期の3歳戦で(=クイーンC、チューリップ賞、フラワーCなど3歳牝馬重賞のトライアルで過去に好走している)よく好走する。また過去に産駒が好走したレースで好走しやすく、98年1着エイダイクインが好走していたこともあり好走する下地はあったと考える。またクイーンC好走馬は桜花賞では苦戦傾向だがオークスでは好走が多く、桜花賞が持続するスピード適性に対しスタミナとオークスは溜めてキレる適性が問われやすいので、そのスタミナがステイヤー血統のメジロマックイーンに向いていたのだと考える。
トライアルでは怖い存在だが、ステイヤー血統のため完成度で劣ってしまう(=3歳牝馬の春クラシックはスピードよりの適性なので)せいかGⅠでは足りない傾向から、桜花賞直行なら軽視したいと思います。トライアルなら侮ってはいけないと考え、連続好走もありうると思います。

2着ダノンベルベールは、前走阪神JF2着(=阪神芝1600m:0.4秒差)からの好走。前走はブエナビスタに完敗も内容は評価すべきもので、先行馬にきつい流れで踏ん張って好走したもの。3着ミクロコスモス以下は完封していたことからもダノンベルベール>ミクロコスモスの力関係は明白で、今回人気が逆転していたことからも狙い目だったと考える。アグネスタキオン産駒は、前走0.5秒差以内で5着以内だと次走での好走しやすい特性があり、その特性も今回信頼度が高かったと考える。連続好走中で崩れていないことからも、次走も期待出来ると考えて桜花賞でも好走に期待します。

3着エイブルインレースは、前走京王杯2歳S6着(=東京芝1400m:0.6秒差)からの休み明けでの好走。フジキセキ産駒は、スピードと器用さを兼ね備えていてマイル前後が得意な産駒が多い。2歳から走れて3歳のトライアルの時期や牝馬重賞に強く、その特性も活きたと考える。母父Deputy Ministerは休み明けを苦にしない鮮度重視のヴァイスリージェント系で、ヴァイスリージェント系は東京芝1600mでの好走も多く、父×母父ともに東京芝1600mに好走の多い配合ということも好走要因と考える。フジキセキはクラシックトライアルに強いがGⅠでは少し足りないことが多く、本番にもろい特性があるので人気なら嫌いたいと思います。

クイーンCのポイントは、
①流れは『中弛み』が基本。
②人気のサンデーサイレンス系が中心。
③菜の花賞を先行して好走した馬は要注意。
④オークスにつながりやすい。
→次走狙い馬:ダノンベルベール  
→次走危険馬:ディアジーナ,エイブルインレース

競馬予想型   編集長おくりばんと東大関 予想歴19年 回収率119% ディアジーナは偉い馬になりそう
1858PV

ディアジーナは前走で強い勝ち方をしていて、今までの成績も安定した馬なので、ここまで人気を落としたのは意外だったし、美味しい馬券になったと感じた。

とはいえ、買わなかったのは、器用そうなフットワークをする馬で、東京1600での末脚比べでは見劣る可能性があると思ったからだ。

それでも勝ってしまったので、これは偉い馬だと思う。
ダンスインザムードという馬も、ピッチ走法で、きっちり内を回って勝負できる馬だったと私は見ていたが。
この馬もそういう印象を受ける。
ダンスは気性難があったが、この馬はそういうことがないのだとすれば、なかなか崩れない馬になると思う。力もあって、レース巧者でもあるという一流馬というのはなかなかいるものではなくて、GⅠでも信頼して買える馬になるかもしれないと思った。
→次走狙い馬:ディアジーナ,ダノンベルベール     

競馬予想型   kenohill西幕下二十六枚目 予想歴2年 回収率0% 武詰まり
4拍手
1769PV

ディアジーナ
ペースを落として2番手、直線でグローリールピナスを使ってダノンベルベールを出さないようにして。。。
ゲームでも中々出来ないような乗り方。
ストライドがあまり伸びない走りといい、
スピードはもうひとつなので重馬場ならまだしも
まともにやったら通用しないのは明らかだろう。
多分バレバレで人気もしないだろうが一応危険馬に挙げておく。

ダノンベルベール
ポジション取りは良かったが上述の通り出してもらえるのが
遅くてワンテンポ遅れた分差し遅れた。
追い出して外に寄れてミクロコスモスに迷惑をかけていた。
左回りだと?なのか追い出すとまだ寄れる癖があるので、
そのあたりまだ成長の余地があるのか。
まだ威張れる存在ではあると思う。

ミクロコスモス
ペースが遅いのを読んでなのか、今日は前目の競馬。
馬群の中で我慢するのはOKだったが路が空かず。
まだ馬群を割るスピードはないが敗因ははっきりしていて、
今回は経験値を積んでの負けなので未知のペースに巻き込まれない限り大丈夫だろう。

パールシャドウ
イマイチダッシュがつかず。
向こう上面でフレンドリードレスが不利を受けて下がった際に巻き込まれてさらに後ろに下がる。
スローだったのでこの不利はちょっと致命的だった。
これで2走連続で不利を食らってることになる。
不利を食らうのはその馬が弱いからだ、という格言もあるが。
今回もこの馬なりに脚は使っているので仕方ないと言える。
前目につけてなんぼ、というところか。
レースレベル:3
→次走狙い馬:パールシャドウ,ダノンベルベール
→次走危険馬:ディアジーナ  

競馬予想型   サニーのすけ西関脇 予想歴13年 回収率82% さぁこのあとどうする!?
3拍手
1584PV

結果的に100%+αの力を出したディアジーナと内田博。
ダノンベルベールは逃げた馬の後ろにいた。内田が出られないようにがっちりと締めて抜け出す。結果的にそこで外で出すのに手間取った分の負けだろう。
その外にいたエイブルインレース。正直ここまでやるとは思わなかった。たぶん後ろでディアジーナの外を狙っていたと思う武豊も同じことを思っただろう。
その結果ミクロコスモスはディアジーナとダノンベルベールの間を選択して挟まれる。内田&戸崎の新旧南関リーディングの腕が顕著に表れた。


次に狙いたいのはエイブルインレース。今回は輸送でだいぶ体が減ってしまったようだ。あれだけ馬体減があったのだからさすがにアネモネSには行かないと思われる。フローラSに出てきたら狙いたいなぁ。輸送もそれそろ慣れてほしいかな。



ミクロコスモスはこのあとどうする!?トライアル使っちゃいますかねぇ?あの馬群をさばけなかったのは豊のせいですかねぇ?おれは鮫島のせいだと思うけどね。2回とも後ろからで大外回って・・・酷いわな・・・もうちょっと競馬覚えさせてやってほしかった。フラワーカップかな?角居さんなら使いそうだな。
レースレベル:4
→次走狙い馬:エイブルインレース       



競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき

05/28 05:33

ステルヴィオの消し材料は…

まじん
05/20 15:06

興奮したわ

競馬ナンデ編集部
05/11 00:10

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

クライスト教授
05/10 00:43

私感ですが、人気の単騎でも大野の逃げはほとんど見た記憶がなく、正直巧いとは思えません。残り目はあっても勝ち負けは疑問です。...

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>編集長おくりばんと


05/27 22:14

ネオニア>>

>>ネオニア


05/27 19:35

編集長おくりばんと>>

>>ネオニア


05/27 18:18

ムトト>>

>>ネオニア


05/27 17:34

ま。ゼミ塾長>>

>>ネオニア


05/27 17:23

@目黒記念 これはお見事!

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社