10/20 10/21 10/28
10/13 10/14
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【菊花賞2018】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想京成杯2018予想一覧ヨルゲンセンの予想

中山11R 京成杯 2018年1月14日(日)
芝2000 3歳GIII 晴良 平均レースレベル3.3

87654321枠番
151413121110987654321馬番



































































































馬名



牡3 牝3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3牡3性齢
56 54 56 56 56 56 56 56 56 5656 56 56 5656斤量


























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順着順

BC爺

ぐつん

index

クライスト

だるま「中山11R 京成杯」自信度C 0
中山11R 京成杯
以下の様に予想する
◎ 15 ジュネラーレウーノ
〇 10 デルタバローズ
▲ 8 ダブルシャープ
△ 1 イェッツト
△ 5 コズミックフォース
☆ 2 コスモイグナーツ
京成杯買い目
馬単
2=8 10 15
3連単
15 10 8(BOX)
3連複
15 10-1 2 5 6 8 9 11
ムトト自信度C 0
◎コスモイグナーツ
前走東スポ杯6着だが前半1000mを58.5と明らかに飛ばし過ぎた。脚質的に中山向きだし、溜めが利けばしぶとい。同型ジェネラーレウーノは大外でこちらはロスなく先手をとれる。アイビーSは不良で逃げ切ったが、良馬場でもOK。父も京成杯馬。

○サクステッド
新馬戦ではタニノフランケルを退ける。タトールボウルxエルグランセニョール持ちで大駆けのにおい。

▲ダブルシャープ
朝日杯では不発もこのメンツであれば狙える。…
スコット自信度C 0

 ◎コズミックフォース

 前走までルメールが乗っていたこの馬に期待したい。1番人気で東京2000をしっかり勝ってきたことを評価。

 ○デルタバローズ

 中山の肝は前走先行馬にあると思うのでそこからこの馬。
 重馬場ではあるが、18頭の多頭数を2番手からあの着差というのは評価できる。

 ▲コスモイグナーツ

 穴という感じでは内枠引いたこの馬から。着差はついているが近走の相手はこのメンバーより上かな。うち引いたし行けるはず。

 △ジェネラーレウーノ

 逆に大外引いてどうかなというところで少し下げて。…
××「前走3角1番手以内馬の前走500万下連対馬は1-0-0-3」自信度S 0
本命はエイムアンドエンド

前走未勝利戦1着馬は過去10年で29頭出走して〔1-2-1-25〕、12頭が7着以内、人気より着順が悪かったのは10頭、率は悪いが人気薄の激走に期待できる
複勝圏を確保した4頭の内3頭が3角7番手以降、当日3角4番手で3着だった13年ケイアイチョウサンは当日12頭立ての2角10番手と前半は控えていた、流れの中に入らない方が経験不足をフォローしやすいか、当日3角7番手以降馬は15頭いて〔1-2-0-12〕、6頭が7着以内、人気より着順が悪かったのは3頭のみ、複勝圏を確保した4頭は前走3角3~8番手でレースをしていた、前走3角3~8番手馬に限れば8頭いて〔1-2-0-5〕、5頭が7着以内、人気より着順が悪かったの…
index自信度C 2
京成杯

対角に人気馬を配置した、
イェッツトとジェネラーレウーノが狙い目。
また奇数頭数な為ど真ん中のダブルシャープが狙える。

◎イェッツト
〇ジェネラーレウーノ
 ダブルシャープ






17②父母父系ミルリーフ
16①  父系デインヒル
15①  父系デインヒル
14①母母父系ダンジグ
  ③母母父系デインヒル
13③母母父系ミルリーフ
12
11②母母父系ダンジグ
  ③  父系ダンジグ
10②母母父系ミルリーフ
  ③父母父系ダンジグ
09②母母父系ダンジグ
  ③母母父系ネバーベンド
08①母母父系ミルリーフ

該当馬:

〇ジェネラーレウーノ 母父系デインヒル
△デル…
カタストロ自信度C 0
◎ダブルシャープ

 この面子ならシンプルにこの馬でいきたい。朝日杯でも47.2-46.1とややスローではあるがこれについていって12.0 - 12.1 - 11.3 - 11.0 - 11.7のラップ推移で外から勝ちに行って甘くなったが速いラップを要求されたというのもある。サウジ戦も含めてマイルはちょっと短いなという印象で、札幌2歳Sが49.8-49.0とややスローからの12.6 - 12.6 - 12.4 - 12.3 - 11.9 - 12.4とL2最速戦だがゲートは悪くなくても進め方が下手くそで最後方近くから3角以降外から大外を回しつつ最後まで伸びてきたのがこの馬、というようにポテンシャルが非凡。クローバー賞もタワーオブロンドンに要所で前に出られてL1で…
××カルピスサ「前走重賞4人気以内(3-4-0-2)」自信度C 0
<事前メモ>

●前走重賞4人気以内(3-4-0-2)
→スラッシュメタル

●前走重賞5着以内(2-8-1-11)
→なし

●前走芝1着馬
イェッツト
ロジティナ
コズミックフォース
デルタバローズ
ライトカラカゼ
ジェネラーレウーノ
----------------
エイムアンドエンド
ジョリルミエール


スラッシュメタルと前走芝1着馬に注目!
naoch自信度C 0
ジェネラレウーノ
まともに走ってないのに勝っちゃった
他が弱かったのか逃げてるように見えただけ

今回はコスモが逃げるんだろうし
ジェネラーレウーノ外枠だし差し切り勝ちで
外差し有利な今の舞台なら

このレース前走2000だった馬がやはり強い
過去はそうだった。今回もその傾向は続くはず。

タイム 2:01.2 4F 49.1 3F 37.0
単勝15番350円(1人気)
複勝15番150円(1人気)5番150円(2人気)1番320円(6人気)

ヨルゲンセン<16期 西十両十三枚目>
「100年以上を経たハンプトン」
コスモイグナーツ11着/8人気
○エイムアンドエンド▲ライトカラカゼ△ジェネラーレウーノ
    
929
2拍手




出走各馬の位置取り指数


1. ヤマノグラップル  18.5 A
2. デルタバローズ   17.9 B
3. イェッツト     17.3 B
4. コスモイグナーツ  16.9 B
5. サクステッド    13.1 C
6. エイムアンドエンド 11.8 C(11.83)
7. ダブルシャープ   11.8 C(11.76)
8. ライトカラカゼ   10.2 D
9. ジェネラーレウーノ  9.1 D
10.タイキフェルヴール  8.9 D
11.コズミックフォース  8.6 E
12.ギャンブラー     8.5 E
13.ジョリルミエール   8.3 E
14.スラッシュメタル   8.0 E
15.ロジティナ      3.7 E



平均値 11.5
最大値 18.5
10P率 53%



位置取り指数の全体値は
今年に入ってからの3歳戦2レースと比較的近い。

フェアリーステークス
10.8 - 20.6 - 69% 前後半差+1.4

シンザン記念
12.7 - 21.5 - 64% 前後半差+0.9


昨年の2歳戦では

アルテミスステークス
9.6 - 18.6 - 60% 前後半差+0.3

阪神ジュベナイルフィリーズ
12.2 - 21.2 - 67% 前後半差+0.9

辺りにも近い。

全体値の比較からは、ココらを基準に考えても良さそう。


過去傾向としては 近年はスロー寄りのイメージ。
4年以上遡ると平均ぐらいに流れた年が続いていて
10年以上遡れば、明確なハイペースがあったりする。


位置取り指数の全体値から想定されるペースと
京成杯のレース傾向から見立てられるペースは
比較的合致するので
今回は全体値からのペース算出を当てにしても良さそう。



----------



脚質に関しては
ここ5年ぐらい 馬券圏内が ほぼD・Eタイプ
2016年だけ Bタイプ2頭の連対だったが 3着がEタイプ

2017 D E E
2016 B B E
2015 E D D
2014 D C E
2013 D B E
2012 D E B

2011 B C B 
※これ以前は A B C が優勢




--------------------------------------------------------



ラップ適性解析評価

◎ジェネラーレウーノ
○コスモイグナーツ
▲エイムアンドエンド
★ジョリルミエール
△ライトカラカゼ
△タイキフェルヴール
▽ダブルシャープ



キャリアが少ないので
上位が抜けて良いワケではない。
あとは、各馬の差も大きくはない。






-------------



調教適性評価

◎スラッシュメタル
○ダブルシャープ
▲イェッツト
▼デルタバローズ
★エイムアンドエンド
☆ロジティナ
△コスモイグナーツ
△タイキフェルヴール
▽ライトカラカゼ



上位6頭に あまり差は無い。




----------------------------------------------------



血統的には

まず
今回最も目を引くのが
大挙してきたキングマンボの系統。
母父も含めると出走馬のほぼ半数が該当。

このレースとの相性は 悪くないと思うので
これだけ数がいれば さすがに好走馬は出そうか。


そんな中
個人的に注目しているのは
ハンプトン系の血。
一番それが目立つのは
母父サツカーボーイのライトカラカゼだが
キングマンボ系の父エイシンフラッシュも該当。

エイシンフラッシュは、自身もこのレースを勝って
皐月賞3着からのダービー制覇。
キングマンボの系統の中では
一番気になる種牡馬。


他に注目しているのは
ナスルーラの血。

サンデー系ならば
スタミナ型 か スピード型
どちらも走っているが
スピード型ならば、
どこかでスタミナ補完が利いている配合が良さそう。



コスモイグナーツは
父エイシンフラッシュが 
ハンプトン系の母にキングマンボ系の父という配合。
さらには
母父にスタミナ型サンデーのスペシャルウィークで
母系にナスルーラの系統であるレッドゴッド系を持つ。
注目した項目に全て該当。



エイムアンドエンドは
父が 同じくエイシンフラッシュ



イェッツトは
大挙したキングマンボの系統を持つ一頭で
父がナスルーラの系統であるグレイソヴリン系のカンパニー。



キングマンボ系の中から絞るならこの3頭。



母がハンプトン系と書いた ライトカラカゼは
母系にナスルーラの系統であるネヴァーベンド系も持つ。



あとは
重賞リピーターのハービンジャー産駒 ギャンブラー
母父が スタミナ型サンデーの マンハッタンカフェ。





スピード型サンデーに関しては
今回、母父にアグネスタキオンを持つ2頭が該当。
個人的には
上記の注目血統より一枚落として考えたいところだが
先週の同コース重賞・中山金杯で10番人気3着に走ったストレンジクォークが
欧州型ノーザンダンサー系 × アグネスタキオンの配合だったため
同型の配合になる今回の母父アグネスタキオンの2頭も一考の価値アリか。




以上をまとめて
私的血統評価は

◎コスモイグナーツ
○ライトカラカゼ
▲エイムアンドエンド
★イェッツト
☆ギャンブラー
△ダブルシャープ
△サクステッド
▽スラッシュメタル
▽ジョリルミエール
▽ヤマノグラップル


とした。




---------------------------------------
01/14 06:00

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【菊花賞最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

北九州記念はラブカンプーから
3連単7万1170円的中!

小倉記念はトリオンフから
3連複2880円的中!

アイビスSDはラブカンプーから
3連複5640円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼菊花賞最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




ヨルゲンセン

予想歴10年
回収率%
元々は血統予想から入ったが それだけでは不十分と感じ ある時期からラップ予想を取り入れる。 馬券購入初年度から回収率を100%を超えていたのに その辺から迷走。 最近は自身でラップ解析ツールを作り 予想に取り入れている。 しかし、なんだかんだで 競馬予想は 馬場読みと 展開読みが 全てだと思うの。 総拍手獲得数:239
過去のベスト予想
 菊花賞2017

◎クリンチャー○スティッフェリオ
19拍手

12,360

新着回顧京成杯2018回顧一覧ヨルゲンセンの回顧
ヨルゲンセンTM競馬歴10年 回収率%
あと一歩のハンプトン
次走狙い馬:ジェネラーレウーノ 次走狙い馬:デルタバローズ
     
 
2拍手



解析結果から
人気でもココは外せないと考え
勝ち馬と目した
ジェネラーレウーノが勝利。


となると
綺麗にハマったようだが、

実際は、
ベース算出に難があり
その分、ズレが出たかなという感じ。

ただ、毎度の通り、
若駒戦は、位置取り指数が不安定なので
仕方ない部分はある。

コスモイグナーツの前走を考えれば
今回の展開を見通せなかったコトもないが
まぁ 機械的にペースを算出する試みなので
こういうコトは 起こる。




---------------------------------




実際の位置取りタイプと位置取り指数


ジェネラーレウーノ B(指数D)
コズミックフォース E(指数E)
イェッツト     D(指数B)
ライトカラカゼ   D(指数D)
サクステッド    B(指数C)

コスモイグナーツ  A(指数B)
今走 16.9  (前走 15.1)



コスモイグナーツは 
前走より指数が上がっているが
今走は更に高数値の馬がいたためBタイプに。
ただ、Bタイプ馬は全てAと近い値だったので
実際のレースでの入れ替わりは想定の範囲内。

ただ
ジェネラーレウーノ
イェッツト
馬券圏内の2頭に明確なズレがあった。


戦前に書いた通り
D・Eタイプの差し込みが優勢
という傾向だけは、
例年、ペース不問で続いているので
今年も例に漏れず。




---------------------------



ジェネラーレウーノは 
ラップ解析を元に信頼したが

穴馬は それに加えて 
血統的な視点からピックアップ。


コスモイグナーツが潰れ
エイムアンドエンドも潰れるという。。


大挙してきたキングマンボの血の中で
母がミクロコスモスのコズミックフォースが2着。

キングマンボとサンデーの血を母系に持ち
父が注目のグレイソヴリン系だったイェッツトが3着。


1番注目したハンプトンの血を母系に持つ
ライトカラカゼは 4着。

個人的には 
本線が2頭潰れてしまった以上
最後の砦である2ケタ人気のココに
何とか滑り込んで来てもらいたかったところ。


血統的な見立ては悪くなかったかなと思いたいが
機械的な読みがズレた部分はあったし
全体的に 
ハマったようで 今一歩噛み合わないレースだったか。


今回の自分の狙いには
かなり自信があったが

人気馬の好走で連が堅かったし
拾うべき穴は拾った上でコレなので
致し方ないところ。




----------------------------------




ジェネラーレウーノ は 
このペースを前目で押し切ったところを素直に評価。



デルタバローズ
個人的には 
人気を背負って飛んでもらう筆頭の馬だったので
ココの凡走は想定通りだが
また条件替わりで 見直したいところ。








---------------------

01/14 21:55 回顧アクセス:833


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
雨龍泥舟
10/12 23:35

すごい動画発見! https://www.youtube.com/watch?v=55NE29sWHCU

競馬ナンデ編集部
10/12 18:19

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

クライスト教授
10/11 09:12

石橋脩は残念だが代わりが北村友一なのは思わず笑った。指定の厩舎付き騎手では絶対に被らないはずの騎手が起用されたから。これで来たらアーモンドアイは危ないって事か?(苦笑)...

ドリームパスポート
10/09 14:24

ラッキーライラックに友一君なんだ。脩君残念。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

雨龍泥舟>>

>>編集長おくりばんと


10/17 10:42

ぷみを>>

>>クライスト教授


10/16 21:39

クライスト教授>>

>>ぷみを


10/16 08:52

下彦>>

>>下彦


10/13 21:16

編集長おくりばんと>>

>>下彦


10/13 20:52



19
秋華賞
◎アーモンドアイ
○カンタービレ
三連単11-13-2番
5,600円 的中

ぷみを
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社