8/18 8/19
8/18 8/19
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【キーンランドC】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想京成杯2010予想一覧軍神マルスの予想

ワイド 1-13番:220円的中

中山11R 京成杯 2010年1月17日(日)
芝2000 3歳GIII 晴良 平均レースレベル2.3

87654321枠番
13121110987654321馬番















































































馬名



牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牝3 牡3牡3性齢
56 56 56 56 56 56 56 56 5656 54 5656斤量


























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順着順

編集長おく

genui

マッサ

index

サニーのす

××編集長おく自信度C 1
ログは先行脚質が魅力ですが、のっそりと走るので、速い脚はあまり使えなさそうなので、早めに仕掛けないといけなさそう。そして、やや思ったよりも人気になってしまっていて・・・

タイムチェイサーも、先行脚質魅力ですが、やや走りが硬い感じがします。

やはりフーガフューグは、安定した良い走りをする馬で器用な走りができると思うので中山はよいのではないかと・・・

---------------------------------------------
アドマイヤテンクウ
調教師が「ずぶくて展開に注文がつく」と言っていますが、
本当にそんな感じのする馬です。
体が大きくて、追われて追われてやっとのそのそ伸びてくる感じがします。
index自信度C 0
阪神淡路大震災の日。
白と黒で追悼です。

まだ何とも言えないですが、特別レースでの新種牡馬の活躍が目立つ気が...
フラガラッハとブルーソックスに注目しますが、あえてソックスに印。
ダートの先行馬が芝で一変、「差し」に出たら..

と思ったが変更。
勝負はワイ自信度D 2
ワイド、◎-○本線に○-▲、◎-▲を抑えに。
データが少ないので、中山実績、距離実績で考えました。
エイシンフラッシュは、2000mの実績、前走り内容優秀。
その他は、混戦じゃないかと思います。
タキオン自信度C 2
(本命)
フラガラッハ・・・新馬で上がり33秒台で、ゴールスキー相手の2着。ダートでしっかり勝ちあがれるあたりも好素材の証拠。サンライズマックス(春天の為)に武豊は取られてしまったが、4番人気位なら、田中勝も気楽に乗れる。一発に期待。
アドマイヤテンクウ・・・前走のタイムも優秀で、実力上位。内からじっくり伸びれたことは、大外まわすと不利な今回活きる。

(対抗)
エイシンフラッシュ・・・エリカ賞は、しっかり勝てたことは評価出来るが、もう少し楽勝感がないと、ここでは。。。大外枠も不利。
レッドスパークル・・・発馬が不得手なのに、最内枠は厳しい。4角で大外回す競馬になるとチャンス…
naoch自信度C 1
ログが逃げれればしぶといと思うのであわやのところまで逃げて
エイシンにかわされレッドは届かず3着になればいいなぁ

人気馬のことはよくわからにんですがオッズの差がかなりあると思うんでエイシンフラッシュ本命に

ログは北村さん次第。馬は大丈夫なはず中山芝初騎乗の北村騎手が落ち着いて乗ってくれればきっと結果はついてくるのでは
Apoll「馬体から適性を占う」自信度A 2
例年スローペースになることが多い京成杯。今年のメンバーを見渡しても、ダートの逃げ馬ブルーソックス・中山で走ったことあるの?という北村浩平騎手が乗るログあたりは、できるだけゆっくりとした展開を望むはず。中山でスロー決め打ちなら、狙いは切れる脚を使える先行馬。

◎フラガラッハ

腰高で先行力があり(初戦でゲートは一番速かった)、寝肩で切れ味があり(初戦の終い11.5のところで差を詰めている脚力)、腹袋があって万が一ハイペースになっても対応できそうな、オールマイティな適性を持つフラガラッハ。明らかに芝向きな繋なのにダートで勝ち上がれたのは能力の証。けっこう安心して買えるタイプだと思い…
sun自信度B 3
初の遠征競馬や大外枠、乗り代わりなどつっこみ所がないわけではないけど、◎はひねらずエイシンフラッシュで。普通にここでは1枚は力が上なんじゃないかな。ちょっとかかるところはある馬だけど前走の超スローをどうにか我慢できた経験は大きいはず。ここはスローになっても前走ほどの淡々とした流れにはならないだろうし。

レッドスパークルは内枠を引いたのはかなりいい。前走は後方から直線一気になったけど本来内でうまくたちまわれるレース巧者の部類。力も成績がしめすとうりエイシンより半枚くらい落ちるくらいの感覚なので素直に○で。ただこの馬洋芝の北海道での競馬は悪くないけどパンチ不足で未勝利勝てかなっ…
×ブルーブラ自信度B 1
エイシンフラッシュ。2勝馬は2頭だが、もう一頭はダートでの勝ち鞍で、このメンバーでは実績上位。ここははずせない。

トーセンマリーン。休み明けの一戦一勝馬だが、状態さえまともなら狙い目も。

フーガフューグ。前走の勝ち方が良かった。間隔が開いたが、牝馬なのでむしろ良いはず。


消しはレッドスパークル。2歳時、数を使われたが、ここで一息入れた。こういう馬の緒戦は意外とボケてたりするので危ない人気馬と見た。…

タイム 2:03.6 4F 47.8 3F 35.2
単勝13番220円(1人気)
複勝13番110円(1人気)4番150円(2人気)1番150円(3人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「京成杯 地味目のサンデーサイレンス重賞。」
レッドスパークル3着/2人気
○エイシンフラッシュ▲フラガラッハ  
    
2330
2拍手

ワイド 1-13番

220円的中

★傾向分析★
2004年 タイム 1'59"2 (良) 1FAve=11.92 3FAve=35.76
テン35.3-中盤46.8(3F換算35.10)-上がり37.1 『前傾・ハイレベル』
1着フォーカルポイント・・・エンドスウィープ×スプレンディドモーメント=ミスプロ×ストームバード 〔6〕 6-6
2着マイネルマクロス・・・フジキセキ×サクラユタカオー=サンデーサイレンス×プリンスリーギフト 〔16-g〕 1-1
3着キングカメハメハ・・・Kingmambo×Last Tycoon=ミスプロ×ノーザンダンサー 〔22-d〕 3-4

2005年 タイム 2'07"4 (不良) 1FAve=12.74 3FAve=38.22
テン38.5-中盤51.3(3F換算38.48)-上がり37.6 『加速・一貫』
1着アドマイヤジャパン・・・サンデーサイレンス×Caerleon=サンデーサイレンス×ニジンスキー 〔16-c〕 6-6
2着シックスセンス・・・サンデーサイレンス×Danehill=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔16-a〕 8-7
3着コスモオースティン・・・オース×コマンダーインチーフ=ノーザンダンサー×リファール 〔19-b〕 2-2

2006年 タイム 2'03"2 (やや重) 1FAve=12.32 3FAve=36.96
テン36.8-中盤50.7(3F換算38.03)-上がり35.7 『加速・中弛み』
1着ジャリスコライト・・・Fantastic Light×Chief's Crown=レッドゴッド×ダンチヒ 〔22-d〕 6-5
2着トウショウシロッコ・・・アドマイヤベガ×ニッポーテイオー=サンデーサイレンス×リファール 〔23-b〕 6-7
3着ネヴァブション・・・マーベラスサンデー×Mill Reef=サンデーサイレンス×ネヴァーベンド 〔14-f〕 9-10

2007年 タイム 2'01"6 (良) 1FAve=12.16 3FAve=36.48
テン37.6-中盤49.0(3F換算36.75)-上がり35.0 『加速』
1着サンツェッペリン・・・テンビー×オジジアン=ニジンスキー×ダマスカス 〔22-b〕 1-1
2着メイショウレガーロ・・・マンハッタンカフェ×Carson City=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔7〕 6-5
3着アルナスライン・・・アドマイヤベガ×El Gran Senor=サンデーサイレンス×ノーザンダンサー 〔9-c〕 10-7

2008年 タイム 2'02"9 (良) 1FAve=12.29 3FAve=36.87
テン35.8-中盤50.5(3F換算37.88)-上がり36.6 『前傾・中弛み』
1着マイネルチャールズ・・・ブライアンズタイム×Zabeel=ロベルト×ターントゥ 〔6-b〕 8-9
2着ベンチャーナイン・・・エイシンサンディ×コマンダーインチーフ=サンデーサイレンス×リファール 〔13-c〕 16-15
2着アイティトップ・・・マヤノトップガン×コマンダーインチーフ=ロベルト×リファール 〔11-f〕 11-9

2009年 タイム 2'02"2 (良) 1FAve=12.27 3FAve=36.81
テン36.2-中盤51.0(3F換算38.25)-上がり35.5 『中弛み』
1着アーリーロブスト・・・バブルガムフェロー×Mazel Trick=サンデーサイレンス×ニアークティック 〔3-f〕 2-2
2着ナカヤマフェスタ・・・ステイゴールド×タイトスポット=サンデーサイレンス×リボー 〔3-h〕 6-6
3着モエレビクトリー・・・ゴールドヘイロー×オジジアン=サンデーサイレンス×ダマスカス 〔8-g〕 1-1

馬場状態も流れも様々だが、連対馬に共通していることは4コーナーでの位置取りは5番手前後が多いこと。後方に位置しては届かずの結果が多いように感じます。これは中山芝2000mのコース形態に起因するもので、直線が短いため溜めてキレるタイプ寄りも早めに仕掛けて押し切るタイプに向く流れになりやすいのが原因と思います。『加速』や『中弛み』は逃げに有利な展開だし、『一貫』なら先行が有利なことから、コース形態も相まって好走しやすいのだと考える。

血統の傾向は、サンデーサイレンス系×スピード持続型血統(=ダンチヒ系・リファール系・ニジンスキー系などの大系統ノーザンダンサー系)の配合がよく好走しているように思います。またサンデーサイレンス系は、スタミナ型のサンデーサイレンス系(=マンハッタンカフェ、アドマイヤベガ、マーベラスサンデー、エイシンサンディなどちょっと地味目なタイプ)の好走が多く、スタミナが問われやすいのだと感じます。
ロベルト系やノーザンダンサー系はもちろん好走多く、欧州型スタミナ血統は要注目。
ミスプロ系も好走していますが、エンドスウィープやエルコンドルパサーなど中長距離の持続型の流れに強いミスプロ系からもスタミナが重要と考えます。

ステップの傾向は、朝日杯FS上位馬はここでは実績上位ということなのか好走多し。
前走ホープフルS好走馬は、同コースを経験している強みか好走が多いです。

★予想★
◎レッドスパークル・・・ニューイングランド×ヘクタープロテクター=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔2-r〕
前走東京スポーツ杯2歳S3着(=東京芝1800m:0.3秒差)。ニューイングランド産駒はサンデーサイレンス系で、得意なコースで好走することが多いスペシャリストタイプ。ニューイングランド産駒は直線の長いコースよりも小回りコースでの好走が多く、前走東京スポーツ杯では上がり33.6秒で届かず3着から小回りコースへのコース替わりはプラス要因なはず。また前走の1着馬は2歳王者のローズキングダムで、0.3秒差なら力は上位で好走の可能性は高い。母父ヘクタープロテクターはミスプロ系で、素軽い先行力と立ち回りの巧さがある。
No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さと器用さが売り。分枝記号rは、あらゆる条件を平均的にこなすタイプ。様々なレース経験を活かすと好走につながり、スローも淀みない流れも経験している強みが活きるはず。

○エイシンフラッシュ・・・King's Best×Platini=ミスプロ×ハンプトン 〔8-a〕
前走エリカ賞1着(-阪神芝2000m)。King's Best産駒はキングマンボ系で、全体的なスピードを武器に距離は問わず、淀みないペース向きの自力勝負血統。母父Platiniは、重厚なドイツ血統でのスタミナ型のタイプ。
No.〔8〕の牝系は、早い時期から走るが人気を背負うと少し信頼性に欠ける点がある。小回りコースよりは広いコース向きなので、京都コースの未勝利戦でレッドスパークルと互角の勝負だったが、今回は小回りコースなので少し評価を下げて対抗と考える。分枝記号aは、気性的には素直な産駒が多いが父親よりはスケールが小さくなる傾向。

▲フラガラッハ・・・デュランダル×トニービン=サンデーサイレンス×グレイソヴリン 〔11-d〕
前走未勝利戦1着(=京都D1800m)。デュランダル産駒はサンデーサイレンス系で、走ることに前向きな性格で、2歳戦から走り、芝・ダートを問わず走れるパワーも秘めている。母父トニービンはグレイソヴリン系で、中山コースで好走の多い母父。スタミナもあり、強敵相手に好走しやすい特性や連続好走しやすい特性を持っている。
No.〔11〕の牝系は、3歳春~秋にかけて強くなる傾向があり、クラシック春シーズンからが本当の成長時期。のびのび加速できるコースに向くので、小回りコースでは持ち味が活きないかもしれない。だが分枝記号dなので、精神的にタフなタイプが多く、遠征や重馬場は苦にしない。また前走好走だと次走でも好走しやすい特性も持ち、今回はこの特性に期待する。

△アドマイヤテンクウ・・・キングカメハメハ×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔1-o〕
前走ラジオNIKKEI杯2歳S5着(=阪神芝2000m:0.2秒差)。キングカメハメハ産駒はキングマンボ系で、格の高いレースで究極のスピード競馬(=レコード決着)になるほど凄味をきかす血統。厳しい展開ほど持ち前の底力が活き、2歳から走れる完成度の高さと成長力がある。ただ本格化前は詰め甘な点があるので、2・3着向き。母父サンデーサイレンスは、前走の勢いをそのまま活かして好走することの多い特性がある。前走5着でこの特性的にはリズムは悪いが僅差の内容だったことには期待したい。ただ中山コースの重賞に関しては、母父サンデーサイレンスは過信禁物。
No.〔1〕の牝系は、早い時期から走りクラシックでよく好走する牝系。分枝記号oは、時計のかかる馬場や上がりのかかる展開で能力を発揮するも急坂に弱い。その点で中山コースは割引だが、シーズンオフに強い特性もあるので、その点には期待。
01/17 02:27

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【キーンランドC最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼キーンランドC最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




軍神マルス

予想歴12年
回収率200%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3328
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370

新着回顧京成杯2010回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴12年 回収率200%
京成杯 3歳牡馬の序列。
次走狙い馬:エイシンフラッシュ 次走狙い馬:レッドスパークル
     
 
2拍手

2010年 タイム 2'03"6 (良) 1FAve=12.36 3FAve=37.08

ラップ
①12.5-②11.1-③13.6-④12.7-⑤13.3-⑥12.6-⑦12.6-⑧12.4-⑨11.4-⑩11.4
1FAveとの誤差
①+0.1 ②-1.3 ③+1.2 ④+0.3 ⑤+0.9 ⑥+0.2 ⑦+0.2 ⑧±0 ⑨-1.0 ⑩-1.0
テン37.2-中盤51.2(3F換算38.40)-上がり35.2 『加速・中弛み』

『加速』・・・逃げ◎ 先行○ 差し△ 追込×
『中弛み』・・・逃げ◎ 先行△ 差し× 追込○

1着エイシンフラッシュ・・・King's Best×Platini=ミスプロ×ハンプトン 〔8-a〕 3-3
2着アドマイヤテンクウ・・・キングカメハメハ×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔1-o〕 1-1
3着レッドスパークル・・・ニューイングランド×ヘクタープロテクター=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔2-r〕 8-9

流れはテン-上がりのラップ差から『加速』と中盤の弛みから『中弛み』の複合ラップ。展開的には逃げが最も有利な流れで、次いで先行、差し・追込には厳しい流れと考える。また例年4コーナー5番手前後が好走する位置取りとなる傾向なのだが、今年も1・2着馬は4コーナー5番手以内に位置し、この傾向は活きたと考える。

1着エイシンフラッシュは、エリカ賞1着(=阪神芝2000m)からの好走。前走エリカ賞1着からの好走は2年連続(=09年1着アーリロブスト)なので、新しい好走ステップになりつつあるのかもしれません。King's Best産駒はキングマンボ系で、全体的なスピードを武器に距離は問わず、淀みないペース向きの自力勝負血統。キングマンボ系なので2歳戦から走れる仕上がりの早さを持ち合わせるが、3歳春クラシックシーズンまでは詰めの甘い点があり、もうしばらくは過信禁物。母父Platiniは、重厚なドイツ血統でのスタミナ型のタイプ。
No.〔8〕の牝系は、早い時期から走るが人気を背負うと少し信頼性に欠ける点がある。小回りコースよりは広いコース向き。どちらかというと皐月賞よりはダービー向きのタイプでは?と考えます。分枝記号aは、気性的には素直な産駒が多いが父親よりはスケールが小さくなる傾向。ローズキングダム、ヴィクトワールピサの2強に次ぐ第2グループの一頭と考える。

2着アドマイヤテンクウは、前走ラジオNIKKEI杯2歳S5着(=阪神芝2000m:0.2秒差)からの好走。キングカメハメハ産駒はキングマンボ系で、格の高いレースで究極のスピード競馬(=レコード決着)になるほど凄味をきかす血統。厳しい展開ほど持ち前の底力が活き、2歳から走れる完成度の高さと成長力がある。ただ本格化前は詰め甘な点があるので、2・3着向きで、このあたりは1着エイシンフラッシュの父King's Bestにも共通するキングマンボ系の特徴。母父サンデーサイレンスは、前走の勢いをそのまま活かして好走することの多い特性がある。前走5着(=0.2秒差)だったので、この特性的には着順は悪いが好走できるギリギリのラインだったと考える(=アグネスタキオン産駒なども5着以内で0.5秒差以内だと連続好走しやすい特性があり、どちらかの条件がそぐわないと好走確率が減る傾向)。ただ中山コースの重賞に関しては、母父サンデーサイレンスは過信禁物で、瞬発力勝負向きの人気の差し馬タイプだと特に危険。今回は積極的に前にて展開して、瞬発力勝負にしなかったことが良かったと考える。ただ展開的には恵まれた流れなので、現時点ではエイシンフラッシュアドマイヤテンクウの力関係と思われる。
No.〔1〕の牝系は、早い時期から走りクラシックでよく好走する牝系。分枝記号oは、時計のかかる馬場や上がりのかかる展開で能力を発揮するも急坂に弱い。シーズンオフ(=厳冬期や真夏)に強い特性もあり。

3着レッドスパークルは、前走東京スポーツ杯2歳S3着(=東京芝1800m:0.3秒差)からの好走。ニューイングランド産駒はサンデーサイレンス系で、得意なコースで好走することが多いスペシャリストタイプ。予想ではニューイングランド産駒は直線の長いコースよりも小回りコースでの好走が多くと書きましたが、実際良く調べてみると芝では東京コースが中山コースの倍近く好走していました。ダートは中山>東京。代表産駒のレオマイスターのイメージが強く、同じコースでの好走が多いのも事実(=レオマイスターは福島巧者)で小回りコース向きと考えていたので、反省です。母父ヘクタープロテクターはミスプロ系で、素軽い先行力と立ち回りの巧さがある。大一番では底力に欠けるのだが、その分トライアルに向く。今回は位置取り的に不利な展開だったので、コース替わりの反撃に期待。
No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さと器用さが売り。分枝記号rは、あらゆる条件を平均的にこなすタイプ。中山コースよりは東京コースに向くので、NHKマイルCなどには向きそうなタイプと考える。

01/19 23:28 回顧アクセス:2330


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス
土曜・日曜 22時~23時頃  http://twitcasting.tv
ツイッターユーザーの方はコメントで参加できます。



つぶやき
クライスト教授
08/19 14:43

アカネサス、ラフィアンに負けての4着で残念。浅見厩舎の下手が見事に出て、これで残念ながら出世はもう無理の模様。

クライスト教授
08/18 11:08

ダノンチェイサー未勝利戦勝利。 代わりにミヤケが武豊で人気を裏切る。やはり日本人は外人にはセンスで勝てないのが悔しい。

雨龍泥舟
08/16 14:07

そのレース、アドレを応援しています。一口クラブの馬で総額600万円の破格の安馬。デビュー戦で馬代金ほぼ回収してしまった。

クライスト教授
08/15 09:22

アカネサス、ぜひ2勝目を挙げて下さい。

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

編集長おくりばんと>>

>>雨龍泥舟


08/15 15:15

雨龍泥舟>>

>>雨龍泥舟


08/14 09:18

編集長おくりばんと>>

>>雨龍泥舟


08/13 19:16

雨龍泥舟>>

>>雨龍泥舟


08/13 13:04

雨龍泥舟>>

>>雨龍泥舟


08/13 13:03

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社