4/21 4/22
4/21 4/22
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【フローラS】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想天皇賞(春)2010予想一覧クライスト教授の予想

京都10R 天皇賞(春) 2010年5月2日(日)
芝外3200 4歳上GI 晴良 平均レースレベル2.5

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番



























































































































馬名



牡4 セ10牡7 牡9 牝5 牡4牡6 牡4 牡6 牡5 牡6 牡5 牡8 牡7牡4 牡4 セ7 牡6性齢
58 5858 58 56 5858 58 58 58 58 58 58 5858 58 58 58斤量






























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

のび犬

KUROS

BC爺

スナフキン

たつやりん

サニーのす

編集長おく自信度C 7
やはりその後メイショウベルーガの調子が悪いという話はあまり聞かなかったので。この馬は、かなりの京都巧者で、エリザベス女王杯の競馬もなかなか強かったと思っています。今の馬場なら距離もあまり関係ないのではないか。

ブエナビスタに迫ったジャガーメイルももちろん強いと思います。

-----------------------------------------------
ナムラクレセント
このメンバーであれば、全然見劣りのしない、
結構強い馬なのではないかと思っています。
競馬ブック的には全然印がないのですが、どうなのでしょうか?

3000mにも十分の実績がありますし。
昨年は、スマートギアを負かした競馬、
毎日王冠の4…
××キングガル自信度B 1
まず初めに以下の8頭を消去。
理由は、距離延長・斤量増、騎手、馬齢、外枠不利から。

【第1段階】
①カネトシソレイユ・・・2500以上以上経験なし
④メイショウドンタク・・・斤量厳しい
⑤フィールドベアー・・・2200以上経験なし
⑧トーセンクラウン・・・2500以上経験なし
⑩テイエムアンコール・・・2200以上経験なし
⑪ミッキーペドラ・・・2400以上経験なし、斤量厳しい
⑮エアシェイディ・・・2500以上経験なし、馬齢的に
⑰ゴールデンメイン・・・距離延長マイナス

【第2段階】
⑦ナムラクレセント・・・太い
⑱ベルウッドローツェ・・・上積みが気になるが、斤量厳しいと予想


時間がないので、大きくは…
パグパグパ「安勝が「してやったり」」自信度B 1
◎前走はトリックに騙された・・・??
・・・格下の様だけど、はてさて、結果は。
今回も内枠人気馬に流して、
3連複のBOXも購入。
安勝の一発狙いに期待しまぁ~す。
××仮面ライダ「春の嵐!!波乱の天皇賞(期待大)」自信度A 2
登録25頭。過去10年、フルゲート18頭で開催せれたのが4回のみだから、今回はどの陣営も色気を持っている事が分かる。ドリームジャーニーの回避や、親子4代制覇が期待されたホクトスルタンの除外など、枠順が決まるまで二転三転…堅く収まる気がしない。

1番人気フォゲッタブルはSペースの長距離戦を2勝、Hペースの菊花賞と有馬記念でも2着・4着と完全に良血馬が本格化してきた。
特にステイヤーズSのマクり、ダイヤモンドSの中団差しと、スローで前が残る「差し脚質不利な展開」をチカラでねじ伏せ勝利しており、人気でも印を落とせない。
しかし、穴狙いの目線で見れば「1番人気の不振」と「父ダンス産…
××牛島キング「武豊先生、あっざーす」自信度A 1
対抗を○ジャミールに変更や。
ナムラクレセントもありそうやけど、
ジャミールのほうが上積みありそうかな。
騎手も小牧と安勝やったら、安勝やろ。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

もはやステイヤーズSと化した春の天皇賞よりも、
青葉賞のほうがずっと見ごたえありそうやな。

ほんま魅力の無いメンツやな。
春天も、秋と同じく2000mのGIにしたらええのにな。
いろいろ反対意見もあるやろけど、
現実問題として3000m以上のGIはもうあかんやろ。


いちおう予想や。

今年のGIは1番人気馬がずっと勝っとる。
エスポワールシチー、キンシャサ、アパパネ、ピサ。
「流れ」が続いているうちは…
××KUROS「即席メイショウサムソン」自信度C 2
 GⅠ馬の出走が1頭ゆえ最初から混戦と読まれている分だけ超の付く波乱もないだろうが、一方で人気馬での決着というのもしっくり来ない。とくれば警戒したいのは昨年のマイネルキッツみたく、長距離で意外性の能力が開花するパターンしかないか。

 波乱だった昨年の1着2着馬は日経賞からのステップ。今年も日経賞に注目すれば、終始外を走りながら好位で最後まで渋太かったトーセンクラウンに食指が動く。キングストレイルが大逃げを打ち、エアシェイディがマクりを打つ展開で逃げ先行馬にとっては決して楽なペースではなかった。もし、道中でうまくインに収まっていれば2着まではあった。そんなレース振りも長距離で…

タイム 3:15.7 4F 46.0 3F 34.2
単勝12番590円(2人気)
複勝12番230円(3人気)16番300円(4人気)4番2860円(16人気)

クライスト教授<10期 東関脇>
「ダイヤモンドSから参戦?」
トウカイトリック9着/6人気
○エアシェイディ▲マイネルキッツ  
    
2296
4拍手

 正直なところ『藤田以外のベテラン競馬学校卒騎手はどこに行ったの?』と言いたいほど。
 フォゲッタブルを連軸にすれば妥当なのは分かるが、いくら長距離得意とはいえダイヤモンドS以来のローテ出走ではとても軸には推せない。たしかに弱そうなメンバー構成の天皇賞(春)だが、もしフォゲッタブルがあっさり勝つようならば、他の調教師は自厩の管理能力を大いに恥じるべきだろう。
 そこでトウカイトリックを仕方なく本命に・・・正直、馬主さんだけがまともなだけで厩舎・牧場はあてにならない存在。阪神大賞典を勝ってきたというその点だけで本命にしただけ。
 厩舎・牧場から対抗にエアシェイディを選択・・・日経賞少差2着というのもあるが、もう1頭のエアに岩田康が騎乗する以上はシェイディを軽視する訳にはいかなくなってしまったのが大きい。まさかジパングが馬券になってシェイディが消えるとは考え難いので…
 悩んだ末に単穴にはマイネルキッツを選択・・・一瞬ジャガーメイルと迷ったのだが、高松宮記念を四位騎手で制したのと同じ馬主ではさすがに勝ちはないとみたのだ。もちろん桜花賞を勝った国枝厩舎も勝つまでは至らないだろうが、牧場・馬主が違うのでまさかの連覇もおかしくない可能性が残っている分こちらを選んだ…
 一番残念だったのはメイショウベルーガ(牝)に福永くんを起用してきた池添厩舎。ドリームジャーニーの回避でお手馬の池添くんを戻せばいいのに戻さなかったことが残念でならない。いくら牝馬でしかG1を勝てない騎手とはいえレースは「天皇賞」なのだ。関西一の恵まれ騎手が恵まれた馬に乗せてもらっているのも気に入らないが、実は予想段階で、『春天を牝馬が勝ったら忘れられないレースになるかも』と思っていたのだ。ところが彼が乗ってまかり間違って勝ってしまったら、競馬ファンから『父親のおかげで1000勝以上勝たせてもらっている騎手がまたヤラセで勝ちやがった!』と思うのは間違いないからだ。
 彼が勝つくらいなら、池添くん騎乗のミッキーペトラ、後藤くんから騎乗変更の幸くん騎乗のカネトシソレイユ、果てはメジロマックイーン降着繰り上がり天皇賞ジョッキー江田くん騎乗のトーセンクラウンが勝った方が今後のレースのためには遥かにマシ。
 最後にこれだけは言い切れる…『天皇賞(春)史上最低メンバーの盾争い!』
04/30 00:56

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【フローラS最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

佐々木主浩のフローラSへの意気込み
▼▼最終結論もお楽しみに!▼▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




クライスト教授

予想歴31年
回収率500%
騎手の実力を最も重視。ここに調教師・生産地レベル・馬の脚質を絡めて予想。 総拍手獲得数:3713
過去のベスト予想
 札幌記念2014

◎ハープスター○ゴールドシップ
38拍手

19,780

新着回顧天皇賞(春)2010回顧一覧クライスト教授の回顧
クライスト教授TM競馬歴31年 回収率500%
可哀相な内田博と安藤勝
次走狙い馬:フォゲッタブル 次走狙い馬:ジャミール
次走危険馬:エアジパング 次走危険馬:メイショウドンタク
 
2拍手

 騎手の立場から察して、過剰な人気を背負わされた内田博と安藤勝の2人に同情する・・・
 フォゲッタブルはTRを使えなかった時点で敗戦濃厚だった訳だが、そこに関東を基点とする内田博騎手が起用されたのはやはり解せない騎手起用。負けるべくして負けた馬に乗らされた内田博はババを引かされたようなものだろう。
 またアルナスラインの伏線を引きずって乗らされた安藤勝騎手も同じ。お手馬ではあるが、別定戦とはいえ前走が軽い斤量で好走させたジャミールに過度な期待が懸けられ過ぎたといえる。もちろん安藤勝が下手な訳じゃなく、所詮はアルナスラインが2着した菊花賞では和田くんが、また昨年2着に負けてしまった時には蛯名くんがというように、ここ一番でイマイチの騎手しか起用できない厩舎格が招いた敗戦。つまるところ厩舎が天皇賞(春)に好走する実力がなかっただけで、安藤勝もババを引かされたようなものなのだ。よって上記2頭は次走の期待馬になるという訳だ。
 危険馬2頭はもっと単純。エアジパングは岩田騎手のおかげで好走できたもの。またメイショウドンタクは、自爆覚悟の引っぱり競馬が偶然功を奏しただけで騎手の技量など評価の対象にもならない。ある意味、ヤラセなしの裏返しではあるが…
 それにしても今回の天皇賞における騎手の起用は不可解なことばかり。
 今一番勢いのある横山典は使われなかったし、四位くんもホクトスルタンの回避で不出走。早々にドリームジャーニーが回避したのに主戦の池添くんはミッキーペトラに乗るしかない状況。挙句は同じ馬主のド人気薄が好走してしまったメイショウベルーガには○○息子が起用される始末。
 おかげで来週のNHKマイルのリルダヴァルも危険度ばかりが増し、余計にダノンシャンティとサンライズプリンスに人気が集中してしまいそう。(私が主催者側の立場にあれば絶対にこんな○○息子など起用させない。売上げを落とす騎手が一番困るから…)

05/03 09:22 回顧アクセス:2296


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
編集長おくりばんと
04/21 20:25

今日はセリに来てくれる人がどれくらいいるのだろうか?とても心配です

編集長おくりばんと
04/20 07:53

【競馬ナンデPOG】明日21時22:30~ 最後のセリ20頭分をツイキャスにて行います。ぜひ奮ってご参加ください!

とりおやこ
04/19 22:34

21日22:30でOKです。

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>クライスト教授


04/18 01:45

ドリームパスポート>>

>>クライスト教授


04/17 23:10

とりおやこ>>

>>とりおやこ


04/15 20:05

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社