5/26 5/27 6/3
5/19 5/20
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【日本ダービー】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想天皇賞(春)2010予想一覧サニーのすけの予想

京都10R 天皇賞(春) 2010年5月2日(日)
芝外3200 4歳上GI 晴良 平均レースレベル2.5

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番



























































































































馬名



牡4 セ10牡7 牡9 牝5 牡4牡6 牡4 牡6 牡5 牡6 牡5 牡8 牡7牡4 牡4 セ7 牡6性齢
58 5858 58 56 5858 58 58 58 58 58 58 5858 58 58 58斤量






























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
××

のび犬

KUROS

BC爺

スナフキン

たつやりん

編集長おく自信度C 7
やはりその後メイショウベルーガの調子が悪いという話はあまり聞かなかったので。この馬は、かなりの京都巧者で、エリザベス女王杯の競馬もなかなか強かったと思っています。今の馬場なら距離もあまり関係ないのではないか。

ブエナビスタに迫ったジャガーメイルももちろん強いと思います。

-----------------------------------------------
ナムラクレセント
このメンバーであれば、全然見劣りのしない、
結構強い馬なのではないかと思っています。
競馬ブック的には全然印がないのですが、どうなのでしょうか?

3000mにも十分の実績がありますし。
昨年は、スマートギアを負かした競馬、
毎日王冠の4…
××キングガル自信度B 1
まず初めに以下の8頭を消去。
理由は、距離延長・斤量増、騎手、馬齢、外枠不利から。

【第1段階】
①カネトシソレイユ・・・2500以上以上経験なし
④メイショウドンタク・・・斤量厳しい
⑤フィールドベアー・・・2200以上経験なし
⑧トーセンクラウン・・・2500以上経験なし
⑩テイエムアンコール・・・2200以上経験なし
⑪ミッキーペドラ・・・2400以上経験なし、斤量厳しい
⑮エアシェイディ・・・2500以上経験なし、馬齢的に
⑰ゴールデンメイン・・・距離延長マイナス

【第2段階】
⑦ナムラクレセント・・・太い
⑱ベルウッドローツェ・・・上積みが気になるが、斤量厳しいと予想


時間がないので、大きくは…
パグパグパ「安勝が「してやったり」」自信度B 1
◎前走はトリックに騙された・・・??
・・・格下の様だけど、はてさて、結果は。
今回も内枠人気馬に流して、
3連複のBOXも購入。
安勝の一発狙いに期待しまぁ~す。
××仮面ライダ「春の嵐!!波乱の天皇賞(期待大)」自信度A 2
登録25頭。過去10年、フルゲート18頭で開催せれたのが4回のみだから、今回はどの陣営も色気を持っている事が分かる。ドリームジャーニーの回避や、親子4代制覇が期待されたホクトスルタンの除外など、枠順が決まるまで二転三転…堅く収まる気がしない。

1番人気フォゲッタブルはSペースの長距離戦を2勝、Hペースの菊花賞と有馬記念でも2着・4着と完全に良血馬が本格化してきた。
特にステイヤーズSのマクり、ダイヤモンドSの中団差しと、スローで前が残る「差し脚質不利な展開」をチカラでねじ伏せ勝利しており、人気でも印を落とせない。
しかし、穴狙いの目線で見れば「1番人気の不振」と「父ダンス産…
××牛島キング「武豊先生、あっざーす」自信度A 1
対抗を○ジャミールに変更や。
ナムラクレセントもありそうやけど、
ジャミールのほうが上積みありそうかな。
騎手も小牧と安勝やったら、安勝やろ。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

もはやステイヤーズSと化した春の天皇賞よりも、
青葉賞のほうがずっと見ごたえありそうやな。

ほんま魅力の無いメンツやな。
春天も、秋と同じく2000mのGIにしたらええのにな。
いろいろ反対意見もあるやろけど、
現実問題として3000m以上のGIはもうあかんやろ。


いちおう予想や。

今年のGIは1番人気馬がずっと勝っとる。
エスポワールシチー、キンシャサ、アパパネ、ピサ。
「流れ」が続いているうちは…
××KUROS「即席メイショウサムソン」自信度C 2
 GⅠ馬の出走が1頭ゆえ最初から混戦と読まれている分だけ超の付く波乱もないだろうが、一方で人気馬での決着というのもしっくり来ない。とくれば警戒したいのは昨年のマイネルキッツみたく、長距離で意外性の能力が開花するパターンしかないか。

 波乱だった昨年の1着2着馬は日経賞からのステップ。今年も日経賞に注目すれば、終始外を走りながら好位で最後まで渋太かったトーセンクラウンに食指が動く。キングストレイルが大逃げを打ち、エアシェイディがマクりを打つ展開で逃げ先行馬にとっては決して楽なペースではなかった。もし、道中でうまくインに収まっていれば2着まではあった。そんなレース振りも長距離で…
影虎「京都10R 天皇賞(春)」自信度C 5
現在1番人気に押されている③フォゲッタブルの順調度の問題もあってか、それぞれ一長一短で五指に余るメンバー構成。

馬券的に絞り辛く点数が多くなってしまいそうで、何かしら焦点を絞る根拠を求めたいところです。血統面でその根拠を求めるとしても、GⅠ馬が1頭しか出走していないという状況を見るに、最早天皇賞・春はGⅠ戦線の中においても価値の低下は否めないところで、ここを勝利したとしても種牡馬としての評価は上がらず、そうなってくると他の中距離GⅠ戦線の適性がイマイチな馬がこのレースを目指すことは必定であり、陣営も距離延長でパフォーマンス向上の期待で参戦させている馬が多く、焦点を絞るまでには至…
BC爺「なぜか春天に強いミスプロ」自信度C 4
物凄い大混戦。
しかも引っ張る馬も早めに動く馬もおらず、一団の競馬濃厚で、
4コーナーから直線だけの凌ぎあいになるのでは。

似たような競馬になったのがスズカマンボが勝った年。
あの年は1着が母父キングマンボ、2着が母父ミスプロ、4着が父ティンバー。

また同じように混戦だったのがメイショウサムソンが勝った年。
2着が父スキャターザゴールド、3着が父エルコン、5着が父ティンバー。

すなわちミスプロ系が大活躍なわけです。
他の年は出走馬自体がほとんどいない状況で、好走率は相当高い。

◎エアジパングはミスプロ系のエルコンドルパサー産駒。
長距離で先行して上手く立ち回れるスタミナと気…

タイム 3:15.7 4F 46.0 3F 34.2
単勝12番590円(2人気)
複勝12番230円(3人気)16番300円(4人気)4番2860円(16人気)

サニーのすけ<08期 西関脇>
「近年稀にみる底力勝負へ」
トウカイトリック9着/6人気
○ジャミール▲フォゲッタブル  
×エアシェイディ×ジャガーメイル
2393
6拍手

そろそろ印変えますね。

土曜日の競馬をみて時計はやはり速い。このレースも当然まくりが発生してくるはずで決着タイムが速くなるでしょう。持ち時計も多少気にしないといけなくなりました。

それから圧倒的に内の先行有利の馬場で、3歳500万の1200mで1分7秒台、古馬1000万で1分44秒台が出る高速馬場をメインの前に披露しつつ、11Rでは先行総崩れのまくり差しで藤田のディオメデス。そのレースも3歳500万の1800mで1分47秒台なら上々。

このようにあまりに前が有利と思わせる高速馬場だと、前に行って粘り込む馬も色気が出る。ついでにBコースは先週のムーニーバレーRCをみてわかるように、下り坂を利用したスパートがより生きやすい。

前走の内容と騎手替わりがないトウカイトリックが下り坂でまくるのは確定的。ましてや土曜の11Rでディオメデスで勝った藤田ならいい練習ができている。あとは馬が動いてくれるかどうかだけ。


ジャミールは秋の阪神1800mを好時計で勝っているので時計が速くなっても問題がないこと、まくれること、良くも悪くも相手なりなこと、いかにも長距離向きの血統だということ。斤量以外は特にケチはつけなくても良さそうで。

フォゲッタブルは◎から下げました。
まくり勝負だと思うので枠が内過ぎて嫌だし、激しい競馬は有馬記念ぐらいでそれ以外はそんなに圧倒的に強い!って思わせるものではないし、力勝負では最後に負けるみたいなのが想像できる。人気ほどの信頼は置けないことは御承知の通りで。


ということで
◎トウカイトリック
○ジャミール
▲フォゲッタブル
△メイショウベルーガ
△トーセンクラウン
△ナムラクレセント

-----------------------

いま自分で書いた分を読み直したら、タイトルと本文が合ってないのですよね。1回閉じてしまったから書いたつもりでいたのかも。

要はこういうこと。

G1馬がマイネルキッツ1頭だけでメンバーが手薄なのは皆さん御承知のこと。去年もそのように言われていたんですけど、今年はトウカイトリックが超ロングスパートで阪神大賞典を勝っていて再び同じ騎手が乗るということで、全体的にスパートが早目になること間違いありません。
ということでトウカイトリックは上位に取りたいし、トウカイトリックが来る流れで好走した馬を買おうという魂胆です。

近年の長距離G1はスローの瞬発力勝負になるケースが多くて、長距離適性を問われているとは思えないんですね。

ロングスパートが予想される今回は根比べになることが予想されるので長距離戦での戦績を素直に評価したいということです。

--------------------------

途中まで書いていたのに窓を閉じてしまって書き直し(泣)1000文字以上書いていたのに・・う~む・・・

去年マイネルキッツを◎にして当てさせてもらいましたが、あれは枠の恩恵が大きかった。今年は去年以上とも言われる低レベルの混戦メンバーで更なる接戦になることが予想されます。今回も内を起用に立ち回れる馬を買えば・・・なんてつまらない予想はしない。菊花賞もスリーロールスが内で立ち回っての勝利で、このパターンはもうみんなわかり始めているのだから。
だからあえて枠が出る前に予想をしてしまおう。



本命はフォゲッタブル。
データ派には格好の叩かれ役に徹してくれました。何せ1番人気に押されたG1未勝利馬は勝てないというデータと、ダイヤモンドSからの出走馬は来ないというデータがありますから。
少し前まではこのデータを利用してバッサリ消してやろうと思ったのですが、いろいろ考慮した結果本命にまで押し上げる馬になってしまいましたとさ。


まず悪いデータを覆そう。

・1番人気に押されたG1未勝利馬は来ない
来たのはタマモクロスだけらしい。来なかったのは須田鷹雄(スダホーク)、スルーオダイナ、エアダブリン。
フォゲッタブルがタマモクロス級と言うつもりはないが、メンバーを考えると超G1級など居やしない。こんなデータは打ち壊せる。


・ダイヤモンドSからの出走
エアダブリンがこの過程で負けているらしい。フォゲッタブルはエアダブリン級なのか。両馬ともステイヤーズSとダイヤモンドSを勝利しているし似てるんですよね。
エアダブリンが負けた時に勝ったのはライスシャワーだったのね。十分勝つに値する馬がいたわけじゃないですか。今年はどうでしょう。超G1級など居やしない。こんなデータは打ち壊せる。
エアダブリンが間隔をあけたときに頓挫があったとかはしりませんけど、フォゲッタブルは頓挫があったわけじゃないし。
何しろフォゲッタブルはステイヤーズSで勝った後に中2週であの激しくなった有馬記念で4着。その後の疲労が残っていたであろうダイヤモンドSであの圧勝。ダイヤモンドSも調整が上手く出来ていたと思うし、かえって阪神大賞典を使うよりも間隔をあけても仕上げられる馬だと思うんですよね。

あとは内田だ。岩田もかわいそうだな。岩田に乗り替わったことは散々叩かれたのに、内田の場合はそういう声が全然聞こえてこないじゃないか。まぁでもオウケンブルースリだと思って乗ってくれればそうは負けないだろう。


あとは○トウカイトリックをものさしにして考えたい。
今年の充実ぶりは目を見張るものがあるトウカイトリック。勝った万葉Sは京都の下り坂を存分に生かしたロングスパート。阪神大賞典は2コーナー過ぎから追い通しという無尽蔵のスタミナで差し切り勝ち。ダイヤモンドSこそ5着だが府中の長い直線をしぶとく伸びていたし、鞍上が前をさばけていれば2着はあった。
しかしこのハンパないスタミナの塊でも勝てないレースがある。それはステイヤーズS。ステイヤーズSというのは距離が長すぎて他の馬が構えちゃうもんで、結局瞬発力比べになってしまうし、開幕週なんで圧倒的に内の先行馬が有利なんですよね。トウカイトリックはエンジンのかかりが遅いから中山がそもそも向かないし、先行できる馬じゃないから勝てないんですよ。2着はあるけど大きく離された2着だからね。
結局何が言いたいかというと、今年は例年言われる以上の低レベルのレースだからどの馬も勝ちにいくわけですよね。他をけん制するとかそういうことが皆無なんですよ。ということは坂の下りからのスパート比べになるわけですね。
展開的にはホクトスルタンが逃げるんでしょうけど、この馬は長く休んでからいいところがないから無視していいでしょう。マックイーンの仔だから天皇賞を勝ってほしい気持ちはわかりますが。


ロングスパート勝負をできる馬ということで、トウカイトリックが好走したレースで好走している馬を買うべきと考える。
当然阪神大賞典の上位馬は買わなければならないわけですね。ただ注意しないといけないのは阪神から京都に替わることと斤量。

・トウカイトリック 
阪神→京都 下り坂利用◎ コース実績○
57→58 △

・ジャミール
阪神→京都 下り坂利用○ 
56→58 ×
安定感   ◎

・メイショウベルーガ
阪神→京都 下り坂利用○ コース実績◎
56→56 ◎
池添→福永 ロングスパートが似合わない 勝負強さマイナス


さてここで本命のフォゲッタブルがロングスパートができるのかということ。
有馬記念は先行争いが激しくなったこともさることながら、ブエナビスタが前づけしたため全体が早目に動く形になった。その中を後ろから外を回って早仕掛け。それでマイネルキッツを完封しているので十分対応できる判断。
ダイヤモンドSもよく我慢してハンデ差を克服していた。長い直線をビュンと伸びたというよりはダラダラ(いい意味で)伸びていた印象でむしろ向く。


▲ジャミール
長距離の安定性は成績をみても明らか。阪神大賞典は負けて強の内容だった。迎春Sでのロングスパートはこの天皇賞のためのレースだったんじゃないかと思わせる内容だった。


△メイショウベルーガ
もはやタフな女を超えて何でもやる女になってしまっている感がある。ドリームジャーニーの回避で池添はかわいそうだが、今さら福永に息子を乗せたいから降りてくれなんて言えないんだよな。
前走は勝負どころで一瞬鈍かったのが気がかりですが、4賞をあげている京都で下り坂を生かせば十分やるでしょう。
牝馬の天皇賞春はまったく想像がつきませんが、この馬を牝馬と思う必要はないでしょう。なにせタフだもの。


他では△トーセンクラウンでしょうか。距離はどうかわかりませんが、どのレースもしぶとく伸びます。ロングスパート勝負でもそのしぶとさで乗り切る可能性がないとは思いません。

あと内枠条件で△ナムラクレセント。
この馬は血の割に切れるので、ロングスパートの勝負にまともに挑んでしまってはいらない気がするが、内で我慢して直線で一瞬の脚を生かせれば浮上できると思う。



フォゲッタブルに有馬記念で全然及ばなかったマイネルキッツは軽視。
去年の勝ち以降正攻法では勝てないことはいっそう明らかになる形で、前走の日経賞でも内を上手くさばいて差してきたというただ器用な馬という印象は去年と変わらない。去年と違うことは人気があるということだけ。人気ほどの信頼はない。
蓄膿症の心配はないとかどういうことなの?公表する必要あるのかねぇ?意図がわからない。
再度内枠を引いて上手く乗っての好走か、他がズブズブになって残るいう好走しか見えてこない。


消し エアシェイディ
後藤の腹を決めた遅れた仕掛けでこそ生きる馬で、勝ちに行ってしまいそうな地方騎手が乗るようでは全く味が生きない。遠征実績が薄い。距離も疑問。

消し ジャガーメイル
重賞では荷が重い。ウイリアムズね。もう少し日本の競馬を勉強しないといきなり長距離レースでこないでしょ。


そしてこの消しの2頭は関東馬。マイネルキッツも関東馬だが1週前に栗東入り。しかしこの消しの2頭は直前輸送なんですよね。アパパネが早目栗東入厩で結果を出しているこの時代にわざわざ直前輸送をする時点で本気度が伝わってこない上に、世の中はゴールデンウイークですよ?わざわざそんな中輸送するんですね。たぶん競馬界に埋もれてしまって世の中のこと知らないんですよ。続投することが自分の政治家としての使命だと思っている小沢一郎氏みたいなものですよね。



まとめると
◎フォゲッタブル
○トウカイトリック
▲ジャミール
△メイショウベルーガ
△トーセンクラウン
△ナムラクレセント

×エアシェイディ
×ジャガーメイル
05/01 21:27

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【日本ダービー最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼ダービー最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




サニーのすけ

予想歴14年
回収率82%
基本的には直感です。 総拍手獲得数:8329
過去のベスト予想
 ヴィクトリアM2014

◎ヴィルシーナ○メイショウマンボ
100拍手

407,940

新着回顧天皇賞(春)2010回顧一覧サニーのすけの回顧
サニーのすけTM競馬歴14年 回収率82%
縦長で馬券終了 不利がなくても終了
次走狙い馬:ジャガーメイル   
次走危険馬:マイネルキッツ   
3
5拍手

まずはマイネルキッツ。今回はまくりが発生すると展開を読んでいたこと、外枠を引いてしまったことを考慮して買えない馬だと思ったのですが、松岡が思い切って行ったこととミッキーペトラが割と行ったこと、後ろが思った以上にゆっくり行ったことが誤算。

松岡にとっては正直シメシメと思ったに違いないし、去年のようにあとは早目に行って粘り通すだけだと思ったでしょうね。負けたのは上手くなだめたジャガーメイル。さすがに切れ味では及びません。去年と今年の日経賞、去年と今回の天皇賞はどれも松岡の腕。
去年の天皇賞後から言ってるけど、キッツがステイヤーなんじゃなくて他がダメだっただけ。切れ味勝負では明らかに見劣り。あとのG1はすべて用なしは明らかなんだけど、秋はメルボルンCですってね。英断ですよ。どうせ中距離G1や有馬みたいに全馬勝負に出てくるレースでは厳しいのだから。


ジャガーメイルはウイリアムズが上手くなだめた。土曜日の騎乗ぶりから全く馬場読みができてなかったのでちょっとバカにしてしまいました。とりあえず芝は前に行かないと厳しいと判断したんでしょうね。
馬自身ようやく重賞初勝利。勝つことを忘れてしまったのではないかというレースぶりからようやく目覚めた感がある。キッツとは逆に中距離の切れ味勝負でも悪い気はしないし、あとはようやくいい馬がいい馬らしい結果を出してきている調教師次第。


メイショウドンタクはよく頑張りました。京都がいいのか距離がいいのか。思えば皐月賞の本命馬でした。喜んでいいのかな?賞金的にはどこにも行きづらいんですよね。何とも難しくなりました。


ナムラクレセントもよく頑張っていますが、うるさい気性は相変わらず。そういう馬だとわかってはいても何だかなぁ・・・。みんなあれで嫌ってくれればいいけどそうもいかんもんなぁ。これも菊花賞で◎にした馬で・・・喜んでいいのかな?


ジャミールメイショウベルーガエアシェイディトウカイトリックは皆さん不利が痛かったと言ってますが不利がなくても3着まででしょう。それ以前にまくって行かないとダメでしょう。何やってんだかね。


アンカツ談
「行くと勝ちきれないので一発狙いで後ろから。」

狙いに行ってもいいけど勝ちに行ってはいないよね。よくわかりません。

坂の下りで溜息が出たレースだった。

05/03 17:14 回顧アクセス:2393

コメント4件

編集長おくりばんと 2010年04月28日16時08分
競馬ナンデでぐぐったら、サニーさんの桜花賞の予想がフィーチャーされていました

サニーのすけ 2010年04月28日16時27分
桜花賞ですか?○サウンドバリアーだったのになぁ(笑)
なんか、おそれ多いです。

2010年04月29日00時47分
ん~なんだこのオレの予想とケンカするような予想は(笑)
面白れぇ 勝負だぜサニーさん

って感じの感想でした

サニーのすけ 2010年04月29日11時58分
世代のレベルとしてはチキンさんが言うように正直低めが否めないところですけどね。
去年春の活躍馬がマイラー傾向なのに対してフォゲッタブルは逆ですからね。異端とみます。
◎キッツなんですね。去年本命にさせてもらったおれからすると人気で買う馬じゃないということです。


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
ぷみを
05/20 15:14

オークス昨日の夕方に超大口購入あり!馬連②-⑬4800万円!こんなの見たことない!!

まじん
05/20 15:06

興奮したわ

競馬ナンデ編集部
05/11 00:10

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

ガッシー>>

>>ガッシー


05/20 16:00

ぷみを>>

>>クライスト教授


05/13 21:49

クライスト教授>>

>>ぷみを


05/13 16:59

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社