4/21 4/22
4/14 4/15
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【フローラS】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想NHKマイルC2010予想一覧春日部の予想

ワイド 3-13番:400円的中

東京11R NHKマイルC 2010年5月9日(日)
芝1600 3歳GI 晴良 平均レースレベル4.0

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番



















































































































馬名



牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牝3 牡3牡3 牡3牡3性齢
57 57 57 57 5757 57 57 57 57 57 57 57 55 5757 5757斤量






























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順着順

BC爺

軍神マルス

のび犬

KUROS

雨龍泥舟

成田無頼庵

××編集長おく自信度C 6
出走馬が決まってみれば、がんがん行く馬が何頭かいなくなったせいか、どうにもそんなに速いペースにならない可能性もでてきた感じがします。どういった展開になるか正直全然予想がつきません。
そこで、ハーフウェイというか、どっちつかずな結論にしました。速いペースでも遅いペースでも勝てる可能性がある、対応できる馬。

リルダヴァル
皐月賞は、最内枠からずっと窮屈なところを回り、綺麗な跳びのこの馬には可哀想な競馬でしたのであまり気にしません。それよりは、最初からそこそこ速い流れで、あそこまで粘れたこと、57キロを経験できたことを評価したいところです。
ここのところは掛かり気味になるところ…
××KUROS「岩田はテン乗りに限る」自信度C 1
 皐月賞の大敗がやや不可解だが、マイルに戻れば同じ敗戦を繰り返すと思えないエイシンアポロンに◎。注目は特に騎手面で、岩田Jへの乗り替りが大変魅力的。データを集計した訳ではないが、皐月賞のヴィクトワールピサを筆頭にGⅠでの代打騎乗には強いというかイメージは非常に良い。先入観を持って乗らないほうが結果を出せる騎手なのかもしれないが、舞台も馬にとってベストのマイル戦。騎手と馬の歯車がピタリとかみ合うようなら勝算も。

 ニュージーランドTは終始サンライズプリンスの強さばかりが目立ったレース。となれば、評価の対象は道中で外枠から自ら仕掛け、走破タイムを1分32秒台も持ち込んだ勝ち馬だけ…
もんまっち「速い流れも経験済みのプリンス」自信度C 3
<速い流れも経験済みのプリンス>人気2頭ではNZTで今回と同様の流れを経験したサンライズプリンスに分があり。NZTと皐月賞組を上位評価。穴を開けそうなのは先行馬。1枠2頭がコースロスなく進めれば。
××たけぼぉ自信度A 2
◎⑬ダノンシャンティ
・中段あたりに付けられれば、長い直線で末脚を活かせるだろう
△④サンライズプリンス
・外枠からハイペースを追走して速い上がりで勝利した前走は評価できるが、年明け五戦目の点は気がかり
△③リルダヴァル
・皐月賞でもまずまずの競馬で、世代の中で能力の高さを示したがローテーションは厳しい
△⑪エイシンアポロン
・前走は位置取りより距離が原因かもしれないが、走法から東京向きでは無いかも
△①ダイワバーバリアン
・いつも何かに負けるが、展開次第で上位に食い込めそう
△②コスモセンサー
・前走は速いラップの逃げで潰れて、今回は好枠を引けたが前が速くなりそうなメンバー構成でどう…
×影虎「東京11R NHKマイルC」自信度C 2
馬連④-⑬が3倍台…。

オッズが示す通りこの2頭が抜けている気がします。

しかし昨年は1分32秒台の決着となり、その時計でれば人気馬も実績的にまるで保証はありません。

過去5年程度の結果を見ても、うち3年は雨が降り馬場状態が悪化したうえでの結果。今年は天候も良く、昨年と同様に1分32秒台の決着になるのではないかと思います。となると、能力、実績から想像すると必ずしも上位2頭のオッズが適正なものでは無いはず。主観的期待値の匙加減で評価します。

天候が良く非常に速い馬場状態ということで昨年の結果のみ特化して参考にすると昨年はマイルを1分32秒台で走ったような実績の馬は1頭も居ませんでした。…
××スナフキン「なぜか(N)波乱の(H)結末に(K)?そりゃ~マイルわ(苦)」自信度B 7
エイシンアポロンは前走オーバーワークという追い切りの判断から今回は手控えられた坂路追い。すでにクラシック路線に突入している状態で陣営の仕上げ具合が手の内に入っていない。

【アポロンの追い切りから3つ言えることがある】

1.皐月の敗因をデキ下降と見ている陣営が正しいなら、落ちた状態から上げてくる期間が短すぎる。

2.皐月がデキではなく距離だったなら、仕上げ切った状態から上積みはない。

3.弥生賞はラチ沿いの有利さでの距離克服であり、安易に距離大丈夫と踏んだ陣営の皐月からのマイルへの路線変更はやはり距離であり馬の見極めができてない。

こんな状況でテン乗りの岩田君にどう…

タイム 1:31.4 4F 46.6 3F 35.1
単勝13番260円(1人気)
複勝13番140円(2人気)1番340円(5人気)3番210円(3人気)

春日部<08期 東幕下三十一枚目>
「NHKマイルカップへようこそ」
ダノンシャンティ1着/1人気
○リルダヴァル▲エイシンアポロン  
    
2252
13拍手

ワイド 3-13番

400円的中

相撲の本割や国会中継が生放送!(CM無し!)
野球中継の延長制限皆無!(CM無し!)
気になる災害情報も夜に垂れ流しで見れる!(CM無し!)
大きいお友達向けのアニメもたくさん!(R指定無し!!)
大河ドラマに連続TV小説、料理に教養・絵の具で絵日記!
折り紙のオルガンであいうえおの音楽!
そんな我らが愛する公営放送、NHKのマイルカップへようこそ!!

近頃、この神放送局NHKを偽った
NZT・マイルカップなるレースが中央競馬には存在している。
格はおろか出走メンバーまで劣化するといわれるNZTだが
今年はそれが特に顕著であるかもしれない。
NHK残念トライアル、それがNZTの略である(要出典)。

ということで今年のNZTの出走メンバーはこんな感じ
①年明け以降、オープンレースで3着内に入った馬がほとんど居ない
 →この面子なら勝負になったという感じ。2歳戦なぞ中学生日記。
②例外の3着内経験馬は、アーリントンCとファルコンS組に限られる。
 →ともに勝ち馬は展開の利が強く、レースレベル自体も疑問。
③500万勝ち上がり馬と前走重賞6着以下馬が拮抗
 →上がり馬と有力馬が拮抗していればスター要素もあるのだが

結果は1:32.9でサンライズプリンスが勝利する。
このタイムは同日同馬場同条件の古馬1000万より
1秒近くも早いタイムという視点/論点では評価できるが
逆にこのままメンバーの揃った東京マイルに挑むには
少々反動が危ういともとれる。
なのでNZT組はばっさりと軸から外して
今回は皐月賞や毎日杯のメジャー級組をクローズアップ現代したい。

皐月賞は説明不要のGIとして、毎日杯は今日行われた
プリンシパルSでのルーラーシップの圧勝劇をみるに
かなりハイレベルなメンバーである可能性は高い。
今回はその毎日杯を快勝した◎ダノンシャンティを本命とする。
アンカツさんといっしょなら信頼性抜群。
喉鳴りの噂も一部ではあるが、所詮は悪いウワサ。
アドマイヤ天空に替わってのど自慢といきたい。

一方で対抗は、復帰戦ながら毎日杯3着と健闘し
なおかつ皐月賞最先着馬であるさわやか3番◯リルダヴァル。
同馬は母母がウインドインハーヘア、そして池江泰郎厩舎と
まさにディ…いや坂本龍的な馬であり
幕末維新の集大成である東京コースはお手の物。
野路菊の盟友コスモファ…勝海舟も今日の京都で
見せ場たっぷりの2着と復活を遂げていて、
戦ってきたメンバーは抜かりなし。天才福永君ならやってくれる。
近年毎日杯とNHKマイルCと繋がりが深まっているのも、
さらにプッシュできる傾向だろう。

そういえばNHKで全戦放送されている高校野球だが
実質の主催は夏の全国大会が朝日新聞(テレ朝系列)
春の選抜大会は毎日新聞(TBS系列)である。
ちなみにそれを見てから、視聴率が取れるという事で
職業(プロ)野球を始めたのが読売(日テレ系列)であるが。

まぁそのため、NHKマイルCには毎日杯や朝日杯が
多少なりとも繋がってくる感じは因果として否定できない。
そこで、朝日杯で2着となり報知杯弥生賞でも2着と続いた
エイシンアポロンは▲として抑えておくべきだろう。
この馬はやや早熟な感はあるが
ダービーが馬の成人式だとすれば
NHKマイルCはビバリーヒルズ青春リアル。
ギリギリ大丈夫とアポローンの神々に神託したい。

◎ダノンシャンティ(私の夢は遠くフランスに飛んで)
◯リルダヴァル(母母はゲゲゲの女房)
▲エイシンアポロン(早熟最後のアポロジャンプ)

抑えとして、東京コースこそふるさと一番の△ガルボと
加えて大河定番の△シゲルモトナリ。
一方NZT組からは相手なりに走る△レトと
朝日杯3着の△ダイワバーバリアンの計4頭を入れる。

買い目
三連複2頭軸
◎-◯-(▲△△△△) 計5点で試して合点

今日も元気に日本引き篭もり協会。
受信料が払いたく無かったらシャンティにいこう。
05/09 00:46

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【フローラS最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

佐々木主浩のフローラSへの意気込み
▼▼最終結論もお楽しみに!▼▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




春日部

予想歴14年
回収率75%
オカルト予想 総拍手獲得数:149
過去のベスト予想
 桜花賞2011

◎ホエールキャプチャ○ライステラス
14拍手

620

新着回顧NHKマイルC2010回顧一覧春日部の回顧
春日部TM競馬歴14年 回収率75%
1314
次走狙い馬:キョウエイアシュラ   
     
3
7拍手

レコードタイムが更新されると
心のどこかが何ともいえない高揚感に包まれるのは
私だけじゃないはずだ。
GIの場合はメンバーも揃っているので特に。

1分31秒4。
これは私が以前住んでた家からコンビニに行って
競馬新聞を買って家に戻ってくる所要時間の最短タイムであるが
コンビニが数年後移転して、出前ピザ屋になってしまったため
それが二度と破られることの無い不滅のレコードとなった事は
特に回顧と関係ない作り話なので割愛させていただく。

まずは走破タイムについてだが
競馬は必ずしも一番早いタイムを出した馬が
強いという訳では無いスポーツなのは
誰もが知っている事である。

例えば1989年のJCで、重賞1勝の日本馬キリパワーが
2010年の今でも早いといえる2:23.5というタイムで
2400mを駆け抜けたが、その馬を最強馬に含める人は少ない。
それから21年経ち、競走馬の育成レベルが向上した昨今では
重賞級の実力があれば、ペース次第でどんな馬でも、
2400mで2分22秒ぐらい出せる能力があるはず。
馬場云々以前に今日のマイルの走破タイムは
それほど驚くことでは無く、
レースレベルが高いとも一概にはいい切れないだろう。

さて、レース結果としては、追い込み馬が勝ち、先行馬が崩れたので
「先行馬は辛かった、追い込み馬は展開が向いた」
と、負けて人気が落ちる先行馬の次走に期待してしまうのが
普通かもしれないが、今回は一味違うと見る。
レースは前半5F56秒というかなりのハイペースであり
最後方を進んだエーシンホワイティですら58秒2と、若駒には厳しい流れ。
そういう場合はほとんどの馬がスタミナ不足となり
意外と前が有利になったりする事もある。
多少のハイペースなら「展開がハマった」といえるのだが
かなりのクレイジーペースの場合は、後ろの馬ですら息切れする。
前で残った馬だけを「強い」とするのはやや早計であろう。

そんな中でも唯一の上がり33秒で差し切った
ダノンシャンティは十分一線級の力はあるといえる。
勝ち方的にマイルがベストなのは見ての通りだが
この流れでも33秒で追い込めるのなら、
ダービーでも十分面白い1頭となるだろう。
だが、今まで経験しなかったタイムを走破したので
次走の反動は避けられない。
これはシャンティはもちろんだが、
粘った先行馬も特に注意する必要がある。
まぁなんだかんだで、NZTの反動があると思い
今回軽視したサンライズプリンス
4着に来たので、次走危険とまでは言い難いが。

それで今回の結果から次走買いといえるのは、
自分の形で走りきって5着に入ったキョウエイアシュラ
もちろん"あまり反動が無さそう"という消去法だけではなく
函館2歳Sを2着という早熟ながら、冬を超えて
追い込みというスタンスを確立し
2走続けて早い流れで掲示板に乗れたのは
一介の早熟馬ではあまり無かったイメージ。
2度とも展開が向いた運がいい馬としてあしらわずに
再成長を見届けてみたい。
本当に終わった馬なら、たとえ展開が向いても
後方で尽きるはずだから。

マイルカップの結果は13-1-3という馬番号の決着だったが
もし3着がサンライズプリンスなら13-1-4と、
入着番号順までタイムと同じ1314だった。
それじゃさすがにやりすぎなので、
4着に控えざるを得なかったのが
サンライズプリンスの一番の敗因だろう。

また、今回の強烈な走破時計は、14年前のNHKマイルCを
当時の驚愕的タイム(1:32.6)で制したタイキフォーチュンが
メモリアルホースに選ばれたというサインだったのかもしれない。
そのタイキフォーチュンとほとんど同じ
走破タイムで駆け抜けた因果としても
キョウエイアシュラの次走には期待したい。

05/10 03:15 回顧アクセス:2252

コメント1件

春日部 2010年05月09日00時47分
コスモファントムの今日の着順が間違っていたため訂正再投稿


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
編集長おくりばんと
04/20 07:53

【競馬ナンデPOG】明日21時22:30~ 最後のセリ20頭分をツイキャスにて行います。ぜひ奮ってご参加ください!

とりおやこ
04/19 22:34

21日22:30でOKです。

編集長おくりばんと
04/19 11:25

とりおやこさんいかがでしょう?ダーハラさんは大丈夫とのことです!

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>クライスト教授


04/18 01:45

ドリームパスポート>>

>>クライスト教授


04/17 23:10

とりおやこ>>

>>とりおやこ


04/15 20:05

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社