5/26 5/27
5/26 5/27
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【日本ダービー】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想京成杯2011予想一覧軍神マルスの予想

馬単 2-10番:11,240円的中

中山11R 京成杯 2011年1月16日(日)
芝2000 3歳GIII 晴良 平均レースレベル2.7

87654321枠番
16151413121110987654321馬番






























































































馬名



牝3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牝3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3牡3 牡3性齢
54 56 56 56 56 5656 56 54 56 5656 56 5656 56斤量


西

























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順着順

BC爺

イエローマ

pipop

はまちん

ポンチョ

編集長おく自信度C 5
マイネルメダリスト
葉牡丹賞のときの好位置から粘り通した内容はかなり強いと思う。これを評価。内で脚をためる競馬をすれば、安定して走れる。ステイゴールドのしぶとさに期待したい。

------------------------------------------------
これは僕だけの見立ての話しなので通じないかもとは思うけれど、インナージョイ、ジョービス、スマートロビン、ショウナンパルフェ、プレイ、ユウセン、ロジハーツ、ロードエルドールと、大飛びでなく、中くらいのちょうど良いフットワークで中山2000得意そうな馬ばかりがズラリ揃ったメンバー構成。なのでここから選べない。
これらがみんな良い感じでいいタイミングで仕掛…
一気呵成自信度C 0
スマートロビンは、逃げての勝ち方から本命です。ディープのスタミナから圧勝です。

ヌーベルバーグ、またしてもディープです、初戦も安定していたので2番手に推します。

インナージョイ、中山向きと思われる走りです。
××ポンチョ「お久しぶりです!」自信度B 5
明けましておめでとうございます。めちゃくちゃ久しぶりですが、簡単に予想させていただきます。

◎スマートロビン・・・人気が示す通り、実績・勢いは出走馬中で一番ではないか。調教も良く動いており、栗坂・CWの併用調教で中4週の6本と数も多くこなしている。最終追い切りでも併せ馬に先着しており、調子も良さそう。ここは期待したい。

○インナージョイ・・・未勝利上がりながら期待したいのがこの馬。前走は逃げ粘る馬を直線で鋭く差し切る強い内容。今回も最終追い切りでCWラスト1F12.1を馬也で叩き出す等、前走同様調子は良さそう。中山での勝利実績があるのも心強い。

▲ジャービス・・・こちらも未勝利上がりなが…
マッサ「新顔に期待。」自信度C 2
◎ヌーベルバーグ
メンバー的に見てレベルはイマイチ。
新馬戦勝ち直後の馬でも通用する可能性は高い。
ヌーベルバーグは新馬戦での走りに素質を感じる。
スローで中団後方からのレースだったが、レース上がりより1,0秒早い上がりを使い差し切り勝ち。
2,3着馬は好位追走組だったので、後方から差し切ったレースは評価できる。

○コウヨウレジェンド
地味な血統で人気の盲点になっているが、前走ひいらぎ賞の勝ち馬フレンチカクタスはダンスファンタジアの2着経験があり、2着馬のデルマドゥルガーは年明けのジュニアCで勝利とメンバー的にはなかなか優秀な相手だった。
デビュー戦の1800mでは良いレースを…
BC爺「キャリアを補う精神力」自信度C 1
◎ユウセンは混戦格上相手向きのステイゴールド産駒。
母父もダンシングブレーヴで、いかにも格上相手に頑張りそうです。
キャリア1戦ですが、先行して押し切っているのは好感持てますし、
精神力が強いステゴ産駒なら馬群で脚ためる競馬でも怯まないと見て。

○スマートロビンは経験豊富。
エリカ賞は正直レベルが低いというか、次に生きない緩い競馬でしたが、
それまでの安定した捲り脚は評価できますし、このメンバーなら。

▲フェイトフルウォーは◎同様ステイゴールド産駒。
かなり気が悪いですけど、レースで怯むという感じではなく。
おそらく前走は重賞激走の疲れもあったでしょうから改めて。

△コウヨ…
××ザプレ基地「そんなに強いの?」自信度C 5
まず人気2頭にケチを付けたい。

×スマートロビン
前走は超ドスローの前残り競馬。
テン3F38.6の流れで残っても「力がある」とは評価したくない。
2着のユニバーサルバンクはラジオNIKKEI賞で(不利あり)惨敗、
トーセンラーは福寿草特別で3着。相手に恵まれた感もある。
新馬、未勝利で繰り返した出遅れも怖い。
東京なら巻き返せるが、京成杯は直線が短い中山コース。
1番人気で軸に据えるべき馬ではないと思う。
僕の見込み違いで地力が違ったらごめんなさい。

×ジャービス
そのスマートロビンに僅差負けした実績から人気に。
前走は終いだけ脚を伸ばした競馬なので過信禁物。
そしてノリも言っている通り…
サニーのす「条件好転のはずだったのに」自信度D 3
ショウナンパルフェ観戦レースだと思っていたのですが回避でした。内田がスライドでスマートロビンへ。騎乗予定だったベリーが不憫でたまりません。スマートロビンはエリカ賞勝ち馬が強いというデータで買える馬だけど、心情的に気に入らないので押さえ程度にとどめます。


◎マリアビスティー
牝馬は2頭出走していますがもう1頭は1戦1勝ながら人気。こっちの方が面白いと思うんだけどなぁ。
出負けが続いていますが末は伸びてくる。デビュー戦が1800mなので距離が伸びるのはいいし、それ以外のレースで折り合いに苦労してるそぶりを全く見せていないので折り合いも問題なし。
牝馬なので中山を使う必要性を全…
××kadyo自信度C 0
能力的にはマイネルメダリストが一番だと思いますが、今回は、次に能力の高いスマートロビン・フェイトフルウォー・プレイの中から、一頭離れた枠から出走のスマートロビンを選択しました。後は、馬場と運次第・・・。

タイム 2:00.9 4F 48.7 3F 36.6
単勝2番470円(2人気)
複勝2番190円(2人気)10番690円(9人気)5番460円(6人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「京成杯 ステイゴールド産駒の特性に期待。」
フェイトフルウォー1着/2人気
○スマートロビン▲デボネア  
    
3100
18拍手

馬単 2-10番

11,240円的中

★傾向分析★
2004年 タイム 1'59"2 (良) 1FAve=11.92 3FAve=35.76
テン35.3-中盤46.8(3F換算35.10)-上がり37.1 『前傾・ハイレベル』
1着フォーカルポイント・・・エンドスウィープ×スプレンディドモーメント=ミスプロ×ストームバード 〔6〕 6-6
2着マイネルマクロス・・・フジキセキ×サクラユタカオー=サンデーサイレンス×プリンスリーギフト 〔16-g〕 1-1
3着キングカメハメハ・・・Kingmambo×Last Tycoon=ミスプロ×ノーザンダンサー 〔22-d〕 3-4

2005年 タイム 2'07"4 (不良) 1FAve=12.74 3FAve=38.22
テン38.5-中盤51.3(3F換算38.48)-上がり37.6 『加速・一貫』
1着アドマイヤジャパン・・・サンデーサイレンス×Caerleon=サンデーサイレンス×ニジンスキー 〔16-c〕 6-6
2着シックスセンス・・・サンデーサイレンス×Danehill=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔16-a〕 8-7
3着コスモオースティン・・・オース×コマンダーインチーフ=ノーザンダンサー×リファール 〔19-b〕 2-2

2006年 タイム 2'03"2 (やや重) 1FAve=12.32 3FAve=36.96
テン36.8-中盤50.7(3F換算38.03)-上がり35.7 『加速・中弛み』
1着ジャリスコライト・・・Fantastic Light×Chief's Crown=レッドゴッド×ダンチヒ 〔22-d〕 6-5
2着トウショウシロッコ・・・アドマイヤベガ×ニッポーテイオー=サンデーサイレンス×リファール 〔23-b〕 6-7
3着ネヴァブション・・・マーベラスサンデー×Mill Reef=サンデーサイレンス×ネヴァーベンド 〔14-f〕 9-10

2007年 タイム 2'01"6 (良) 1FAve=12.16 3FAve=36.48
テン37.6-中盤49.0(3F換算36.75)-上がり35.0 『加速』
1着サンツェッペリン・・・テンビー×オジジアン=ニジンスキー×ダマスカス 〔22-b〕 1-1
2着メイショウレガーロ・・・マンハッタンカフェ×Carson City=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔7〕 6-5
3着アルナスライン・・・アドマイヤベガ×El Gran Senor=サンデーサイレンス×ノーザンダンサー 〔9-c〕 10-7

2008年 タイム 2'02"9 (良) 1FAve=12.29 3FAve=36.87
テン35.8-中盤50.5(3F換算37.88)-上がり36.6 『前傾・中弛み』
1着マイネルチャールズ・・・ブライアンズタイム×Zabeel=ロベルト×ターントゥ 〔6-b〕 8-9
2着ベンチャーナイン・・・エイシンサンディ×コマンダーインチーフ=サンデーサイレンス×リファール 〔13-c〕 16-15
2着アイティトップ・・・マヤノトップガン×コマンダーインチーフ=ロベルト×リファール 〔11-f〕 11-9

2009年 タイム 2'02"2 (良) 1FAve=12.27 3FAve=36.81
テン36.2-中盤51.0(3F換算38.25)-上がり35.5 『中弛み』
1着アーリーロブスト・・・バブルガムフェロー×Mazel Trick=サンデーサイレンス×ニアークティック 〔3-f〕 2-2
2着ナカヤマフェスタ・・・ステイゴールド×タイトスポット=サンデーサイレンス×リボー 〔3-h〕 6-6
3着モエレビクトリー・・・ゴールドヘイロー×オジジアン=サンデーサイレンス×ダマスカス 〔8-g〕 1-1

2010年 タイム 2'03"6 (良) 1FAve=12.36 3FAve=37.08
テン37.2-中盤51.2(3F換算38.40)-上がり35.2 『加速・中弛み』
1着エイシンフラッシュ・・・King's Best×Platini=ミスプロ×ハンプトン 〔8-a〕 3-3
2着アドマイヤテンクウ・・・キングカメハメハ×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔1-o〕 1-1
3着レッドスパークル・・・ニューイングランド×ヘクタープロテクター=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔2-r〕 8-9

馬場状態も流れも様々だが、連対馬に共通していることは4コーナーでの位置取りは5番手前後が多いこと。後方に位置しては届かずの結果が多いように感じます。これは中山芝2000mのコース形態に起因するもので、直線が短いため溜めてキレるタイプ寄りも早めに仕掛けて押し切るタイプに向く流れになりやすいのが原因と思います。『加速』や『中弛み』は逃げに有利な展開だし、『一貫』なら先行が有利なことから、コース形態も相まって好走しやすいのだと考える。

血統の傾向は、サンデーサイレンス系×スピード持続型血統(=ダンチヒ系・リファール系・ニジンスキー系などの大系統ノーザンダンサー系)の配合がよく好走しているように思います。またサンデーサイレンス系は、スタミナ型のサンデーサイレンス系(=マンハッタンカフェ、アドマイヤベガ、マーベラスサンデー、エイシンサンディなどちょっと地味目なタイプ)の好走が多く、スタミナが問われやすいのだと感じます。
ロベルト系やノーザンダンサー系はもちろん好走多く、欧州型スタミナ血統は要注目。
ミスプロ系も好走していますが、エンドスウィープやエルコンドルパサーなど中長距離の持続型の流れに強いミスプロ系からもスタミナが重要と考えます。

ステップの傾向は、朝日杯FS上位馬はここでは実績上位ということなのか好走多し。
前走ホープフルS好走馬は、同コースを経験している強みか好走が多いです。

★予想★
◎フェイトフルウォー・・・ステイゴールド×メジロマックイーン=サンデーサイレンス×マイバブー 〔8-c〕
前走ホープフルS3着(=中山芝2000m:0.5秒差)。前走ホープフルS好走馬はこのレースで連続して好走することが多く、好走に期待する。
ステイゴールド産駒はスタミナ型のサンデーサイレンス系。ステイゴールドは母父ディクタスの特性がでていて、サンデーサイレンスというよりはサッカーボーイに近い特徴があり、夏~秋にかけてよく軌道に乗ることが多い。ディクタスのスタミナ型の特性とまた強敵相手に食い下がる勝負根性は、ステイゴールド産駒の持ち味。1戦燃焼型のタイプも多く、惨敗後から涼しく巻き返す能力も高い。内枠の多頭数では勝負根性が刺激されるのか、好走の可能性が高くなる特性にも注目。母父メジロマックイーンは晩成型の成長力があり、古馬で本格化するステイヤー血統だが、2歳~3歳時にも第1次の成長段階がある。ステイゴールド×メジロマックイーン配合は、中山の鬼ドリームジャーニーと同配合でもあり、適性は似る可能性は高いと考えて、プチドリームジャーニーと期待する。
No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。分枝記号nは、仕上がり早で素軽いスピードと立ち回りの上手さが持ち味。底力には欠けるが器用さでカバーする。

○スマートロビン・・・ディープインパクト×Lyphard=サンデーサイレンス×リファール 〔7〕
前走エリカ賞1着(=阪神芝2000m)。
ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、馬体重450kg以下の小柄な産駒はキレに優れていて、逆に500kg以上の産駒は少しジリ脚な傾向が見て取れる。軽量馬は瞬発力を活かしやすいが、大型馬は加速するまで時間がかかるがその後ばてない末脚を繰り出すようなタイプ。本馬は500kgを超える馬体重なので後者のタイプと考える。この特性は父母父リファールに由来する特性と考える。また本馬は母父Lyphardなので、よりリファールの特性を強調した配合馬。母父Lyphardは、マイルから2400mを守備範囲とし、得意距離は産駒によって異なるが底力があり大レースに強い。成長力も豊富。
No.〔7〕の牝系は、京都コースや阪神コースでの好走が多い牝系。また距離変更ショックや位置取りショックなどのショックが良く効く特性があり、間隔を詰めた時にも良く好走する。分枝記号なしは、産駒ごとに得手不得手ははっきりしているものの、平均的に能力を発揮し、やや晩成傾向。

▲デボネア・・・アグネスタキオン×Singspiel=サンデーサイレンス×サドラーズウェルズ 〔4-k〕
前走未勝利戦1着(=小倉芝2000m)。
アグネスタキオン産駒はスピード型サンデーサイレンス系で、前走0.5秒差以内で5着以内だと好走しやすい特性を持ち、サンデーサイレンスの瞬発力を最も活かしやすい。母父Singspielはサドラーズウェルズ系で、一瞬のキレよりも全体的なスピードを持ち味とし、底力を問われる淀みない流れになるほど強さをみせる。格上挑戦でも侮れず、重賞挑戦などで厳しい展開になると能力が発揮される。本馬も500kgを超える大型馬で、キレよりも持続した流れ向きと考え、小回りコースでの好走経験から中山芝コースに向くと考えて期待する。
No.〔4〕の牝系は、3歳春から力をつけてクラシックで好走するような成長力がある。スタミナを活かしての好走が得意でもあり、皐月賞での好走も多い牝系。皐月賞と同じコースの本レースにも向くはず。分枝記号kは、かなり時計の掛かる馬場でのみ力を発揮する。冬場のダートや最終週の重馬場等が合う。

△プレイ・・・ロックオブジブラルタル×サンデーサイレンス=ダンチヒ×サンデーサイレンス 〔7-f〕
前走ホープフルS5着(=中山芝2000m:0.6秒差)。半兄アドマイヤムーン。
ロックオブジブラルタル産駒はダンチヒ系で、本格化は3歳以降だが晩成血統というわけではなく、素質のある馬は早い時期に片鱗を窺わせる。芝向きの先行堅実型で、前走の着順が信頼でき大敗からの大駆けは少ない。相手なりに走り、昇給してもいきなり通用することも多い。父母父ビーマイゲストの影響のようで、一気に走れる短距離かスタミナを活かせる中距離が得意。母父サンデーサイレンスは、勢いに乗じて連続好走しやすい特性を持ち、鮮度の高い時によく好走する。重賞挑戦など格上相手にもよく好走し、重賞初挑戦などは特にプラス要因となる。
No.〔7〕の牝系は、京都コースや阪神コースでの好走が多い牝系。また距離変更ショックや位置取りショックなどのショックが良く効く特性があり、間隔を詰めた時にも良く好走する。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面叩いて一変が少ないタイプ。

他に気になる馬といえば、内枠のステイゴールド産駒ユウセンとマイネルメダリスト。またアサヒライジングの全弟コウヨウレジェンド。
ステイゴールド産駒については◎フェイトフルウォーと同じ特性と、ともに先行脚質から好走可能と考えました。能力的にやや劣るかなと考えヒモ候補に。
コウヨウレジェンドは、中距離以上で本領発揮した全姉アサヒライジングをイメージして、前走よりも距離延長はプラスと考えて期待する。地味目のサンデーサイレンス系向きの重賞である点にも注目。
01/16 10:04

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【日本ダービー最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼ダービー最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




軍神マルス

予想歴13年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3309
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370

新着回顧京成杯2011回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴13年 回収率137%
京成杯 中山芝2000mはスペシャリストに注意。
次走狙い馬:フェイトフルウォー 次走狙い馬:デボネア
     
 
5拍手

2011年 タイム 2'00"9 (良) 1FAve=12.09 3FAve=36.27

ラップ
①12.6-②11.0-③12.4-④12.0-⑤12.3-⑥11.9-⑦12.1-⑧12.1-⑨12.1-⑩12.4
1FAveとの誤差
①+0.5 ②-1.1 ③+0.3 ④-0.1 ⑤+0.2 ⑥-0.2 ⑦±0 ⑧±0 ⑨±0 ⑩+0.3
テン36.0-中盤48.3(3F換算36.23)-上がり36.6 『前傾・一貫』

『前傾』・・・逃げ× 先行△ 差し○ 追込◎
『一貫』・・・逃げ△ 先行○ 差し◎ 追込△

1着フェイトフルウォー・・・ステイゴールド×メジロマックイーン=サンデーサイレンス×マイバブー 〔8-c〕 4-4
2着デボネア・・・アグネスタキオン×Singspiel=サンデーサイレンス×サドラーズウェルズ 〔4-k〕 7-8
3着プレイ・・・ロックオブジブラルタル×サンデーサイレンス=ダンチヒ×サンデーサイレンス 〔7-f〕 2-2

流れは、テン-上がりのラップ差から『前傾』と中盤とのラップ差から『一貫』の複合ラップ。展開的には、差しが最も恵まれ、次いで追込、逃げ・先行には厳しい流れ。

1着フェイトフルウォーは、前走ホープフルS3着(=中山芝2000m:0.5秒差)からの好走。前走ホープフルS好走馬はこのレースで連続して好走することが多く、ホープフルSからのステップ馬では最先着の3着からの好走なので、今年もこの傾向は上手く活きたと考える。今回は厳しい流れの中での好走なので、好走したことは高く評価したい。また中山芝2000mで行われる皐月賞については、このコース実績馬の好走が多いことからも(=弥生賞好走馬や京成杯好走馬が皐月賞では好走しやすい)、中山芝2000mはスペシャリストが好走しやすいコースと考え、今後についても期待したい。
ステイゴールド産駒はスタミナ型のサンデーサイレンス系。ステイゴールドは母父ディクタスの特性がでていて、サンデーサイレンスというよりはサッカーボーイに近い特徴があり、夏~秋にかけてよく軌道に乗ることが多い。ディクタスのスタミナ型の特性とまた強敵相手に食い下がる勝負根性は、ステイゴールド産駒の持ち味。1戦燃焼型のタイプも多く、惨敗後から涼しく巻き返す能力も高い。内枠の多頭数では勝負根性が刺激されるのか、好走の可能性が高くなる特性もある。なかなかこの特性を持つ種牡馬は少なく、内枠で好走しやすいという特性は小回りコースでは大きな武器となるので、今後もこの条件の時には狙いたい。母父メジロマックイーンは晩成型の成長力があり、古馬で本格化するステイヤー血統だが、2歳~3歳時にも第1次の成長段階がある。ステイゴールド×メジロマックイーン配合は、中山の鬼ドリームジャーニーと同配合でもあり、プチドリームジャーニーと期待する。
No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。分枝記号nは、仕上がり早で素軽いスピードと立ち回りの上手さが持ち味。底力には欠けるが器用さでカバーする。

2着デボネアは、前走未勝利戦1着(=小倉芝2000m)からの好走。ここまでは札幌芝コースや小倉芝コースと小回りコースで、好走していた馬。小回りコースを器用さで押し切るタイプのレースに強い馬と考える。
アグネスタキオン産駒はスピード型サンデーサイレンス系で、前走0.5秒差以内で5着以内だと好走しやすい特性を持ち、サンデーサイレンスの瞬発力を最も活かしやすい。今回好走したことからも、次走にも期待します。母父Singspielはサドラーズウェルズ系で、一瞬のキレよりも全体的なスピードを持ち味とし、底力を問われる淀みない流れになるほど強さをみせる。格上挑戦でも侮れず、重賞挑戦などで厳しい展開になると能力が発揮される。500kgを超える大型馬のためか、瞬時に加速し速い上がりは使えていないのでキレよりも持続した流れ向きと考え、小回りコースでスタミナとパワーを活かす競馬が向いていると考える。
No.〔4〕の牝系は、3歳春から力をつけてクラシックで好走するような成長力がある。スタミナを活かしての好走が得意でもあり、皐月賞での好走も多い牝系。皐月賞と同じコースの本レースにも向くはず。分枝記号kは、かなり時計の掛かる馬場でのみ力を発揮する。冬場のダートや最終週の重馬場等が合う。

3着プレイは、前走ホープフルS5着(=中山芝2000m:0.6秒差)からの好走。ホープフルSでは今回1着のフェイトフルウォーとは0.1秒差の5着だし、半兄アドマイヤムーンと良血でもあったのでもう少し評価されても良かった馬と思います。今回は1着フェイトフルウォーと同じような位置取りからの好走なので、厳しい流れでよく好走したと評価したいが、現時点では能力的にはフェイトフルウォープレイと証明されたと考えて良いと思います。
ロックオブジブラルタル産駒はダンチヒ系で、本格化は3歳以降だが晩成血統というわけではなく、素質のある馬は早い時期に片鱗を窺わせる。芝向きの先行堅実型で、前走の着順が信頼でき大敗からの大駆けは少ない。相手なりに走り、昇給してもいきなり通用することも多い。父母父ビーマイゲストの影響のようで、一気に走れる短距離かスタミナを活かせる中距離が得意。母父サンデーサイレンスは、勢いに乗じて連続好走しやすい特性を持ち、鮮度の高い時によく好走する。重賞挑戦など格上相手にもよく好走し、重賞初挑戦などは特にプラス要因となる。
No.〔7〕の牝系は、京都コースや阪神コースでの好走が多い牝系。また距離変更ショックや位置取りショックなどのショックが良く効く特性があり、間隔を詰めた時にも良く好走する。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面叩いて一変が少ないタイプ。

01/19 23:58 回顧アクセス:2960

コメント5件

2011年01月16日10時27分
おお

◎フェイトフル、○ロビンは一緒なんでかなり
心強いですね!

ところで軍神さんは

ロビンのきついリファールのクロスについてはどうお思いですか?

軍神マルス 2011年01月16日10時37分
★チキン馬券師さん、コメントありがとうございます。

スマートロビンのリファールのクロスについては、かなりきついクロスですよね。上手く嵌ればばてない末脚やスタミナ強化という点ではプラス評価ですが、ズブイというか不器用さに出てしまえばマイナスの要因になるかと思います。中山芝2000mは特殊なコースなので、前走のように前につけられればより好走可能と考えています(=能力は高いと思うので)。京都コースや東京コースに向くタイプと思うので、リファール系の良さはしっかり出ていると思いますよ。

2011年01月16日11時52分
返答ありがとうございました

ところで以前

父と母父の世代ギャップが大きい馬は
成功しにくいし早熟だという話を聞いたんですが
どうなんでしょうか?

アンライバルドとかもそんな感じなのでしょうか?

軍神マルス 2011年01月16日12時02分
★チキン馬券師さん、お答えします。

父×母父の世代ギャップは初めて聞きました。馬場のスピード化など考えると父も母父も近い世代の方が対応能力は高そうですが、父×母父だけで適性が決まるわけではないのであまり深くは考えなくても良いのではないでしょうか?

コンスタントに走る馬を輩出し続けるサンデーサイレンス系に対し、何年かに1度大物を輩出するサドラーズウェルズ系など個々の系統でも特性が違いますし。

ただ近年の種牡馬リーディングは頭に入れておいても良いと思います。やはり勢いのある系統は走りやすいですし、衰退傾向にある場合は遺伝子学上優れた馬を少数精鋭として残す場合もあると思いますので。

2011年01月16日21時35分
またまた返答ありがとうございました

本日は見事な見解での的中おめでとうございました^^


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
まじん
05/20 15:06

興奮したわ

競馬ナンデ編集部
05/11 00:10

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

クライスト教授
05/10 00:43

私感ですが、人気の単騎でも大野の逃げはほとんど見た記憶がなく、正直巧いとは思えません。残り目はあっても勝ち負けは疑問です。...

編集長おくりばんと
05/09 23:39

アキさん、そして騎手型予想家のみなさん!Vマイルのカワキタエンカは大野騎手ですが、逃げは上手いのでしょうか?どんなペースで行くでしょうか?...

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

ガッシー>>

>>ガッシー


05/26 01:29

編集長おくりばんと>>

>>夏影


05/25 17:25

編集長おくりばんと>>

>>無職馬券師


05/25 10:45

編集長おくりばんと>>

>>無職馬券師


05/25 10:42

編集長おくりばんと>>

>>たのしもん


05/23 23:28

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社