6/23 6/24
6/23 6/24
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【宝塚記念S2018】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想アーリントンC2011予想一覧軍神マルスの予想

ワイド 2-12番:890円的中

阪神11R アーリントンC 2011年2月26日(土)
芝外1600 3歳GIII 晴良 平均レースレベル2.0

87654321枠番
13121110987654321馬番



























































































馬名



牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牝3 牡3 牡3牡3牡3 牡3性齢
5656 56 56 56 57 56 54 56 565656 56斤量






















騎手
単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順着順
×

dayan

クライスト

サニーのす

sun

信じる♪

編集長おく自信度C 22
キョウエイバサラ
奇をてらうわけではなく、馬場を考えてこの馬に期待。
今日のところの阪神の馬場を見ていると、上がりを要し、内を回ったパワータイプが来るという1昨年の特殊馬場の再現の匂いがあり。
とすると全ての条件を満たすのがこの馬。
距離や能力というマイナス材料があっても期待してみたい。
今日になるまで全く注目していなかった馬だが、成績を見る限り、太かった前々走以外は堅実に走っている。フットワークは小さな走りの普通のダート馬パワータイプ。だがそういう馬が合うのではないか。急かせずためる方が良いというのも今までの敗戦からわかってきたことのよう。
矢作調教師のことだからここに使…
イエローマ「【最終決断】②テイエムオオタカ開幕週を利して逃げ切る!」自信度S 3
【最終決断】

◎②テイエムオオタカ

前走、前残りで逃げ切った。
今回は、単騎逃げが見込まれる。
直線が長い阪神外回り・・・ただし、開幕週。
単騎逃げなら「逃げ切り」の可能性がある。

○⑨ラトルスネーク

新馬戦は「圧巻の」差しきり勝ち。
ムーアマジックではあるが・・・
2・3走前は、折り合いを欠いていて、不向きな先行策も伴って惨敗。
しかし、前走は本来の後方待機策で差しきり勝ち。
今回もその戦法でとると思われる。
リスポリやるか?

【勝負馬券】

馬連②-⑨ 1,000円

ゴール見えるか・・・果たして・・・…
まさ「初予想です。」自信度C 6
・07年に外回りコースになってからも先行有利の傾向は大きく変わっていないので基本的には先行馬を重視したいレース。

・牝馬は07年以降では4頭、過去10年で10頭出走し全て着外ですが、08年1番人気のポルトフィーノ以外は全て2ケタ人気でした。上位人気の牝馬のサンプルが1頭しかいない状況で牝馬は消し!!と言うのもどうかと思うので、とりあえずは牝馬でも極端に印を下げる必要は無いと思う。

・前走ダート戦出走馬は01年、03年で馬券に絡んでいますが01年は稍重、03年は重馬場と馬場が渋った事、馬券に絡んだ4頭全てが4角3番手以内の逃げ・先行馬であった事が好走につながったと思います…
××koo自信度C 2
過去5年より消せる条件は、
(1)芝未勝利         【0-0-0-17】③⑤⑪⑫
(2)前走距離1400m~1600m以外【0-0-0-21】①②③⑩
(3)前走500万下で連対以外   【0-0-0- 8】③⑦⑬

→残るのは④⑥⑧⑨

2戦2勝で1.7倍に支持された08年のポルトフィーノは惨敗したが、エルフィンSのタイム、1:36.3のポルトフィーノに対し、ノーブルジュエリーは1:34.6。この比較から⑥は信頼して良いかと。

過去の傾向から、重賞経験と先行が優勢のためその順位で印を。…
××ナンバーロ「それはどうかなと」自信度C 3
牡馬相手にノコノコ出て来るノーブルジュエリー陣営の考えが分らない。実力はあるのだろうが、使い方が疑問なので押さえまで。開催初日で人気になる先行馬のテイエムとスマートは次点とした。目標にされる上に人気では軸にはできない。上位人気を消去していくとカルドブレッサとラトルスネークに辿り着く。ラトルスネークは誰でも取り上げる。誰も取り上げないからカルドブレッサを◎とした。前走の追い込み反動がなければいいが。
人気馬にはそれぞれ問題があるが、さりとて人気薄が台頭できるほどでもないという中途半端な感じがする。…
×はまちん「サンデーサイレンス系を積極的に買えないレース( ゚∀゚)」自信度B 6
 テイエムオオタカに◎が並んでるなΣヽ(゚Д゚; )ノ

 コースが改装されてからの4年の傾向を見ると逃げ馬が2勝。上がり最速馬は馬券になっておらず、4角で9番手以下だとミッキーパンプキンとディープスカイの3着が最高で、いかに開幕週の前が止まらない競馬になっているのかがわかる。また翌日に行われる阪急杯と傾向がにているのが、父サンデーサイレンス系の不振。このレースも昨年のザタイキ(父アグネスタキオン)の2着が最高であとは、上記に書いたミッキーパンプキン(父ダンスインザダーク)ディープスカイ(父アグネスタキオン)と見事にかぶっている。斬れるサンデーサイレンスっ系は疑ってかかるのが吉かと。…
参考になり自信度C 5
ノーブルジュエリーは、強い相手に2着して、3着以下もレベルが高いレースでしたので、このレースはデムーロが良い結果を残してくれると思います。坂のある阪神コースで相手が弱かったとはいえ9馬身差、2戦目は京都で悔しい2着とコースを気にしないで走れるので、ここはすんなり勝って桜花賞に出走です。

テイエムオオタカは、4戦目から順調で3着以内を確保しています、使うたびに強くなっていますし、強い相手に3着した京王杯2歳Sは素質の高いです。騎手が変わっても影響しないので、逃げを打つ今回も内枠で有利です。

ノーザンリバーは、芝で勝利はありませんがアグネスタキオン産なので切れると思います。

タイム 1:34.2 4F 46.9 3F 35.1
単勝12番800円(4人気)
複勝12番290円(5人気)3番2620円(11人気)2番270円(4人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「アーリントンC 開幕週の恩恵をうける先行馬。」
ノーザンリバー1着/4人気
○テイエムオオタカ▲スマートロビン  
×ラトルスネーク  
2784
8拍手

ワイド 2-12番

890円的中

★傾向分析★
2007年 タイム 1'33"9 (良) 1FAve=11.74 3FAve=35.21
テン35.5-中盤23.4(3F換算35.10)-上がり35.0 『加速・一貫』
1着トーセンキャプテン・・・ジャングルポケット×サンデーサイレンス=グレイソヴリン×サンデーサイレンス 〔2-i〕 4-3
2着ローレルゲレイロ・・・キングヘイロー×テンビー=リファール×ニジンスキー 〔1-b〕 4-3
3着マイネルレーニア・・・グラスワンダー×サクラユタカオー=ロベルト×プリンスリーギフト 〔1-w〕 1-1

2008年 タイム 1'34"6 (良) 1FAve=11.83 3FAve=35.48
テン35.2-中盤23.2(3F換算34.80)-上がり36.2 『前傾・ハイレベル』
1着ダンツキッスイ・・・シンボリクリスエス×タイキシャトル=ロベルト×ヘイロー 〔9-h〕 1-1
2着エーシンフォワード・・・Forest Wildcat×Cure the Blues=ストームバード×ターントゥ 〔16-a〕 4-7
3着ディープスカイ・・・アグネスタキオン×Chief's Crown=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔23-b〕 10-9

2009年 タイム 1'35"6 (良) 1FAve=11.95 3FAve=35.85
テン34.8-中盤24.4(3F換算36.60)-上がり36.4 『前傾・中弛み』
1着ダブルウェッジ・・・マイネルラヴ×Silver Hawk=ミスプロ×ロベルト 〔7〕 3-3
2着マイネルエルフ・・・シンボリクリスエス×Rahy=ロベルト×レッドゴッド 〔20-a〕 2-2
3着ミッキーパンプキン・・・ダンスインザダーク×Alzao=サンデーサイレンス×リファール 〔8-h〕 10-10

2010年 タイム 1'34"8 (良) 1FAve=11.85 3FAve=35.55
テン36.3-中盤23.3(3F換算34.95)-上がり35.2 『裏「へ」』
1着コスモセンサー・・・キングカメハメハ×リヴリア=ミスプロ×ネヴァーベンド 〔16-f〕 1-1 
2着ザタイキ・・・アグネスタキオン×トニービン=サンデーサイレンス×グレイソヴリン 〔10-d〕 4-6
3着レト・・・ザカリヤ×コマンダーインチーフ=ミスプロ×リファール 〔8-c〕 4-4

阪神コースの馬場改修後からの過去4年の傾向は、07年は『加速・一貫』、08年は『前傾・ハイレベル』、09年が『前傾・中弛み』、10年は『裏「へ」』。中盤が弛みにくいが、それでも好走馬は逃げ・先行馬に多く、厳しい流れでも前で踏ん張れる馬が好走しやすい傾向。特に4コーナー5番手以内の馬の好走が多く、前につけられる馬は要注目。

血統の傾向は、アグネスタキオン、キングカメハメハ、キングヘイロー、ジャングルポケット、グラスワンダー産駒などが好走していることから、2歳や3歳のマイルGⅠ好走血統(=朝日杯FS、阪神JF、NHKマイルCなど)向き。この場合母父がスピード持続型のタイプが好走多し。
またシンボリクリスエスやミスプロ系、ストームバード系などダート向きの血統が好走している点にも注目。
流れで好走血統が変わる可能性があると思いますが、溜めてキレるサンデーサイレンス系が全般的に不振な感じのようで、差し位置に位置取りキレだけで勝負するようなタイプは危険。

★予想★
◎ノーザンリバー・・・アグネスタキオン×Machiavellian=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔B3〕
前走500万条件戦1着(=京都D1400m)。ダート2戦2勝だが、このレースはダート質な流れも相まってダート型の血統の好走も多い。この点と新馬戦で2歳牝馬女王レーヴディソールと僅差(0.2秒差)好走歴から、能力は十分あると考えて期待する。
アグネスタキオン産駒はスピード型サンデーサイレンス系で、前走0.5秒差以内で5着以内だと好走しやすい特性を持ち、サンデーサイレンスの瞬発力を最も活かしやすい。母父Machiavellainはミスプロ系で、持続する流れに強い特性を持ち、その上でキレる末脚を繰り出す。一瞬の脚に優れた短距離・マイラー血統なのだが、抑えが利けば中距離もこなす。ダートでも好走しているのでパワーも兼ね備え、なおかつ先行脚質で器用さもあるので、開幕週の馬場は合うと考え好走に期待する。
No.〔B3〕の牝系は、英国在来種と輸出されなかった非純血種の英国由来の牝系。「早熟」「短距離」「ローカル」がキーワードで、オープンや重賞は2歳~3歳前半の集中し、短距離での好走が多い。

○テイエムオオタカ・・・ホワイトマズル×ネヴァーダンス=リファール×ネヴァーベンド 〔9-b〕
前走若竹賞1着(=中山芝1800m)。世代でレベルの高い京王杯2歳S3着馬でもあり、開幕週に向く脚質と能力から好走に期待する。
ホワイトマズル産駒はリファール系で、欧州型のスタミナ血統なので淀みない流れの中長距離戦で高い能力を発揮する。スローペースの瞬発力勝負で負けても、厳しい流れならすぐに反撃する。今回は開幕週で前が止まらない傾向から、自分の得意な展開に持ち込んで粘りこむことが可能と考えて評価する。母父ネヴァーダンスはネヴァーベンド系で、持続するスピードとスタミナを兼ね備え、先行させるとしぶといタイプ。
No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコースは鬼門。分枝記号bは、鮮度と勢いが好走に重要なポイント。重賞初挑戦など鮮度の高い時は好走率が高い。今回も勢いはあるので、この特性での好走に期待。

▲スマートロビン・・・ディープインパクト×Lyphard=サンデーサイレンス×リファール 〔7〕
前走京成杯12着(=中山芝2000m:1.6秒差)。前走は出遅れたが、本来は先行しての好走が多い。今回は最内枠ですんなり先行するようなら反撃可能と考えて、好走に期待する。
ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、馬体重450kg以下の小柄な産駒はキレに優れていて、逆に500kg以上の産駒は少しジリ脚な傾向が見て取れる。軽量馬は瞬発力を活かしやすいが、大型馬は加速するまで時間がかかるがその後ばてない末脚を繰り出すようなタイプ。本馬は500kgを超える馬体重なので後者のタイプと考える。この特性は父母父リファールに由来する特性と考える。また本馬は母父Lyphardなので、よりリファールの特性を強調した配合馬。母父Lyphardは、マイルから2400mを守備範囲とし、得意距離は産駒によって異なるが底力があり大レースに強い。成長力も豊富。
No.〔7〕の牝系は、京都コースや阪神コースでの好走が多い牝系。また距離変更ショックや位置取りショックなどのショックが良く効く特性があり、間隔を詰めた時にも良く好走する。分枝記号なしは、産駒ごとに得手不得手ははっきりしているものの、平均的に能力を発揮し、やや晩成傾向。

△ノーブルジュエリー・・・Smarty Jones×Monsun=ミスプロ×スターリング 〔19-c〕
前走エルフィンS2着(=京都芝1600m:0.2秒差)。本馬も2戦とも先行し押し切るレースにて好走。適性は合うと考えるが、牡馬相手に突き抜けるイメージはわかず、連下候補と評価する。
Smarty Jonesはミスプロ系で、芝・ダートともにマイルを中心に、短距離・中距離もこなすタイプ。仕上がりは早く、2歳戦から走る。母父Monsunはスターリング系で、ドイツで活躍するスタミナ豊富な血統。
No.〔19〕の牝系は、淡々と流れる厳しい流れにに強いタフな牝系。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。
02/26 11:00

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
愛馬ヴィブロスを出走させる!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【宝塚記念最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼宝塚記念最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




軍神マルス

予想歴13年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3312
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370

新着回顧アーリントンC2011回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴13年 回収率137%
アーリントンC ダート好走実績が重要。
次走狙い馬:ノーザンリバー 次走狙い馬:テイエムオオタカ
     
 
3拍手

2011年 タイム 1'34"2 (良) 1FAve=11.78 3FAve=35.33

ラップ
①12.6-②10.8-③12.0-④11.9-⑤11.8-⑥11.5-⑦11.2-⑧12.4
1FAveとの誤差
①+0.8 ②-1.0 ③+0.2 ④+0.1 ⑤±0 ⑥-0.3 ⑦-0.6 ⑧+0.6
テン35.4-中盤23.7(3F換算35.55)-上がり35.1 『一貫』

『一貫』・・・逃げ△ 先行○ 差し◎ 追込△

1着ノーザンリバー・・・アグネスタキオン×Machiavellian=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔B3〕 5-7
2着キョウエイバサラ・・・Aussie Rules×Cozzene=ダンチヒ×グレイソヴリン 〔1-k〕 4-4
3着テイエムオオタカ・・・ホワイトマズル×ネヴァーダンス=リファール×ネヴァーベンド 〔9-b〕 1-1

流れは、テン-上がりのラップ差と中盤の弛みの少なさから『一貫』の流れ。展開的には差しが最も恵まれ、次いで先行、逃げ・追込には厳しい流れ。

1着ノーザンリバーは、前走500万条件戦1着(=京都D1400m)からの好走。ダート2戦2勝だったが、このレースはダート質な流れも相まってダート型の血統の好走も多く、今年もこの傾向は当てはまったと考える。また新馬戦で2歳牝馬女王レーヴディソールと僅差(0.2秒差)好走歴から、能力は十分あると考えて期待したが、こういう比較は有効と考える。レベルの高い馬との比較はこの時期のクラシック路線において有効で、能力の比較にとても有用。今回好走した本馬だけでなく、2歳女王レーヴディソールの強さが際立つ結果になったと考える。
アグネスタキオン産駒はスピード型サンデーサイレンス系で、前走0.5秒差以内で5着以内だと好走しやすい特性を持ち、サンデーサイレンスの瞬発力を最も活かしやすい。母父Machiavellainはミスプロ系で、持続する流れに強い特性を持ち、その上でキレる末脚を繰り出す。一瞬の脚に優れた短距離・マイラー血統なのだが、抑えが利けば中距離もこなす。
No.〔B3〕の牝系は、英国在来種と輸出されなかった非純血種の英国由来の牝系。「早熟」「短距離」「ローカル」がキーワードで、オープンや重賞は2歳~3歳前半の集中し、短距離での好走が多い。

2着キョウエイバサラは、前走500万条件戦1着(=京都D1200m)からの好走。これまではダートを使い芝は初挑戦だったが、2着好走。1着馬ノーザンリバー同様ダート実績が重要なレースだと再確認するも、初芝で主に短距離を使用していた本馬を評価するのは難しかったと反省する。
Aussie Rules産駒はダンチヒ系で、ハイペースでもバテないスピードが売りで、マイラーは前にて勝負すると持ち味が活き、高速決着も得意なディンヒル系。母父Cozzeneはグレイソヴリン系で、成長力が豊富で、大物喰いの特性を持ち、先行馬は二枚腰、差し馬はえげつない脚を使う、芝向き豪腕血統で淀みない流れの方が持ち味を活かせる。これまでダートで好走していたが、初芝にて好走できたことはこの母父の芝向き特性による点が大きいと考える。芝向き血統でダート→初芝には要注意と反省する。
No.〔1〕の牝系は、クラシックで好走が多く3歳春にはある程度完成する、完成度が高く仕上がりの早い牝系。この時期は成長力で他の牝系よりも完成度は高い。分枝記号kは、かなり時計の掛かる馬場でのみ力を発揮する。冬場のダートや最終週の重馬場等が合う。

3着テイエムオオタカは、前走若竹賞1着(=中山芝1800m)からの好走。世代でレベルの高い京王杯2歳S3着馬だったが、今回は流れでやや不利な展開になった分3着と考える。
ホワイトマズル産駒はリファール系で、欧州型のスタミナ血統なので淀みない流れの中長距離戦で高い能力を発揮する。スローペースの瞬発力勝負で負けても、厳しい流れならすぐに反撃する。今回は開幕週で前が止まらない傾向から、自分の得意な展開に持ち込んで粘りこむことが可能と考えて評価する。母父ネヴァーダンスはネヴァーベンド系で、持続するスピードとスタミナを兼ね備え、先行させるとしぶといタイプ。父系の特性から(=人気が下がった時に大仕事をする)、今回3着になったことを次走で低く評価されるようなら反撃可能と考えて期待する。
No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコースは鬼門。分枝記号bは、鮮度と勢いが好走に重要なポイント。重賞初挑戦など鮮度の高い時は好走率が高い。

03/03 23:21 回顧アクセス:2691

コメント4件

2011年02月26日11時18分
個人的にはノーザンリバーは
全兄のノットアローンが意外とだったんで
心配なんですが大丈夫でしょうか?

2011年02月26日11時20分
それとはまちんさんも言ってますが
SS系が意外と勝てないのが心配なんですが

軍神マルス 2011年02月26日11時36分
★チキン馬券師さん、こんにちは。

ノーザンリバーの全兄ノットアローンはアーリントンC4着でしたので、適性的には悪くないと思いますよ。ノットアローンの場合、臨戦過程がアグネスタキオンの好走条件にはなっていませんでしたし(=前走共同通信杯10着)、それでいて僅差4着なら、今回のノーザンリバーの方が好走しやすいのでは!?と考えています。

また確かにサンデーサイレンス系が不振ではありますが、瞬発力だけでぶち抜くタイプが不振なだけであって、ノーザンリバーは先行できるタイプなので気にしなくても良いのでは?と思います。

個人的には差して好走しかしていない、ラトルスネークの方が危険馬ではないかとみています。

2011年02月26日15時45分
見事な賢察でした
感服致します


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
編集長おくりばんと
06/23 07:28

おはようございます 明日は春競馬最後の宝塚記念!悔いなく予想やりきりましょう

競馬ナンデ編集部
06/22 08:03

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

ドリームパスポート
06/18 12:34

夏競馬をする人ってかなり少ないですね。配当還元率あげれば良いのに。


06/17 19:52

G1なかったら見る人減っちゃうな

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

編集長おくりばんと>>

>>守屋丞蔵


06/18 22:17

アキ>>

>>アキ


06/10 18:43

編集長おくりばんと>>

>>まじん


06/10 18:08

編集長おくりばんと>>

>>アキ


06/10 18:07

アキ>>

>>アキ


06/10 15:40

@マーメイドS あー相手がないっ!!笑

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社