10/21 10/22
10/14 10/15
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【菊花賞】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想函館SS2012予想一覧カタストロフィの予想

函館11R 函館SS 2012年6月17日(日)
芝1200 3歳上GIII 晴良 平均レースレベル3.2

87654321枠番
1110987654321馬番































































馬名
牝5牝6 牡7 牝7 牡5 牡5 牡3 牝6 牝5牡5牡4性齢
5454 56 54 56 56 52 54 545656斤量




















騎手
単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順着順

BC爺

軍神マルス

月下の素顔

pipop

サニーのす

三面大黒天

dayan

クライスト

編集長おく「54キロなら逆転ありうるブルーミンバー母は函館無敗」自信度C 6
ナイアード
ブルーミンバーも控えるとのことなので、もはやこの馬のニゲイチだろう!今日は内が悪い感じを受けないし展開利が見込める。
非常に綺麗な伸びのあるフットワークでいかにも快速馬といった素晴らしいフットワーク。ダートでも実績あるので洋芝でのパワーも大丈夫だろう。
昨年は惨敗しているが、これは直前輸送により過去最低体重での出走が堪えた可能性あり。
鉄砲駆けの実績があるし、この人気薄なら面白い!

----------------------------------------------
函館SSとバーデンバーデンCは同じ週でしたっけ?
いずれにしてもこういう番組はやめたほうがいいと思う。
出走馬が割れてどちらも価値を…
×KUROS「パドトロワ目標で」自信度C 4
 11頭と落ち着いた頭数になったことに加え、展開を握るナイアードとパドトロワの状況も、前者は今回休み明けで後者が前走で本調子を欠いているなど、スプリント戦としては前目がやや緩くなりそうな雰囲気。今年の函館は例年より速い時計が出ず、多少タフなコンディションにも映るが、馬場はまだまだ逃げ先行かつ内目が有利な様子。

 そこで◎は比較的スムーズに先手が取れそうなブルーミンバー。昨年後半でオープンを連勝。オーシャンSでは大敗しているが、当時は重馬場というよりはレース間隔が3ヶ月ほど開いたことが影響したと思われる。重賞経験も今回が2戦目と少ないのが却ってフレッシュな戦力で、前走でもパドト…
絶対の本命自信度B 5
◎レオンビスティー
ここ数戦マイル路線を戦ってきたこの馬だが、元はといえば短距離路線で勝ち星を積み上げてきた馬。短距離の流れに対応できるかが不安材料だが、函館は時計の掛かる馬場だし、そこらへんはあまり問題ないといえる。斤量減で他の馬と対等に戦えるような能力を持っているし、ここで勝って秋に駒を進めたいところ。

○ロードカナロア
この馬が強いことは誰もが知っていると思うので実力に関しては書かない。しかし、内枠でマークがきつくなるためスムーズな競馬が出来るかどうかが課題。

▲パドトロワ
昨年のスプリンターズSで2着を確保した素質馬。ここ2戦勝ち星から遠ざかっているが58キロでの競馬で…
イズリント「サマースプリントシリーズ第1戦」自信度C 4
今年はサマーマイルシリーズなるものもあるそうなのですが、サマー〇〇シリーズ全体としても最初のレースになりますね。

つまりはその…苦手な夏競馬が始まったということでしばらくおとなしくしておきます。


昨日のメインレースがクロフネ→ストラヴィンスキー→フレンチデピュティで決まりましたからね、嫌でもND系に目が行きます。
またND系でも短距離に向いてこそという種牡馬が良いみたい。


◎ロードカナロアは父キングカメハメハ×母父ストームキャットという血統。キンカメ産駒はパワー型の馬が多く、洋芝でも問題ない。また母父ストームキャット系の気性の前向きさはローカルで先行していく原動力となり…
nige「今の勢いで」自信度C 8
本命は、ドリームバレンチノ
前走は1400mでどうかと思ったが、きっちり結果を出したので成長を感じるレースだった。
上がりの早いレースだ結果が出ているが、血統からは上がりがかかった方が力が出せると思っていて、1600万下で勝った小倉のかなり時計がかかる馬場で完勝している。
得意の1200mに戻り今の勢いで重賞制覇ある。

対抗は、ロードカナロア
この馬が強いのは解っているが、馬券をここから買うなら他のレースに資金を回した方がいいと思うのが自分の考え。
目標がここではないのは明らかなので、余裕を持った騎乗をすると取りこぼしの可能性は十分ある。

3番手は、パドトロワ
スプリンターズS2着後結果…
ロックステ自信度C 4
 出走メンバーが決まってからずっと考えていたのは、昨年4着のドラゴンファングの取捨です。
 今年も長期休養明けですので、衰えがないとして、昨年より前進して馬券にからむのかどうか、というところ。
 テイエムオオタカがレコードを更新した昨年より馬場が重たいのはこの馬にとってプラスなのかどうか。
 昨年の1~3着馬より強い馬がいるのかいないのか。
 結局、どんなに良くても3着までだろうということで、なんとも冴えない△印に。
 馬場が向くかはわかりませんが、血統的には問題なさそうですが、プラス材料とまでは言えないですね。

◎ロードカナロア
 高松宮記念のタイムと結果を考えれば、洋芝でパ…
カノープス自信度C 0
ロードカナロアで堅い!
と思うが、私が堅いと思うとことごとく荒れる

飛んだときの馬券を買っておくと、1着になるだろう

ドリームバレンチノ
バドトロワ
レオンビスティー
キングレオポルトのBOX

1.2.5.6.7

洋芝適性といわれても、走ってみないと分かりましぇん
djbea自信度S 3
 鞍上が不安ではあるが、叩き3走目で久々の56キロで出走できるパドトロワを本命にしたい。洋芝実績もある上の先行脚質。
ドラゴンファングの2番手で競馬を進めることになるだろう。
 2番手には充実しているドリームを推したい。重実績のない馬なので対抗とした。
 ロードカナロアは叩き台。あっさり勝つかもしれないがここは
単穴が妥当だろう。

詳しくは京都小川コンピレーションまで

http://blog.livedoor.jp/djbeattaka/…
軍神マルス「函館SS 「ローカルコースの鉄則」。」自信度A 6
★傾向分析★
2007年 タイム 1’08”9 (良) 1FAve=11.48 3FAve=34.45
テン33.8-上がり35.1 『前傾』
1着アグネスラズベリ・・・エアジハード×トニービン=プリンスリーギフト×グレイソヴリン 〔8-k〕 7-8
2着サープラスシンガー・・・Songandaprayer×Chazi=ミスプロ×ダンチヒ 〔20-a〕 1-1
3着ブラックバースピン・・・Put It Back×Dixieland Band=マッチェム×ノーザンダンサー 〔13-c〕 5-2

2008年タイム 1’08”4 (良) 1FAve=11.40 3FAve=34.20
テン32.8-上がり35.6 『前傾』
1着キンシャサノキセキ・・・Fuji Kiseki×Pleasant Colony=サンデーサイレンス×リボー 〔14〕 3-3
2着トウショウカレ…
バニーボー自信度S 12
本命はロードカナロア。
重賞2勝を含むOP4連勝で高松宮記念を3着。
地力はもはや断然で56キロで収まったのは反則っぽい気すらする。洋芝はが合うかどうかだが、パワーの面でもスプリント界では、上位。八分の出来でも、勝つんじゃなかろうか。
過去10年に遡ると牝馬が圧倒的有利で、現在3連勝中と不穏なデータもあるが、格の違いを見せるくらいじゃないと早くもスプリンターズSに暗雲が、かかるつもりで挑んでほしい。
対抗はレオンビスティー。
1200MはOPで1勝しており1400Mの重賞でも2着と、3歳勢のスプリント界では主力の一角と言って良い。欲を出してNHKマイル路線に切り替えたのが、成長を止まらせたようにも思え…
のび犬「とりあえず牝馬を買っておく」自信度C 2
牝馬が大活躍するサマースプリントシリーズの第一戦。とりあえず牝馬を買っておきます。

本命はエーシンリジル。
牝馬を買いたいと思った中でこの馬を選んだのは、重賞でも好走できる能力を実際に示していることと、年齢が若いこと。牝馬は年齢による衰えが牡馬より顕著に出ると思っていますので、あんまり年齢のいった馬は信用しづらいです。

対抗にロードカナロア。
斤量が軽い牝馬に足元をすくわれることはあっても、大敗は考えづらいです。このメンバーで馬券に絡まなかったらちょっとした事件だと思いますね。

上記二頭を軸に3連複を総流し。…
BC爺「救いの3歳馬参戦」自信度B 4
まさかのバーデンバーデンCと同日開催。
狙いは分かりませんけど、多頭数を回避したいとしか思えません。

そこへきてロードカナロアなんかが出てくる穴党いじめ。
これであっさり勝って相手もガチガチだったら嫌気がさしますが、
多少はチャンスがありそうです。

◎レオンビスティーはバクシンオー産駒の距離短縮1200。
ここ2走、特に前走は適性からして無理がありすぎましたが、
G1で外から積極的に運んだ負け方は非常に良かったです。

母父がタバスコキャットとパワーに寄ったタイプなので、
時計のかかる函館、雨というのも舞台としては絶好でしょう。
経験生かして次かもしれませんが、今回も条件は揃って…
××大和ゆーす自信度C 0
本命はロードカナロア。
このレースはカナロアの力が抜けていると考えて、単複は狙いにくいレースだと思います。
なので三連単で狙ってみます。

頭はカナロア。不安点がいくつかありますがこの馬には問題ないでしょう。難なく勝てるでしょうね。

これでは配当が低いのでドラゴンファング、ブルーミンバーを相手に狙ってみます。

ドラゴンファングは休み明けで走りそうですし函館もいいですし、ここは狙い目だと思います。

ブルーミンバーは牝馬が良く来ていますし前2走の内容も悪くないので。

買い目は三連単F

①ー⑧⑨ー②③④⑤⑧⑨⑩⑪ 14点
①ー②③④⑤⑧⑨⑩⑪ー⑧⑨ 14点

で。

このレース人気で決まることが多…
×三面大黒天「ここでは負けられない。」自信度C 5
◎①ロードカナロア
ここ数年は牝馬が活躍したり、洋芝の適性がイマイチ分かりませんが、ココのメンバーと比べると何枚も上。
調教も抜群と思えましたし、函館ssは2009年の札幌開催除くと1枠3-1-1-8で断然。
脚質も先行型で、逃げ切れるようで最後は先行抜け出しの馬に捕まる今の馬場に合っていると思います。
ココを堂々勝ち上がって秋の主役になって欲しいです。

○②ドリームバレンチノ
できればピッタリとロードカナロアをマークして欲しい。差し脚はかなわないので先に動いた分差されるとみました。

▲③エーシンリジル
ロードカナロアとドリームバレンチノの前に藤田Jがうまくつけれたら3着はあるでしょう。イン…
dayan「ロードカナロアが主役は間違いない」自信度A 7
 ロードカナロアがサマースプリントへ!

 ちょっと意外でしたが、ここを勝ってセントウルSまで休養、スプリンターズSで全開と考えると無理ない使い方。
 とすれば、ここは勝たなければ意味がないし、きっちり仕上げてくるはず。人気どおりの本命。

 洋芝がどうかは不明ですが、それほど非力な感じはありませんし、自在性があり騎手の指示に機敏に反応できる馬なので、直線が短くても大丈夫。
 っていうか、楽に先行出来るだけのスピードを持っていると思うのですが、最近は騎手の好みか中段待機が多いですね。まぁそれでも大丈夫でしょう。

 対抗は迷いましたが、先行してしぶといブルーミンバーで。
 …
たつやりん「7枠(橙枠)が面白い」自信度B 6
 番付が変わっていました。【東前頭十四枚目】だそうです。
 先週のメインレースの投稿でも書きましたが、相撲の番付は全くの無知なんです。
 でも、きっと昇級なんだと思います。こちらナンデ様の【おくりばんと】様がそのようにおっしゃっていました。いつもありがとうございます。

 さて、マーメイドSが全く分からないので、今週はこちらで勝負しようと考えた次第。しかも、なかなか妙味ある一戦じゃないの、ウホッ。

 【ドラゴンファング】に期待します。私の愛用している予想オッズサイトではもうかなり人気がない指数になっていて、それは長期休養明けってことだからなんでしょうけれども、でも、この馬…
××クライスト「先行すれば必勝のはず?」自信度A 6

◎…正直な話、故障せずに2着以下になったら恥ずかしい。
勝って当然の連軸のため◎やむなし!

○…先行したらの条件付きで。
騎手が世代交代役のため若手を先着させる可能性があるため!

▲…○に安藤勝が来てくれるなら岩田康も当然来れる。
何より技量において残りの騎手がより祐一に先着できない立場であるため岩田がやる気で乗ってくれれば3着必至のはずなので!

X…2頭とも矢作厩舎で。
少頭数の2頭出しの面で単純に馬券に成れる確立は高いが、現実に好戦できる馬であれば騎手に藤岡佑・国分優といった格下ジョッキーなど起用しないはず。よって共に消し馬に!
(やる気なら岩田康を押さえているはず)

※◎…
サニーのす「寂しさもあるけど。」自信度B 4
枠順を見て印を変えました。

◎パドトロワ
○エーシンリジル
▲ドリームバレンチノ
△ロードカナロア

○エーシンリジル
先週1つしか勝てませんでしたが藤田騎手は芝での(特に内枠での)信頼度が高いように感じました。日曜メインのクロワラモー、未勝利戦でのヒルノアロマム、エアアナベルなどどれも馬群を捌いての好走が目を引きました。
枠順が出て立ち回りたいはずのドリームバレンチノもこの馬も内枠を引き、さらに内にロードカナロアという枠順となって非常に楽しみになった。
このエーシンリジルとドリームバレンチノが前に行くであろう馬を上手く捌いてロードカナロアが捌ききれずに差し遅れるというケースも…
××たけぼぉ自信度D 4
◎①ロードカナロア
・実績は最上位だが洋芝がどうか
○⑥キングレオポルド
・時計が掛かるようならここでも圏内に
▲③エーシンリジル
・状態が良ければ掲示板に食い込めそう
△②ドリームバレンチノ
・オープン特別を連続して善戦で、ここで通用しても良い

切り
⑧ブルーミンバー
・高齢だが54キロでこのメンバーなら前走よりはやれそう
⑦パドトロワ
・昨年の勢いは無いが、叩いてそろそろ良くなって来るかも
④ナイアード
・久々は走るが休養前はいまいちな成績で
⑩ビスカヤ
・重馬場で前崩れなら出番があるかも
⑪ミオリチャン
・近走内容からはとても狙えない
⑨ドラゴンファング
・昨年は好走したが、流石に…
火拳のマチ「好調教馬」自信度C 2
好調教馬から。

GⅠ級のロードカナロアとパドトロワ。約2カ月半ぶりのロードカナロアもレース間隔は全く関係ない事は過去の実績から見ても明らかです。実績から言ってもここは勝たねば・・。

○のパドトロワはここ約1年間で勝ちがないが近走を来ても大きく負けてはいなし、函館芝1200で実績がある事が大きいかなと。調教を見る限りGⅠ2着の自力は出せると思います。

▲はドリームバレンチノ。近2走で負かした相手でこの馬の力が重賞級だと判断できます。

エーシンリジル、ブルーミンバーの好調教馬と超大穴でミオリチャンも面白いかもです。…
pipop「函館なら・・・」自信度D 2
◎ロードカナロアは初出走から3着を外さない実力は本物!
奥の見えない強さは誰もが知る。

先行押し切り型にはもってこいの舞台でもある。
高速馬場が味方になる大事な1戦なのだ!

単・複で転がしたい!
馬券は自己責任の範囲内でお買い求め下さい。
予想陣に責任は一切ありません。
責任も自己責任でお願いします。

タイム 1:09.4 4F 46.5 3F 35.1
単勝2番670円(2人気)
複勝2番140円(2人気)1番110円(1人気)10番1820円(11人気)

カタストロフィ<10期 西前頭二枚目>
函館SS2012予想
レオンビスティー9着/4人気
○パドトロワ  △ロードカナロア
    
2188
7拍手

【最終予想】
レオンビスティーはファルコンSやNZTからも、持続力は相当なものがあって、トップスピードという点ではやや見劣る馬なので、こういった洋芝でタフな競馬になりそうなのは歓迎材料だと思う。3歳のレベルがどの程度かはまだわからないが、ロードカナロア、パドトロワ、ドリームバレンチノ以外は強敵と言える馬はいないし、適性面や斤量を考えるとやはり魅力的。NHKマイルは中弛みがあってタフな馬場で直線それでもある程度は粘っていたし、緩みのない平均ペースになる函館1200mという舞台なら面白い。


パドトロワは昨年は5着だったが、やや軽い馬場で緩急があったのも大きい。この馬は完全なスピードタイプの前傾ラップ馬。ここ2走は58kgもあったかテンで少しもたついたし、高速馬場でどうにもできず。今の函館ならこの馬のタフさが前面に活きてくるはず。時計的には最上位なわけだし、去年のキーンランドCはかなりハイレベル。期待したい。


ロードカナロアは内枠を引いたので抑え。ポケットで器用に競馬できるのは宮記念を見ても明らかで、この枠なら脚を使わされすぎることはなくなると思う。流石にトップスピードが相殺されるこの舞台はリスクもあるが、能力的には図抜けているので。


【展望】
 サマースプリントシリーズ第1弾は函館の洋芝で行われる函館スプリントS。ここ10年の成績からも、その年のスプリント戦線を占ううえで非常に重要な一戦となっている。昨年はスプリントGI秋春連覇のカレンチャンがここを制して勢いに乗った。今年もなかなかに好メンバーが揃った。高松宮記念3着馬、昨年のスプリンターズS2着馬を筆頭に、重賞戦線の常連から、3歳馬、更に勢いに乗る上がり馬と別路線組が一堂に会した印象。洋芝適性まで含めて、実力が問われるレースとなりそうだ。


 不動の中心は春のGI高松宮記念で3着のロードカナロア。昨年秋から京都の舞台で大躍進。シルクロードSでは中団、中目から鋭く突き抜ける圧勝。京阪杯ではグランプリエンゼルらを番手で退ける強い競馬。京都1200特有のある程度の位置からのキレ味勝負という舞台で活躍してきただけに、中京の重い芝、高松宮記念という舞台でどうだろうかという不安は少なからずあったとは思うが、カレンチャンやサンカルロには完敗。それでも最内枠からすっと番手ポケットの位置を確保できたし、スピード負けはしなかった。勝負どころで坂があったのもあるが、この馬らしいトップスピードをうまく引き出せずに重さで相殺された感はある。その意味で、やはり軽い京都1200で楽に追走し、勝負どころでトップスピードの違いで突き放す舞台がベストということは間違いないと思われる。ここでも宮記念の内容なら力は上だが、得意の京都1200ほどの信頼感があるかとなると、やや微妙と言える。内枠で上手く立ち回って勝負どころで脚を使うのが戦法としては良さそう。外枠を引くとやや難しい競馬を選択させられるかもしれない。それでも地力面では最上位を疑う余地はない。


 相手筆頭には昨年のスプリンターズS2着馬パドトロワ。香港遠征後の2走は結果こそ冴えないが、悪い競馬はしていない。春雷Sでは道中緩い流れ、勝負所最内で動けず加速できないまま直線で伸びきれなかった。前走福島民友Cではドリームバレンチノには完敗したが、馬場自体は内有利の前残り。これで外目の番手から勝ちに行って甘くなったと考えれば58kgからも悪くない。元来タフなスピード持続戦、前傾ラップがベストの馬なので、前走はそもそも軽いスピード不足だった。今回はその点で昨年のキーンランドC2着実績がある夏の北海道の洋芝。これはこの馬にとってはかなり追い風になるはず。加えて56kgと、斤量面でも大きな後押しがある。タフさが売りなので、今の函館ならロードカナロアが相手でも十分戦える力はあると思っているが。


 3番手には勢いに乗ったドリームバレンチノ。福島民友Cでは中団から直線鋭く突き抜ける圧倒的な競馬。11.3 - 11.2 - 11.5のラップ推移、前残り、内有利馬場でのパフォーマンスだけに素直に評価したいところだ。前走安土城Sでは距離延長がどうかとも思われたが、全くの杞憂で好位から直線鋭くエーシンホワイティを捕えてしまうのだから完全に力上位だろう。そもそも淀短距離Sでは内有利の馬場状態の中、外を回して3着。差はあったがこの時点で力は見せていた。ただし、軽い馬場、高速馬場での時計勝負で結果を出してきている馬であり、今回はタフな洋芝適性が問われることになる。この辺りでは、適性面で優秀な馬も多いだけに不安材料の一つとなりそうだ。ここまで見せてきたパフォーマンスからも底は見せていない。ここでどこまでやれるか楽しみな一頭だ。


 4番手にはようやく重賞戦線に乗ってきたキングレオポルド。前走淀屋橋Sでは時計が掛かっていた馬場状態の中で、 11.9 - 11.2 - 12.2の流れ、勝負どころで外を回した分、勝負所では脚色微妙だったが、L1でしっかり伸びてくるあたり、バテ差しタイプだろう。中山1200mでは安定していて、キレ勝負になりにくいことと、ある程度の先行力が大きいように感じる。比較的高速馬場で好走している印象があったのが、前走でしっかりと対応してきているので小回りの函館という舞台なら持ち味の持続力は活きてきそうな印象だが。


 穴どころからはビスカヤ。函館1200m2勝の実績を持つ馬で、準OPからの格上挑戦となる。前走は京都1400mでキレ負けした形だが、基本的にこの馬は高速馬場ではまるで駄目なのであまり参考にならない。昨年に参戦したUHB杯はオープン格上挑戦で2着とは差のない4着。パドトロワが作るタフなハイペースで中団で馬群を割って勝負どころで良い脚を使う競馬。ハンデ50kgではあったが、洋芝ならここに入ってもやれそうなものは見せている。ここでうまく嵌れば圏内に加わってくることも。


 テイエムオオタカもここに出てくればというところ。昨年の2着馬で、勝ち馬がカレンチャンということを考えれば適性面でも実力面でもここでは評価されるべきだとは思うが、昨年の比較的時計が出やすかった馬場状態とは違い、今年は先週の状況を見る限り1秒近く時計が掛かっている印象。日曜は雨の影響もあったので、これが当日どこまで回復するか。近走はややテンの行きっぷりが悪い印象だったのだが、前走中舘でテン11.9の流れで番手の競馬ができている。馬場に恵まれた2着の印象ではあるものの、勝負所での反応という点では屈指の実力馬。個人的に内田とは合わないと思っているので、ここで丸山君がどこまでやってくれるか。バーデンバーデンと両にらみで。


 3歳勢からはフィリーズレビュー2着のビウイッチアスだ。3歳短距離路線の安定株ではあるが、前走マーガレットSで崩れた。ただ、12.2 - 11.9 - 11.6 - 12.3という流れの中で、最内窮屈、直線も進路がなくあまり追われなかった。崩れたとはいえ、流れに乗れない競馬になったのであまり気にしなくていいか。逆に一貫ペースのフィリーズレビューでは最内立ち回ってしぶとく伸びてきているので、緩急のない競馬になれば持ち味の持続力は活きてきそうではある。一応時計のかかる馬場には2走前で対応できているので、うまく内枠で流れに乗れる競馬になれば面白いが。


 もう一頭レオンビスティーも参戦。ファルコンSではタフな馬場で外目を回し、中団からしぶとく伸びての2着。逆に軽い馬場のNZTでは一貫ペースで12.0 - 11.7 - 12.0 - 11.9の流れで大外を回していては苦しかった。NHKマイルでは割と平均ペースになったのだが、先行してカレンブラックヒルを捕えに動いたが伸びきれず、終いも甘くなってしまった。最速地点ではそこまで悪くなかったものの、L1で落ち込んだので、この傾向からもやはりマイルは少し長い。問題は1200がベストかどうかだろう。ファルコンSでタフな馬場は経験済み、後は純粋に1200の流れに対応できるかどうか。クリスマスローズSではポケットで競馬して内から鋭く抜け出している。前傾ラップにも対応できるスピードはあるので、ここでもやれるはずだ。あとは単純に相手関係がどうかだろう。完全なバテ差しタイプというわけでもなさそうなので、内から脚を溜めて進めることができれば面白い。



http://blog.livedoor.jp/catassan/
06/17 12:27



最強の関西情報社チェックメイトは
この秋も【17万6530円】的中(4阪神4・7R)


菊花賞(G1)

昨年は関西馬の
9人気レインボーライン
6人気エアスピネルが激走して

3連単【6万9380円】決着


今年の菊花賞も
人気薄関西馬が高配当を演出!


この秋も
9月17日(日)阪神7R
【17万6530円的中】
最強の関西情報社チェックメイトが
導き出した

菊花賞3連単勝負買い目の
無料入手方法はコチラ!!
【先着100名様限定】

※このキャンペーンはチェックメイトを初めてご利用の方限定です



カタストロフィ

予想歴15年
回収率%
各馬の特徴を見分けつつ、そのレースに問われる要素を展開から弾きだし、その適性を持っていてかつ力関係から基礎能力が高い馬を狙います。 http://blog.livedoor.jp/catassan/ 総拍手獲得数6099
過去のベスト予想
 AJCC2015

◎クリールカイザー○フェイムゲーム
49拍手

12-14番: 20,860

新着回顧函館SS2012回顧一覧カタストロフィの回顧
カタストロフィTM競馬歴15年 回収率%
函館SS2012回顧
次走狙い馬:ロードカナロア 次走狙い馬:エーシンリジル
次走危険馬:ビスカヤ   
 
4拍手

12.1 - 10.8 - 11.4 - 11.9 - 11.4 - 11.8


 馬場もあったのか、完全な前傾ラップというわけではなく、L2最速戦で勝負所での加速も問われた形。時計的にも少し平凡かな。ただまあ時計が出るようなラップ推移ではないので仕方ないけど、前日の函館日刊S杯が1:09.6ということを考えると、やはり凡戦の域は出ないのかなあ。ただ、良発表ではあったけど、土曜と違って日曜は雨の影響があったと思うし、この辺りは考慮しないといけない。時計面で測るよりは、内容で測った方が良いかもしれません。


 1着ドリームバレンチノはやや出負けして、後方からの競馬。そこから外に出して、向こう正面でじわっと押し上げて中団。3角の11.9、緩んだところで外から楽に2列目まで押し上げて、4角で仕掛けて大外、パドトロワに並びかけるような形で3~4番手、半馬身差ほどで直線。序盤で外からしっかりと先頭に立つと、最後はロードカナロアが追撃してくるもこれを楽に退けての3/4馬身差完勝。まあ、時計面はともかく、内容としては完勝。それと、高速馬場での結果が続いていたのが、この重い洋芝でも全く問題なく突き抜けたという点では評価が必要。相手関係には結果的に恵まれた形にはなったし、3角の緩みで外から楽に押し上げて最速地点へ向かえたというのもラップ的には良かったように思う。レースの流れに沿った松山君の好騎乗もあったけど、緩んだから結果的に良かったというのもある。いずれにせよ、ロードカナロアというGIで戦える物差し馬を撃破できたのだから、当然力的にはもう認めざるを得ないでしょうね。時計面では平凡ではあるけど。


 2着ロードカナロアは外の各馬を見ながら好位に下げてポケットを確保。3角最内を通すが逃げたナイアードが下がり気味になり、ラップが緩んだこともあって前のスペースが無くなり窮屈に。4角でそこから一つ外に出し、レオンビスティーの後ろにつけて5番手1馬身差で直線。序盤で進路確保が必要になり、外から抜け出したドリームバレンチノの後ろに移動して、L1で追い出すと鋭くは反応するも、既に大勢決した後の2着となった。まあ、賛否はあると思うけど、個人的にはやや同情できる面もあったかなと。1番枠なので、序盤のポジションはあそこで良かったと思う。ただ勝負どころでナイアードが下がって内の前2頭が一杯になってしまって加速スペースがなかった。対して結果的に出負けして外に持ち出せたドリームは展開的にも良かったし、今回少し緩んでしまったことがこの馬にとっては打撃になったように感じます。これ3角で緩まずゴリゴリの短距離戦だったら結果は逆だったと思いますね。まあ、悪くはない内容。いずれにせよ洋芝や時計が掛かる馬場向きではないと思うので、これで評価を下げる必要はないかな。


 3着ビスカヤは五分のスタートからスーッと下がって最後方からの競馬。3角の緩んだところで内からじわっと取りついて行って、4角でも外に出さず中目に進路を作ってほぼ最後方で直線。序盤でスムーズに馬群を割っていき、L1でもばてずにジリジリと伸びてきて3着を確保し波乱を演出。ん~嵌りました。3角で緩んだし、そもそもペースも上がりきらなかったので、追走で離されなかった。コーナーもロスなく立ち回って上手く加速して直線に向かえたし、追走に脚を使わされなかったので、最後まで脚を使えた。追い切りも良かったし、色々な条件が嵌った3着だと思います。これで自己条件で勝ち負けというような馬ではないと思います。ただ、状態面は良く見えたので、その辺で次走もキープできているようなら。


 4着パドトロワはまずまずのスタートから押して先行争い。行き切れずに番手の外を進める。3角で中目、馬なりで楽に並びかける形。4角でそこから仕掛けて前に並びかけに行ってほぼ差のない2番手で直線。序盤でいったんは先頭に立つ競馬をしたが、すぐにドリームに交わされるとL1で驚くほど失速してロードはおろか、ビスカヤの強襲まで受けての4着完敗となった。ん~状態面が上がりきっていないのかなあ。もちろん3角で緩むこの馬としてはあまり歓迎できない競馬ではあったにせよ、この形なら悪くない競馬だったし、L1の落ち方があまりにも極端だった。う~ん…評価するのは厳しいですね。


 5着ブルーミンバーは好スタートからじわっと下げてロードカナロアの外ぐらい、好位につける。が、3角手前でドラゴンファング藤岡が外から内に進路を取ってブルーミンは窮屈になり1つポジションを下げる形になる。3角で中目、加速スペースもなく追走するだけ。4角で外に出して上手くドリームバレンチノの後方に進路を取って中団で直線。序盤でエンジンのかかりが悪く、L1までそのままジリジリと伸びずばてずの5着に終わった。まあ不運はあったけど、なくても3着までだったかな。まあ序盤から先行争いを楽に進めていい位置を確保できたし、こういった器用さを見せてくれば今後は楽しみではある。流れに逆らった競馬でこれなので。あと、3角でじっとして、4角でドリームの後ろにすっと進路を取った川須君の騎乗は良いね。焦らずに動くべき時にしっかりと動ける度胸がある。


 6着エーシンリジルは五分のスタートから押して押しての競馬も苦労して中団やや後方。終始追走気味。3角の緩みで押し上げられたが、今度は最速地点で外を回すことになり、置かれて後方。そこからはばてずにジリジリと外から詰めてきての6着。ん~洋芝が合わないんでしょうね、今までの実績を考えても。やっぱり高速馬場の前傾ラップでスピードに乗ってというタイプで、パワーが問われると苦しかったと思います。追い切りは引き続き良かったと思うので、小倉辺りなら十分戦えそう。


 9着レオンビスティーは五分のスタートから押して押して先行争いも、雁行状態の中と苦しい位置。そこからは中途半端な競馬になってしまう。3角でナイアードが一杯気味になって、押し出されるような感じでジリッと差を詰めるが、ここで抑え気味。そこに4角外からパドトロワが来たので慌てて仕掛けてほぼ併走状態で直線。序盤で一瞬は抵抗したが失速。9着に終わった。これではちょっと判断は難しい。少なくとも良い騎乗ではなかったですね。3角でラップが緩んでいるときに抑えて、4角で加速しているときに順序を経ずにバタバタしている。これじゃあ苦しい。それに序盤も行くなら行き切る、下げるなら下げる。それもできずにしばらく内からも外からもプレッシャーを受ける形で序盤を進め、勝負どころでスムーズさを欠く。こういった競馬でかつとても重いシビアな芝。現時点でこのレースの評価をするのは避けた方が良いかもしれない。この競馬ならせめて行き切るぐらいの迫力は見せてほしかったな。



http://blog.livedoor.jp/catassan/

06/19 16:18 回顧アクセス:1912

コメント4件

編集長おくりばんと 2012年06月11日18時54分
たしかに、中京コースでの実績は函館でのレースの参考になりそうですよね

編集長おくりばんと 2012年06月11日21時58分
カタスさんは函館の芝については、内とか外とか前とかいったような印象は何か感じ取れましたか?

カタストロフィ 2012年06月14日00時20分
昨年の印象で行くと危ういかなという気がしますね。ちょっと時計が掛かっている印象です。開幕週初日土曜の3歳500万下で1:09.9、しっかりラップ刻んでのもの。日曜もHTB賞1000万下で1:09.3。これもある程度刻まれてのものですしね。個人的には出ても8秒台中盤の競馬になるんじゃないかなと思います。

気になるのは去年は下級条件でもラップ単位で11秒台のラップを後半刻むケースが多かったんですが、今年は12秒台推移が多いですね。この辺りからも、トップスピード型は苦戦するような気がします。ロードカナロア辺りはこの辺が気になりますね。

編集長おくりばんと 2012年06月14日00時43分
トップスピード型という分類のしかた、分析のしかたはきっと大事なのだろうなと思っています。勉強させてもらおうと思って読ませてもらっています。

Youtube函館SS関連動画

新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
クライスト教授
10/20 05:28

土曜東京第4R新馬戦マルケッサ始動。馬場が悪いのでどうか父の良さが出ますように!(祈)

競馬ナンデ編集部
10/19 07:49

先週の各賞を確定し、番付を更新しました ぷみをさん最高予想賞獲得おめでとうございます!

編集長おくりばんと
10/19 07:44

https://twitter.com/keibanande こちらです!フォローしておいてください

ぷみを
10/18 23:29

入札先の公式アカウントが分からないです。バーナーがあれば・・・。

編集長おくりばんと
10/18 17:08

いきなりの良血馬です 対象馬はセリ名簿120番まで。みなさんの所持金は4億円ですので計画的に入札してください

   つぶやきだけ全て見る
メアド
パ ス
 
コメント

クライスト教授>>

>>ぷみを


10/15 17:08

南川麒伊知郎>>

>>ぷみを


10/15 15:50

陸>>

>>陸


10/10 21:29

南川麒伊知郎>>

>>陸


10/10 00:19


25
秋華賞
◎ディアドラ
○リスグラシュー
三連単14-7-4番
14,760円 的中

ぷみを
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社