9/22 9/23
9/15 9/16 9/17
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【神戸新聞杯2018】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想函館記念2012予想一覧カタストロフィの予想

函館11R 函館記念 2012年7月15日(日)
芝2000 3歳上GIII 晴良 平均レースレベル2.8

87654321枠番
16151413121110987654321馬番

















































































































馬名



牡9 セ5 牡5 牡7 牡7 牡5 牡9 牡6牡8 牡5 牡9 牡11牡6セ7 牡5 牡7性齢
56 52 55 55 48 56 56 5652 56 56 545554 57.5 57斤量


























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順着順

軍神マルス

予想屋マス

BC爺

サニーのす

月下の素顔

編集長おく「意外性の男ミッキーに条件も揃う」自信度C 1
ネヴァ、コスモ、メイショウ、マイネル、トランス、ゴールデン、セイカ、みんな行ければ行きたい。トランスなども前走で出遅れて負けているから、前への気持ちも強いだろう。マイネルも前走前に行って成功してしまっているから・・
ミッキーパンプキンが途中からでも仕掛けていくくらいのことを言っているので、これは乱ペースもありうる。
というかそのとき狙いで決め打ちする!
内が良い馬場なので、内のやや後ろめでじっとしているのが一番良いのではないか。

となると
マヤノライジンしかいない。

前走は非常に速い上がりでさすがに対応できなかったが、その前は堅実に走っていて衰えはない。手の内に入れてい…
index自信度C 3
トランスワープが逃げるのか

数走前までは先行逃げ戦法だった馬ですが、OPではマークがキツく壁に当たりました

前走は教訓とひと皮むけるタメに差しを決行しました

足が無く、差す事ができませんでした

そして重賞挑戦

逃げれる顔ぶれなら逃げるのが普通だが、惨敗したレース以上に同型の集まったレースになった

Mスターリー コスモF Mパンプキン Gハインド Sアレグロ

これでも逃げるのは冒険しすぎな気がする

差すのなら

普通ならOPで3着

重賞で掲示板

これが現状だと思う


なら、中心になるのは後ろからのロードオブザリングの方に興味が沸く


倒壊パラダイスはレースしやす…
軍神マルス「函館記念 欧州スタミナ型血統と洋芝巧者。」自信度B 1
★傾向分析★
2007年 タイム 2'02"8 (良) 1FAve=12.28 3FAve=36.84
テン37.1-中盤49.8(3F換算37.35)-上がり35.9 『加速・中弛み』
1着エリモハリアー・・・ジェネラス×ブレイヴェストローマン=ニジンスキー×ネヴァーベンド 〔9-f〕 6-6
2着ロフティーエイム・・・サンデーサイレンス×Lord Avie=サンデーサイレンス×ターントゥ 〔2-b〕 4-4
3着サクラメガワンダー・・・グラスワンダー×サンデーサイレンス=ロベルト×サンデーサイレンス 〔13-c〕 7-7

2008年 タイム 2'00"3 (良) 1FAve=12.03 3FAve=36.09
テン34.8-中盤48.6(3F換算36.45)-上がり36.9 『前傾』
1着トーセンキャプテン・・・ジャング…
巫女れいむ「トウカイは崩れない!」自信度B 6
差し、追いの台頭もありますが、基本は前残りだと思います。
そこそこに前々を行く馬が中心。そこに押し寄せる差し馬もマークします。

まずは各馬の検証から。


マイネルスターリー
一昨年の覇者。洋芝適性が高い。
叩き2戦目でここへ。当レース狙いのローテ。57kgが微妙。
夏の北海道で調子を上げてくる。無視はしにくい。

コスモファントム
ハンデ重賞2勝。
ハンデ重賞で、ハンデを見込まれても、馬券圏内にきている。
トップハンデ57.5kgだが、休み明けでも走る。ここは有力と見るべき。

トランスワープ
オープンに上がってから2戦。
前走では出遅れ。でも3着。
54kgは良いが、危さ有りと見る…
BC爺「あまのじゃくの本領発揮」自信度D 9
トウカイパラダイスが抜けた人気になっているのが謎。
巴賞2番人気辛勝でなぜ?

とか思って軽視すると勝たれて凹むのが毎度のパターンですが、
どう考えてもそこまで信頼される理由が分からないので、
まぁそうなったらなったで仕方ないと諦めます。

◎ミッキーパンプキンはダンス産駒らしい気まぐれタイプ。
穴パターンの巴賞凡走を挟んで人気落ちの今回は面白そう。
2,3走前は前崩れのハイペースを先行して良い負け方してますし
他の先行勢はそれほど速くなく、案外楽に行けそうな気もします。

○トランスワープは前走がだらしなくて次走危険馬にしましたが、
自分の競馬をできなかった点を考慮してもう一度…
×カノープス自信度C 1
洋芝特性が北海道では大きいと思う

今回マヤノトップガン産駒が11歳と9歳
ひもで買えても馬連では買えない

.5kのハンデ馬好きだけど、やはり束に比べて不利

1枠はこの10年来ていないと聞くとマイネルも切り

残ったのは、
トランスワープ
トウカイパラダイス
ネオヴァンドーム
ロードオブザリング
あとBOXなので
メイショウクオリアを加えて

3.7.11.13.14のBOX
××夜明けのば「少しは荒れてほしいが…。」自信度A 0
1点を除き条件が揃ったのは【本命】トウカイパラダイス。この10年で先行勢(逃・先)は2着はあるが勝っていない。当馬にとって不利なデータである。したがって軸馬としての本命扱い。

相対的データでは本命馬に次ぐもので前々走あたりから調子を上げている【対抗】マイネルスターリー。最内枠で包まれるのは必至であり、騎手の腕次第だが逆転までは望めない。したがって取りこぼしもあり得る対抗扱い。

函館未経験・休養明けと不安要素があるものの前走(都大路1着)のレースレベルが高く、調教も高い評価のネオヴァンドームが【単穴】。条件的にも上位クラス、浜中が勝利に導く逆転候補1番手。

以上3頭では…

タイム 2:00.4 4F 48.9 3F 36.5
単勝3番720円(4人気)
複勝3番260円(2人気)8番600円(8人気)4番480円(7人気)

カタストロフィ<10期 西前頭二枚目>
函館記念2012予想
マヤノライジン5着/10人気
○トウカイパラダイス▲ネオヴァンドーム△マイネルスターリー
    
2766
5拍手

【最終予想】
◎マヤノライジンは前走のメイSで瞬発力・キレ負けして良い負け方をした時点で最初からここで狙う予定だった。この馬は持続力が売りで動き出しはそこまで良い馬ではない。京都金杯や小倉大賞典でも見せたように、長くいい脚を使えるのが魅力。ただ、あくまで上がりの早い競馬になってしまうとトップスピードで見劣るので圏内には届かない。小倉大賞典はCコースで外ふりの流れの中でも最後まで伸びてきていてまだまだ力的にも上位。得意条件でいつもより時計が掛かる洋芝、平均的な競馬になりやすい函館記念の傾向からも、条件は整っているはず。このレベルでハンデ54kgなら迷わず本命に。


〇イケトップガンは追い切りが良く見えたので。マヤノライジンと同じくマヤノトップガン産駒ではあるが、前走洋芝に目途を立てる内容。展開的にも12.5-11.9-11.6-12.1と要所の脚が問われた展開でもあり、後方からでは苦しい競馬になった。この馬は平均ペース向きのスピードも本来秘めた馬で高速馬場の東京1800mでも対応して勝ちきっているように、エンジンが掛かれば問題ないタイプ。仕掛け所が前哨戦より早くなりやすい函館記念の条件ならこの馬も勝負になっていい。相手関係もハンデ52kgも大いにプラス。十分戦える。


△ネオヴァンドームは2000は少し長い気もするけど、中距離でのパフォーマンスを考えれば中山記念や中山金杯の内容からもトウカイパラダイスより上だと思っている。ハンデも56kgなら気にならないし、重い馬場も苦にしないタイプで洋芝も問題ないはず。


トウカイパラダイスは割と動き出しの良い馬で持続力もあるけど、あくまで序盤にスピードが問われない展開に限った話だと思う。現時点では典型的なステイヤーの印象なので、前走のようにスローで序盤楽に前目のポジションを狙えた条件から、今回多頭数でペースが上がってしまった場合に追走に脚を使って大丈夫かどうかはまだ微妙だと思う。本質的には2500m以上で良さが出ると思っている馬なので、今回は要注目。


コスモファントムは洋芝向きじゃないと思うし、ハンデも重い。マイネルスターリーは内枠なので嫌った。器用な馬では決してないし、洋芝適性はあるけど、どちらかというと札幌向き。軽い函館で押し上げながらの2年前の内容はやや参考外。状態は良いと思うけど、むしろ札幌で狙いたい。緩いコーナーの方が良いはず。トランスワープはちょっと力が足りないんじゃないかと思っている。


【展望】
 函館開催も遂に最終週を迎えることとなった。先週で若干時計が出やすい馬場に移行していたように感じるので、この辺りがポイントになるのではないか。前走巴賞組が多いが、別路線からも洋芝巧者が参戦しているし、馬場状態も含めて馬券的な妙味も十分にありそう。


 中心は快進撃を続けるトウカイパラダイス。春先の中京で結果を出して勢いで挑んだ天皇賞でもキレ負けはしたがばてずにジリジリ。目黒記念では番手で競馬をしてL3最速戦でも食らいつき、しぶとさで2着を確保し遂に重賞でも結果を出した。そういったしぶとさが武器である典型的なステイヤーで、前走もタフで時計が掛かる函館の洋芝を全面的にプラスに転じさせる強い競馬。序盤から内枠を利してある程度いい位置につけると、12.1 - 11.9 - 11.6 - 12.1のラップでしっかりと抜け出しルルーシュをクビ差捻じ伏せての勝利。勝ちきったというのは大きい。2000mへの距離延長という点では不安はないだろうが、前走は序盤ややペースが緩く、終い4F勝負になってはいた。今回は2000mで少し時計が早くなる馬場状態。序盤の位置取りがカギを握るかもしれない。長くいい脚を使えるタイプは間違いないので、序盤に後ろ過ぎない程度の位置を確保できるかどうかだろう。ハンデ56kgは実績を考えれば恵まれたと言えそうで。


 相手筆頭にはエプソムCで内殺しの馬場を敢えて進んで粘ったマイネルスターリー。もともと洋芝巧者で狙いは北海道開催だろうとも思っていたが、前走は追い切りで活気が戻っていたように感じた。もともとタフな競馬になれば実力は屈指の1頭でもあったし、状態さえ戻ってきていたなら前走ぐらいはやれていい馬なのも確か。2年前の函館記念の勝ち馬でもあり、適性面で不安はない。平均的なスピード勝負で結果を出している馬で、トップスピードが足りないというよりは、要所でペースアップする競馬が不得意という印象。それだけに、出来るだけ緩急なく、勝負どころまでに順序を経てゆったりと押し上げていくことができるかどうかがポイント。加速さえできればトップスピード自体は悪くないので。この相手なら57kgでもとは思うが、流石に近走を考えるとやや見込まれた感は否めない。


 3番手には巴賞で外から押し上げたサンディエゴシチー。12.5 - 12.1 - 11.9 - 11.6 - 12.1と前走巴賞では加速していく流れの中で、外から押し上げて要所で脚を使っている。その分、L1で伸び悩んだが、前2頭がロスなく立ち回ったことを考えれば悪くない3着ともいえる。この馬としてはハンデ55kgを考えると前走の内容はシメシメと思っているかもしれない。屈腱炎明けから2走でしっかり圏内に入ってきたし、前走はまずまず優秀。あとは2000m以上に実績がないという点がどうかだろうが、復調してきた今なら勝負になっても良い。2歳時に見せていた洋芝適性を5歳になって函館でしっかり示したのは大きいだろう。


 4番手にはそろそろ復調あるかコスモファントム。前走は大阪杯。タフな馬場で12.3 - 11.9 - 11.2 - 12.2と極限の瞬発力勝負で最速地点のL2で先頭に立ったように、基本的にトップスピードはある馬。持続力も4~5F戦ではしっかりと結果を出しているし、先行力、要所の動きだし、トップスピード、ある程度の平均的な持続力と全てを兼ね揃えている馬。ただ、前走はL1であまりにも脚色を鈍らせていたし、ここ2走崩れているのは気がかり。トップハンデだが、それよりもむしろ休み明けできっちりリフレッシュできたかどうかだろう。小回り2000mの舞台はベスト、適度に時計が掛かる馬場も悪くない。相手関係からもここはまともなら圏内に入ってくるべき馬だとは思うのだが、洋芝適性も不明ではある。血統的にエーピー系だし、あまり好ましいとは思えないのだが、地力でどうにかできるか。


 穴どころには都大路Sで超高速馬場の平均ペースで力を発揮したネオヴァンドーム。京都1800の鬼の印象は強いし、1周コースよりU字コース向きなのは確かではある。それでもこの馬の場合は洋芝巧者が多いネオユニヴァース産駒。1周コースの中山金杯でも要所のペースアップで外の馬に出し抜かれた形。進路ができてからはジリジリと伸びていたし、緩急が付きにくい函館2000mなら面白い存在。洋芝は札幌記念の6着だけだが、12.6 - 11.9 - 11.3 - 11.5とかなり瞬発力勝負になっていて、あまり参考にならない。平均的なスピード持続力の方が魅力がある馬なので、後は純粋に洋芝の2000mがどうかだけ。ハンデ56kgは微妙な所ではあるが。


 もう一頭怖いのがマヤノライジン。洋芝巧者というよりはどちらかというと函館巧者の感はあるが、10歳で昨年函館記念2着しているように、老いて益々盛ん。昨年の2着は内ポケットで構えて12.4 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 12.1のラップで上手く運ばれたという印象ではあるが、3着アクシオンには0.3差つける内容で、着差を考えれば優秀。前走メイSこそ超高速馬場、スローの瞬発力勝負で動き出しの差、トップスピードの差で完敗したが、ここ3走共に、決して力負けではない。持続戦になると必ず上位に食い込んでくる馬で、京都金杯も外を回して0.6差、小倉大賞典でもCコース内有利馬場で外を回して0.2差。ハンデはあるし一概には言えないが、今年に入っても年齢による衰えは感じさせない。今年も54kgと比較的軽いハンデで出られるし、先行力もあるので一発の魅力十分。動き出しが良くない馬なので、とにかく内枠なら前にスペースを置いて昨年のように上手くスペースを使って押し上げる競馬が望ましい。力は十分に通用するだろう。


 昨年の覇者キングトップガンが不振から脱却なるか。目黒記念、メトロポリタン、大阪ハンブルクCと、好調時に見せていたしぶとさやある程度の先行力といったものが全く感じられない内容で終始している。ただし、大阪ハンブルクCはともかく、メトロポリタンSは超高速馬場というほどではなかったが12.0 - 11.1 - 11.0 - 11.6と瞬発力勝負、前走は瞬発力勝負ではなかったが超高速馬場とこの馬としては苦しい条件だったことは確か。時計が掛かる馬場の阪神2400mで結果が出ていないので強気になれるはずもないが、ここ2走で評価が落ちすぎているなら実力を考えれば怖い存在ではある。


 トランスワープも圏内。前走福島テレビオープンでは出遅れて外から12.5 - 11.6 - 11.8 - 11.7 - 12.2の流れで差し込んできた。ジリジリとしか伸びなかったが、L1のバテで差を詰めてきた点は評価。もともと2000mで実績を残している馬で、完敗した福島民報杯でも前後半が速い競馬で積極的な競馬をしてのもの。ファルブラヴ産駒で血統的にも洋芝は面白そうだし、ハンデ54kgも良いところ。今回は相手強化ではあると思うが、うまく流れが向けばという感じだろう。



http://blog.livedoor.jp/catassan/
07/15 11:23

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【神戸新聞杯最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

北九州記念はラブカンプーから
3連単7万1170円的中!

小倉記念はトリオンフから
3連複2880円的中!

アイビスSDはラブカンプーから
3連複5640円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼神戸新聞杯最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




カタストロフィ

予想歴15年
回収率%
各馬の特徴を見分けつつ、そのレースに問われる要素を展開から弾きだし、その適性を持っていてかつ力関係から基礎能力が高い馬を狙います。 http://blog.livedoor.jp/catassan/ 総拍手獲得数:6132
過去のベスト予想
 AJCC2015

◎クリールカイザー○フェイムゲーム
49拍手

20,860

新着回顧函館記念2012回顧一覧カタストロフィの回顧
カタストロフィTM競馬歴15年 回収率%
函館記念2012回顧
次走狙い馬:トランスワープ 次走狙い馬:マヤノライジン
     
 
4拍手

 時計が掛かっていた馬場状態を考慮すると、時計的にはなかなかの好時計と言っていいと思う。1800m一貫ペースの500万下でも1:49.5だったわけだし、これで2:00.4ならレースレベルはまずまず高かったのではないかと。前半より後半、L5-3辺りで少し緩んでL2最速戦。割と力通りの競馬になったような気はする。


 1着トランスワープは五分のスタートから押して追走も先行争いには加われずに中団の最内でレースを進める。道中はコスモファントムの後ろで前に少しスペースを作って追走する形で3角。3角で最内窮屈、それでもコスモが動くのを待つ。4角でコスモが動いたのを見てその後ろをついて動くが出口で少し詰まって5番手集団、3馬身差ほどで直線。序盤でしっかりと馬群を割って進路を作ると、L1でぐんぐんと伸びてきて粘るミッキーパンプキンを捕えて1 1/4差の完勝となった。道中ロスなく立ち回れたが、勝負どころで窮屈になった。それでもそこから反応が鈍ることなく置かれずにしっかりと動けたし、最後まで脚を衰えさせずに伸びてきた。強い競馬をしたなという印象です。もちろん、タフな函館で外を回すと脚を使い切ってしまうような馬場状態でインを立ち回ったのはある。いずれにせよ次走が試金石かな。今回見てもあまり強気に勝ちに行く競馬よりは、道中無理せずに終いの動き出しに賭けた方が良いタイプかもしれない。福島民報杯も強い競馬ではあったけど甘くなったし。


 2着イケトップガンはやや出負けして押して追走。最終的には後方で競馬を進める。道中でトランスワープの後方を進める形。3角入りで意図的に少し下げてスペースを作って3角へ。3角で最内をぴたり追走、4角でトランスワープの外から押し上げていくような形で外目に持ち出して中団、5馬身差ほどで直線。序盤で外から伸びを見せるが、コーナーワークでトランスワープの方が出し抜く形。L1での脚色はこちらの方が上だったがこの差は大きく完敗の2着。後半は緩かったので勢いがついて外に出したんだろうけど、結果的にこれがトランスワープとの差になったのかなと。ただ、いずれにせよその後ろから捌くことは難しかったので判断は正しいと思う。あの位置からだと2着が精一杯だったかな。追い切りみて状態も良かったと思うけど、今回このパフォーマンスなら、力自体も衰えていないと思います。札幌記念でも侮ると怖いかもしれない。52kgは大きかったとは思うけど、年齢面を見て消すのは危険。トップスピードも比較的あるタイプで札幌も合うんじゃないかなあ。


 3着ミッキーパンプキンは五分のスタートから押していくも逃げられず、番手の内ポケットで進める。道中少し掛かり気味ではあるが許容範囲。3角手前でメイショウクオリアが下がってしまったので、最内で単独2番手。4角で外からマイネルが捲ってきたのでこれに合わせて仕掛け、鋭く反応。逃げ馬を交わしてマイネルを置き去りにして2馬身差リードで直線。序盤で差を広げに掛かったが、L1で脚色を衰えさせてしまって3着に終わった。個人的に洋芝は少なくともベストではないと思っています。この馬の良さは4角で見せた抜群の反応、ギアチェンジにあって、トップスピードも速い。これを活かせる舞台が良いと思いますね。今のタフな洋芝だと、あそこまで突き放してもそこで脚を使ってしまって洋芝の摩擦で減速が早い。トップスピードに乗ってなだれ込める高速馬場でスローペースから出し抜く競馬がこの馬の持ち味を最大限に活かせるのではないかと思う。平均的な競馬よりも道中で緩みがあった方が良いでしょう。ここでこの内容なら地力はつけてきているので、重賞戦線で戦っていけると思います。


 4着トウカイパラダイスは五分のスタートからじわっと出して中団で競馬を進める。1~2角で内外からプレッシャーを受けてかなり窮屈な競馬になってはいた。3角でマイネルスターリーの捲りに呼応してその後ろから外目をまわして仕掛ける。4角で二列目まで押し上げてマイネルの更に外に持ち出して好位3馬身差ほどで直線。序盤で外から伸びるもイケトップガントランスワープに見劣る。L1でもジリジリとは詰めるが圏内までは届かずの4着完敗。敗因は色々考えられる内容ではあるが、勝負どころで外を回して勝ちにいった分、甘くなったのかな。内有利馬場ではあったし、最速地点で結果的に大外を回すことになったのは辛かった。上位が割とロスなく進めている馬たちばかりでもあるので。この馬としては力を出し切っての内容で、相手も強かったんだと思う。あと、2000mへの対応という点ではやはり微妙な所もあったかな。前走のように1800mでもスローになってくれば追走は楽なんだけど、やっぱり2000mの重賞でペースが上がってくると、序盤のポジションが悪くなるし、脚を使ってしまう。この一戦だけで判断はできないけど、課題としては残るレースとなったかな。本質的には長距離馬ではあると思う。


 5着マヤノライジンは五分のスタートから押して先行策を取るが、外目の馬の行き脚が良く、ポジションを下げてしまい、中団の後方で進める。道中もややおっつけ気味だが反応が鈍く、ポジションを下げて後方で3角を迎える。3角で最内押して追走、4角でエンジンが掛かって最内をロスなく立ち回り集団に取り付いて後方で直線。序盤で外目から伸びを見せるもイケトップガンほどではない。L1でばてずに食い込んではきたがなだれ込むという程度の5着に終わった。反応の悪さが痛かったかな。序盤から先行しきれなかったし、道中も無駄にポジションを下げる展開。勝負どころでざっくり内が開いたので押し上げていったけど、トップスピードではちょっと足りない馬なので、この展開では少し辛かった。叩いて良くなるんじゃないかなあ。次走は面白いかも。


 6着マイネルスターリーは出負けして押して追走するが、序盤のポジション争いが激しく抑えて後方で。道中後方から、1000通過ぐらいから押し上げていく感じで3角。3角で外から仕掛けられて一気に好位まで取り付く。4角でそのまま行きたかったが内からミッキーパンプキンに出し抜かれ、最速地点で脚色見劣って外目のまま4番手2馬身半差ほどで直線。序盤で伸びがなく、L1でもバテはしなかったが掲示板を外してしまった。仕掛け所は間違ってないと思うけど、捲りきれなかったし上位の馬に内を立ち回らせてしまったのが痛かったと思う。ミッキーに並びかけて内を閉めるような形になっていたら結果はもう少し違ったかもしれないけど、トップスピードで見劣るので4角でペースアップしたときについていけなかった感じ。この馬としては脚を使っているけど、今回は馬場、展開に恵まれなかった部分もあるかな。


 9着ネオヴァンドームは五分のスタートから先行する意識を見せるが、外が行き切る形になったので下げて中団での競馬に。1角から馬群の密集地帯に入ってしまい、2角過ぎで少しおっつけられる形で追走する。向こう正面でも終始押され気味で追走に手いっぱい。3角で中目、トウカイパラダイスを見ながら追走、4角でそこからインに入りトランスワープを閉めに行くが脚色で見劣り、出口で弾かれて中団。そこからは完全に騎手が諦めて流すだけの競馬になった。要所で少し反応が鈍かったし、その分進路確保に苦労してうろうろしていた印象。向こう正面の手応えの割には意外とペースアップでも大きくは見劣らなかったしばててはいないんだろうけど、全体を通してもちょっと反応の悪さが目に付いたかなあ。洋芝は合わないのかもしれない。


 11着ロードオブザリングはまずまずのスタートから楽に先行争い、3~4番手で競馬を進める。3角で鞭が入って中目を必死に押し上げていく。が、4角でそれ以上の加速が出来ずに徐々に飲まれて好位で直線。序盤から脚色見劣りジリジリ下がって11着完敗。ちょっと忙しい競馬になったのかな。要所でギアチェンジがあったレースでもあり、そこで全然反応できなかった。3角の緩い段階で仕掛けているのにこれなので、小回りが合わないか、こういった加速しないといけないレースでは苦しいのかも。芝での追い切りでもその辺で微妙だったし軽い馬場の方が良いのかもしれない。



http://blog.livedoor.jp/catassan/

07/18 19:55 回顧アクセス:2536


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
競馬ナンデ編集部
09/20 11:02

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

編集長おくりばんと
09/15 09:41

ドリームパスポートさん所有のダノンファンタジーは世代の中でも最も素晴らしい馬だと思います。明日出走!楽しみです

編集長おくりばんと
09/08 22:42

雨龍さんもばあたさんも復旧して良かったです この夏は全国で次々天災が起こってしまっていて言葉がありません、、

雨龍泥舟
09/07 09:12

復旧しました。昨晩の星は綺麗だった!

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

南川麒伊知郎>>

>>南川麒伊知郎


09/17 13:53

@ローズステークス (^人^)

naochane>>

>>naochane


09/17 10:33

編集長おくりばんと>>

>>naochane


09/17 08:15

naochane>>

>>naochane


09/16 22:56

編集長おくりばんと>>

>>ムトト


09/16 19:04



10
ローズステークス
◎サラキア
○カンタービレ
馬連5-13番
2,530円 的中

はやと
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社