6/23 6/24
6/16 6/17
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【宝塚記念S2018】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想関屋記念2013予想一覧軍神マルスの予想

ワイド 3-16番:410円的中

新潟11R 関屋記念 2013年8月11日(日)
芝外1600 3歳上GIII 晴良 平均レースレベル3.7

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番










































































































馬名



セ6 牡6牡4 牝3 牡6 牡6 牝5 牡5 セ7 牡6 セ5 牡6 牡7 牡6 牡6牡4 牡3牡7性齢
56 5656 51 56 57 54 56 56 56 56 56 56 57 5656 5357斤量
































騎手
単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順着順

BC爺

予想屋マス

index

東海帝王

××編集長おく「あの3走は何だったのか」自信度C 2
ジャスタウェイ
前走は、それ見たことか、と感じた。
すごく大飛びの不器用な走りをする馬なので、2つコーナーの広いコースでは確実。
狭いコースではだめ、とハッキリ。
前走広いコースに戻って一変した。その前の3走は何だったのだろうか?
今回も凄まじい脚を使うことだろう。

フラガラッハ
左回りが得意というよりは中京コースが得意な得意体質だと思うので、
ここでは信頼できない。

ミッキードリーム
どういうツボを持っていていつ走るかわからないので2度続けて走るかどうか、
信頼はできない。

ドナウブルー
上記2頭とは前走から2キロ斤量が縮まる。
コース適性もあるし、逆転できる。

レオ…
カタストロ自信度C 4
【予想】
◎05フラガラッハ
〇16ジャスタウェイ
▲06ラインブラッド
△01レッドスパーダ
△03レオアクティブ
×02ザラストロ08ワイズリー
3連複◎軸〇▲△BOX
3連単F◎〇▲→◎〇▲△→◎〇▲△×


展開は少し読みにくいところもあるのだが、恐らくこのメンバーならレッドスパーダがハナを切ることになると思う。ナンシーシャインはこのクラスで主張されるとこの枠では行き切らずに2番手で進めて行くだろうし、ドナウブルー辺りも番手~2列目がベター。他に行く馬もいなさそう。レッドスパーダはある程度ペースを引き上げて良さが出てくる馬なので、そこまでペースは落とさないだろうが積極的な逃げがあまりうまくない北村宏司…
naoch自信度C 0
いろんなデータが出てますけど

内枠不利説

過去10年人気馬はみんな内枠じゃなかっただけ。

1番人気の3番テレグノシスは3着になってますし。

キャプテンベガは3番人気1番で着外ですけど

過剰人気だった気が...


◎はフラガラッハ

前走重賞勝ちの馬はこれだけ

○▲ジャスタウェイ ミッキードリーム

前走重賞2着はこれだけ

過去10年見てみると

必ず先行馬1頭は3着以内に来てることを踏まえて

▲△ミッキードリーム シャイニーホーク


印足りないけどレッドスパーダも先行馬かぁ…
index自信度C 0
1番人気馬の成績

00 ⑤トロットスター   単枠指定 同枠馬無 福島開催
01 ③エイシンプレストン 1番人気
02 ①マグナーテン    1番人気
03 ③アドマイヤマックス 1番人気
04 ①ブルーイレブン   1番人気
05 ②ダイワメジャー   1番人気
06 ③テレグノシス    1番人気
07 ①カンパニー     1番人気
08 ①マルカシェンク   1番人気
09 ②ヒカルオオゾラ   1番人気
10 ②セイクリッドバレー 同枠馬1番人気
11 ③サトノフローラ   同枠馬1番人気
12 ①ドナウブルー
13 ???????    同枠馬◎1番人気

福島開催だった0…
BC爺「目指すは大外」自信度D 2
◎ムクドクは広いコースの上がり勝負向くマンハッタンカフェ産駒。
中山で勝ってますが外枠でしたし、馬群は得意ではない馬です。
前走は馬群に突っ込んでも伸びており、走る気はありそうなので、
広い新潟でスムーズに外に出せれば面白いかもしれません。

○ランリョウオーは前走早めにインで動く中京に合わない競馬。
この馬も広いコースの上がり勝負向きなのは確かでしょうし、
大きく人気を落としたここで巻き返し期待は悪くないのでは。…
×カノープス「紐に穴馬を」自信度C 0
人気だがジャスタウェイとドナウブルーははずせない

フラとレオを嫌って

レッドとナンシー、ザラストロ、ワイズリーを穴狙い

三連複

16を軸に

16-1.2.8.12.15
××たけぼぉ自信度C 3
◎①レッドスパーダ
・年齢の割に使っていないし距離延長でも先行出来れば粘り込めそうだが、押し出された逃げになると微妙
○⑫ドナウブルー
・前走は斤量が響いた感があるし昨年勝利の平坦マイルは勝ち負けの条件が揃ったが、今年は衰えが見え隠れする
▲⑮ナンシーシャイン
・前走は牡馬相手に踏ん張っているし、斤量は魅力的だが3歳牝馬のレベルがどうか
△⑬ミッキードリーム
・軽い馬場でも好走があるし、状態を維持出来ていればここでもそこそこやれるか
△⑯ジャスタウェイ
・マイルの切れ勝負なら上位争いは堅そうだが、位置取り次第では届かずもあるか
△③レオアクティブ
・マイルだと位置取りが後ろになりそうだが…

タイム 1:32.5 4F 46.3 3F 34.6
単勝1番780円(4人気)
複勝1番230円(4人気)16番140円(1人気)3番200円(3人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「関屋記念 トニービン重賞と上がり重視。」
ジャスタウェイ2着/1人気
○ランリョウオー▲レオアクティブ△ドナウブルー
    
1853
6拍手

ワイド 3-16番

410円的中

★傾向分析★
2008年 タイム 1'32"8 (良) 1FAve=11.60 3FAve=34.80
テン36.0-中盤23.9(3F換算35.85)-上がり32.9 『加速・中弛み』
1着マルカシェンク・・・サンデーサイレンス×Zafonic=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔4-m〕 9-9
2着リザーブカード・・・サクラバクシンオー×Bering=プリンスリーギフト×ネイティヴダンサー 〔3-o〕 7-7
3着タマモサポート・・・タマモクロス×ジョリーズヘイロー=グレイソヴリン×ヘイロー 〔12-f〕 1-1

2009年 タイム 1'32"7 (稍重) 1FAve=11.59 3FAve=34.76
テン34.6-中盤24.4(3F換算36.60)-上がり33.7 『加速・中弛み』
着スマイルジャック・・・タニノギムレット×サンデーサイレンス=ロベルト×サンデーサイレンス 〔15-a〕 12-14
2着ヒカルオオゾラ・・・マンハッタンカフェ×トニービン=サンデーサイレンス×グレイソヴリン 〔9-f〕 15-15
3着マイネルスケルツィ・・・グラスワンダー×Machiavellian=ロベルト×ミスプロ 〔5-h〕 2-2

2010年 タイム 1'32"9 (良) 1FAve=11.61 3FAve=34.84
テン36.2-中盤23.5(3F換算35.25)-上がり33.2 『加速・中弛み』
1着レッツゴーキリシマ・・・メジロライアン×バイアモン=ノーザンテースト×レッドゴッド 〔5-g〕 1-1
2着セイクリッドバレー・・・タニノギムレット×フジキセキ=ロベルト×サンデーサイレンス 〔21-a〕 15-14
3着リザーブカード・・・サクラバクシンオー×Bering=プリンスリーギフト×ネイティヴダンサー 〔3-o〕 11-12

2011年 タイム 1'32"6 (良) 1FAve=11.58 3FAve=34.73
テン34.5-中盤23.3(3F換算34.95)-上がり34.8 『一貫』
1着レインボーペガサス・・・アグネスタキオン×ディンヒル=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔4-r〕 3-3
2着エアラフォン・・・デュランダル×ジェイドロバリー=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔10-a〕 10-11
3着サトノフローラ・・・アグネスタキオン×Avenue of Flags=サンデーサイレンス×ボールドルーラー 〔3-l〕 8-8

2012年 タイム 1’31”5 (良) 1FAve=11.44 3FAve=34.31
テン35.0-中盤23.7(3F換算35.55)-上がり32.8 『加速・中弛み』
1着ドナウブルー・・・ディープインパクト×Bertolini=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔16-f〕 2-2
2着エーシンリターンズ・・・キングカメハメハ×キャロルハウス=キングマンボ×ターントゥ 〔8-c〕 3-3
3着スピリタス・・・タニノギムレット×Storm Cat=ロベルト×ストームバード 〔1-l〕 8-6

 流れはテン-上がりのラップ差と直線の長さから『加速』になりやすく、中盤弛む『中弛み』もオプションとしてつきやすい。
展開上逃げが有利なはずだが、直線の長いコースのため、前に位置することで目標にされやすいからなのか、逃げが壊滅的な成績。先行・差しが中心で、展開が嵌れば(=中盤が弛まなければ)追込が決まる感じ。

 血統の傾向は、ノーザンテースト系やが強い傾向。父か母父にノーザンテースト配合馬の活躍が多く、高齢馬でも好走しています。ノーザンテースト系は成長力豊かなタフな特性があり、スピード持続型の流れに強い傾向が嵌るのだと思います。
 またグレイソヴリン系も好走馬が多く、そのなかでもトニービン系の好走馬が多い。また疑似グレイソヴリン系のタニノギムレット産駒(=ロベルト系)は近年好走馬が多く、東京コースに似て直線が長いことで、グレイソヴリン系の特性が引き出され好走していると思われます。
 ダンチヒ系も複数好走馬がいます。スピード持続型の流れに強いのがダンチヒ系の特性だが、その上で夏の暑さにも強い特性も活きていると思われる。やっぱり夏はダンチヒ?

 またこのレースは毎年休み明けの馬の出走が多いですが、長期休養明けは不振気味(=07年はカンパニーが好走しましたが)。休み明けなら5・6月に使っていた短期休養馬の方がよいと思いますが、基本は7月に使っていた馬の方が良いと思います。

★予想★
関屋記念のポイントは、
①流れは『加速・中弛み』になりやすい。ただしテンがゆるゆるにならないと逃げ馬の好走は難しく、基本逃げ馬は割引。
②ノーザンテースト系強し。ノーザンテースト系は古馬での成長能力が著しいので、侮るべからず。
③グレイソヴリン系も好相性。擬似グレイソヴリン系のタイプ(=タニノギムレット、アドマイヤベガなど)も適性は高いはず。
④近走の上がり重視。前残りで届かずの内容ならば狙う価値あり。
⑤外枠に好走馬が多い。内枠の馬は割引。

◎ジャスタウェイ・・・ハーツクライ×Wild Again=サンデーサイレンス×ニアークティック 〔2-n〕
 前走エプソムC2着(=東京芝1800m:0.0秒差)。新潟芝コースは(1-1-0-0)、芝1600m戦は(2-1-0-1)。前走は出負けしたが、上がり1位の32秒7の末脚で追込んでの2着好走で、直線の長い新潟芝コースには向くと考えて好走に期待して評価する。ハーツクライ産駒は古馬になり本格化モードに入るため、またグレイソヴリン系に向く重賞でもあるのでトニービン系の特性を有したハーツクライ産駒ということで、適性は合うと考えて好走に期待する。
 ハーツクライ産駒はサンデーサイレンス系で、ハーツクライ自身はサンデーサイレンス×トニービン配合。母父トニービンの不器用さをやや受け継ぐタイプが多く、一瞬でエンジンがかかり加速できる器用さはないが、助走をつけて末脚が全開になりギアが入れば長く良い脚を繰り出す。馬群の外をのびのび走れるコース向き。サンデーサイレンス系としては、ダンスインザダーク産駒に近く、点火しづらい弱点を持ちつつ、嵌れば大仕事という“難儀なステイヤー血統”。ペースが締まるGⅠほど、大駆けが期待できる。また距離が延びて成績が良くなる馬も多く、本質は中距離~クラシックが能力を活かしやすい。牡馬は芝1800m~2600m、牝馬は芝1400m~2000mを中心に走る。後方一気型は展開に左右され、直線だけの勝負や、内しか伸びない馬場は不発多数。スローが苦手なわけではなく、前半じっくり追走して、助走付きのロングスパートが出来れば好走可能。長い直線+剛腕騎手はプラス条件になる。父ハーツクライはグレイソヴリン系の特性を有するスタミナ型サンデーサイレンス系でもあり、関屋記念向きの血統と考える。またステイヤー血統にて相手強化の重賞挑戦はプラス要因と考えて好走に期待する。母父Wild Againはニアークティック系で、ワイルドアゲイン×リボー系という男臭い血統。ペースの緩まないダートがベストで、強気で前にて勝負すると強い反面、たるいペースでは詰めの甘さを出す欠点もある。しかしダートの走りは堅実で、道悪や時計のかかる馬場ならなお良い。ジワジワと成長し、ひとたび本格化するとその部門のヌシ的な存在となり、高齢でも力の衰えは少ない。
 No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。古馬での成長力も豊富。直線の長いコースでの末脚勝負に強い。分枝記号nは、仕上がり早で素軽いスピードと立ち回りの上手さが持ち味。底力には欠けるが器用さでカバーする。

○ランリョウオー・・・Redoute’s Choice×Tayasu Tsuyoshi=ダンチヒ×サンデーサイレンス 〔16-h〕
 前走中京記念10着(=中京芝1600m:0.6秒差)。新潟芝コースは(0-1-0-0)、芝1600m戦は(3-4-0-4)。前走は外伸びの馬場を終始内を回らされての内容にて、近走は上がり上位での好走も多い馬にて反撃は可能と考えて好走に期待する。叩き良化型の牝系でもあり、前走はやや間隔が開いていたこともあり、今回の状態の上昇度にも期待する。近2年はダンチヒ系×サンデーサイレンス系配合馬が好走している点からも、適性は合うと考えて好走に期待する。
 Redoute’s Choice産駒はダンチヒ系で、産駒によっては距離をこなすが、あくまでも短距離~マイルに向き中距離はギリギリ。スピードを活かせる平坦ならさらに良く、サマースプリントシリーズ向きの血統。案外と叩き良化型で、3歳になっての勝ち上がりも多い。母父Tyasu Tsuyosiはサンデーサイレンス系で、力強いフットワークとスタミナを武器にダート中距離での好走が多いが、芝もこなす。芝馬は総じてジリっぽく、惜敗を繰り返しながら時計のかかる馬場やスタミナの活かせる消耗戦になると突っ込んでくる。急坂も問題なく、ダート道悪巧者でもある。
 No.〔16〕の牝系は、早い時期から走るのだが3歳春以降に成長を始め、距離が延びて本領発揮が多いステイヤー特性を持つ牝系。叩き良化型も多い。分枝記号hは、揉まれ弱く、基本的には広いコースがベスト。小回りコースの場合は外枠か先行策が必須。

▲レオアクティブ・・・アドマイヤムーン×オペラハウス=フォーティナイナー×サドラーズウェルズ 〔3-l〕
 前走バーデンBC3着(=福島芝1200m:0.4秒差)。新潟芝コースは(1-1-0-0)、芝1600m戦は(1-0-1-3)。中山芝コースでも好走している本馬だが、東京・新潟芝コースでも好走していて、直線の長いコースは向くと考えて好走に期待して評価する。毎回上がり上位を繰り出すが、後方からの競馬にて展開が嵌るかどうかなのだが、今回直線が長い新潟芝コースならば展開は嵌ると考えて好走に期待する。
 アドマイヤムーン産駒はミスプロ系で、体の柔らかい産駒が多く着実にスピードを伝えるフォーティナイナー系。2歳の短距離から走れる仕上がりの早さと、芝・ダート兼用の快速スピードを持つ。好位で折り合い、馬群の内で我慢もでき、ギアチェンジの速さや競馬上手の賢さが目につく。インを通れる脚を持ち、芝の1枠の成績が良く、内枠の好走が多い。母父オペラハウスはサドラーズウェルズ系で、タフなスタミナ勝負に強い欧州型の底力血統。不良馬場など道悪にもめっぽう強い。好走が多いのは芝2000mで、ステイヤー血統とはいえ瞬発力が売りではないため、スローの芝2400mよりもペースの緩まない芝2000mの方が持ち味を活かせる。また福島・函館・中山コースなど直線の短い小回りコースなら、自ら積極的に動いて勝負ができるため好走が多い。コーナー4つならなお良い。底力を要する息の入らない流れや、タフな馬場ほど好走が多くなる傾向もある。
 No.〔3〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。古馬での成長力も豊富。直線の長いコースでの末脚勝負にも強く、東京や京都芝コースでの好走も多い。分子記号lは、クラシックで特注の記号で、能力が高くトップクラスのポテンシャルを秘めていて、成長力も豊富。

△ドナウブルー・・・ディープインパクト×Bertolini=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔16-f〕
 前走中京記念4着(=中京芝1600m:0.4秒差)。新潟芝コースは(1-0-0-0)、芝1600m戦は(4-1-1-7)。12年関屋記念1着馬でもあり、コース実績がある馬。近走は0.5秒差以内の僅差に好走するも着順が振るわないが、叩き良化型の牝系でもあり、間隔を詰めた今回の上昇度とコース適性に期待して評価する。
 ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、広いコースで加速をつけながら全開になる末脚が武器で、スローで脚を溜めてキレキレの瞬発力を繰り出す。一瞬でトップスピードに乗れるタイプと点火に時間がかかるタイプがいて、前者は馬体重が軽い馬、後者は馬体重の重い馬が多い。それから母系がスピード型だと一瞬の反応が速く、母系がスタミナ型だとトップスピードに乗るまで時間を要する。また道中が速いペースだと脚をなし崩しに使わされて末脚が鈍るので、距離短縮の速い流れの時には過信禁物。逆に距離延長で緩い流れとなるときには狙い目。スローでしか好走歴のない馬の距離短縮時は、疑って掛かる方が良い。ゆったりローテーションに強く、間隔が詰まるのも良くない。母父Bertoliniはダンチヒ系で、仕上がりの早い短距離・マイラー血統だが、底力に欠ける。2歳の新馬から走り、3歳前半までは芝の重賞でも無視できないが、あくまでも穴狙いが正解。
 No.〔16〕の牝系は、早い時期から走るのだが3歳春以降に成長を始め、距離が延びて本領発揮が多いステイヤー特性を持つ牝系。叩き良化型も多い。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面、叩いて一変が少ないタイプ。前走好走だと調子は維持と考えて好走が期待できる。また不器用だが、決め手鋭く瞬発力勝負に強い特性がある。

また近年の傾向として、斤量57kg以上の馬が馬券圏内に好走していない事実から、斤量57kgの馬は嫌いました。
08/11 11:10

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
愛馬ヴィブロスを出走させる!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【宝塚記念最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼宝塚記念最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




軍神マルス

予想歴15年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3312
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370

新着回顧関屋記念2013回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴15年 回収率137%
関屋記念 トニービン系とスピード持続型血統に注意。
次走狙い馬:ジャスタウェイ 次走狙い馬:レオアクティブ
     
 
2拍手

2013年 タイム 1’32”5 (良) 1FAve=11.56 3FAve=34.69

ラップ
①12.3-②10.7-③11.5-④11.7-⑤11.7-⑥11.8-⑦10.8-⑧12.0
1FAveとの誤差
①+0.7 ②-0.9 ③-0.1 ④+0.1 ⑤+0.1 ⑥+0.2 ⑦-0.8 ⑧+0.4
テン34.5-中盤23.4(3F換算35.10)-上がり34.6 『一貫』

『一貫』・・・逃げ△ 先行○ 差し◎ 追込△

1着レッドスパーダ・・・タイキシャトル×Storm Cat=ヘイロー×ストームバード 〔19-c〕 2-2
2着ジャスタウェイ・・・ハーツクライ×Wild Again=サンデーサイレンス×ニアークティック 〔2-n〕 16-15
3着レオアクティブ・・・アドマイヤムーン×オペラハウス=フォーティナイナー×サドラーズウェルズ 〔3-l〕 10-9

流れは、テン-上がりのラップ差と中盤も締まった流れより『一貫』の流れ。展開的には、差しが最も恵まれ、次いで先行、逃げ・追込には厳しい流れと考える。

1着レッドスパーダは、前走パラダイスS1着(=東京芝1400m)からの好走。新潟芝コースは初で、芝1600m戦は(5-1-0-5)でした。過去の傾向から、斤量57kg以上の馬が苦戦している傾向があったが、本馬は1着好走。スピード持続型の血統に向く傾向だったが、その意味ではタイキシャトル産駒も母父Storm Catも適性が向いていたと思われ、今回はその特性をうまく活かしての好走と考える。斤量的にも他馬よりも重かったことと、芝1600m戦ではそれほど崩れていない成績からも、マイル戦ならまだまだ侮れない馬と考える。
 タイキシャトル産駒はヘイロー系で、芝ダート兼用の快速スピード型で、得意コースに1200mが並ぶ、速さと粘りの血統。高速決着も望むところ。仕上がりの早さを活かして、2歳の新馬からスピード全開。内枠からポンと出て最短コースを抜ける器用さを持ち、内枠の成績が良い。逃げ・先行馬が有利なローカル開催の前半に勝ち星を量産する。スプリンター中心ながら、2歳から3歳前半の時期や一流馬はマイルや1800mでも走るから安易に距離で嫌わないこと。また好調期は連続して好走し、勢いがなくなるとスランプを迎える波の大きさもある。“フレッシュ”が好走条件で、穴を狙うなら短期休養明けと距離短縮がオススメ。母父Storm Catはストームバード系で、斬れよりも全体のスピードに優れ、ハイペースに強いが、揉まれる競馬は苦手。大一番よりも前哨戦が向くタイプ。またストームバード系の特性として、勝負強さや底力には欠ける点と勢いがなくなるとスランプに陥る点には注意が必要。
 No.〔19〕の牝系は、淡々と流れる厳しい流れにに強いタフな牝系。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。欧州的な瞬発力を秘めるがゴチャつく展開は苦手。

2着ジャスタウェイは、前走エプソムC2着(=東京芝1800m:0.0秒差)からの好走。新潟芝コースは(1-1-0-0)、芝1600m戦は(2-1-0-1)でした。前走は出負けしたが、上がり1位の32秒7の末脚で追込んでの2着好走で、直線の長い新潟芝コースには向くと考えて好走に期待して評価し、結果2着好走。今回も出負けしてしまったが、上がり最速33秒2を繰り出して好走。のびのび加速できる直線の長い新潟芝コースが向いていた馬と考える。ハーツクライ産駒は古馬になり本格化モードに入るため、またグレイソヴリン系に向く重賞でもあるのでトニービン系の特性を有したハーツクライ産駒ということで、適性は合うと考えて好走に期待したが、やはりトニービン系の特性を有した馬は好走しやすいようで、本格化モードのハーツクライ産駒には夏のローカル重賞では要注意と反省したい。これまで芝2000mでは(0-0-1-2)だが、得意の新潟芝コースで本格化モードの今なら、次走新潟記念なら好走も可能と期待したい。
 ハーツクライ産駒はサンデーサイレンス系で、ハーツクライ自身はサンデーサイレンス×トニービン配合。母父トニービンの不器用さをやや受け継ぐタイプが多く、一瞬でエンジンがかかり加速できる器用さはないが、助走をつけて末脚が全開になりギアが入れば長く良い脚を繰り出す。馬群の外をのびのび走れるコース向き。サンデーサイレンス系としては、ダンスインザダーク産駒に近く、点火しづらい弱点を持ちつつ、嵌れば大仕事という“難儀なステイヤー血統”。ペースが締まるGⅠほど、大駆けが期待できる。また距離が延びて成績が良くなる馬も多く、本質は中距離~クラシックが能力を活かしやすい。牡馬は芝1800m~2600m、牝馬は芝1400m~2000mを中心に走る。後方一気型は展開に左右され、直線だけの勝負や、内しか伸びない馬場は不発多数。スローが苦手なわけではなく、前半じっくり追走して、助走付きのロングスパートが出来れば好走可能。長い直線+剛腕騎手はプラス条件になる。父ハーツクライはグレイソヴリン系の特性を有するスタミナ型サンデーサイレンス系でもあり、関屋記念向きの血統であったと考え来年も狙いたい血統と考える。またステイヤー血統にて相手強化の重賞挑戦はプラス要因。母父Wild Againはニアークティック系で、ワイルドアゲイン×リボー系という男臭い血統。ペースの緩まないダートがベストで、強気で前にて勝負すると強い反面、たるいペースでは詰めの甘さを出す欠点もある。しかしダートの走りは堅実で、道悪や時計のかかる馬場ならなお良い。ジワジワと成長し、ひとたび本格化するとその部門のヌシ的な存在となり、高齢でも力の衰えは少ない。
 No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。古馬での成長力も豊富。直線の長いコースでの末脚勝負に強い。分枝記号nは、仕上がり早で素軽いスピードと立ち回りの上手さが持ち味。底力には欠けるが器用さでカバーする。

3着レオアクティブは、前走バーデンBC3着(=福島芝1200m:0.4秒差)からの好走。新潟芝コースは(1-1-0-0)、芝1600m戦は(1-0-1-3)でした。中山芝コースでも好走している本馬だが、東京・新潟芝コースでも好走していて、直線の長いコースは向くと考えて好走に期待して評価し、結果3着好走。毎回上がり上位を繰り出す馬だが、今回も上がり2位の33秒9を繰り出し、後方から末脚を活かしての好走。展開的には恵まれた馬と思うが、時計の速いレースに向く馬のようで、厳しいペースになるようなら今後も侮れない馬と考えて期待する。
 アドマイヤムーン産駒はミスプロ系で、体の柔らかい産駒が多く着実にスピードを伝えるフォーティナイナー系。2歳の短距離から走れる仕上がりの早さと、芝・ダート兼用の快速スピードを持つ。好位で折り合い、馬群の内で我慢もでき、ギアチェンジの速さや競馬上手の賢さが目につく。インを通れる脚を持ち、芝の1枠の成績が良く、内枠の好走が多い。母父オペラハウスはサドラーズウェルズ系で、タフなスタミナ勝負に強い欧州型の底力血統。不良馬場など道悪にもめっぽう強い。好走が多いのは芝2000mで、ステイヤー血統とはいえ瞬発力が売りではないため、スローの芝2400mよりもペースの緩まない芝2000mの方が持ち味を活かせる。また福島・函館・中山コースなど直線の短い小回りコースなら、自ら積極的に動いて勝負ができるため好走が多い。コーナー4つならなお良い。底力を要する息の入らない流れや、タフな馬場ほど好走が多くなる傾向もある。
 No.〔3〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。古馬での成長力も豊富。直線の長いコースでの末脚勝負にも強く、東京や京都芝コースでの好走も多い。分子記号lは、クラシックで特注の記号で、能力が高くトップクラスのポテンシャルを秘めていて、成長力も豊富。

関屋記念のポイントは、
①流れは『加速・中弛み』になりやすい。ただしテンがゆるゆるにならないと逃げ馬の好走は難しく、基本逃げ馬は割引。
②ノーザンテースト系強し。ノーザンテースト系は古馬での成長能力が著しいので、侮るべからず。またスピード持続型の血統にも注意(=ダンチヒ系、ストームバード系など)。
③グレイソヴリン系も好相性。擬似グレイソヴリン系のタイプ(=タニノギムレット、ハーツクライなど)も適性は高い。
④近走の上がり重視。前残りで届かずの内容ならば狙う価値あり。
⑤外枠に好走馬が多い。内枠の馬は割引だが、近年はそれほど外枠有利ではなくなってきている点には注意。
⑥4歳馬の好走が多い。

08/17 02:28 回顧アクセス:1752


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
競馬ナンデ編集部
06/22 08:03

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

ドリームパスポート
06/18 12:34

夏競馬をする人ってかなり少ないですね。配当還元率あげれば良いのに。


06/17 19:52

G1なかったら見る人減っちゃうな

まじん
06/09 15:51

よっしゃ

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

編集長おくりばんと>>

>>守屋丞蔵


06/18 22:17

アキ>>

>>アキ


06/10 18:43

編集長おくりばんと>>

>>まじん


06/10 18:08

編集長おくりばんと>>

>>アキ


06/10 18:07

アキ>>

>>アキ


06/10 15:40

@マーメイドS あー相手がないっ!!笑

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社