11/17 11/18 11/25
11/10 11/11
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【マイルCS2018】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想NHKマイルC2015予想一覧尾張のうつけの予想

東京11R NHKマイルC 2015年5月10日(日)
芝1600 3歳GI 晴良 平均レースレベル2.5

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番






















































































































馬名



牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3牝3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牝3 牡3 牡3性齢
57 57 57 57 57 5757 57 5755 5757 57 57 57 55 57 57斤量



























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

BC爺

クライスト

邦彦

スカイポッ

アキ

×編集長おく「地味ながら死角なし!」自信度C 7
ナイトフォックス
前走外を回り失敗したことから、今回は内に拘る競馬をするとのことで、今の東京の馬場ならこれが吉と出ると思う。57キロを一度経験できているのも大きいし、NZTの内容から大きな力差はなさそう。

グァンチャーレ
体型からしてマイラーだと思う。前走は明らかに長かったが一線級相手に健闘したところを見ると、なかなか総合力が高い。

-----------------------
ニシノラッシュ
一般的に東京1600はマイルとはいってもそれなりにスタミナも問われるので、
1800で活躍してきた馬が台頭しやすいと言われているところ、
この馬は血統的にも走法的にも、
1400くらいが合っているかなと見ているので…
ムトト自信度C 2
◎ニシノラッシュ。
千四中心で使われているが新潟2歳ではミュゼスルタンの0.2差3着と悪くない。近3走東京で走り慣れしているし、田辺が乗り続けているのもここで大仕事の匂いを漂わせる。前走は最内から大外に回すかなりムチャな進路どりながら末脚鋭く勝ち切った強い内容。スムーズならここでも通用する。

○アルマワイオリも末確か。毎回あまり人気しないが安定感も備えている。
minom「荒れることになるでしょう」自信度B 3
ワタシは別に穴を狙うつもりはないのですが、結果として穴狙いとなりますね。

ヤマカツエースはずっと推している馬です。前走も人気ありませんでしたが、きっちり勝ってくれました。1番人気で2着のグランシルクがここで人気なのに、ヤマカツエースは人気がなすぎです。単で勝負するまでの自信はありませんが、馬券圏内までは来てくれると思ってます。

なぜ勝ちまでの自信がないかはやはりクラシックを目指した馬たちは格上の可能性もあるからです。クラリティスカイは皐月賞でも5着なら、ここではあっさりというのもあるかもしれません。

グァンチャーレも弥生賞でサトノクラウンの0.6の4着なら格上の可能性もありま…
夜明けのば「将来のトップマイラー」自信度A 9

【能力が有り調子が良く展開が嵌れば上位に来る】という私自身の競馬に対する捉え方の原点に振り返って安田記念まで貫いてみようと思います。

=====   =====   =====

実績・距離・馬場の対比値(左から重賞-V馬 近走-V馬 1600mV馬-1800mV馬 全て-東京マイル)

【重賞・近走・16or18・全て(馬場)の項目が1.0以上馬】
1.0-0.4 1.5-1.4 1.3-0.4 3.4-1.1 クラリティスカイ

【重賞・近走・16or18の項目が1.0以上馬】
2.3-1.1 2.2-1.6 2.2-0.2 0.0-0.0 アルマワイオリ
2.3-1.1 1.8-1.3 2.5-0.0 0.0-0.0 ヤマカツエース
1.9-0.7 1.2-0.8 1.6-0.0 0.0-0.0 ヤングマンパワー
1.4-0.6 1.2-0.8 1.4-…
×スカイポッ「昨年の反省を活かして(資料更新済)」自信度C 30
 NHKマイルCの予想は、昨年の失敗を踏まえて、馬場差を分析するための指標であるTBI(トラックバイアスインデックス)を縦のバイアスと横のバイアスに変更し、過去10年分のデータを一定のルール(資料右下の概要にて記載)に基づいて抽出して作成しました。

 それによると2009年の予想時TBI(当日)が外差し有利となり、昨年に作成した「データアート(馬場差重視データ)」をそのまま運用することができなくなってしまいました。したがいまして、指数、TBI、消去データ、血統系統及び末脚順位を使って予想を行います。

★指数

5月10日(日)東京11R NHKマイルC 東京1600m 人気12<D〔γ〕>

1.アヴニール…
カタストロ自信度C 23
 土曜を見て高速想定ではなく、やや高速想定にずらすべきかなと。 トップスピードだけではちょっと厳しい競馬になった面が多い。馬場を修正しないと厳しいかなと。


 展開は逃げ馬そのものはちょっと読みにくいところがある。アルビアーノが逃げているのでこれが主張をしそうだが、こういうレースでは逃げに賭ける馬も出てくるので、恐らく内からクールホタルビ、レンイングランど辺りが出てくる。外からはマテンロウハピネス辺りも積極的に出て行って恐らく外のマテンロウが強引にでもハナを取り切る形になるんじゃないかなとみる。いずれにせよ前々の先行争いはそれなりに速くなるという前提は必要で、アルビアーノは…
31LEN「ヤマカ強ぇーっす」自信度C 3
◎ヤマカツエース
前2走が強い競馬。
前々走は最後ものすごい脚で3着。
前走も直線で抜け出し
ナイトフォックスを置き去りにして、
さらにグランシルクの強襲も退けた。
今年すでに6戦を消化し、
使い詰め感はあるがそれでも今回調教はよかった。
「目に見えない疲れがなければ」と池添師自ら明言
したが、放牧をはさんだりして調整はしているので
問題はないだろうとのこと。
前走のようにベストタイミングで
抜け出したら強いはず。

○ミュゼスルタン
前走スプリングSは上がり最速も7着。
叩き台であることを考えれば
悲観する内容でもないし、
なにより今回は調教が抜群に良い。
調教だけみたら圧倒的…
×夏影「変わり種のサンデー系に注目」自信度S 5
過去の連対馬で特に目立つのはダンチヒ系とヴァイスリージェント系の血。
この血を保有した連対馬を洗い出してみると...

☆ダンチヒ系
2014年 ミッキーアイル(母父)
2008年 ディープスカイ(母父)
2006年 ファイングレイン(母父)
2005年 デアリングハート(母父)
1999年 シンボリインディ(母父)
1996年 ツクバシンフォニー(父)

☆ヴァイスリージェント系
2013年 マイネルホウオウ(母父)
2013年 インパルスヒーロー(父)
2008年 ブラックシェル(父)
2007年 ピンクカメオ(父)
2001年 クロフネ(父)
2001年 グラスエイコウオー(父)
2000年 トーヨーデヘア(父)

...といった感じだ。

ディープイ…

タイム 1:33.5 4F 46.3 3F 34.2
単勝7番640円(3人気)
複勝7番210円(2人気)9番260円(5人気)12番230円(3人気)

尾張のうつけ<09期 西前頭六枚目>
「ラストクロップがラッシュをかける」
ニシノラッシュ8着/9人気
○アルマワイオリ▲グランシルク△アルビアーノ
    
1759
2拍手

・「さっぱり分からない…」メンバー表を最初に見た時にそう思ったレース。例年になく?出走のハードルが高い割りに確たる中心馬が不在。前日オッズを見ても、5倍ちょっとで割れるような形に。

・荒れる印象のあるレースも、過去5年で1人気が4勝。「秋山がG1を勝つわけがない」、「府中マイルを逃げ切れるわけがない」、「バクシンオーが東京マイルで勝つわけがない」。レース前に色々言われていた1番人気馬が意外?と人気に応えている。4倍台や5倍台の1人気馬も連対しているところが奥深い。

・とりあえず18頭から消去法で本命馬を探そうとしたが、3着内に入る馬を考慮するとほとんど馬が残るため、連対するパターンに絞った。

・とは言っても切れたのはマイル経験が無い馬、という条件のダノンメジャー程度。

・素直に前走のレース映像を見て、取捨選択をすることに。

・内容に見どころがあったのは以下の馬。アヴニールマルシェ、グランシルク、グァンチャーレ、クラリティスカイ、アルビアーノ、アルマワイオリ、ダノンメジャー、ニシノラッシュ以上。

本命はニシノラッシュ。
 前走は説明するまでもないくらいに有名なレース。最内枠で直線どん詰まりで内から大外まで3回くらい進路を切り替えたレース。それに強引なハンドル操作の影響で馬がドリフト状態になって膨れるというおまけ付き。それで差し切ったのだから、レースを見ていた時に相当驚かされた印象がある。今になってみれば、相手のレベルも…ということはあるのだが、パフォーマンス自体はそう捨てたものではない。
 今回はそれ以来のレース。間は開いたが、バクシンオー産駒だけにそれは問題ないこの馬自身もポン駆け実績はある。調教自体も悪くない(らしい)。ここで人気しているミュゼスルタンとは新潟時にはそこそこ接戦している。今回は8枠に入ったので、揉まれたり、閉じ込められる心配はない。このレースでの8枠は比較的好成績でマイナスとはならない。この父はグランプリボスで当レースを勝利。母父も大舞台に比較的強い血統。何とも言えない騎手が勝つことが多いレース。田辺騎手はちょうど良さげである。絶対の信頼の本命ではないが、オッズ的にも調度良く、楽しませてくれるのではないか。

対抗はアルマワイオリ。
 前走は勝ったヤマカツエース、負けたが豪脚を披露したグランシルクに目がいくが、一番気になる走りをしていたのはこの馬。出遅れて、テンに気合を付けたことによって道中掛かりまくるという競馬。それでもヤマカツエースをマークする形で進めて直線脚を伸ばした形。一言で言えば『お前は新人か』と言いたくなるような騎乗ぶりだった。それで3着なのだから、力はある。
 今回は中間で掛かり癖の矯正を施してきた。後は勝浦次第だろう。このレースはフレンチとバクシンオーが勝っているが、それ以外はほぼサンデー系が勝つ。スズカフェニックスが勝つんだからマツリダゴッホが勝っても問題無いように思える。マイルばかりを中心に使ってきた臨戦過程も好感が持てる。

後はグランシルク。
 前走は初重賞挑戦。出遅れたことはあるものの、前走は完全にスターターのミスのような出遅れ。普通の発走委員ならあの状態で発走はさせない。ほぼ無理目の位置から直線は豪快に追い込んだ。ただ後方から進められたことによる恩恵があったことは考慮する必要はある。
 今回は東京のマイル戦。中山を中心に入っており、東京では1戦2着1回。本質的に中山向きの気はする。それでもステゴ産駒は東京マイルで重賞2勝。重賞は4回出走して(2-0-1-1)という脅威の戦績。ただ馬券になったのは牝馬のみ、というエクスキューズはあるが…。ついでに全コースでマイル重賞勝った牡馬はドリジャの朝日杯だけというデータもある。
 そこまで積極的に買う馬ではないが、1人気になりそうな馬で積極的に買えるのはこの馬くらいかなと思っている。当日次第。

後はアルビアーノ。
 この間まで沢山いた3勝無敗馬の最後の一角。前走は初の重賞。距離延長となったが、あっさりとハナを奪うと楽に逃げ切った。中でも圧巻は直線に入った瞬間に一気に後続との差を広げたところ。最後はそこそこ詰められたが、勝ちを脅かすようなものではなかった。
 関係者が口にする『逃げられなくても競馬が出来る』という言葉は、競馬の中で自分が一番嫌いな言葉ではあるが、この馬の場合はまんざらでもないような気はする。
 この父系は今まで人気で飛んできたが、去年はタガノブルグ、ホウライアキコの2頭が掲示板に。近年傾向が変わってきたのではないかと言われているこのレースを象徴する血統でもある。底を見せていないという面ではこの馬が一番それに該当する気がする。

・馬券は◎◯の単・馬連・ワイドと3連系総流しで遊ぶ程度。

ここに上げなかった馬で気になった点は以下。
・アヴニールマルシェ…出遅れ癖有りに最内枠が怖い。
・グァンチャーレ…前走好内容も臨戦過程不安
・タガノアザガル…前走は内枠の恩恵大
・クラリティスカイ…近年来ない皐月賞組
・ヤマカツエース…前走は120点満点の競馬。あの競馬を見ると中山マイルベスト
・ミュゼスルタン…レース後に振り返るとなぜこの馬が人気だったんだろう?系の馬の匂い
・フミノムーン…3歳時のアドマイヤムーン産駒はOP大将の感。また最内枠じゃないのはマイナス
・ダノンメジャー…前走好内容もマイル未経験が気になり
・マテンロウハピネス…前走、最内枠の恩恵大
05/10 03:02

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【マイルCS2018最終結論】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

武蔵野Sはサンライズノヴァから
馬単5360円的中!

スワンSはロードクエストから
3連複1760円的中!

アイビスSDはラブカンプーから
3連複5640円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼マイルCS2018最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




尾張のうつけ

予想歴19年
回収率124%
過去のレース内容を重視。そこに血統(馬場に合う、レース条件に合うetc.)・騎手(コース成績)を加味して、馬券の対象馬を絞り込みます。 少点数で的中させることに美学を持っているので、3頭ボックスが基本馬券戦術です。関西中心。スランプが長引く傾向があるのが玉にキズ。 総拍手獲得数:1865
過去のベスト予想
 安田記念2013

◎ダノンシャーク○ショウナンマイティ
41拍手

18,160

新着回顧NHKマイルC2015回顧一覧尾張のうつけの回顧
尾張のうつけTM競馬歴19年 回収率124%
~クラシック組の貫禄~
次走狙い馬:フミノムーン 次走狙い馬:ミュゼスルタン
     
2
3拍手

【LV2=平均下レベル】
・戦前は大混戦の感。抜けた走りをした馬がおらず、どの馬を本命にしていいのか難しいレースだった。
・勝ったのはクラリティスカイ。今日は好位からの競馬で、直線粘るアルビアーノを交わして1着。以前はクラシック組が強かったレースも、昨今はマイル・1400mが優勢。そういうこともあって、オッズが割れていたのかなと。今年はクラシック組が復権を見せた。来年がまた分からなくなりそうなレース。
・流れは遅く、後ろから競馬した馬はほぼノーチャンスの展開だった。


◆1着はクラリティスカイ
 五分のスタートもテンに好位を確保。インの4番手に収まる。多少は気負いを見せるも問題はない。4Cではガッチリ手綱をキープ。直線入口も進路あり。後は前で粘るアルビアーノを捉えるだけの状態。思ったよりも、アルビアーノはしぶとかったものの、無理かな?という感じはなかった。完全に力で捻じ伏せての勝利。
 内枠だったこと、目の前にちょうどいい目標が合ったことなど、この馬に流れが来ていた印象。クロフネ産駒はレースとの相性が良い模様。

◆2着はアルビアーノ
 五分のスタートで他馬より目立ったもののではない。各馬そこまで行く構えを見せたわけではないが、内のレンイングランドの動きを見て控えることを決断。4Cでの手応え行きっぷり共に普通。直線入口では馬なりに先頭に並びかける。残り400mで先頭。1馬身程度のリードはあったが、残り100mで交わされて2着。
 道中おかしなところもなかったし、力を出し切っての2着。逃げていても結果は変わらなかったように思える。逃げ先行馬の中で一番の有力株ということもあり、勝ち馬に完全にマークされていたことが応えた印象。センスがありすぎて、優等生な馬。堅実に走る反面、爆発的な強さはないのかなと。
 これで2年連続のストームキャット系の連対。ノーザンダンサー系ワンツー。

◆3着はミュゼスルタン
 中団馬群を折り合っての追走。4Cでも手応えよく。直線は進路が無かったが。外にヤングマンパワーを弾き出して進路を確保。前で粘る2頭に迫るも及ばずの3着。
 今日の中で一番展開に泣いた口か。もう少し流れれば結果もチガッテであろう。馬込みの中でしっかりと競馬が出来た内容は好感。直線スムースに出せれば、という面はあったもののそれでも結果は変わらなかったかなと。折り合いに不安がないし、センスのあるレースぶり。マイラーではないと思うだけに2000mまでなら問題ない。ダービーは何とも。正直個人的にはなぜ人気していたのか分からなかったのだが、走りを見て納得。素直に良い馬だと思う。G1は分からないが重賞2,3個は勝てそう。

アヴニールマルシェ
 出遅れ。後方のインを追走。行きっぷりは問題ない。4Cでもインを回り、直線もイン。追い出すところが無かったが、馬群に突っ込む。最後はミュゼスルタンが開けた進路を追って伸びてきた。
 一瞬で凄く切れる、というタイプではないだけにスムースに加速できないのは痛い。最内枠が致命傷となった。とは言え、外枠であってもミュゼスルタンとの3着争いがせいぜいか。今日の展開では勝つことはノーチャンスだったかも。広いコース向きで、距離の守備範囲もタイト。今後も取りこぼしは多そうで。

グランシルク
 半馬身程度出遅れ。前走に比べれば問題はない。早めに巻き返して中団から。中団のインを追走。行きっぷりは良い。内々を回り、直線はインを突く。そこそこスムースに走れたもの、最後は自身の脚が上がった。上がったところを差されて5着。
 前走こそ33秒台の凄い脚を使ったが、その脚が東京向きではないのだろうか。この上がりが限界な感じすらあった。ある種、分かりやすい馬かも。

フミノムーン
 後方2番手を掛かり気味に追走。直線には後方で入って、直線は大外へ。外から豪快に伸びてきて、一時の脚勢はひょっとするかと思わせたほど。ヤングマンパワーにぶつけられて勢いを削がれたところで残り200m。同じ脚色になってしまい、7着で入線。
 道中は掛かって、4C直線共に大外。随分と大味な競馬ながら、一瞬は夢を見させるような足で伸びてきた。接触がなければ掲示板の下くらいはあったかも。ただ現状は戦績のとおり1600mベストか。どんな展開でも必ず末を伸ばす点は好感。

ニシノラッシュ
 好発。中団外目をやや持って行かれ気味に追走。8番手辺りで4Cをマリ、直線も外へ。それほどロスはない。直線外に出して、末脚に掛ける。一瞬伸びてきたが、残り200mの手前で脚色一杯になった。
 持つかと思ったが、終わってみれば血統通り1400mまでの馬だったということか。それでも大負けはしてないし、ひと脚を使えたことは評価できる。今後も崩れずに長く堅実に走ってくれそう。

アルマワイオリ
 中団馬群を掛かかって追走。頭を上げて折り合いを欠く。直線は馬群に突っ込む形。密集地帯にツッコミ進路がない。開いた後の伸びもジリジリと。
 道中の消耗が終いの不発につながったか。流れも向かなかったが、騎手も向かなかった。


勝ち負け(仮)※個人ブログ
http://u2ku2k.blog.fc2.com/

05/15 22:34 回顧アクセス:1633


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
アキ
11/04 18:09

外人騎手がどうか、日本人騎手がどうか?ってのはどうでもいいけど、ここ数週間で関東の騎手がレースメイクが酷いという事ははっきりした。戸崎無双も、藤田が関東所属で勝てる理由もなんと...

とりおやこ
11/03 14:51

月更新お願いします。

南川麒伊知郎
10/27 16:42

予想の手順は…

南川麒伊知郎
10/27 16:35

今年のPOGの注目馬は…牝馬なら○○○○○○○○で決まり。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

index>>

>>ぐつん


11/12 18:35

@エリザベス女王杯 GJ

南川麒伊知郎>>

>>南川麒伊知郎


10/27 16:31

クライスト教授>>

>>南川麒伊知郎


10/27 16:28

南川麒伊知郎>>

>>南川麒伊知郎


10/27 16:11

編集長おくりばんと>>

>>南川麒伊知郎


10/27 16:08



17
エリザベス女王杯
◎クロコスミア
○レッドジェノヴァ
馬連9-12番
9,800円 的中

ぐつん
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社