6/2 6/3
5/26 5/27
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【安田記念】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想共同通信杯2011予想一覧軍神マルスの予想

東京11R 共同通信杯 2011年2月13日(日)
芝1800 3歳GIII 晴良 平均レースレベル3.2

87654321枠番
13121110987654321馬番




















































































馬名



牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3性齢
56 56 57 57 57 56 5656 56 56 5656 56斤量


























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順着順

BC爺

はまちん

クライスト

サニーのす

sun

編集長おく「男達の欲望を乗せて走る幻のドリームホースの名前は」自信度C 8
ディープサウンドはディープインパクトらしい素晴らしいフットワークの馬だというのは何度も繰り返してきているし。前走は気持ちの問題だろうから、これほど人気を落とす馬ではないと思う。

ミヤビファルネーゼ
控えるとのことだが、差しても良さそうな綺麗なフットワークで走る馬。さすがに人気がなさすぎると感じる。

-------------------------------------------
共同通信杯というと、3年前、競馬ナンデ制作陣4名でとある新宿の一室に籠ってオープンへ向けた詰めの作業をこりこりやっていたときのことを思い出す。
GⅠシーズンに間に合わせたかったからもちろん休日は返上。でも共同通信杯は見たいなというこ…
マッサ「難解なレースですね。」自信度C 3
◎ナカヤマナイト
デビュー戦から3着→2着→1着→2着→1着→2着と大崩れしない安定感は素晴らしい。
前走ホープフルSではベルシャザールの2着に敗れたが、勝ったベルシャザールは好位から楽な競馬が出来た感があり馬の能力ではこの馬の方に魅力を感じた。
未勝利戦では後方から差し切り勝ち、ベゴニア賞では逃げ切り勝ちと色々なレースが出来るセンスに期待したい。
今の時点で能力が抜けている馬を見つけられなかったので、消極的な本命評価。
予想の難しいレースになりました。

○ダノンバラード
確実に上位争いをしてくる馬だとは思うが、能力が抜けているとは思えない。イマイチ信用できない点は、ラジオNIK…
一気呵成自信度C 3
①ダノンバラード:先週のきさらぎ賞もディープの子が勝ちました。皐月賞はディープの子が何頭出るのかと考えてしまうほどです。ダノンバラードは本当に強いのか疑心暗鬼ですが、武豊が以前から気に入っているので本物です。

②サトノオー:前走は不利があっての繰り上げ1着とはいえ、今ひとつ切れ味がありません。藤沢厩舎はGレース勝ちが少なく、G1は2006年以降の勝ちがありません。ペルーサのような雰囲気が漂い、瞬発力+αがないような感じです。

③ペルシャザール:前走のホープフルは、強い勝ち方でした、3着のフェイトフルウォーは京成杯を勝っていますので、このレースは相当レベルが高かったことがうかが…
index自信度C 3
【別定戦は別定戦から】

10 ①ハンソデバンド
   ③アリゼオ
09 ②トーセンジョーダン
   ③トップカミング
08 ③マイネルスターリー
07 ④ニュービギニング
06 ①アドマイヤムーン
   ②フサイチリシャール
05 ③マルカジーク
04 ③ナムラシーザー
03 ①ラントゥザフリーズ
02 ①チアズシュタルク
   ②サンヴァレー
01 ③スイートゥンビター

別定戦での馬券対象戦跡のあった馬が、共同通信杯でも幅を利かせています。
「幅を利かせている」というか、①②着は怪しいんですが、③着辺りが「実力を発揮して結果を残す」って感じに見えます。


とりあえず馬券になりそうなの…
××koo自信度C 0
まず消せるデータ(過去5年より)
(1)前走ダート戦・・・・・・・【0-0-0-12】④⑨
(2)休養明け・・・・・・・・・【0-0-0- 7】
(3)前走、新馬・未勝利・・・・【0-0-0- 9】①
(4)500万下敗退 ・・・・・・・【0-0-1-11】⑦
(5)重賞・OP特別で6着以下 ・・【0-0-0-12】③⑩⑬
(6)重賞・OP特別で0.6差以上 ・【0-0-0-10】③⑩⑬
(7)キャリア6戦以上 ・・・・・【0-0-0- 8】②⑧⑩

→残るのは⑤⑥⑪⑫

雪で順延となった08年以外は極めて順当な結果、今年も順当では。
近走で2ケタ着順があった馬は、近5年馬券に絡んでないため⑥は消し。

キャリア2戦は【0-1-2-13】と人気馬も飛んでいるので買い辛いので評価を下げる。…
BC爺「同父ラクリマの分まで」自信度C 2
ここかきさらぎ賞でマイネルラクリマを狙うはずが全く出てこず。
どうやら疲労でダービー目標になったようですね。
しかし代用候補が。

◎タツミリュウは距離延長向くチーフベアハート産駒。
前走は距離短縮の上に中山G1で大外引いて最悪の条件でした。
距離延長内枠で楽逃げ濃厚なメンバーと条件は大幅に好転します。
ピュアブリーゼやヴィクトリースターに完勝していて地力もありそう。

○サトノオーは初戦が物凄く楽な競馬。
あそこから阪神マイルの多頭数で2着確保するのは凄いことです。
母父トニービンで府中1800はピッタリ向きそう。…
イエローマ「【決断】⑤サトノオー横山典弘ぼちぼち重賞勝っても・・・」自信度A 1
( ●艸●*)

◎⑤サトノオー

新馬・500万と連勝!

父・ディープインパクト
母・エアトゥーレ
兄弟には
・キャプテントゥーレ

まずは、連絡みは堅い!

○②ナカヤマナイト

こちらのほうは、複勝率100%
ステイゴールド産駒!

柴田善・二ノ宮コンビ脅威!

▲⑫ペルシャザール

キングカメハメハ産駒・マルカキャンディ・・・

マルカキャンディ・・・府中牝馬S勝ったことありますよw

コースは合う!

△④ダブルオーセブン

2歳の札幌戦で実績残しているので、軽視禁物!

【勝負馬券】
馬連⑤-②④⑫

【消し】
⑪ダノンバラード

ラジオNIKKEI杯は案外レベルが低い。
メディアに…
×sun自信度D 5
△にユニバーサルバンク


波に乗り切れない運気0の私がこの馬を◎にしてはまる自信はないのでDにしてます(笑)
前走が何かで気分を損ねた結果でノーカウントとするなら、ここであっさり勝ってもおかしくない馬ですよね。

当初はベルシャザールのつもりだったんですけどね。
ここを使うのはダービーの試走という雰囲気があり、先行しないでダノンマークの差しにまわるきがして仕方ないんですよね。
差しにまわっても府中向きの爆発的な脚が使えるのかはだいぶ?な馬ですし、評価を下げることにしました。

ナカヤマナイトは一番安定してるんだと思います。複系の軸なら最低な馬じゃないかな。でも小回りをまくりぎみ…

タイム 1:48.5 4F 46.9 3F 34.4
単勝2番490円(3人気)
複勝2番170円(2人気)6番300円(5人気)13番310円(6人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「共同通信杯 ステップの優位性とサンデーサイレンス系。」
ダノンバラード9着/1人気
○ベルシャザール▲ナカヤマナイト  
    
2520
4拍手

★傾向分析★
2004年 タイム 1'47"4 (良) 1FAve=11.93 3FAve=35.80
テン36.1-中盤37.1-上がり34.2 『加速・中弛み』
1着マイネルデュプレ・・・ペンタイア×トニービン=ノーザンダンサー×グレイソヴリン 〔3-l〕 7-8
2着アポインテッドデイ・・・Red Ransom×Danzig=ロベルト×ダンチヒ 〔22-d〕 3-3
3着ナムラシーザー・・・チーフベアハート×Caerleon=ダンチヒ×ニジンスキー 〔4-n〕 9-5

2005年 タイム 1'47"8 (良) 1FAve=11.98 3FAve=35.93
テン35.7-中盤36.7-上がり35.4 『加速・中弛み』
1着ストーミーカフェ・・・アドマイヤベガ×Rainbow Quest=サンデーサイレンス×レッドゴッド 〔14-f〕 1-1
2着ダイワアプセット・・・エルコンドルパサー×Gone West=ミスプロ×ミスプロ 〔9〕 5-4
3着マルカジーク・・・サンデーサイレンス×Pentelicus=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔2-n〕 7-7

2006年 タイム 1'48"4 (良) 1FAve=12.04 3FAve=36.13
テン36.0-中盤37.6-上がり34.8 『加速・中弛み』
1着アドマイヤムーン・・・エンドスウィープ×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔7-f〕 7-7
2着フサイチリシャール・・・クロフネ×サンデーサイレンス=ヴァイスリージェント×サンデーサイレンス 〔20-a〕 2-2
3着マッチレスバロー・・・フレンチデピュティ×ジェイドロバリー=ヴァイスリージェント×ミスプロ 〔8-f〕 8-9

2007年 タイム 1'47"7 (良) 1FAve=11.97 3FAve=35.90
テン35.9-中盤37.1-上がり34.7 『加速・中弛み』
1着フサイチホウオー・・・ジャングルポケット×サンデーサイレンス=グレイソヴリン×サンデーサイレンス 〔1-p〕 6-5
2着ダイレクトキャッチ・・・スペシャルウィーク×Storm Cat=サンデーサイレンス×ストームバード 〔11-d〕 6-8
3着フライングアップル・・・Rahy×Fire Maker=レッドゴッド×ノーザンダンサー 〔20〕 3-2

2008年 タイム 1'47"6 (良) 1FAve=11.96 3FAve=35.87
テン33.9-中盤37.6-上がり36.1 『前傾・中弛み』
1着ショウナンアルバ・・・ウォーエンブレム×Great Commotion=ミスプロ×ヌレイエフ 〔11-d〕 3-4
2着タケミカヅチ・・・ゴールドアリュール×マルゼンスキー=サンデーサイレンス×ニジンスキー 〔13-c〕 9-9
3着マイネルスターリー・・・スターオブコジーン×サンデーサイレンス=グレイソヴリン×サンデーサイレンス 〔11-c〕 13-12

2009年 タイム 1'47"3 (良) 1FAve=11.92 3FAve=35.77
テン35.6-中盤36.8-上がり34.9 『加速・中弛み』
1着ブレイクランアウト・・・Smart Strike×French Deputy=ミスプロ×ヴァイスリージェント 〔1-t〕 9-8
2着トーセンジョーダン・・・ジャングルポケット×ノーザンテースト=グレイソヴリン×ノーザンテースト 〔9-a〕 3-3
3着トップカミング・・・ゴールドアリュール×サクラバクシンオー=サンデーサイレンス×プリンスリーギフト 〔1-n〕 11-10

2010年 タイム 1'48"2 (良) 1FAve=12.02 3FAve=36.07
テン36.2-中盤37.8-上がり34.2 『加速・中弛み』
1着ハンソデバンド・・・マンハッタンカフェ×アフリート=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔1-x〕 2-2
2着ダノンシャンティ・・・フジキセキ×Mark of Esteem=サンデーサイレンス×ネヴァーベンド 〔12-c〕 9-7
3着アリゼオ・・・シンボリクリスエス×フジキセキ=ロベルト×サンデーサイレンス 〔19〕 3-3

流れは『加速』と『中弛み』の複合ラップが多く、逃げが圧倒的に有利な展開。
『加速』・・・逃げ◎ 先行○ 差し△ 追込×
『中弛み』・・・逃げ◎ 先行△ 差し× 追込○
だが近年の好走馬の位置取りでは、逃げでの好走は少なく(=05年ストーミーカフェのみ)、ほとんどが先行・差しからの好走。東京コースは直線が長いため、逃げ馬は目標になりやすいこと、またそのストレスが思った以上に大きいことが好走が少ない理由ではないか?と考えます。

血統の傾向は、大系統ナスルーラ系向きの傾向。その中でもグレイソヴリン系(特にトニービン系)が強い重賞と感じます(=01年1着ジャングルポケット、02年2着サンヴァレー、07年1着フサイチホウオー、08年3着マイネルスターリー、09年2着トーセンジョーダンなどが好走、母父トニービンも04年1着マイネルデュプレも好走)。
またグレイソブリン系が好走するときに好走の多いレッドゴッド系も好走が向くように感じます(=大系統ナスルーラ系で一緒なので似ているのかもしれません)。レッドゴッド系は持続型の流れに強く、芝・ダート兼用のタイプが多く、その特性が好走に関係ありそうと考えます。なぜかというと、同様の適性を持っているヴァイスリージェント系やストームバード系も好走しているので。

サンデーサイレンス系は、サンデーサイレンス自体は好走馬は多かったが直仔はもういないので、持続型血統×母父サンデーサイレンス配合が06年・07年と2年連続好走していることから(=06年1着アドマイヤムーン・2着フサイチリシャール、07年1着フサイチリシャール)、適性が向いていると考えます。
またサンデーサイレンス系で好走した馬は、05年1着ストーミーカフェはアドマイヤベガ産駒で父母父がトニービン、07年2着ダイレクトキャッチはスタミナ型サンデーサイレンス系のスペシャルウィーク産駒で母父は芝・ダート兼用型のストームバード系、08年2着タケミカヅチ・09年3着トップカミングはゴールドアリュール産駒でサンデーサイレンス系でもダート向きの兼用型、前述の傾向に沿った馬が多いことがこのレースの特性が伺えると思います。

ステップの傾向は、ラジオNIKKEI杯2歳S好走馬(=01年1着ジャングルポケット、06年1着アドマイヤムーン、07年1着フサイチホウオー、10年2着ダノンシャンティなど)、朝日杯FSで先行して押しきったような馬(=04年2着アポインテッドデイ、05年1着ストーミーカフェ、06年2着フサイチリシャール、07年3着フライングアップルなど)が良く好走しています。

前走ホープフルSを先行して好走した馬も近年は好走多し(=09年2着トーセンジョーダン、10年3着アリゼオなど)。

またひいらぎ賞も勝ち馬が良く好走しています(=00年3着マルターズホーク、04年1着マイネルデュプレ、06年3着マッチレスバローなど)。

★予想★
共同通信杯のポイントは、
①『加速』『中弛み』の複合ラップになりやすい。逃げは展開有利なのだが、好走が少なく割引が必要。逃げで好走するならクラシックで好走の期待大。好走の中心は先行・差し。
②大系統ナスルーラ系向き。特注はグレイソヴリン系(=トニービン系やコジーン系)。
③サンデーサイレンス系も好走多いが、特注は母父サンデーサイレンスとゴールドアリュール産駒。母父サンデーサイレンスなら持続型血統との配合や芝・ダート兼用型との配合なら適性が合う。
④ラジオNIKKEI賞好走馬、朝日杯FS先行押し切り好走馬が適性が嵌る。

◎ダノンバラード・・・ディープインパクト×Unbridled=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔12-e〕
前走ラジオNIKKEI杯2歳S1着(=阪神芝2000m)。ラジオNIKKEI杯2歳S好走馬はこのレースでも好走することが多く、相性の良いステップ。この点から軸として信頼性は高いと考えて評価する。
ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、現時点ではまだスタミナ型なのかスピード型なのか判断がつきにくいが、本馬は全3走とも出走馬中上位の上がりを繰り出し、スピード型のタイプ(=アグネスタキオン産駒のようなタイプ)と考えられる。馬体重も460kg前後と大型馬ではなく、おそらく流れに合わせて加速ができる器用なタイプと考える。母父Unbridledはミスプロ系で、芝・ダート兼用の中距離血統。ミスプロ系の中では我慢強さがあり、揉まれる展開になってもレースを投げるようなことはしない。芝に限れば直線まで溜めていると爆発的な脚を使うが、その分展開に左右され不発に終わることもあるが、強気に勝負したい血統。ダートなら先行しても差しても安定性はある。古馬になっても力の衰えは少ない。
No.〔12〕の牝系は、早い時期から走る馬もいるが、3歳秋から古馬にかけて本格化する馬が多い牝系。また高齢でも衰えが少なくタフな馬が多い。分枝記号cは、高い心肺機能をもち、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い特性あり。

○ベルシャザール・・・キングカメハメハ×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔1-e〕
前走ホープフルS1着(=中山芝2000m)。ホープフルSを先行して好走した馬もこのレースとは相性が良く、本馬も条件には該当するので、軸として期待する。
キングカメハメハ産駒はキングマンボ系で、格の高いレースで究極のスピード競馬(=レコード決着)になるほど凄味をきかす血統。厳しい展開ほど持ち前の底力が活き、2歳から走れる完成度の高さと成長力がある。本格化前は詰め甘な点があることには注意が必要だが、ダービーの時期からは実が入る。距離に関しても融通性があり、大レースに強く底力もある。母父サンデーサイレンスは、前走の勢いをそのまま活かして好走することの多い特性がある。前走1着好走で勢いはあるので、好走に期待する。
No.〔1〕の牝系は、クラシックで好走が多く3歳春にはある程度完成する、完成度が高く仕上がりの早い牝系。この時期は成長力で他の牝系よりも完成度は高い。分枝記号eは、上がりのかかる消耗的な流れに強い特性がある。また重馬場やダートなど時計のかかる馬場に強いが、一旦調子を崩すと復活が難しく、調子のピークが短い。

▲ナカヤマナイト・・・ステイゴールド×カコイーシーズ=サンデーサイレンス×レイズアネイティヴ 〔6-a〕
前走ホープフルS2着(=中山芝2000m:0.0秒差)。ベルシャザール同様にホープフルS先行好走馬。東京芝コースは2戦(1-1-0-0)と好走していて、また末脚が鋭いので、突き抜ける可能性も十分あると考えて評価する。
ステイゴールド産駒はスタミナ型のサンデーサイレンス系。ステイゴールドは母父ディクタスの特性がでていて、サンデーサイレンスというよりはサッカーボーイに近い特徴があり、夏~秋にかけてよく軌道に乗ることが多い。ディクタスのスタミナ型の特性とまた強敵相手に食い下がる勝負根性は、ステイゴールド産駒の持ち味。1戦燃焼型のタイプも多く、惨敗後から涼しく巻き返す能力も高い。内枠の多頭数では勝負根性が刺激されるのか、好走の可能性が高くなる特性にも注目。母父カコイーシーズはレイズアネイティヴ系で、まくりの利く中山や阪神の小回りコースに向き、逆に東京コースは苦手な産駒が多い。芝はローカルコース向き。成長力は晩成型で、ダート向きのパワーを備えている。
No.〔6〕の牝系は、直線の長いコース向きで、ハイペースの消耗戦に強い牝系。厳冬期や真夏などシーズンオフに強い特性をもつ。成長能力は早い時期から走るのだが、詰め甘にて人気を背負うと脆い傾向がある。3歳クラシックでは脇役の方が良い仕事をする。分枝記号aは、気性的には素直な産駒が多いが父親よりはスケールが小さくなる傾向。

△サトノオー・・・ディープインパクト×トニービン=サンデーサイレンス×グレイソヴリン 〔3-l〕
前走500万条件1着(=阪神芝1600m)。東京芝コースは1戦1勝で、33秒台の上がりも可能。半兄キャプテントゥーレ。
ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、現時点ではまだスタミナ型なのかスピード型なのか判断がつきにくいが、また33秒台の上がりを使い好走したこともあるため、スピード型のタイプ(=アグネスタキオン産駒のようなタイプ)と考えられる。馬体重も460kg前後と大型馬ではなく、おそらく流れに合わせて加速ができる器用なタイプと考える。母父トニービンはグレイソヴリン系で、スタミナもあり、強敵相手に好走しやすい特性や連続好走しやすい特性を持っている。重賞挑戦の相手強化もプラス要因と考えて期待する。
No.〔3〕の牝系は、クラシック春シーズンでの好走が多くダービーの時期にもう一段強くなる成長力あり。スペシャルウィークやメイショウサムソンやウオッカがいる牝系で、東京芝コースに向く牝系。分枝記号lは、能力が高くトップクラスのポテンシャルを秘めていて、成長力も豊富。
02/12 10:19

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【安田記念最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼安田記念最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




軍神マルス

予想歴13年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3309
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370

新着回顧共同通信杯2011回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴13年 回収率137%
共同通信杯 混迷の3歳牡馬戦線。
次走狙い馬:ナカヤマナイト   
     
 
3拍手

2011年 タイム 1'48"5 (良) 1FAve=12.06 3FAve=36.17

ラップ
①13.1-②11.5-③12.2-④12.4-⑤12.4-⑥12.5-⑦11.3-⑧11.1-⑨12.0
1FAveとの誤差
①+1.0 ②-0.6 ③+0.1 ④+0.3 ⑤+0.3 ⑥+0.4 ⑦-0.8 ⑧-1.0 ⑨-0.1
テン36.8-中盤37.3-上がり34.4 『加速・中弛み』

『加速』・・・逃げ◎ 先行○ 差し△ 追込×
『中弛み』・・・逃げ◎ 先行△ 差し× 追込○

1着ナカヤマナイト・・・ステイゴールド×カコイーシーズ=サンデーサイレンス×レイズアネイティヴ 〔6-a〕 9-9
2着ユニバーサルバンク・・・ネオユニヴァース×ドクターデヴィアス=サンデーサイレンス×ヘロド 〔2-u〕 2-2
3着ディープサウンド・・・ディープインパクト×Danehill=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔22-d〕 1-1

流れは、テン-上がりのラップ差から『加速』と中盤の弛みから『中弛み』の複合ラップ。展開的には逃げが最も恵まれ、次いで先行、差し・追込には厳しい流れ。土曜日のやや重の馬場より良馬場に回復しての馬場状態から、上がり特化のレースで瞬発力を活かしやすい馬場になったと考える。

1着ナカヤマナイトは、前走ホープフルS2着(=中山芝2000m:0.0秒差)からの好走。ホープフルSを先行して好走した馬はこのレースとは相性が良く、本馬も前走先行して好走していた馬。東京芝コースは2戦(1-1-0-0)と好走していて、今回は好走する条件が揃っていたように思う。ここまでは全7戦(3-3-1-0)と安定感もあるので、今後の活躍にも期待する。
ステイゴールド産駒はスタミナ型のサンデーサイレンス系。ステイゴールドは母父ディクタスの特性がでていて、サンデーサイレンスというよりはサッカーボーイに近い特徴があり、夏~秋にかけてよく軌道に乗ることが多い。ディクタスのスタミナ型の特性とまた強敵相手に食い下がる勝負根性は、ステイゴールド産駒の持ち味。1戦燃焼型のタイプも多く、惨敗後から涼しく巻き返す能力も高い。内枠の多頭数では勝負根性が刺激されるのか、好走の可能性が高くなる特性にも注目。母父カコイーシーズはレイズアネイティヴ系で、まくりの利く中山や阪神の小回りコースに向き、逆に東京コースは苦手な産駒が多い。芝はローカルコース向き。成長力は晩成型で、ダート向きのパワーを備えている。
No.〔6〕の牝系は、直線の長いコース向きで、ハイペースの消耗戦に強い牝系。厳冬期や真夏などシーズンオフに強い特性をもつ。成長能力は早い時期から走るのだが、詰め甘にて人気を背負うと脆い傾向がある。3歳クラシックでは脇役の方が良い仕事をする。分枝記号aは、気性的には素直な産駒が多いが父親よりはスケールが小さくなる傾向。

2着ユニバーサルバンクは、若駒S2着(=京都芝2000m:0.0秒差)からの好走。前走若駒S1着馬は朝日杯FS3着馬リベルタスで、本馬も能力は高かったと反省する。
ネオユニヴァース産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、09年ダービー1着馬ロジユニヴァースを輩出しているダービー好走血統。しかし基本的には中山芝コースなど小回りコースでの好走が多く、短い直線をぐいっと抜けてくる器用さが武器。今回は東京コースでの好走となったが、鋭い瞬発力を繰り出すタイプには能力の高い馬が多く(=アンライバルド、ミクロコスモス、ヴィクトワールピサなど)、本馬もこれまで34秒台前半の上がりを連発している。この点もネオユニヴァース産駒は要注目で、速い上がりを使えるタイプには大物が多く、また内枠で我慢できる能力も強み。母父ドクターデヴィアスはヘロド系で、短距離~マイルで活躍する産駒が多いが、距離適性に幅のあるトワルビヨン系でもあるため中距離までは対応可能。異系のトワルビヨン系だけでなく底力のリボー系も内在するので、母系で存在感を現し底力を与える。
No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。直線の長いコースでの末脚勝負にも強い。分枝記号uは、時計の掛かる馬場でのみ力を発揮することが多く、また早熟傾向。成長能力的には3歳時が勝負になると思うので、クラシック春シーズンは期待したい。

3着ディープサウンドは、前走ホープフルS10着(=中山芝2000m:1.8秒差)からの好走。前走は惨敗だったが、東京芝コースでは1戦1勝で今回1着のナカヤマナイトにも百日草特別では完勝(=東京芝1800m:-0.4秒差)していて、得意コースでの好走と考える。
ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、現時点ではまだスタミナ型なのかスピード型なのか判断がつきにくいが、上位の上がりを繰り出し、スピード型のタイプ(=アグネスタキオン産駒のようなタイプ)と考えられる。馬体重も480kg前後と中型馬なので、おそらく流れに合わせて加速ができる器用なタイプと考える。母父Danehillはダンチヒ系で、ハイペースでもばてないスピードが売りで、高速決着も得意。本格化すると連勝し、前にて勝負すると持ち味が活きる。またサンデーサイレンス系×ダンチヒ配合は安定性が高く、重賞でも好走が多い。
No.〔22〕の牝系は、ビリーヴやサンアディユと同じで、高速決着に強いスピードに優れた牝系。分枝記号dは、精神的にタフなタイプが多く、遠征や重馬場は苦にしない。また前走好走だと次走でも好走しやすい特性も持ち、特にトライアルレースなど前哨戦快勝→GⅠは必殺のローテーションとなる。

02/18 00:06 回顧アクセス:2422


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき

05/28 05:33

ステルヴィオの消し材料は…

まじん
05/20 15:06

興奮したわ

競馬ナンデ編集部
05/11 00:10

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

クライスト教授
05/10 00:43

私感ですが、人気の単騎でも大野の逃げはほとんど見た記憶がなく、正直巧いとは思えません。残り目はあっても勝ち負けは疑問です。...

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>編集長おくりばんと


05/27 22:14

ネオニア>>

>>ネオニア


05/27 19:35

編集長おくりばんと>>

>>ネオニア


05/27 18:18

ムトト>>

>>ネオニア


05/27 17:34

ま。ゼミ塾長>>

>>ネオニア


05/27 17:23

@目黒記念 これはお見事!

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社