12/10 12/11 12/18
12/3 12/4
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] これを見ずに【阪神JF】を買うの?誰もが驚く超穴馬を無料で
新着予想桜花賞2011予想一覧軍神マルスの予想

阪神11R 桜花賞 2011年4月10日(日)
芝外1600 3歳GI 晴良 平均レースレベル3.6

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番












































































































馬名
牝3牝3牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3性齢
555555 55 55 55 55 55 55 5555 55 55 55 55 55 55 55斤量































騎手
単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

BC爺

のび犬

信じる♪

レイ

はまちん

サニーのす

index

マッサ

クライスト

編集長おく「前向きに大ぶり予想」自信度C 2
ハブルバブル
今日の阪神の馬場ははっきり言って読めていない。内がよいのか外がよいのかもわからない。昨日は雨の残っている馬場だったはずだが、なぜだか乾いた今日のほうが時計がかかっている感じもする。わからない。
この春の阪神の馬場は本当にころころとよく傾向が変わると思う。最初はパワータイプが活躍し、そして内が伸びる馬場。そのあと急に時計が速くなったり、外が伸びたり。わからない。

なので、あるひとつの馬場を想定して決め打ちしてみる。
開幕週だけはパワーを要し、そして内が伸びる馬場だった。キョウエイバサラでさえ来た。
そんな中で、ハブルバブルという馬だけは、パワフルな走りで、なん…
絶対の本命「桜花賞で花開く!(オヤジギャグあり)」自信度S 0
このダンスファンタジアは、皆さんも買いか買わないか迷っている最中であろう。
しかし、フェアリーSで見せた脅威のタイム1:33.7は桜花賞のメンバーの中では一番上だろう。とにかく、負けたレースはすべて敗因がわかっているので、ダンスファンタジアに1票。押さえで、外差しが決まる阪神コースで外枠のトレンドハンター、メデタシ、スピードリッパーも立派ーだ(笑)拍手お願い!

参考レース

クイーンC 1着9番ホエールキャプチャ
http://www.youtube.com/watch?v=0ktuZKaZ1Wc

フェアリーS 1着4番ダンスファンタジア
http://www.youtube.com/watch?v=jic3cn1R7L8

買い目

馬複 流し

4-2,6,7,8,10,13,…
まさ自信度C 2
データを書く時間があれば後で書きます。
とりあえず印だけ、

◎トレンドハンター
中1週になってしまったのは少し気になりますが、間隔が開くよりはまだマシかと思います。データを考慮すると他の馬があまり信頼出来ないので、中1週以外に不安な点が無いこの馬を本命に。

○ホエールキャプチャ
1番人気の成績の安定感とこの馬自身の安定感を考えるとこの印に落ち着きました。理想は単勝オッズ3.0倍未満になってくれるとありがたかったのですが、現状では3.0倍を超えてきそうですね・・・。まあそれでも2、3着は確保してくれるでしょう。

▲スピードリッパー
現段階で2桁人気で買えるのはこの馬だけなの…
マッサ「勝てば母仔桜花賞制覇!」自信度C 5
◎ダンスファンタジア
フェアリーSで見せた強さと阪神JFやクイーンCで見せた脆さが同居している馬。
レーヴディソールの戦線離脱で押し出される形で人気になったホエールキャプチャと比べても能力的にはひけを取らないと感じている。
阪神JF、クイーンCで先着を許しているが、その2回はペースが遅かった事で折り合いを欠き、精神的に弱いこの馬が自滅した格好となった。
マイルGⅠの舞台で1000m60秒を超える様な緩い流れにはならないハズ。フェアリーSの様にペースが上がり折り合いがつけば自分の能力を発揮出来ると思う。
カギは折り合いだけ。

○ホエールキャプチャ
阪神JF2着馬で年明けのクイー…
BC爺「毒を食らわば皿まで」自信度D 1
◎フォーエバーマークは前走が厳しい流れだったフィリーズレビュー。
特にその前のレースで非常に楽なレースを逃げ切った後でしたし、
しかも逃げられないという厳しい状況で結構粘りました。

実績の無い1600になりますが、阪神JFもそれほど負けておらず、
今回は前走から一転して高速馬場ですし、展開もずっと楽。
2走前を見ても能力は高いと思うので、レーヴが抜けたここなら。

○スピードリッパーは安定感抜群。
とにかく勝ち切る決め手が無いですけど、精神的にしっかりしています。
容易には崩れないでしょう。

▲ダンスファンタジアは好凡走の差が激しいので凡走後の方が期待できます。
精神的に強いのか…
××少年A自信度S 3
◎ホエールキャプチャ○マルセリーナ▲デルマドゥルガー△ライステラス△フレンチカクタス△トレンドハンター

レーヴディーソールが不在の中、やはり本命にはホエールキャプチャを挙げるほかない。外枠は少々不安だが、前走の強い走りは素直に評価するべき。むしろ負けたら池添。。。
対抗馬は、当然マルセリーナ。シンザン記念の走りからも、最悪3着は固いだろう。
デルマドゥルガーもひけはとらない。クイーンカップでの走りが脳裏に焼きついて離れない。内枠すぎるのはどうかが問題だが、買うべき一頭であることは間違い。
印をつけていない馬は無理と見ていい。
特にダンスファンタジアは実力はあるが脆すぎる。単勝オッ…
index「⑧マルセリーナVS⑥バブルバブルVS90%奇数番」自信度S 3
【最終選択~馬番で確率を】

10 ⑨★⑪
09 ⑨★⑮
08 ⑮★⑬
07 ★★⑬
06 ★★★→3頭共偶数番
05 ⑰⑦⑨
04 ⑨⑬★
03 ⑨⑬★
02 ⑮★③
01 ★⑬★
00 ★⑪★
99 ★⑰★
98 ⑨⑮★
97 ★★★→3頭共偶数番
96 ★⑬⑨
95 ★⑰⑬
94 ①⑦★
93 ★★⑪
92 ⑨⑪★
91 ⑮★★

過去20年で3頭共に偶数番号で決まったのは2回。

3連複
⑥⇔⑧⇔奇数番

奇数番の中でも⑰番号が押せる。
対角の②番馬が現在6番人気と穴人気しているから。

あと⑤と⑦。
⑧と⑥が馬券に成ることが前提だが、もし⑤か⑦が馬券になれば、久々の桜花賞での枠ゾロ目が発生することになる。
レジネッタ、ソーマジック以来の…
××ふぃりー「不利を受けてた馬を」自信度A 5
◎ホエールキャプチャ
阪神JF2着の馬。実力も同世代で強いといわれてるオルフェーヴルに勝っていたりと、実力はピカイチ。
追いきりのラスト1ハロンタイムも絶好調を後押しするもの。

○メデタシ
チューリップ賞3着の馬。2着のライステラスを外して対抗に入れてみました。2着馬のライステラスに妨害されてかかり気味にならなければライステラスを圧倒していたかも。
とにかくラスト1ハロンからの伸びが良かった。
追いきりタイムは今大会一。

▲デルマドゥルガー
クイーンC3着の馬。この馬もラスト1ハロンまで前が開かず、最後の追いは素晴らしいもの。
内容としてはかなりいい競馬をしていた。


今…
××レイ「能力ならこの5頭!フィリーズ組とチューリップ組はないだろう」自信度S 17
◎マルセリーナ ○ホエールキャプチャ ▲デルマドゥルガー
▲トレンドハンター ▲ハブルバブル ×ライステラス
×メデタシ(自分では2重×ぐらいにしたい気持ち)
兄がメデタシを押しているのに対抗している部分はありますが・・・

今回はフィリーズ組とチューリップ組は弱いと考え話をします。

◎マルセリーナ 前走圧勝しているのと、前々走2着だった馬がスプリングSを勝ちその馬と差のない競馬を出来ることから評価したのでホエールキャプチャと互角だと思ったが、枠からこちらを本命にした。

○ホエールキャプチャ クイーンCを快勝しているしレーヴディソールに詰めよった馬だから。

▲デルマドゥルガー 意…
×はまちん「レーヴディソールがいなくなったから・・・( ゚∀゚)」自信度B 9
今年の桜花賞をブルーハーツに例えると絶対的なカリスマ甲本ヒロト(レーヴディソール)が直前の体調不良で歌えず、マーシー(その他の人気馬)と河ちゃん、梶くん(人気にもならない馬)の3人で強引にライブをやってしまうようなものか(´゚ω゚):;*.':;ブッ  河ちゃん、梶くんファンだった人はごめんね。

 土曜の阪神は後半3レースが良馬場で行われたが、内が止まらずに外差しがまったくきかなかった。日曜日にすべて乾ききってどうなるかわからないが、普通に考えればイン有利は変わらないと思う。外枠の馬は嫌って内枠の先行馬から入るのがベターな選択だろ。

 そこでシラハノヤが立ったのはフォーエバーマーク。…
信じる♪「今の牝馬路線は調整難でかわいそうな部分もある」自信度C 6
今年は不運にも震災で調整を狂わされている馬も多い。このレースもなかなか調整に疑問。トライアルで日程変更余儀なくされてここへの調整で工夫がいった馬も多い。そして絶対視されていた馬の故障での離脱。

土曜日の馬場を見るとレースを追うごとに外が伸びてこない現象になってきた。一番狙いたいのは坂を駆け上がるまで追い出しを我慢して一瞬の爆発力で勝負できるタイプの騎手・馬を狙いたいけどなかなかそこを予想するのは難しい

本命はデルマドゥルガー。とにかく調教の動きがすばらしい。本当にあの日がピークでないことを祈るかのように。あとは東京でも堅実に走れるし中山でも走れる器用さも兼ね備えていると…
××夜明けのば「開き過ぎるよりも中一週」自信度A 3
桜花賞馬のイメージは12月の阪神JFの上位馬でチューリップ賞1・2着馬。

また別の路線組では前述の2頭よりも実績面で次位グループに属しフィリーズ上位馬。

遅いデビューの素質馬でフラワー1着馬。

500万勝ちまたはオープン勝ちの一流馬で当レースの上位人気馬。


該当馬は以下の通り

ライステラス(阪神JF3着・チューリップ2着)
レーヴディソールに再度、果敢に挑んだ姿勢は買えるものの0.7秒も離されては掲示板がやっとかなと思ってしまう。

フレンチカクタス(クイーン4着・フィリーズ1着)
レーヴを避けて適距離と思えるフィリーズで重賞勝ち、デビュー以来7戦目となる桜花賞…
ザプレ基地「脚を伸ばせば勝てるんだ! いい加減に勝とうぜ、ライステラス!」自信度C 5
タイトル書きたかっただけ。元ネタ分かる人いるかな。

阪神JF2着、クイーンCを完勝したホエールキャプチャさん。
レーヴディソールの戦線離脱で一強ムードに。

……本当にそうなんですかね? ムードだけだと思うんだけどな。
一強っていう、その幻想をぶち殺したいです。

◎ライステラス
阪神JFは正攻法の競馬で直線先頭に立ち3着。
ホエールキャプチャに先着を許す形になるわけですが、
あちらは枠の利を活かして最内を突いてのパフォーマンス。
今回の枠ではまず出来ません。する気もないだろうし。
ロスゼロの競馬vs工夫ゼロの競馬で0.2秒差なら充分逆転可能です。
チューリップ賞は「間に合った」程度…
イズリント自信度B 6
マルモセーラとマルセリーナと名前がややこしい(; ゚ω゚)
それは置いといて、阪神の馬場はBコースになってからというもの内枠先行が有利な馬場になってしまった。タイムも速くなってるし、パワーのいる高速馬場といったところか。ダービー卿CT→ニュージーランドTと先行押し切りが見られてたのも興味深い。

個人的な見解ですが、今回のメンバーは色々と注文のつく馬が多いので淡い期待も込めての予想になりそうです。


◎デルマドゥルガーは父リンカーン×母父ジェイドロバリー。ヘイルトゥリーズン4×5(ヘイロー×ロベルト)とノーザンダンサーの5×5×5(サドラー×ニジンスキー×ダンチヒ)と面白い多重クロスを持って…
たつやりん「①フォーエバーマーク!逃げて逃げて逃げまくれ!」自信度B 2
◎:①フォーエバーマーク
○:⑰トレンドハンター

..........この2頭だけピックアップしておけばおk.なかなか混戦だと思うし,無理に△印を乱発させてもしょうがない。
.........◎印(本命)は1枠1番のフォーエバーマーク。前走(G2)2番人気で7着だったが,前走で(G2)2番人気だったのに今回は12番人気になっているとは前走を神経質に考え過ぎ。3歳戦は何回も走っていない馬が多いのもあって前走が過剰に評価される傾向が強いと思う。よって,前走は力不足ではなくヘマだった場合,その翌走(つまりこのレース)でこれまで通りの力を発揮し,あっさり勝ってまた評価され直されることが往々にしてある。
....…
春日部「ホエールキャプター桜」自信度C 14
桜の咲く季節に花見を自粛という流れがあるのは、なんとも日本人らしい。
不謹慎とする事で経済活動の悪化を厭わないという、
感情が理性に打ち勝つ世界でも稀な試みである。
この良し悪しについては言及しないが、こういう一つの特殊な連帯感が
のちの日本復興に少しでも繋がる事を今は祈るしかない。
今年の桜花賞は東北産のお酒を買って、飲みながら観戦したいものだ。

ところで、不謹慎な馬名といえば捕鯨ことホエールキャプチャ。
豪州遠征なんかした日には、それこそ国際問題になるだろう。
しかしその馬名の由来は、単に父名からの連想である。
かの黒船が浦賀に来航した目的、それはアジア圏の植民地支配…
×新進気鋭「ライステラスは軸不動」自信度S 8
JFのレースを思い返すとホエールキャプチャは内を上手く抜け出したにすぎない。終始外を回され、早めに仕掛けながらも、あの着差を考えればあのライステラスの3着はホエールキャプチャの2着より価値が高い。更に前走から格段に状態は上向いているため、ここは軸としたい。私的には馬連でも勝負出来ると思うが、ここはいつも通りワイドで行きたい。

という事で、ライステラスからスピードリッパー、ダンスファンタジア、フレンチカクタス、マルモセーラの4通りで勝負します。ヒモはおいといてライステラスは自信があります。
今回は今月使える金を全てぶつけます!…
koo自信度C 3
外回り開催からの近4年の3着馬以内12頭のうち、
「10頭が前走OP以上で3着以内」「残りの2頭は重賞勝ち」
なので、重賞未勝利で、前走4着以下は除く。
(1)重賞未勝利で、前走4着以下…①③⑤⑨⑪⑫⑱
(2)前走0.7差以上で敗退【0-0-0-15】…⑤⑪⑫⑬⑭⑱

以上をまず消す。

そして、今年はローテの問題が。

Fレビュー組は開催直前の震災で1週延期、本番まで中2週に。
さらに、近4年【1-0-0-18】と相性悪い。
(1着の08年レジネッタは阪神JFで0.5差の結果を出していた。)
内回り1400mと、外回り1600mでは参考にならないためだろう。
よって、ばっさりと消す。

フラワーC組は最終追い前に変更が発表されたが、
本番まで中1…
一気呵成自信度C 4
エーシンハーバー:前走の阪神Fレビューは、直線で再三の前がカットされる不利があったが、それでも差のない3着。スムーズなら勝ち負けだった。今日のNZTは、エイシンとエーシンが、8番と6番で1着2着の結果、明日は7番のエーシンが優勝です。G1勝利の連続記録を武豊は更新して欲しい。

マルセリーナ:前5年で4連帯の安勝を鞍上に、松田厩舎が送り込むマルセリーナは、シンザン記念でレッドデイヴィスの3着、スプリングを勝ったオルフェーヴルが2着とレベルの高いレースで結果を出しています。

トレンドハンター:松田厩舎が送り出すもう1頭ですが、ダート馬ではなく本物です、松田厩舎のワンツーも考…
バニーボー自信度S 1
◎はメデタシ。
朝一番の内目の時計の出る条件だったとはいえ坂路49秒7て。
前走は前が詰まっての3着で、7枠くらいなら丁度いいかも。
小柄なのでビッシリやった調教の影響で馬体が気になるが、大きく減らしてなければ、やってくれるのではと思います。

○はホエールキャプチャ。
レーヴディソールに現状、一番肉薄していたのはこの馬。
阪神マイルだったことを考慮しても心強い実績。逃げて良し差して良しの自在性で崩れることは考えにくい。欲を言えば、馬込みでも競馬が出来るので内枠のが良かったかもしれない。その辺の影響で取りこぼしたりする可能性もあるか。

▲はマルセリーナ。
シンザン記念の1,2着馬はい…
スナフキン「生産傾向と四位の思い」自信度C 2
「主な牝馬戦」
*社台系生産馬
非社台系生産馬

赤松賞   *ダンスファンタジア  フレンチカクタス   サイレントソニック
サフラン   ライステラス       ニシノステディ    *スピードリッパー
ひいらぎ  フレンチカクタス    デルマドゥルガー  *ショウナンカライス
阪神JF   * レーヴディソール ホエールキャプチャ  ライステラス
ファンタジ   マルモセーラ     *ホーマンリップ    ホエールキャプチャ
紅梅S     *モアグレイス      シナル        ウッドシップ
フェアリー *ダンスファンタジア  *スピードリッパー *アドマイヤセプター
ク…
ばっじょ「アンチディープ論継続中…我慢が利いて激走配合。」自信度A 6
●ダンスファンタジア『ファルブラフ/SS(Nijinsky)』

(狙い方次第で本命も)

G1戦線で活躍したダンスインザムードの初仔です。『ファルブラフ/SS』というとローズS2着のワイルドラズベリーになるのですが、同馬の母ダンスインザムードがダンスインザダークと同じでST志向の強い傾向がある一族です。

その感じが重厚にでればHペースで展開される総合力向きの競馬は向いていると思うのですが、イメージがダブルのはチューリップ賞、京都牝馬Sを制したショウリュウムーンで適性距離は14‐16芝短めに思います。

●トレンドハンター 『マンハッタンカフェ/BT(Storm Cat)』

(内枠で妙味)

万能型:マンハッタンカ…
××のび犬「ゆったりローテが吉と出る」自信度C 6
◎マルセリーナ
◯ライステラス
▲メデタシ
△エーシンハーバー
△ホエールキャプチャ

無敗の女王レーヴディソールの故障によって、一転して混戦となりました。震災の影響でステップレースの日程、コースに変更があり、それがどのような影響を与えるのかが、大きなポイントだと思います。

過去のデータ(阪神回収後の過去4年のデータ)を見るとレース間隔が詰まれば詰まるほど不振の傾向。例年よりも間隔が詰まってしまったフィリーズレビューとフラワーC、特に中一週のフラワーC組はローテーション的に厳しくなったと言えるでしょう。

あと、外回りで行われるようになってからは直線の長いコースの1600で勝った実績…
××たけぼぉ自信度C 2
◎⑮フレンチカクタス
・前走は距離短縮で速いペースだったからか後方からになったが快勝で、阪神コースは合うと思われる
○⑯ホエールキャプチャ
・ここまで馬券圏内を外した事が無く安定感は抜群にある
▲⑰トレンドハンター
・距離短縮で後方からになりそうで、前走の内容も時計的には十分通用だがきついローテになる
△⑩スピードリッパー
・成績は未勝利勝ちのみだが、一押しが効けば粘り込みも
△⑥ハブルバブル
・連闘から中二週のローテはかなり厳しく上積みは見込めないが、能力はある
△⑬ライステラス
・栗東滞在で挑むのは良いが今年のチューリップ賞組のレベルは疑問

切り
⑭メデタシ
・前走より馬体重が減ら…
××サニーのす「枠出るの早いっすね」自信度B 5
人気になりそうなホエールキャプチャ、トレンドハンター、フレンチカクタス、ライステラスがずいぶんと外に入りました。先週の馬場は圧倒的に内枠有利だったのでこれはさすがにマイナス材料と捕えるのが妥当か。
しかし外回りになってからはまぁほとんど内の馬が残らないんですよね。
連対馬が抜けて強かったダイワスカーレット・ウオッカは7,8枠。
レジネッタで大荒れになった年は1~3着馬が7,8枠。
ブエナビスタが外から全部差したときは2,3着が7,8枠。
しかし去年のような超高速馬場を作った年は逃げたオウケンサクラが残ってアパパネが好時計勝ち。その時は外枠は死んだ。

レーヴディソールがいれ…
カメハウス自信度C 4
トライアルの日程がずれた今年はどんな影響がでるんでしょうか?
1週早くなって2ヵ月空くクイーンC。
1週ずつ遅れたFRⅡとフラワーC。
フラワーCは中1週になるのがどうでるか。

◎マルセリーナ
 不安なのはローテだけ。タイム・対戦相手共に文句ないかと。
 シンザン記念の1・2着はその後のスプリングC/毎日杯を勝ってますし、そのメンバーで1番人気に推されたドナウブルーにも先着。

○エーシンハーバー
 フィリーズレビューのなかならこの馬かと。
 レースレベル自体疑問なのですが、ドナウブルーと共に上がってきた最後の伸び脚が桜花賞では活きてくるはず。
 穴ならこの馬。

▲トレンド…
××クライスト「岩田か北村宏か?」自信度S 6
◎=フレンチカクタス

藤沢和厩舎以外で北村宏がG1を獲れる最後のチャンスかもしれない。必死の騎乗に期待。

○=トレンドハンター

松田博&千代田牧場の両方を背負っている同馬に期待。岩田康ならその気になれば桜花賞など次年度でも獲れる可能性が高い分で対抗に!

▲=マルセリーナ

ホエールキャプチャとどちらにしようか迷ったが、社台系生産馬の代表が同馬なのでこちらを単穴に。

X=ホエールキャプチャ

やはりクイーンCからのローテが気に入らないので4番手に。

X=ダンスファンタジア

両極端な成績が示すように、人気ほどの信頼性に欠けるのが気掛かり。その上、騎乗厩舎の所属騎手が生…
雨龍泥舟「レーヴディソール、右前脚のトウ骨遠位端部分の骨折」自信度C 4
レーヴディソール、右前脚のトウ骨遠位端部分の骨折
ソースはクラブHP

70文字制限に引っかかりましたので、何か書きます。
大変なことが起こりました。馬券的には面白くなったのでしょうが…。残念!

-----
とりあえず暫定予想。
今年は日高産馬のチャンスだろう。同時に関東勢にとっても…。
非社台・関東所属馬に印をつけることにする。

レーヴディソールのリタイアにより混戦になったというのが大方の見方だろうが、私はホエールキャプチャが頭一つ抜き出ていると見る。この馬は去年のアパパネ程度には強い馬ではないか。

相手にフレンチカクタス。紙上パドックの写真を見ても、雄大な馬格のいい…

タイム 1:33.9 4F 47.2 3F 35.4
単勝8番380円(2人気)
複勝8番140円(2人気)16番120円(1人気)17番230円(4人気)

軍神マルス<08期 東前頭二枚目>
「桜花賞 桜花賞に有利なステップと実績。」
ライステラス12着/5人気
○マルセリーナ▲ホエールキャプチャ  
    
2175
12拍手

★傾向分析★
2007年 タイム 1'33"7 (良) 1FAve=11.71 3FAve=35.14
テン35.7-中盤24.1(3F換算36.15)-上がり33.9 『加速・中弛み』
1着ダイワスカーレット・・・アグネスタキオン×ノーザンテースト=サンデーサイレンス×ノーザンテースト 〔4-d〕 3-5
2着ウオッカ・・・タニノギムレット×ルション=ロベルト×ネヴァーベンド 〔3-l〕 7-6
3着カタマチボタン・・・ダンスインザダーク×Bob Back=サンデーサイレンス×ロベルト 〔12-b〕 3-3

2008年 タイム 1'34"4 (良) 1FAve=11.80 3FAve=35.40
テン34.6-中盤23.9(3F換算35.85)-上がり35.9 『前傾・中弛み』
1着レジネッタ・・・フレンチデピュティ×サンデーサイレンス=ヴァイスリージェント×サンデーサイレンス 〔4-m〕 10-10
2着エフティマイア・・・フジキセキ×ニホンピロウイナー=サンデーサイレンス×ハビタット 〔4-k〕 6-6
3着ソーマジック・・・シンボリクリスエス×Fairy King=ロベルト×ノーザンダンサー 〔16-f〕 8-6

2009年 タイム 1FAve=11.75 3FAve=35.25
テン35.9-中盤24.2(3F換算36.30)-上がり34.9 『一貫・中弛み』
1着ブエナビスタ・・・スペシャルウィーク×Caerleon=サンデーサイレンス×ニジンスキー 〔16-c〕 16-15
2着レッドディザイア・・・マンハッタンカフェ×Caerleon=サンデーサイレンス×ニジンスキー 〔16-b〕 12-12
3着ジェルミナル・・・アグネスタキオン×Double Bed=サンデーサイレンス×ノーザンダンサー 〔7-e〕 14-14

2010年 タイム 1'33"3 (良) 1FAve=11.66 3FAve=34.99
テン35.6-中盤23.3(3F換算34.95)-上がり34.4 『加速』
1着アパパネ・・・キングカメハメハ×Salt Lake=ミスプロ×ヴァイスリージェント 〔9-f〕 5-4
2着オウケンサクラ・・・バゴ×リアルシャダイ=レッドゴッド×ロベルト 〔4-m〕 1-1
3着エーシンリターンズ・・・キングカメハメハ×キャロルハウス=ミスプロ×ターントゥ 〔8-c〕 3-2

流れは07年は『加速』、08年は『前傾』、09年は『一貫』だが、ともに『中弛み』の流れは複合している。10年は『加速』の流れ。牝馬限定戦は『中弛み』の傾向が強く、牡馬ほどスタミナがないのが影響してなのか、中盤に弛みがでて上がり勝負になりやすい傾向にある。

血統の傾向は、アグネスタキオン(=07年1着ダイワスカーレット、09年3着ジェルミナル)、ダンスインザダーク(=07年3着カタマチボタン)、フジキセキ(=08年2着エフティマイア)、スペシャルウィーク(=09年1着ブエナビスタ)、マンハッタンカフェ(=09年2着レッドディザイア)、母父サンデーサイレンス(=08年1着レジネッタ)の好走から、サンデーサイレンス系のキレが重要と考える。中盤が弛み、瞬発力の上がり勝負ならサンデーサイレンスのキレが最も活きる流れと考える。
また10年はかつてのサンデーサイレンスのようにクラシック好走の多かったキングカメハメハ産駒(=10年1着アパパネ、10年3着エーシンリターンズ)も好走していて、キングカメハメハ産駒も瞬発力勝負に強くサンデーサイレンス系と同じように評価しても良いかもしれません。

また阪神コース馬場改修後は、桜花賞好走馬が次走東京芝2400m(=ダービーオークス)で好走する傾向に。以前の内回りの時にはスピードの持続性能が問われやすくなかなかつながりにくい傾向でしたが、外回りに替わり瞬発力のキレ勝負になりやすいことからつながるようになったと考えます。次走も狙いたい馬を評価するのもありと考えます。それからスタミナ型サンデーサイレンス系(=ダンスインザダーク、スペシャルウィーク、マンハッタンカフェなど)が好走しやすい傾向となり、瞬発力とスタミナは必要な適性と考えます。

牝系の傾向は、No.〔4〕〔16〕の牝系が好走馬多し。
どちらもスタミナを活かしやすい距離延長に対応しやすい牝系。オークスでの好走も多い牝系です。

ステップの傾向は、桜花賞と同じコース(=阪神芝1600m)を使用するチューリップ賞好走馬が好走しやすい傾向(=チューリップ賞桜花賞:07年2着→1着ダイワスカーレット、07年1着→2着ウオッカ、09年1着→1着ブエナビスタ、10年2着→1着アパパネ、10年3着→3着エーシンリターンズなど)。特に阪神JF好走→チューリップ賞好走と阪神芝1600mで好走歴がしっかりとある馬は堅軸と考えて良いと思います。
また近年エルフィンS好走馬(=京都芝1600m)は桜花賞と相性が良い傾向(=エルフィンS→桜花賞:07年1着→2着ウオッカ、08年3着→1着レジネッタ、09年1着→2着レッドディザイア、10年1着→3着エーシンリターンズなど)。

★予想★
桜花賞好走確実と思われたレーヴディソールが戦線離脱にて、混戦模様の桜花賞。これまでの実績やトライアルを考察してみての予想です。

ライステラス・・・ソングオブウインド×スピードワールド=ミスプロ×ヌレイエフ 〔6-a〕
前走チューリップ賞2着(=阪神芝1600m:0.7秒差)。前走は1着馬レーヴディソールには完敗ながらも、しっかり2着は確保。そのレーヴディソールが故障回避ならば、阪神JF3着(=阪神芝1600m:0.3秒差)→チューリップ賞2着と毎年好走している馬の傾向に合致するので、堅軸と考えて期待する。前走の内容を活かし、上がり特化の瞬発力勝負では分が悪いと思うので、早めのスパートにてどれだけ粘れるか?という内容を期待する。
ソングオブウインド産駒はキングマンボ系で、昨年の桜花賞で好走したキングカメハメハと同じキングマンボ系。格の高いレースで究極のスピード競馬(=レコード決着)になるほど凄味をきかす血統。厳しい展開ほど持ち前の底力が活き、2歳から走れる完成度の高さと成長力がある。ソングオブウインド自身菊花賞で好走したので、距離延長に向くのかもしれない可能性を秘めているが、今年が初年度産駒のためまだ未知数。ただしソングオブウインドの父エルコンドルパサーは、多数のステイヤーとダートの一流馬を輩出しているので、スタミナが豊富で成長力と息の長さは期待できると考える。また父母父サンデーサイレンスということで器用さもある程度備わっているのでは?と考える。とりあえずは自身で強気に動くようなレースに向く、芝・ダート兼用タイプと考える。母父スピードワールドはミスプロ系で、成長力はやや早めで2歳~3歳での活躍が多く、素軽いスピードを持つが底力には欠ける特徴あり。
No.〔6〕の牝系は、直線の長いコース向きで、ハイペースの消耗戦に強い牝系。厳冬期や真夏などシーズンオフに強い特性をもつ。成長能力は早い時期から走るのだが、詰め甘にて人気を背負うと脆い傾向がある。今回は好走しやすい伏兵の立場と思うので、この特性にも期待する。分枝記号aは、気性的には素直な産駒が多いが父親よりはスケールが小さくなる傾向。
 
マルセリーナ・・マルセリーナ・・・ディープインパクト×Marju=サンデーサイレンス×ノーザンダンサー 〔9-f〕
前走エルフィンS1着(=京都芝1600m)。近年エルフィンS好走馬は桜花賞と相性が良く、その傾向から期待する。また2走前のシンザン記念では1着レッドディヴィス(=次走毎日杯1着と重賞2連勝中)、2着オルフェーブル(=次走きさらぎ賞3着→スプリングS1着と重賞好走中)と好走した上位馬が世代トップクラスの牡馬であるので、その牡馬と僅差の勝負をした前々走シンザン記念3着(=京都芝1600m:0.3秒差)の内容から、牝馬では能力上位と期待する。
ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、現時点ではまだスタミナ型なのかスピード型なのか判断がつきにくいが、本馬は前走33秒台の上がりを使い好走し、今回も上がりは33.9と速い上がりを使えているので、スピード型のタイプ(=アグネスタキオン産駒のようなタイプ)と考えられる。父母父リファール系からも追って延びる産駒が多いと考え、末脚勝負は得意。特に馬体重450kg以下の小柄な産駒はキレに優れていて、逆に500kg以上の産駒は少しジリ脚な傾向が見て取れる。軽量馬は瞬発力を活かしやすいが、大型馬は加速するまで時間がかかるがその後ばてない末脚を繰り出すような感じに思う。前者は父系のサンデーサイレンス系の瞬発力を活かしやすく、後者は父母父リファール系の特性を活かしやすいと考える。母父Marjuはノーザンダンサー系で、距離は1600m~2400mまで幅広くこなし、また活躍馬は2歳から古馬までと年齢層も厚い。特に高齢馬をなめてかかると痛い目に合う(=セニョールグループの特性で、地味にしっかりと力をつけて高齢でも衰えが少ない)。海外ではGⅠ馬も多数輩出しているが、前哨戦やトライアル的なレースに向いた血統でもある。スピードの持続力があり、時計勝負も得意。
No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコースは鬼門だが、広いコースは好走が多く阪神芝コースでも好走が多い。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面叩いて一変が少ないタイプ。この特性からやや間隔が開いたローテションでも好走可能と判断する。

ホエールキャプチャ・・・クロフネ×サンデーサイレンス=ヴァイスリージェント×サンデーサイレンス 〔12〕
前走クイーンC(=東京芝1600m)。前々走阪神JF2着(=阪神芝1600m:0.1秒差)。重賞連続好走中にて、能力は高く実績は出走馬ではNo.1と考える。
クロフネ産駒はヴァイスリージェント系で、鮮度と勢いが好走に非常に重要なポイントとなる。芝もダートも走れる兼用型だが、同系のフレンチデピュティと比べるとややパワー型で、持久力も豊富。勢いがある時には連勝も多く、上昇馬はクラスの壁を突き抜けて短期間にまとめて稼ぐ特性を持つ。母父サンデーサイレンスは、勢いに乗じて連続好走しやすい特性を持ち、鮮度の高い時によく好走する。重賞挑戦など格上相手にもよく好走し、重賞初挑戦などは特にプラス要因となる。父×母父ともに鮮度と勢いは前走好走から十分に期待できる状態と考え、また本馬に関してはヴァイスリージェント系なのでやや間隔が開いても好走可能な状態と考えて好走に期待する(=ヴァイスリージェント系は使い詰めるとパフォーマンスが低下しやすいが、逆にリフレッシュした休み明けは苦にせずに好走しやすい)。
No.〔12〕の牝系は、早い時期から走る馬もいるが、3歳秋から古馬にかけて本格化する馬が多い牝系。また高齢でも衰えが少なくタフな馬が多い。分枝記号なしは、やや晩成気味ながらも、平均的に能力を発揮するタイプと考える。

デルマドゥルガー・・・リンカーン×ジェイドロバリー=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔14-b〕
前走クイーンC3着(=東京芝1600m:0.2秒差)。これまでは中山芝コースで好走が多く、新潟芝コースや東京芝コースなどでは2・3着になることが多い小回りコース向きの馬。キレ味勝負にはあまり向かない馬だが、阪神芝コースで早めスパートするようなら◎ライステラス同様に粘りこめると考えて評価。
リンカーン産駒はサンデーサイレンス系で、今年が初年度産駒。未だ未知数なところは多いが、リンカーン自身がサンデーサイレンス×トニービン×サドラーズウェルズ配合という点を考えると、持久力が豊富で、ジリ脚っぽいステイヤーが多数出そうスタミナ型サンデーサイレンス系と思われる。リンカーンの母系はフサイチコンコルドやミラクルアドマイヤなど活躍馬を出している種牡馬がいるので、本馬も能力の高い馬を輩出する可能性は高く、また高齢まで侮れない産駒を出しそうな成長力もあると思われる。能力の高い馬はアドマイヤベガのように(=サンデーサイレンス×トニービン配合から)瞬発力も備えると思われるが、トニービン×サドラーズウェルズ配合からはやや不器用そうな馬も多数輩出しそうな感じは予想できる。母父ジェイドロバリーはミスプロ系で、ダート中距離で数々の脇役を輩出してきたダート血統。ミスプロ系特有の素軽い短距離馬は少数派で、忙しい流れよりもゆったり追走できる距離延長は合う。ただし距離が長くなると詰めが甘くなる傾向あり。本来は小回りコース向き。
No.〔14〕の牝系は、早い時期にも活躍する馬もいるが、総じて晩成型で古馬になって強さを発揮する。分枝記号bは、鮮度と勢いが好走に重要なポイント。重賞初挑戦など鮮度の高い時は好走率が高い。前走重賞好走の勢いと初GⅠの鮮度に期待する。

他に気になる馬はダンスファンタジアトレンドハンター
ダンスファンタジア・・・ファルブラヴ×サンデーサイレンス=ノーザンダンサー×サンデーサイレンス 〔7〕
前走クイーンC6着(=東京芝1600m:0.4秒差)。母ダンスインザムードは04年桜花賞馬。能力は高いが気性の荒さも譲り受けている。好走・凡走の落差が大きいため、絶対の信頼は置けず、5番手評価に。
ファルブラヴ産駒はノーザンダンサー系で、同系のエリシオなどと同じく2歳や3歳春に好走する早熟の快速牝馬がでやすい特性がある(=レーヴダムール、ビーチアードル、ラルケットなど。エリシオ産駒ならヘルスウォール、シェーンクライトなど)。牝馬のスピード馬は多数いるのだが、現状は芝1200mや芝1400m、芝1800mが主戦場で稼ぎ所。夏を境に上昇する産駒も多い。クラシックを見据えて考えると少し不安な点はあるのだが、現時点での完成度は高く、また芝2000mまでなら対応可能と考えて評価する。母父サンデーサイレンスは、勢いに乗じて連続好走しやすい特性を持ち、鮮度の高い時によく好走する。前走6着で0.4秒差とこの特性を活かすにはやや勢いは足りないと考え評価を下げました。。
No.〔7〕の牝系は、牡馬と互角に戦う牝馬が多く、京都コースや阪神コースでの好走が多い牝系。また距離変更ショックや位置取りショックなどのショックが良く効く特性があり、間隔を詰めた時にも良く好走する。分枝記号なしは、産駒ごとに得手不得手ははっきりしているものの、平均的に能力を発揮し、やや晩成傾向。

トレンドハンター・・・マンハッタンカフェ×ブライアンズタイム=サンデーサイレンス×ロベルト 〔22-d〕
前走フラワーC1着(=阪神芝1800m)。前走は初芝と初めて後方からの競馬で好走。ダートの経験も活かし、厳しいペースでも好走可能と考えるが、緩いペースでの瞬発力勝負の裏づけがないため、評価は6番手に。
マンハッタンカフェ産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、ステイヤータイプだが軽い先行力を持ち、難儀な不発が少ない堅実さが特徴で、前半に脚を溜めれば鋭い瞬発力も使える。母父ブライアンズタイムはロベルト系で、タフな展開や目一杯に仕上げられた時にMAXの能力を発揮するスパルタ型。ペースの緩まないマイル戦はプラス要因。父×母父ともに桜花賞で好走のある血統配合でもあるので、好走する下地は十分にあると考える。
No.〔22〕の牝系は、、ビリーヴやサンアディユと同じで、高速決着に強いスピードに優れた牝系。分枝記号dは、精神的にタフなタイプが多く、遠征や重馬場は苦にしない。また前走好走だと次走でも好走しやすい特性も持ち、特にトライアルレースなど前哨戦快勝→GⅠは必殺のローテーションとなる。この特性は期待できる部分ではあるのだが、前走ダート→芝替わりで鮮度の高い状態での好走だった分、やや割引する必要があると考えて評価を下げました。
04/10 10:01


中京開催への変更後は1番人気が2年連続で大敗

今年も馬券で注目は……

アノ危険な人気馬よりデキ急上昇のアノ超穴馬だ!

この超穴馬で3連単1000倍も狙える!?

第17回チャンピオンズC(G1)

3連単超穴フォーメーション
無料で教えます

チャンピオンズCの3連単はコチラ



軍神マルス

予想歴13年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数3177
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

4-14-10番: 12,370

新着回顧桜花賞2011回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴13年 回収率137%
桜花賞 エルフィンSは重要ステップ。
次走狙い馬:マルセリーナ 次走狙い馬:ホエールキャプチャ
     
 
5拍手

2011年 タイム 1'33"9 (良) 1FAve=11.74 3FAve=35.21

ラップ
①12.1-②11.0-③11.5-④12.1-⑤11.8-⑥11.3-⑦12.0-⑧12.1
1FAveとの誤差
①+0.4 ②-0.7 ③-0.2 ④+0.4 ⑤+0.1 ⑥-0.4 ⑦+0.3 ⑧+0.4
テン34.6-中盤23.9(3F換算35.85)-上がり35.4 『前傾・中弛み』

『前傾』・・・逃げ× 先行△ 差し○ 追込◎
『中弛み』・・・逃げ◎ 先行△ 差し× 追込○

1着マルセリーナ・・・ディープインパクト×Marju=サンデーサイレンス×ノーザンダンサー 〔9-f〕 15-16
2着ホエールキャプチャ・・・クロフネ×サンデーサイレンス=ヴァイスリージェント×サンデーサイレンス 〔12〕 15-17
3着トレンドハンター・・・マンハッタンカフェ×ブライアンズタイム=サンデーサイレンス×ロベルト 〔22-d〕 17-18
4着メデタシ・・・ディープインパクト×クロフネ=サンデーサイレンス×ヴァイスリージェント 〔14-c〕 17-12
5着フォーエバーマーク・・・ファルブラヴ×ダンスインザダーク=ノーザンダンサー×サンデーサイレンス 〔9-c〕 1-1

流れは、テン-上がりのラップ差から『前傾』と中盤の弛みから『中弛み』の複合ラップ。展開的には追込が最も恵まれ、次いで逃げ、先行・差しには厳しい流れ。好走した馬の位置取りをみても、追込馬が上位を独占し、末脚勝負の様相と考える。

1着マルセリーナは、前走エルフィンS1着(=京都芝1600m)からの好走。近年エルフィンS好走馬は桜花賞と相性が良く、07年2着ウオッカ、08年1着レジネッタ、09年2着レッドディザイア、10年3着エーシンリターンズと毎年好走馬が好走するようになりました。09年レッドディザイアと本馬は直接エルフィンSからの間隔が開いたステップでの好走なので、今後は好走馬は要注目のステップと考えます。また2走前のシンザン記念では1着レッドディヴィス(=次走毎日杯1着と重賞2連勝中)、2着オルフェーブル(=次走きさらぎ賞3着→スプリングS1着と重賞好走中)と好走した上位馬が世代トップクラスの牡馬なので、今後の皐月賞に向けても本馬に先着した馬の評価を高くすべきと思います(=レッドデイヴィスは騙馬なので皐月賞には出られませんが...)。
ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、現時点ではまだスタミナ型なのかスピード型なのか判断がつきにくいが、本馬は33秒台の上がりを使い好走したこともあり、また今回も上がりは上位(=34秒3と出走馬では2位)なので、スピード型のタイプ(=アグネスタキオン産駒のようなタイプ)と考えられる。父母父リファール系からも追って延びる産駒が多いと考え、末脚勝負は得意。特に馬体重450kg以下の小柄な産駒はキレに優れていて、逆に500kg以上の産駒は少しジリ脚な傾向が見て取れる。軽量馬は瞬発力を活かしやすいが、大型馬は加速するまで時間がかかるがその後ばてない末脚を繰り出すような感じに思う。前者は父系のサンデーサイレンス系の瞬発力を活かしやすく、後者は父母父リファール系の特性を活かしやすいと考える。母父Marjuはノーザンダンサー系で、距離は1600m~2400mまで幅広くこなし、また活躍馬は2歳から古馬までと年齢層も厚い。特に高齢馬をなめてかかると痛い目に合う(=セニョールグループの特性で、地味にしっかりと力をつけて高齢でも衰えが少ない)。海外ではGⅠ馬も多数輩出しているが、前哨戦やトライアル的なレースに向いた血統でもある。スピードの持続力があり、時計勝負も得意。
No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコースは鬼門だが、広いコースは好走が多く、次走オークスの東京芝コースでも好走が多い。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面叩いて一変が少ないタイプ。この特性からやや間隔が開いたローテションでも好走可能と判断する。No.〔9-f〕には10年3冠牝馬アパパネもいるので、今後の成長にも期待します。

2着ホエールキャプチャは、前走クイーンC(=東京芝1600m)からの好走。前々走阪神JF2着(=阪神芝1600m:0.1秒差)と阪神芝1600m好走歴があった馬でもある。今回は1着マルセリーナ同様に展開利はあったが、外枠の分距離ロスが発生し、そのためわずかに届かなかったが内容的には強いと評価する。
クロフネ産駒はヴァイスリージェント系で、鮮度と勢いが好走に非常に重要なポイントとなる。芝もダートも走れる兼用型だが、同系のフレンチデピュティと比べるとややパワー型で、持久力も豊富。勢いがある時には連勝も多く、上昇馬はクラスの壁を突き抜けて短期間にまとめて稼ぐ特性を持つ。母父サンデーサイレンスは、勢いに乗じて連続好走しやすい特性を持ち、鮮度の高い時によく好走する。重賞挑戦など格上相手にもよく好走し、重賞初挑戦などは特にプラス要因となる。今回は、父×母父ともに鮮度と勢いは前走好走から十分に期待できる状態と考え、また本馬に関してはヴァイスリージェント系なのでやや間隔が開いても好走可能な状態と考えて好走に期待(=ヴァイスリージェント系は使い詰めるとパフォーマンスが低下しやすいが、逆にリフレッシュした休み明けは苦にせずに好走しやすい)し、上手くその特性を活かしたと考える。また今回好走したことから次走も好走可能と考えるが、大幅な馬体重の変化には注意したい。
No.〔12〕の牝系は、早い時期から走る馬もいるが、3歳秋から古馬にかけて本格化する馬が多い牝系。また高齢でも衰えが少なくタフな馬が多い。分枝記号なしは、やや晩成気味ながらも、平均的に能力を発揮するタイプと考える。

3着トレンドハンターは、前走フラワーC1着(=阪神芝1800m)からの好走。フラワーCからのステップ馬は近年では10年2着オウケンサクラ(=10年フラワーC1着馬)がいて、フラワーC組は以前のコース変更前の桜花賞でも1着馬は好走しやすいステップでした。フラワーCは1着馬なら好走可能と反省する。また本馬は、前走は初芝と初めて後方からの競馬で好走。ダートの経験は厳しい流れに向きやすく今回の『前傾』を複合した流れにはプラス要因だったと考える。また緩いペースでの瞬発力勝負の裏づけがなかったが、今回は展開利もあり最速上がり34秒2を繰り出し好走。このあたりはおそらく血統的な要素が起因したものと思われる。
マンハッタンカフェ産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、ステイヤータイプだが軽い先行力を持ち、難儀な不発が少ない堅実さが特徴で、前半に脚を溜めれば鋭い瞬発力も使える。母父ブライアンズタイムはロベルト系で、タフな展開や目一杯に仕上げられた時にMAXの能力を発揮するスパルタ型。ペースの緩まないマイル戦はプラス要因。父×母父ともに桜花賞で好走のある血統配合でもあるので好走する下地があり、また潜在能力を引き出せる可能性を考慮しても良かったと反省する。
No.〔22〕の牝系は、、ビリーヴやサンアディユと同じで、高速決着に強いスピードに優れた牝系。分枝記号dは、精神的にタフなタイプが多く、遠征や重馬場は苦にしない。また前走好走だと次走でも好走しやすい特性も持ち、特にトライアルレースなど前哨戦快勝→GⅠは必殺のローテーションとなる。この特性は期待できる部分ではあるのだが、前走ダート→芝替わりで鮮度の高い状態での好走だった分、やや割引する必要があると考えて評価を下げました。このあたりは今回3着という内容から活きていた点はあると考えます(=ヒモには向くが突き抜けにくいのでは?と考えていました)。

4着メデタシは、前走チューリップ賞3着(=阪神芝1600m:0.7秒差)からの好走。チューリップ賞からのステップは、桜花賞優先出走権内の3着以内に好走する馬がやはり好走しやすい傾向にあると考えます(=10年チューリップ賞2着馬ライステラスは5番人気12着に沈んでしまいましたが...)。
ディープインパクト産駒はサンデーサイレンス系で、現時点ではまだスタミナ型なのかスピード型なのか判断がつきにくいが、スピード型のタイプ(=アグネスタキオン産駒のようなタイプ)と考えられる。馬体重は430kg前後と小柄な馬なのでに瞬発力型のディープインパクト産駒と思うが、上がりはそんなに速くなく33秒台の末脚はまだない。このあたりから言えることは母父クロフネのヴァイスリージェント系の方がやや前面に特徴として現れているのではないかと考える。母父クロフネはヴァイスリージェント系で、鮮度と勢いが好走に非常に重要なポイントとなる。芝もダートも走れる兼用型だが、同系のフレンチデピュティと比べるとややパワー型で、持久力も豊富。勢いがある時には連勝も多く、上昇馬はクラスの壁を突き抜けて短期間にまとめて稼ぐ特性を持つ。ただ本馬の場合は○×○×と好走が交互のため、1戦燃焼型で好走・凡走を繰り返すタイプなのかも(=今回は前走好走なので×の順番ではありましたが、人気以上に好走と思います)。
No.〔14〕の牝系は、早い時期にも活躍する馬もいるが、総じて晩成型で古馬になって強さを発揮する。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。

5着フォーエバーマークは、前走フィリーズレビュー7着(=阪神芝1400m:0.5秒差)からの好走。展開的に追込有利な中、前にて展開し掲示板に残ったのは本馬だけ。この点は評価したい。
ファルブラヴ産駒はノーザンダンサー系で、同系のエリシオなどと同じく2歳や3歳春に好走する早熟の快速牝馬がでやすい特性がある(=レーヴダムール、ビーチアイドル、ラルケット、ワンカラットなど。エリシオ産駒ならヘルスウォール、シェーンクライトなど)。牝馬のスピード馬は多数いるのだが、現状は芝1200mや芝1400m、芝1800mが主戦場で稼ぎ所。夏を境に上昇する産駒も多い。母父ダンスインザダークはスタミナ型サンデーサイレンス系で、大物を輩出するしスタミナ抜群なのだが器用さに欠け、ギアが入れば迫力満点の長い末脚を使う一方で、トップギアまでに時間がかかり瞬時に反応できないという弱点を併せ持つ。また条件戦では手間取るも能力が引き出される格上挑戦は好走のプラス要因で、産駒が好走していた重賞でまた好走することが多いのも特徴。桜花賞もダンスインザダーク産駒が好走していた重賞でもあり、この特性は人気以上に好走した内容からは活きたと考える。
No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコースは鬼門だが、広いコースでは好走が多い。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。

桜花賞のポイントは、
①『中弛み』になりやすい。
②瞬発力勝負になりやすく、サンデーサイレンス系のキレが活きやすい。キングマンボ系やヴァイスリージェント系も好走馬が多い。
③阪神芝1600m好走歴のある馬。特に阪神JFチューリップ賞好走馬は好走しやすい。
④エルフィンS好走馬。
フィリーズレビュー、フラワーC、クイーンCなど、桜花賞トライアルのステップは1着馬を重視。

04/14 23:23 回顧アクセス:2034

コメント3件

軍神マルス 2011年04月10日10時07分
震災後、久しぶりの予想です。

僕は福島県に住んでいまして、今も原発から40Km位のところで、仕事もしています。仕事は薬剤師をしていまして、震災後多くの避難民の方の薬の準備や日々の仕事をこれまでずっと行ってきました。やっと時間が取れるようになったので予想しました。

僕の予想や回顧、楽しみにしていてくれる方がいてくれるとありがたいです。これからも頑張っていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。

また心配してくださった方々、ありがとうございました。

2011年04月10日10時11分
お久しぶりです!

ライステラスが本命ですか!軍神さんまで本命とはこわくなりましたね!
個人的にはソングオブウインドは同じ菊花賞馬の娘ということで
ダンスインザダーク、マンハッタンカフェ産駒みたいに
桜花賞で来るかもと思うのですが
やはりそんなイメージでよろしいのでしょうか?
持久力勝負で粘り込むみたいな?

それとトレンドハンターの
「前走ダート→芝替わりで鮮度の高い状態での好走だった分、やや割引する必要があると考えて評価を下げました。」
もとても納得です!

リンカーン産駒については
昨日もアイヴィーリーグが勝利したので
気になるところですね!

軍神マルス 2011年04月10日10時30分
★チキン馬券師さん、こんにちは。

ライステラスは、阪神芝1600m実績から重視していましたが、ダンスインザダーク産駒やマンハッタンカフェ産駒と同じように菊花賞血統という点では共通する能力は秘めていると思います。多分相手が強ければ強いほど本領発揮型のタイプと思うので、期待したいです。ダンスインザダーク産駒のように緩いペースよりは、厳しいペース向きと思うので、瞬発力勝負に持ち込まれないように、早めのスパートに期待したいです。

Youtube桜花賞関連動画

新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
デイジー
12/04 08:35

ゴールドドリーム1800m2戦2勝。 成長力ならNo.1。 デムーロ3番人気で秋G1で2戦2勝。

クライスト教授
12/04 03:02

モーニンの消し材料は…大外枠、1800mの勝ち鞍がない事。

役立たず
12/03 03:15

福永・川田・岩田は日曜阪神騎乗か日曜阪神はこの3人絡めて馬券買えば当たるんじゃね?

アキ
12/01 18:07

GI3連発回顧書いたのでちょっと休憩。

競馬ナンデ編集部
11/30 13:35

番付を更新しました!

デイジー
11/27 17:13

ジャパンカップ三連複あたた。 皆さんのおかげさまありがとうございます

デイジー
11/26 18:36

ヨヨギマック当たった( ´∀`) 皆さんありがとうございます

ぷみを
11/26 05:34

東京は戸崎VSムーアの様相!?

とりおやこ
11/25 22:34

JC以外の枠順が反映されてませんね。

夜明けのばぁた
11/24 20:01

十一番勝負も折り返しを過ぎて、これからはひとレース毎に絞られてくるのかな???

ドリームパスポート
11/24 15:07

分かりやすい枠に決まったかな。

俺の名を言ってみろぉ
11/23 09:16

第18回兵庫ジュニアグランプリ ◎⑦アズールムーン 〇⑫ネコワールド △⑤ゲキリン △⑥キャプテンロビン 3連複2頭軸流し⑦⑫⇒⑤⑥...

クライスト教授
11/23 00:55

降着も厳罰も先ず判定が不徹底では話になりません。根本たる学校制度を改めて騎手育成は厩舎、主催者は厩舎を厳重に監視する縦管理の強化が理想と考えます。...

雨龍泥舟
11/21 11:21

私は基本的には降着より処分の強化派です。騎乗停止期間の長期化や騎賞金(手取り分)の没収とかやって欲しい。

クライスト教授
11/20 17:16

1・2着は降着入れ代わりだろうと思ったが、これでも降着じゃないならバンバン命懸けの強引騎乗をした方がジョッキーは良い。できるモノなら!...

デイジー
11/19 23:50

マイルcs3回も勝ってる池添頑張れ

ぷみを
11/19 16:03

馬場が厳しかったかな

クライスト教授
11/19 13:28

ムーヴザワールドには是非とも勝って将来に備えて欲しい!

役立たず
11/18 19:23

本日から参加させていただきます皆さんよろしくお願いします

夜明けのばぁた
11/18 15:28

枠が決まり大幅変更。むずかしいねぇ…ボックスにしようかと弱気になっている。

   つぶやきだけ全て見る
メアド
パ ス
 
コメント

index>>

>>index


12/06 18:26

ドリームパスポート>>

>>index


12/05 23:50

index>>

>>編集長おくりばんと


12/05 18:13

編集長おくりばんと>>

>>編集長おくりばんと


12/05 17:39

index>>

>>編集長おくりばんと


12/04 18:37

index>>

>>index


12/04 18:29

クライスト教授>>

>>index


12/04 17:11

ドリームパスポート>>

>>ドリームパスポート


11/29 11:40

ともさん1960>>

>>ドリームパスポート


11/27 17:46

@京阪杯 お見事でした。

しのぶ人>>

>>しのぶ人


11/27 14:44

編集長おくりばんと>>

>>しのぶ人


11/27 14:24

とりおやこ>>

>>とりおやこ


11/26 09:17

編集長おくりばんと>>

>>とりおやこ


11/26 08:37

スカイポット>>

>>スカイポット


11/19 16:00

ちっく>>

>>スカイポット


11/19 15:44

ホーリーブル>>

>>ホーリーブル


11/19 14:56

編集長おくりばんと>>

>>スカイポット


11/12 14:04

デイジー>>

>>編集長おくりばんと


11/11 21:42

あみー>>

>>あみー


11/10 15:28

夏影>>

>>夏影


10/22 08:32


22
チャンピオンズC
◎アウォーディー
○サウンドトゥルー
三連複2-4-8番
11,180円 的中

index
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社