12/22 12/23 12/28
12/15 12/16
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【有馬記念2018】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想札幌記念2011予想一覧シーバスの予想

札幌11R 札幌記念 2011年8月21日(日)
芝2000 3歳上GII 晴良 平均レースレベル2.6

87654321枠番
13121110987654321馬番

























































































馬名



牡5 牡4 牡9 牝4 牡4牝5 牡6 牡8 牡6 牡4 牡4牡8 牝5性齢
57 57 57 55 5755 57 57 57 57 5757 55斤量



















騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順着順
××

軍神マルス

スナフキン

はまちん

サニーのす

巫女れいむ

dayan

編集長おく「逃げろ福永」自信度C 5
トーセンジョーダンがここまで人気になってしまうとは予定外。
そして本当に何もいかなそうだ・・正直馬券は回避したいところ

モエレエターナル
内枠を利して行ってしまえれば万が一・・ということも考えて。
硬い走りの馬ではあるが、安定感ある良いフットワークで走る馬で、適性はないこともなさそう。器用そうで内枠もよさそう。
何も見込みがないならわざわざ中央入りもしてこないだろう。
競馬は何がおこってもおかしくない。無理は承知でちょっと遊びを・・


-----------------------------------------------
アーネストリーがいなくなり、前に行く馬もいなくなってしまった。本当に何もいない。
強いて…
マッサ「能力は一枚上。」自信度C 11
◎トーセンジョーダン
取り消し明けの宝塚記念は9着と敗れたが、去年の有馬記念ではヴィクトワールピサの5着と能力の高さを証明、年が明けてのAJCCでは貫録の勝利。
去年秋からの充実ぶりを考えたらこのメンバーでは負けられないところ。
小回りの2000mも福島、中山、函館(1800m)等勝ち鞍があり全く問題ない。
出来が戻っている様なら確実に勝負になると思うので本命評価。
××巫女れいむ「改めてマイネルスターリーから」自信度C 2
◎マイネルスターリー。札幌巧者のこの馬を推薦しないわけにはまいりません。前走は大外で思うような競馬ができていません。今回は中枠。前走より1キロ減。前進を大いに見込めます。
○レッドディザイア。ネックは休み明けということくらい。ここは簡単には負けられないレースです。
▲アクシオン。現在復調気配、洋芝は得意な方。前走も末脚がしっかりしていましたし、無視できません。気になるのは騎手の乗り替わりくらい。

×キングトップガン
×ダンスインザモア
両馬ともに斤量アップ。キングは前走&前々走のような好走は簡単にはできないでしょう。モアも前走ほど穴にはなりえないと思います。

Win5
7、8の2…
絶対の本命「瞬発力より持続力」自信度A 0
本命のカリバーンはデビュー以来大崩れがあまりない。
3連勝している勢いなので、この重賞で大敗するのはまず可能性としては低いだろう。

対抗のキングトップガンは「前走の函館記念(1着)では直線で窮屈になりながらも、ラストは本当に良く伸びてくれましたね。ここにきて重 賞を連勝しているように、奥手の血が開花したようです。洋芝への適性も備えていることがわかったので、今回も好レースを期待したいですね。前走後は、1週 間ほど楽をさせて、疲れもすっかり解消しました。その後の乗り込みも順調です。函館記念出走時に見劣りしない状態でこのレースにエントリーできそうです」と自信満々だ。

アクシオン…
月下の素顔「久しぶりの予想」自信度C 9
3ヶ月ぶりくらいでしょうか。
レースは一応見てたものの、しっかり予想はしてなかったので。
関屋記念くらい・・・かな。マジ予想したの。

と言う事で、そろそろ復活しようかと。
今回は時間も無いので簡単に。


札幌記念
馬場が痛んでなく、先行有利。内有利。
このくらいかな~?



◎トーセンジョーダン
○カリバーン
▲アクシオン
△キングトップガン



◎トーセンジョーダン
先行力と地力を考えると最右翼。
調教写真見た感じでは完調では無さそうだけどこのメンバーなら3着以内は大丈夫と思う。


○カリバーン
重賞で通用すると思ってます。いきなりは厳しいかもしれないけど、期待を込め…
影虎「札幌11R 札幌記念」自信度C 1
札幌で行われますので、洋芝で走ったことが無い人気馬よりは、洋芝に実績のある人気薄、洋芝を走ったことは無いが適性のありそうな人気薄を中心としたいと思います。

◎コスモネモシン(クイーンS連闘成功2例・前走に12.5秒をプラスしても勝負圏内)
○ネオヴァンドーム(2走前内容優秀・血統ピッタリ)
▲アクシオン(近2走外枠不利も洋芝適性見せる・今回内枠)

馬連⑨⑩-②⑧⑨⑩⑬の7点で勝負します。
軍神マルス「札幌記念 札幌芝コースだけど中山芝巧者を狙え!!」自信度A 2
★傾向分析★
2004年 タイム 2'00"4 (良) 1FAve=12.04 3FAve=36.12
テン35.6-中盤48.7(3F換算36.53)-上がり36.1 『前傾・一貫』
1着ファインモーション・・・Danehill×Troy=ダンチヒ×フェアウエイ 〔11〕 11-5
2着バランスオブゲーム・・・フサイチコンコルド×アレミロード=ニジンスキー×リボー 〔1-t〕 2-2
3着ローエングリン・・・Singspiel×Garde Royale=サドラーズウェルズ×ネヴァーベンド 〔4-p〕 1-1

2005年 タイム 2'01"1 (良) 1FAve=12.11 3FAve=36.33
テン36.2-中盤48.2(3F換算36.15)-上がり36.7 『前傾・一貫』
1着ヘヴンリーロマンス・・・サンデーサイレンス×Sadler's Wells=サンデ…
スナフキン自信度C 6
競馬からとんと離れていました。
トンチンカンなこというかもしれません、前からだったか(笑

格だとジョーダンとディザイアですが、調子や展開が問われるレースだからね。

内枠の3頭に注目。
中でもカリバーン、そのうち1つや2つは重賞取りそう。
休み明けより連勝時からの成長分の方が楽しみ。
先行できる点もいいし、56キロを何度も背負ってるし。
11戦5勝8連対はそうできるモンじゃない。
3着外は新馬とダートだし。

アクシオンはここ照準ピッタリを感じる。
ヤネと息が合うかだけど、仕上がりは一番じゃないかな。

ヤングアットハートは軌道に乗ってきた感。
本格化の4歳時だし、上昇株…

タイム 2:00.4 4F 47.3 3F 34.7
単勝13番300円(1人気)
複勝13番150円(1人気)2番200円(4人気)8番220円(5人気)

シーバス<09期 西前頭十四枚目>
札幌記念2011予想
ヤングアットハート10着/4人気
○マイネルスターリー▲アクシオン  
×レッドディザイア×ネオヴァンドーム
3360
11拍手

レース特性:
札幌開催の前半ということで内枠が有利なレース。
近6年で7,8枠の馬が1頭も複勝圏に入っていない。
ローテーション的にはクイーンSからの連闘馬が好成績。
(03年3着ノブレスオブリッジ、05年1着ヘブンリーロマンス、06年2着レクレドール)

展開:
近5走で2角でハナを奪った経験があるのはトーセンジョーダン1頭のみ。
さらに、近5走で4角2番手以内の競馬をしている馬は上記の馬を除くと、
カリバーン、キングトップガンの2頭。
ただ上記3頭いずれも積極的に行きたいというタイプではない。
有馬記念で逃げたトーセンジョーダンが押し出されてる形でハナに立つか。
人気薄の馬が思い切った先行策を打たなければ、前半はスローペースが濃厚だろう。
コスモネモシン、マイネルスターリー、ヤングアットハートあたりは道中から動いて行ける馬で、
上がり勝負を嫌った上記3頭が3角付近で進出を開始するようなら、
ロングスパート勝負になる可能性も十分あり得る。

血統
近6年で父か母父にサンデーサイレンスを持つ馬が4勝。
父か母父にサンデーサイレンスを持つ馬が勝たなかった残りの2年は
共に父か母父にトニービンの血を持つ馬が勝っている。
また洋芝のレースらしく、近2年ダンチヒの血を持つ馬が複勝圏内に4頭来ている。
(09年1着ヤマニンキングリー 父母父チーフズクラウン
09年3着サクラオリオン 母父ダンチヒ
10年1着アーネストリー 父母父ダンチヒ
10年2着ロジユニヴァース 母父ケープクロス)


消 モエレエターナル
中央転入初戦でいきなりの古馬牡馬混合の定量GIIとなると、いかにも荷が重い。
父ゴールドヘイローはもっぱらダート専門といった感じだが、
牝系からは芝をこなしても良さそうだが。。。

▲ アクシオン
昨年の同レース3着馬でコース相性は問題無い。
前走の函館記念では、これまでの凡走が嘘のように洋芝に替わって復活の3着。
定量戦に替わる中で斤量据え置きの57kgは悪い材料はなく、
ロス無く立ち回れる内の2番枠も好材料。
北海道の洋芝は6戦走って2-2-2-0と複勝圏を外していない。
血統的にも同レースと相性の良いサンデー直仔。

◎ ヤングアットハート
降級となった前走は中段から早めの進出の競馬で完勝。
全5勝中、中山で3勝、函館で1勝を挙げている小回り巧者。
北海道の洋芝実績も下級条件のものとはいえ1-1-1-0と複勝圏を外していない。
ロス無く立ち回れる内目の3番枠は好材料。
母父にサンデーを持っており、血統的にも同レースとの相性は良い。

カリバーン
前走オープン特別を勝ってから7ヶ月近い休み明けでの参戦。
前に行って早い上がりが使える馬で、コースを問わず走れるタイプ。
芝ではデビュー以降5着以下が無く、まだ底を見せていない不気味さはある。
ただ過去の戦績から、休み明け初戦は叩き2戦目以降と比べて
パフォーマンスを落としている点は減点材料。
他にも初の洋芝、初の57kgの斤量と懸念材料がいくつかあり、
展開利は見込めそうで、未知の魅力から抑え程度の評価が妥当か。

消 アルトップラン
前々走ダートのオープン特別で0.1秒差の6着に来ているが、
基本的にはオープンクラスでは頭打ちの印象。
今回芝に替わるが、過去の戦績を眺めても芝に目立った良績は無く、
芝替わりはむしろ減点。

キングトップガン
斤量が3kg増えた前走でもまったく苦にせず重賞を連勝。
しかし、道中好位の経済コースをロス無く立ち回った鞍上の好騎乗によるものが多く、
前々走同様にハマった印象が強いレース内容だった。
定量戦に替わって更に斤量が3kg増えるここが試金石。
もともとダートを走っていたパワータイプで、
前走でパワーが必要な洋芝をこなしており、引き続きの洋芝は歓迎だが、
今回は流石にノーマークでレースをさせてもらえないだろう。
枠は真ん中よりも内の6番枠で悪くないが、斤量の不安からも抑えの評価が精一杯。

○ マイネルスターリー
前走は大外枠からの競馬で道中のロスが響いた印象。
思ったよりも前の位置取りになってしまい、
道中上手く息を入れられなかったのも響いたか。
今回、前走から1kg減の斤量57kgで出走できる点は好材料で、
枠も可もなく不可も無い真ん中の7番枠。
全8勝中7勝を北海道の洋芝で上げている、生粋の洋芝巧者。
血統的には母父がサンデーで同レースとの相性は良い。
昨年は同レース6着だったが、今年は昨年に比べてメンバーが手薄な印象で、
昨年以上の走りを期待しても良さそう。

消 レッドディザイア
有馬記念以来となる約8ヶ月ぶりの休み明け。
その有馬記念は海外遠征の疲れからか良い所無しの14着。
実績はメンバーNo.1で、順調ならばこのメンバー相手なら勝ち負け濃厚なのだが、
55kgという軽い斤量で出走できるここは、陣営の思惑を考えると
いかにも叩き台という印象。
年内初戦の馬が易々と来れるようなレースでは無く、
実績で下手に人気するようならば切って妙味。

消 ネオヴァンドーム
前走は不良馬場で全く特殊なレースだったため度外視。
と言いたいところだが、ネオユニヴァース産駒にはパワータイプの産駒が多く、
むしろ血統的には好走できる条件だと思っただけに少し残念な内容。
ネオユニヴァース産駒には北海道の洋芝を得意とする産駒も多いが、
同馬は軽い京都の外回りコースに良績が集中しており、
パワーを要する洋芝はむしろ向かないのでは無いかと考えている。
小回りコースでの実績も無く、買いの材料が薄い。

△ コスモネモシン
同レースと相性の良い前走クイーンSからの連闘馬。
今年に入って直線の長いコースでの善戦も増えたが、
3歳時には中山に良績が集中していた小回り巧者。
前走の4角マクリ気味に進出して僅差の2着に突っ込んできた内容は、
いかにも小回り巧者の芸当。
鞍上がテン乗りの津村Jに替わり前走のような競馬できるかどうかがカギ。
不利な7枠に入ってしまった点は減点材料。

ダンスインザモア
前走は勝ち馬から0.4秒差の6着と大きく負けていないが、
あくまで自分の競馬に徹した結果。
展開さえハマればいつ突っ込んできてもおかしくない典型的な穴馬。
不利な7枠も後方ポツンの競馬ならあまり関係ないか。
北海道の洋芝実績が無く、前走から斤量が3kg増える点は減点材料。
小回りの持久力勝負なら、いつ突っ込んできてもおかしくない馬だが、
印を回すかどうかはオッズと相談したい。

消 マカニビスティー
前走は1番人気を背負っての良い所無しの惨敗。
天皇賞4着、目黒記念5着の内容からもう少し格好を付けてくれると思ったが、
これで上記2戦の評価が怪しくなった。
不利な8枠と距離短縮は減点材料。
本質的にはダート馬。
よほど展開に恵まれないと出番は無いだろう。

△ トーセンジョーダン
前走はまったく同馬らしくない後方からの競馬で敗退。
一頓挫明けでそもそも体調的な不安もあっただけに、度外視したい。
休み明けでない馬の中ではGII2勝、有馬記念5着の同馬の実績は抜群。
北海道の洋芝は経験は少ないものの勝ち鞍もあり不安は無い。
血統的にも父ジャングルポケット、母父ノーザンテーストの配合は
08年の勝ち馬タスカータソルテと同じで好相性。
脚質的に展開利も見込める。
ただ、ロスの大きい大外枠は行き切らない限り不利な材料。
鞍上が消極的な福永Jに替わることで道中先行集団の外々を回る
リスクも考える必要があるか。
08/20 22:27

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
愛馬シュヴァルグランを送り込む ≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【有馬記念2018最終結論】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

武蔵野Sはサンライズノヴァから
馬単5360円的中!

スワンSはロードクエストから
3連複1760円的中!

アイビスSDはラブカンプーから
3連複5640円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

有馬記念へ向け佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼有馬記念2018最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




シーバス

予想歴13年
回収率89%
血統、馬場、展開、調教などを総合的に判断して馬券を組み立てます。 ただしパドックは分かりません。 総拍手獲得数:1440
過去のベスト予想
 菊花賞2014

◎トーホウジャッカル○ショウナンラグーン
51拍手

59,220

新着回顧札幌記念2011回顧一覧シーバスの回顧
シーバスTM競馬歴13年 回収率89%
札幌記念2011回顧
次走狙い馬:トーセンジョーダン 次走狙い馬:レッドディザイア
次走危険馬:アクシオン   
2
8拍手

キングトップガンがスタート直後あっさりハナを奪い、
トーセンジョーダンは控えて隊列はスンナリ。
レースは前半60.4、後半60.0というほぼフラットな流れ。
道中(3角付近)で動いていく馬も少なく、ラスト2ハロンで11.3と一気に加速する、
いわゆる直線ヨーイドンの競馬。
4着コスモネモシンを除けば上がり勝負に対応可能な馬が上位を占めた印象。

1着トーセンジョーダン
番手追走から外を回るロス&道中でマクられて終了と思ったが、
キングトップガンがペースメーカーのようなラップで逃げて、
同馬の地力が発揮しやすい流れになったのが好走要因だろう。
道中外から一気にマクられるようなこともなく、
スムースな競馬から地力で他馬をねじ伏せての勝利だが、
アルゼンチン共和国杯、AJCC時よりも迫力に欠ける印象で、
状態自体は決して良くなかったか。
今回は色々恵まれた印象だが、次走はここを叩いての良化が期待できる。

2着アクシオン
思ったよりも前の位置取りになったが、結果的には先行策が奏功。
道中は番手のインでジッと脚をタメて、直線入り口で狭いインを突いて伸びた。
文句なしの騎乗だったが、本来のレースぶりで無い分最後で止まってしまったか。
得意の洋芝、-14kgの仕上げで完璧に乗っての2着で次走に向けての上積みは皆無。
休みを入れずに使ってくるようなら次走危険馬としたい。

3着レッドディザイア
想定通りの後方からの競馬。
3,4角で徐々に進出し、上がり勝負となった直線では大外から一瞬鋭く伸びるが、
残り100mで止まってしまったのは休み明けで体調一息だったのが原因だろう。
この馬の持ち味であるキレを活かせる展開になったことも大きい。
半年以上の休み明け、体調一息でこの内容なら、秋向けて視界良好と言えそう。

4着コスモネモシン
道中はレッドディザイアとほぼ並走の位置取り。
道中馬群の中に位置取ったためか、早めに番手を押し上げられず、
4角では馬群の真ん中を突いたため、前が空いた時にはすでに遅し。
直線では最後までしっかりと伸びており、やや脚を余した印象。
キレ味勝負にもなっても大きく崩れず、ある程度地力を示した格好だが、
もう少し上手く乗っていれば複勝圏もあったか。

5着カリバーン
道中2番手から4角先頭の正攻法の競馬。
直線一瞬抜け出したのだが、そこから更に伸びる脚は無かった。
休み明けとしては及第点の内容で、叩いた次はもっとやれるだろう。

7着マイネルスターリー
3,4角はトーセンジョーダンをマークするような競馬だったが、
直線に向いたところで一気に突き放されてしまった。
上がり勝負になって展開が向かなかった面もあるが、
道中口向きが悪くリズムよく走れていなかった印象も。
他馬に合わせる競馬よりも自分の競馬をして欲しかった。
丹内Jに重賞は遠いのか。

10着ヤングアットハート
道中はインの好位でロス無く進んでいたが、
3,4コーナーで馬群が密集したところで前のアクシオンが壁になって進路が無かった。
同馬に不向きな上がり勝負なった上で、致命的な仕掛け遅れとなっては成す術無し。
内を捌く器用さに欠ける印象で、小回りコースなら
前走のように外を回ってのマクりで見直したい。

08/21 19:33 回顧アクセス:3129

コメント3件

月下の素顔 2011年08月22日00時16分
トーセンジョーダンには嬉しい展開になったのはその通りでしたね。
キングトップガンが逃げなかったらジョーダンは自ら行ったんでしょうかね?
自ら行った場合、万全ではないし万が一直線沈むかも・・・という懸念もあったにはあったんですけど。
それでも勝ち切ってましたかね。。

あと、これは反対意見ですが。
コスモネモシンは外を回してたら逆に脚を無くして複勝圏は厳しかったかなぁと思いました。
今、Vを見返してみると直線でレッドディザイアにカットされ気味なのが痛かったかな~とも思いましたが、それが無くても差は縮まっても逆転まではどうか。。という印象です。
結局、レッドディザイア相手には展開の助け(中を付いて都合良く抜け出せるような)が要るのかなぁと。

気分を害されたら申し訳ないです。

編集長おくりばんと 2011年08月22日00時45分
福永騎手は、前にいこうかとも思っていたが、休み明けで生き脚つかなかったと言っていましたね
ちょっとずぶい感じもする馬ですよね

シーバス 2011年08月24日21時44分
>月下の素顔さん
コメントありがとうございます。
キングトップガンが行かなくてもトーセンジョーダンは
ハナから行く気は無かったみたいですね。
個人的には今回は展開が向いた印象ですが、ここでは地力が違いました。
コスモネモシンは昨年のオークスで本命にしたほど評価している馬。
もう少し強引な競馬をしてもと思うのは贔屓目からでしょうか。

>おくりばんとさん
キングトップガンが行ってくれたので、無理せず番手からついて行くだけでしたね。
しかしあの感じだと、キングトップガン行かずともカリバーンにハナを譲ったでしょう。
ズブさがある半面簡単にはバテない馬で、体調一息でもきっちり勝ち切る辺りは流石でした。


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
ドリームパスポート
12/17 07:30

コメントありがとうございます。クリノガウディーは前走優秀でした。

ムトト
12/09 20:49

エンジニア、ダメでしたね…

編集長おくりばんと
12/02 17:22

ムトトさんもすみません、、なるべく早く対応します

ムトト
12/02 15:23

あ、僕も昨年の年間賞が表示されてないです。受賞歴が寂しいのでお願いします。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>ドリームパスポート


12/16 16:58

しろ>>

>>ドリームパスポート


12/16 16:20

ロックステディ八戒>>

>>ロックステディ八戒


12/15 06:12

編集長おくりばんと>>

>>ロックステディ八戒


12/14 21:20

クライスト教授>>

>>ふくたん


12/10 08:30

@阪神JF お見事!



20
朝日杯FS
◎アドマイヤマーズ
○グランアレグリア
三連単6-1-2番
45,180円 的中

ドリームパスポート
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社