4/21 4/22
4/21 4/22
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【天皇賞春】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想セントライト記念2011予想一覧シーバスの予想

中山11R セントライト記念 2011年9月18日(日)
芝外2200 3歳GII 晴良 平均レースレベル3.8

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番





























































































































馬名



牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3性齢
56 56 56 5656 56 5656 56 56 56 56 56 56 56 5656 56斤量





























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順着順

軍神マルス

サニーのす

巫女れいむ

バニーボー

index

×minom「荒れます!」自信度C 3
セントライト記念って、人生(馬生)で唯一の重賞獲得の大チャンスの馬だったりすることって少なくないほど、最近はレベルが落ちている気がする。3歳馬でも、強い馬は毎日王冠だったり、京都大賞典だったりを使うことも少なくはなくなりましたしね。

このメンバーで一番の格上はダービー3着のベルシャザールでしょう。でも、そんなに信用できるタイプじゃありませんよね。トーセンラーもきさらぎ賞を勝っただけで、皐月賞、ダービーではいいとこなし。その割には人気になり過ぎ。しかし、この2頭は、そこそこ来れるかもしれない。

切るのはサダムパテック。皐月賞は押し出されるように人気を集めて、善戦。ダービー…
マッサ「重賞初Vに期待。」自信度C 12
◎ベルシャザール
中山のホープフルS、不良馬場のダービーなどスピードの活きる馬場よりはパワーが必要なコース、馬場などの方が結果が出ている。
メンバーも手薄でここで勝負出来ないと菊は見えてこない。
内枠発走から好位追走、直線抜け出す形になれば重賞初Vの可能性大。
逃げ馬もいて、先行出来る馬も数頭いる事で、ある程度馬の心肺機能、絶対能力が必要な展開になるハズ。純粋な斬れ勝負にならなそうなのも条件的には良い。

○サダムパテック
弥生賞を勝っているが、正直中山コースよりは東京の方が向いているのではと思い対抗まで。いまだに東スポ杯のイメージが抜け切れていない事もあるが、あのレースの走…
影虎「中山11R セントライト記念」自信度C 5
==過去の分析==

前走1800m以下はラジオNIKKEI賞の連対馬のみ。
ダービーからの直行で馬券になった関西馬はゼロ。
前走2400m条件戦は2戦3着1回。1頭はダート2400mなので、芝に限れば複勝率100%。
前走2200m条件戦の馬が優秀。さらに前走3着以内で父か母父がSS系に絞ると、勝率33%、複勝率50%になる。
前走2000m条件戦は複勝回収率25円。24頭走って2着が2回。前走連対していた馬に限ってみても38円にしかならない。


==狙う馬==

今年は上位人気4頭が春に実績のある関西馬。いずれもダービーからの直行でデータ的にはマイナスです。
関西馬は神戸新聞杯があるので、自信があればそちらに出るはずで…
BC爺「ベタに素直に」自信度C 2
ナカヤマナイト→遠征して最下位
ショウナンパルフェ→ラジニケ惨敗、今回取り消し
デボネア、コティリオン、リベルタス→故障で長期休養

これがダービー出走馬のその後です。
ダービー組が活躍しまくるという例も聞きませんが、
まともに走れていないというのは気になります。

とてつもなくタフなレースになってしまったので、
かなりダメージが残っていると考えるのが自然でしょう。
ダービー組が人気ですが、疑う余地は十分。

◎トウシンイーグルはスタミナ勝負得意のハーツクライ産駒。
好相性の新潟2200好走馬ですし、傾向にはピッタリです。
母父シアトルスルーというのが若干頼りないところですが、
マ…
競馬鹿自信度B 1
トーセンラーは、昨年の段階では、皐月賞かダービーを取るのでは
という位の、力ではなく要素を持っていると感じていた。

震災の影響で色々崩れて、オルフェが2冠と言う結果。

菊花賞には、意味ある要素を持つ馬しか出てこないので意味ある馬を狙う。

サダムはいらないと思ってるのですが。
巫女れいむ「穴もありえるレースで難しい」自信度C 6
ポイント

①差しよりも先行有利。あるいは逃げも。
②持続力ある馬を推す。
 距離が2000以上になり、切れで勝負の馬より、長い脚を使える持続性のある馬が良いと思います。
③OP以上の中距離実績が欲しい。
 OP以上のレース経験はあった方が良いと思います。ダービーにコマを進めた馬は、素直に実力上位として捉えたい。


予想

◎ベルシャザール(先行)
この馬は先行持続系、中山の中距離向きと思います。メンバー中ダービー最先着を素直に評価。内枠を先行し、最後まで粘ると見ます。

○ユニバーサルバンク(先行)
この馬も先行し粘り込むタイプ。このような馬は中距離で結果を残せると思います。中山…

タイム 2:10.3 4F 49.1 3F 36.8
単勝11番2180円(6人気)
複勝11番400円(6人気)2番170円(3人気)14番140円(1人気)

シーバス<09期 西前頭十五枚目>
セントライト記念2011予想
ベルシャザール4着/2人気
○ユニバーサルバンク▲フェイトフルウォー  
    
2764
9拍手

個人的な話で恐縮だが、このレースは馬券的に相性が良い。
今年も例年のスタンスを崩さず予想して行きたい。

レース特性:
前走に阿賀野川特別を使った馬が近3年連続して複勝圏内に来ており相性が良い。
また、前走に2200m以上のレースを使った馬が近5年連続連対中。
近10年ダービーの最先着馬の成績は4-2-1-3と複勝率70%と好相性。
2001年 1着 シンコウカリド(ダービー12着)
2002年 1着 バランスオブゲーム(ダービー7着)
2003年 3着 チャクラ(ダービー6着)
2004年 1着 コスモバルク(ダービー8着)
2005年 4着 アドマイヤフジ(ダービー4着)
2006年 6着 フサイチジャンク(ダービー11着)
2007年 2着 ゴールデンダリア(ダービー6着)
2008年 2着 マイネルチャールズ(ダービー4着)
2009年 1着 ナカヤマフェスタ(ダービー4着)
2010年14着 ゲシュタルト(ダービー4着)
2011年 ?着 ベルシャザール(ダービー3着)

馬場:
土曜の中山は2R(芝1800m)と11R(芝1200m)で馬番1~3の馬が上位を独占。
開催が2週目へと進んだが、先週よりも内枠有利の傾向が顕著。

血統:
近5年父か母父にサンデー系の血を持つ馬が7頭連対しており好相性。
(特にアグネスタキオン産駒は2勝)
また、近5年ロベルト系の種牡馬の産駒が1勝2連対とまずまずの相性。


◎ ベルシャザール
前走は差し馬が上位を占める流れを、道中5番手から直線粘りこんでの3着。
速い上がりを使えるタイプではなく、馬場が悪くなった点は味方したが、
本来不向きと思われる東京で結果を残した点は評価すべき。
中山コースは1勝1勝で、その1勝はレベルの高かったホープフルSでのもの。
上がりの掛りやすい中山2200mはまさにズバリの印象。
ある程度前で競馬が可能で、馬場の良いインコースをロス無く回れる最内枠も絶好。
とにかく全てがこの馬に向いた印象。
4角から直線入り口で前が詰まるような不利が無ければ鉄板だろう。
馬体重の増減が激しい馬だけに、当日の馬体重には注意したい。

○ ユニバーサルバンク
前走は不良馬場が合わなかったか3着争いからも1秒以上離された10着。
特殊な馬場状態だっただけに前走だけで力の評価をするのは難しい。
重賞2着2回は共に直線の長いコースでのものだが、速い上がりを使えない馬で、
直線の長いコースは本質には不向きだと考えている馬。
中山コースは今回が初だが、上がりの掛りやすい中山2200mは脚質的にもベストの印象。
小回りコースが得意で中山コースでは非常に乗れている田辺Jへの乗り替わりも魅力。
中山の重賞が得意なネオユニヴァース産駒という点も好材料。

▲ フェイトフルウォー
個人的に2歳時から世代の中での能力を高く評価している1頭。
前走、前々走の敗因は陣営の調整ミスと鞍上の惨憺たる騎乗ぶりが全て。
一度エンジンが掛ると重戦車のように力強く伸びる末脚が
全くと言っていいほど見られなかった。
今回、その敗因の一角である鞍上が交代になる点は大いに評価したい。
反応の鈍い馬で小回りコースは本質的には不向きな印象だが、
上がりの掛りやすい中山2200mなら、この馬のしぶとさが活きる流れになる公算は十分。
先行すれば上手い鞍上なだけに、スタートから何が何でも出して行って欲しい。

△ ショウナンバーズ
阿賀野川特別と同クラス同距離同コースの前走で、現級上位の古馬相手に僅差の2着。
上がりの掛る競馬でないと好走できないタイプで、
脚質的にも中山2200mはいかにも合いそう。
枠も真ん中よりも引けた。
母父アカテナンゴ(母父父ズルムー)は底力豊富なドイツ血統で、
ここで権利を取れるようなら本番でも楽しみな存在。

△ トーセンラー
勝ち鞍が平坦京都の芝1800mに集中しており、
内回りコースの500万下で取りこぼしている馬なだけに、
直線が短く急坂の中山コースは不向きの印象だが、
好位から競馬が可能で、内から2頭目の2番枠という絶好枠を引いただけに、
抑えざるを得ないと判断。
道中ベルシャザールの後ろにくっ付いて、ロス無く立ち回れば、
そこがヴィクトリーロードという可能性も。

△ トウシンイーグル
同レースと相性の良い前走阿賀野川特別組。
とにかくそれに尽きる。
前走のレース自身も早めに動いて勝ち馬と差の無い内容。
ただ外枠は減点材料。

△ マイネルメダリスト
阿賀野川特別と同じ新潟内回りコースで行われた前走の早苗賞では、
トウシンイーグルを下しての勝利。
間隔が空いた点はネックだが、トウシンイーグルを抑える以上同馬も抑えておきたい。
同馬も外枠は減点材料。
09/17 22:26

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
天皇賞春に愛馬
シュヴァルグランを出走させる
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【天皇賞春最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

佐々木主浩の天皇賞春制覇への
意気込みを語ります

▼▼最終結論もお楽しみに!▼▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




シーバス

予想歴13年
回収率89%
血統、馬場、展開、調教などを総合的に判断して馬券を組み立てます。 ただしパドックは分かりません。 総拍手獲得数:1437
過去のベスト予想
 菊花賞2014

◎トーホウジャッカル○ショウナンラグーン
51拍手

59,220

新着回顧セントライト記念2011回顧一覧シーバスの回顧
シーバスTM競馬歴13年 回収率89%
菊花賞狙えるフェイトフルウォー
次走狙い馬:フェイトフルウォー 次走狙い馬:トウシンイーグル
次走危険馬:ベルシャザール   
5
9拍手

ロイヤルクレストの逃げにツインターボを見ました。
と言ってもリアルタイムで見たことは無いのですが。。。

上位3頭の上がりを見ると34秒台前半。
結局道中3番手以降はミドルペースで追走。
結局末脚勝負になったのかなというイメージ。

1着 フェイトフルウォー
スタートは積極的ではないものの道中は好位の前目をキープ。
4角入り口から仕掛けて行って最後までしっかり伸びた。
上位3頭の中ではもっとも前の位置取りだったが、
上がりはメンバー最速。
紛れも無くこのレースで一番強い競馬をしたのは同馬。
テン乗りの鞍上の仕掛けのタイミングもベストだった。

これで京成杯に続き中山の重賞2勝目ということで、
世間の評価は中山巧者との評価一色だが、
4角のコーナーリングで外に膨れたように、
コーナーリングは不得手で直線の長いコース向きの印象。

今回メンバー最速の上がりを使ったとはいえ、
一瞬のキレる脚は無く、今後33秒台の上がりを要求される
スローペースの流れになるようだと厳しいだろう。

末脚勝負になったとはいえ、タイム自体はレコードに
コンマ2秒と迫る厳しい流れ。
それを早めのスパートから直線止まる気配も無く押し切るのだから、
距離延長に関しては全く心配要らないだろう。

本番で輸送をクリアし、ある程度レースが流れるようなら、
スタミナと底力の差で2冠馬との逆転も十二分に有りえると思わせる
素晴らしいレース内容だった。

間違っても鞍上を元に戻すような真似だけは絶対に止めて欲しい。

2着 トーセンラー
道中は好位の最内で脚をタメ、4角で前に居た手応えの悪い
ユニバーサルバンク交して徐々に進出。
直線は早めに抜け出しを計るベルシャザールを射程圏に捉え、
インから鋭く伸びるも、勝ち馬の決め手が一枚上だった。
京都の外回りに実績が集中していたことで、
内枠から上手く立ち回れるかどうか不安もあったが、
小回りコース向きの器用さも兼ねなえていることを証明した格好。
末脚勝負になったとはいえ前に行った馬が脱落するタフな流れ、
道中の位置取りやコース取りを踏まえると勝ち馬には完敗の内容。

本番は輸送が短く実績のある京都の外回りに変わり条件は好転するが、
血統的にこれ以上の距離延長でプラスになるかと言われると疑問。
ただ、33秒台前半のキレる脚は持っているので、
本番がスローペースになるようなら出番はあるだろう。

3着 ピサノパテック
スタートは出遅れて中団後方からの競馬。
勝負どころで勝ち馬が動いた所で、勝ち馬について行ってスパート。
4角で外を回し、直線では勝ち馬を目標に懸命に追ったが、
最後は突き放されて、前で粘るベルシャザール
ようやく捉えた所がゴール。
出遅れ、勝負所で外を回る若干のロスがあったとはいえ、
同馬の力は十分に出し切っての3着という印象。
タフな流れになった分ラストは若干止まり気味で、
これ以上の距離延長では厳しいか。

弥生賞を勝っているとはいえ、東スポ杯や皐月賞の内容を見る限り
直線の長いコースの方が良い馬。
本番で京都の外回りコースに替わる点はプラスと言えそうだが、
血統的に距離延長は疑問。
スローペースの究極の上がり勝負にならない限り、
好走は考えにくい。

4着 ベルシャザール
スタートから出していく積極的な競馬。
道中は離れた3番手も実質は逃げているに近い形。
飛ばす2頭を尻目にマイペースで進み、
4角で後続のスパートを待って自らもスパートを開始。
直線半ばで逃げたロイヤルクレストを捉えてそのまま押し切るかに
思われたが、直後に迫っていた上位3頭との脚色が違いすぎた。

実質逃げる形になって勝ちに行く競馬での目標になって敗戦と
前向きに捉えることもできるが、大きな不利も無く
コース、距離、枠と全ての条件が揃っての敗戦だけに、
展開不向きでも擁護が難しい。

血統的に距離延長も疑問で、京都外回りに替わるのもプラスと言えず、
本番での狙いは立て辛い。

5着 トウシンイーグル
戦前もう少し前から行くかと思っていたが、中団後方からの競馬。
4角で仕掛けながら外に持ち出し、直線ピサノパテックの外から
追い込んでは来たが、4着から3馬身離れた5着までが精一杯だった。
春の実績馬が上位を占める中で、単純に力負けの印象。
例年のメンバーならば同馬の走りでも複勝圏に絡めたかもしれないが、
今年のメンバーはレベルが高かった。
自己条件に戻れば誇れる内容の競馬はしているので、
次走は素直に買いか。

11着 ユニバーサルバンク
スタートを決めて、1角ですんなりベルシャザールの直後の
好位に取りついて、道中は絶好位のラチ沿いをべったりと追走。
流石田辺J、これで負けたらしょうが無いという抜群のレース運び。
しかし、4角入り口の勝負所で早々に手応えが怪しくなり、
直線に入って伸びる脚はもう残っていなかった。
「夏を越しての成長が無かった」で片づける訳にはいかない負け方。
これはもう体調面に敗因を求めるしかないだろう。
本番は距離延長や詰めの甘さを考えると狙いづらいが、
この1戦だけで評価を落とすのは早計だろう。

09/23 22:52 回顧アクセス:2628

コメント3件

2011年09月17日22時36分
そう言えば
2年前にもフォゲッタブル本命にして的中でしたもんねぇ

個人的には当時条件クラスのフォゲッタブルが外枠で3着に来たもんで
特にセントライト記念限定では枠は心配しない事にした次第で

2011年09月17日22時44分
それと中山芝2200重賞ってかつては
デインヒル系とかが強かったイメージなんですけど
最近はどうもデインヒルというかダンジグ系が
そんなに中山芝2200m重賞で来ないんですよねぇ
(単に日本にデインヒル系の種牡馬は大していないだけかもしれませんけど)

ショウナンバーズもオレも週のはじめは本命予定だったんですけど
どうも最近デインヒル系そのものが日本の馬場からしたら
ギア重かもなんて

昔はスピード的なイメージが強いデインヒルも
今では凱旋門賞馬を出すようなギア重な血統なイメージが強いので

シーバス 2011年09月18日00時45分
>ボナパルトさん
今年のセントライト記念は例年に比べてかなりメンバーが揃った印象で、
夏に使われてきた条件クラスの馬に勝負気配、体調面で利があるとはいえ
例年のようにあっさり台頭するかと言われるとどうかなと思ってしまい
少し堅めの予想になってしまいました(^_^;

土曜のメインレースを見てしまうと、外枠は先行馬以外なかなか手が出ないです。
(ロードバロックなんて何も考えずに内で脚を溜めていただけで3着。。。)
ただ、前が引っ張る形になると、馬群がバラけて、
枠よりもスタミナと底力の方が問われるかもしれませんが。
そういう流れになればフェイトフルウォーやショウナンバーズの出番でしょうかね。

デインヒルといえばゼネラリストやブレイクタイムで高速馬場向きという
イメージが先行していましたが、エアエミネムやファインモーションの活躍で
むしろ洋芝巧者というイメージが強くなりましたね。

タイガーヒルの牝系は惚れ惚れするほどのマイナーなドイツ系ですね。
母はサンインロー系(ダークロナルド系)、母母はハイペリオン系、
母母母はルビエ系(アイシングラス系=スインフォード系の祖先)、
母母母母はアルヒミスト系(ダークロナルド系)・・・

ショウナンバーズは今トレンドのドイツ牝系を持つ種牡馬×ドイツ父系を持つ肌馬
の配合で、チャンスさえあればいかにも大舞台で一発ありそうな血統です。


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス
土曜・日曜 22時~23時頃  http://twitcasting.tv
ツイッターユーザーの方はコメントで参加できます。



つぶやき
編集長おくりばんと
04/21 20:25

今日はセリに来てくれる人がどれくらいいるのだろうか?とても心配です

編集長おくりばんと
04/20 07:53

【競馬ナンデPOG】明日21時22:30~ 最後のセリ20頭分をツイキャスにて行います。ぜひ奮ってご参加ください!

とりおやこ
04/19 22:34

21日22:30でOKです。

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

ムトト>>

>>陸


04/22 19:02

@フローラS この◎はお見事です!

クライスト教授>>

>>クライスト教授


04/18 01:45

ドリームパスポート>>

>>クライスト教授


04/17 23:10

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社