7/21 7/22
7/14 7/15
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【七夕賞2018】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想秋華賞2011予想一覧はまちんの予想

京都11R 秋華賞 2011年10月16日(日)
芝2000 3歳GI 晴稍重 平均レースレベル3.1

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番















































































































馬名



牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3牝3 牝3 牝3牝3性齢
55 55 55 55 55 5555 55 55 55 55 55 55 5555 55 5555斤量































騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順着順

BC爺

巫女れいむ

軍神マルス

スナフキン

Mondo

マッサ「ホエール戴冠のチャンス。」自信度C 3
◎ホエールキャプチャ
2歳時からずっとトップクラスの実力を出し続けている馬だが、GⅠの勲章はあと一歩のところで逃している。
とにかく安定感抜群の馬でデビューから常に馬券に絡む走りを見せてくれている。
今回はGⅠ制覇の最大のチャンス。
ライバルのオークス1,2着馬は前哨戦で揃って惨敗。桜花賞馬マルセリーナは前哨戦で好位からレースをしたが直線失速と距離に若干不安がある所を見せた。
対してホエールキャプチャは前走好位からマークされる形をモノともせず、横綱相撲で完勝。休んでパワーアップした印象。
どんなレースでも展開に左右されない強みがあるので大崩れは考えにくい。

○マイネイサベル
絶対の本命「善戦マンホエールの一発あり。外から追い込むイサベルも」自信度A 0
最近の秋華賞と言う物は荒れなくなってきている。

ローズS組が好走をし人気サイドのみの決着となることが多い。今回もその傾向に当てはまるのではないか。

ホエールキャプチャは阪神JFからG1路線に出てきているが、掲示板には入るものの、勝つという事がない。

そんな馬が桜花賞馬やオークス馬も蹴散らし、ローズSを勝った。今回は展開がはまらない限り、ホエールキャプチャが勝つ可能性が高いだろう。


買い目

馬連 流し

12-1,2,4,6,8,11,13,15,18 9点

馬券購入の際は個人の責任でお願いいたします…
勝負師「買いたい馬は昨日勝ってしまった・・・」自信度C 3
秋華賞の京都内回り2000mに、最も適した前哨戦はローズSではない、データからはもちろんローズSであるが、阪神の外回りで究極の上り勝負になったローズSは、秋華賞とはバイアス的に連動はしない

今年、最も京都2000と類似するレースは、世間で関連性の薄いと言われる紫苑S

京都2000の特徴は、斬れではなく、パワーと持続力
オークスでもそこそこ好走して、前走経由馬は
スピードリッパーとピュアブリーゼ

スピードリッパーは、道中緩まないレースの適性は非常に高い

どうせ買いたくないホエールキャプチャに投票するよりは、可能性に賭けてみたい


オークス出走で紫苑Sを走った2頭に注目だ!!…
××ぴろり金「複勝はホエールキャプチャ」自信度A 1
マルセリーナ:ベストは1600で ×
エリンコート:気性難で ×
カルマート:前走レコード+屋根で【紫苑S組がダメなのは承知の上】 ◎
ホエールキャプチャ:堅実さで 〇
アベンチュラ:ジャンポケ産駆=東京向きで ▲
×BC爺「末脚なら負けてない」自信度C 6
過去の好走血統はミスプロ、ロベルト、フレンチという感じで、
系統だけを見るとダート戦のような名前が並びます。
ここを手がかりに予想してみました。

◎アカンサスはフジキセキにミスプロというダート寄りの血統。
前走は休み明けで中山のハイペースと厳しい条件でしたし、
外枠から前の位置につけて尚更苦しい競馬となりました。

上がり最速を連発し、オークスでも上がり上位で7着まで来た馬で、
本来の追い込み競馬に戻すであろう今回は期待できます。
同じ高速馬場でも前走と違って上がりの速い京都は合うでしょうし。

○ホエールキャプチャはフレンチ系のクロフネ産駒。
解釈に困るほど安定していますし…
naoch自信度C 7

◎アヴェンチュラ
        
ホエールキャプチャとはジュベナイルフィリーズ以来の再戦
で今回岩田さんということで和田さんよりは上手だと思われる
わけで今回は逆転まであるのではないか
角居さんとこの馬で岩田さんは6割は3着以内で今回人気馬だし
データが後押ししてくれてる


○以上の理由によりホエールは2着かな

▲マイネイサベル
ホエールキャプチャとは愛し合ってるのかと思うくらい
接戦繰り返してますなぁ。
重賞勝ちはないけど相当強いのでは
人気ないしと思ってたら結構人気なんだねぇ


しるし付けれないが大穴狙いでゼフィランサスなんて面白そう…
イズリント「京都ダ1800を買うぐらいの気持ちで」自信度B 9
京都内回り2000mということで、外回りとは違って究極の上がりを求められるわけではないコースです(たぶん)。とはいえ34秒台前半は必要なわけですが、この34秒台というのは長く良い脚という考え方がはまる気がします。

つまり大外をぶん回して直線勝負で突っ込んでくるということではなく、好位抜け出しの形になるのが理想ではないでしょうか。09年のレッドディザイアのレースがそんな形でした。

私、恥ずかしながら、新聞なんかに載っている通過順という情報がよくわかってません。たとえば過去の秋華賞でウオッカの通過順⑮⑮⑫⑫というのはどの地点なんでしょうね。

過去の秋華賞の結果を見るに、新聞などの最終通過順…
軍神マルス「秋華賞 秋華賞のポイントとトニービン系。」自信度A 7
★傾向分析★
2004年 タイム 1'58"4 (良) 1FAve=11.84 3FAve=35.52
テン35.5-中盤48.0(3F換算36.00)-上がり34.9 『加速・中弛み』
1着スイープトウショウ・・・エンドスウィープ×ダンシングブレーヴ=ミスプロ×リファール 〔5-j〕 15-16
2着ヤマニンシュクル・・・トウカイテイオー×Nijinsky=マイバブー×ニジンスキー 〔3-c〕 7-7
3着ウイングレット・・・タイキシャトル×サンデーサイレンス=ヘイロー×サンデーサイレンス 〔2-n〕 9-7

2005年 タイム 1'59"2 (良) 1FAve=11.92 3FAve=35.76
テン35.6-中盤48.6(3F換算36.45)-上がり35.0 『加速・中弛み』
1着エアメサイア・・・サンデーサイレンス×…

タイム 1:58.2 4F 47.7 3F 35.8
単勝4番310円(2人気)
複勝4番130円(2人気)1番360円(7人気)12番110円(1人気)

はまちん<10期 西序二段三十三枚目>
「メンバーレベルが低いのは重々承知だが・・・(;・∀・)」
カルマート14着/8人気
○アヴェンチュラ▲デルマドゥルガー  
    
2754
6拍手

 難解・・・。人気はクラシックで好走し、ローズステークスを快勝したホエールキャプチャ。骨折でクラシックを棒に振り、その後準オープン→古馬相手に重賞勝ちしたアヴェンチュラになるのは妥当なところだろう。しかし今年のローズステークスは過去にないほどの凡戦。勝ちタイム1.48.1は阪神改装後断トツに遅いタイムで、翌日に行われた3歳未勝利戦より1.0秒遅い。要因は1000m通過が61.7と遅かったからなのだが、だとすれば上りをまとめてくるのが普通なのにもかかわらず、最後の1ハロンは12.0と要した。今年の3歳牝馬路線はレーヴディソールが楽に3冠達成するんじゃないかという圧倒的な強さから始まり、桜花賞前に脱落。桜花賞はそれなりに力通りの決着になったと思うが、オークスは特殊馬場で『適正』がものを言ったレースだった。今年の3歳牝馬のレベルはレーヴディソールの強さを考えると、クラシックの主役級は強いとは言えない。ローズステークスの凡戦はこのあたりの影響が出たと思える。

 じゃあ別路線で強かったレースがあったのか?と言われると、答えはある。それが紫苑ステークス。勝ちタイム1.58.2は2000mになった過去5年で最高タイム。それ以上に優秀なのがラップタイムでスタートしたからの1ハロンを含めて一番遅かったのが12.3と道中まったく息の入らないレースになったこと。2007年、2008年も似たようなレースではあったが、12.3以上かかっているし、それに近いタイムがいくつかある。今年が一番優秀なのは間違いないな。ちなみに秋華賞の成績は、2007年は勝ったアルコセニョーラが11着。2着のラブカーナが6着。2008年は出走していない。

 今年の内容は外を通り、上りも勝ち馬より0.2上回ったデルマトゥルガーのほうが優秀だとは思うが、本命はカルマート。前日輸送らしいが、最終追い切りを意欲的に行ったのは調子の良い証拠。どういう経緯で前走からアンカツ様が乗るようになったのかはわからないが、数量限定で数より質にこだわっているアンカツ様が乗る馬はとにかく注意が必要。毎年このレースは今年の紫苑ステークスのように道中息が入らないレースになりやすいだけに、似たようなレースを経験できたのは大きい。自身、未勝利を勝った直後にオークスにぶつけたが、さっきも言ったようにオークスは特殊馬場だっただけに着順は度外視していいし、それ以上に陣営の期待が高いからこそオークスに出走したんだろ。それはサンデーレーシングだからか。。。

 デルマトゥルガーは鈍重血統で、馬場が渋った今の京都は向いていると思うのだが、どうしても母父ジェイドロバリーは引っ掛かる。先週は同じミスプロ系のアフリート産駒がワンツーなんていうのもあったが、土曜のミスプロ系はほぼ全滅。もちろん紫苑ステークスで勝ったといってもよい内容なだけに印はつけるが本命にはできなかった。

 そのデルマトゥルガーが10着だったクイーンステークスを勝ったアヴェンチュラ。この馬の取捨が一番難しい。単純能力は認めるが骨折明けのレースを勝ち、その後中1週で重賞に挑戦。体重は-4kgでおさまったのは滞在競馬だったからだろう。今回の追い切りは3頭併せでおこなえたものの、軽く流す程度で上積みに疑問が残る。そもそも洋芝は向いている血統だけに北海道であれだけのパフォーマンスができたとも考えられるし、兄姉が3歳の夏を越して成長が止まったのも陣営は気がかりなのか、ここに出走したいことも含めて多少無理して使った可能性は高いよな。兄姉と違って今でも走れるのは時期的なものではなく出走回数による消耗度か。取捨は非常に迷ったが、前走の走りができればここでも通用するのは間違いないので対抗評価に。

 ローズステークス組から評価できる馬を選ぶならマイネイサベル。ドスローの中を1頭だけ追い込んできたのは印象深い。でもスローの上り勝負でこその馬とも思えるが。。。まあ紛れの多いコースだし、直線が短くなっても展開によっては差しも決まるだけに注意が必要かと。

 ホエールキャプチャは自在に競馬ができるが、今回はどんな競馬をするかね。長く良い脚を使うタイプなだけに、今回のコースはマイナスだと思うんだけどな。内でせこく立ち回りそうなキョウワジャンヌと一緒に押さえ。

 マルセリーナは痛恨の外枠。道中は前に壁を作りたい馬だけにこれはかなり不利と思える。それでも力はメンバー中最上位とも思っているだけに渋々押さえ。
10/15 22:21

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【中京記念最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼中京記念最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




はまちん

予想歴26年
回収率%
このレースは何が一番のポイントかを見極め予想の筋道を作る。基本的には 過去のレース内容から今回は+α が大きいと思われる馬を狙うことが多い。 +αとは血統、コース、調教などなど。 ◎は勝つ馬ではなく、馬券圏内に入る馬として考えている。 ブログやってます。 http://blog.livedoor.jp/hamatomo31/ 総拍手獲得数:1571
過去のベスト予想
 天皇賞(春)2012

◎ビートブラック○オルフェーヴル
41拍手

15,960

新着回顧秋華賞2011回顧一覧はまちんの回顧
はまちんTM競馬歴26年 回収率%
世代レベルはどうなのよ・・・( -_-)フッ
     
次走危険馬:ホエールキャプチャ   
3
6拍手

 久しぶりに回顧。。。最近忙しくてね・・・は、いい訳だが、捻くれ者の回顧に期待している人なんかいないだろうしな。

 今開催の京都は時計が速く、開幕週の準オープン芝200mで脅威の1.56.8!その前のレコードホルダーは・・・ゼネラリストか?函館記念のサッカーボーイ並みのインパクトはあるな。

 このレースに関してはメモリアルイヤーが1000m通過58.8で飛ばしたおかげでもあるが、それでも番手抜け出しのアヴェンチュラ、インを上手く立ち回ったキョウワジャンヌが上位に入ったのは馬場のおかげだろ。土曜日までは雨が降って先週のような高速馬場になるか疑問ではあったが、水はけがいいのか全く問題にならなかったな。菊花賞は当日の天気にもよるが、良馬場であればこのあたりは頭に入れて予想しないと痛い目に合うな。

 勝ったアヴェンチュラは骨折から立て直した陣営を褒めるべきだろう。ここを確実に使いたいがために中1週でクイーンステークスに挑み、賞金を加算できたのが大きかった。相手比較も阪神ジュベナイルフィリーズ4着なら容易に判断できたし、今年は全体的に小粒なメンバーも良かった。さあ今後だが、姉のトールポピー、兄のフサイチホウオー共々3歳の夏を越して成長が止まっただけにこの馬も、、、と思うが、違うところは兄姉より気性が激しくないこと。これは好位から競馬ができることにも繋がっていると思う。どうなるかな。

 キョウワジャンヌはロスなく立ち回ったのが好走の最大要因。外枠だったらホエールキャプチャに先着できたとは思えないな。ダート志向の血統が好走するレースで、この馬も母父がミスプロ系のSeeking the Goldだから例外ではないのだが、今回が特別に条件が合っていたとは思えん。基本はだだっ広いコースでの差し・追い込みだろ。しばらく静観したい。

 ホエールキャプチャは結果的に枠に泣いたな。どの位置で競馬がしたかったのかがイマイチわからんレースだった。まあ勝ち馬があんな前から競馬するとは思ってもなかったんだろう。大事に乗りすぎたと言えば言葉は良いのだろうけど、来週のことで頭が一杯か。馬に関しては世代トップクラスなのは間違いないが、世代レベルに疑問符はつくだけに、今回のように外を周る競馬になると取りこぼしが多くなるだろう。あと距離はマイルがベストと思える。

 アカンサスデルマドゥルガーは一発狙いの競走。どちらも母父がミスプロ系でダート志向の馬。マルセリーナはこの枠でレース前から後ろからいくことを決めてたのだろう。でもさすがに苦しかった。まともな枠でも3着争いに加わったかなという感じ。

 あとは評価できる馬はなし。マイネイサベルはスローでこそ差し脚が活きると改めて認識。

 勝ちタイムは優秀のレベルだが、馬場&ペースのおかげで普通の『3』。

 次走で狙いたい馬はいないなぁ。危険馬はエリザベス女王杯を条件にホエールキャプチャ。単純に距離が長いし、世代レベルに疑問。

10/18 16:13 回顧アクセス:2680

コメント1件

編集長おくりばんと 2011年10月18日17時39分
競馬ナンデは捻くれ者多いですので、だからこそ予想も回顧も面白いと思っておりますよ
キョウワジャンヌは京都2000特有の、秋華賞特有のロスなく立ち回ったことによる浮上かなと僕も感じました それ以外は大体力通り決まった感じでしょうかね・・


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
編集長おくりばんと
07/17 16:42

まあまあのが獲れました

雨龍泥舟
07/17 10:14

うらやましい


07/16 01:59

凄いの取れた(゜ロ゜;

編集長おくりばんと
07/12 12:06

ぷみをさんありがとうございます!更新しました また何かありましたら言ってください

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>クライスト教授


07/13 13:09

雨龍泥舟>>

>>クライスト教授


07/12 08:12

クライスト教授>>

>>クライスト教授


07/12 00:43

雨龍泥舟>>

>>クライスト教授


07/11 07:43

アキ>>

>>クライスト教授


07/09 03:17

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社