12/16 12/17
12/16 12/17
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【朝日杯FS2017】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想AJCC2014予想一覧編集長おくりばんとの予想

中山11R AJCC 2014年1月26日(日)
芝外2200 4歳上GII 曇良 平均レースレベル3.0

87654321枠番
16151413121110987654321馬番












































































































馬名
セ7 牡8 牡4 牡6 牡7 牡6牡6 牡4 牝6 牡6 セ6 牡7 牡7 牡4牡6牡4性齢
56 56 55 56 56 5757 55 54 57 56 56 56 555655斤量






























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順着順

軍神マルス

BC爺

予想屋マス

雨龍泥舟

index

BC爺「相手強化は好材料」自信度C 2
◎フェイムゲームは強い相手向きのハーツクライ産駒。
前走は休み明け、大外、スローと三重苦でした。
叩いて内枠引いた今回は大きく条件が好転しますし、
相手強化の厳しい競馬で血統と若さが生きてくると見ます。

○ケイアイチョウサンも前走は大外で突き抜けず。
中山2200に強いステイゴールド産駒なので、
混戦の内枠で今度は持ち味を出せると思います。

▲マイネオーチャードもステイゴールド産駒。
やや重賞を勝ち切るにはパンチ不足にも思えますが、
圧勝してきた勢いで上位には顔を出すでしょう。

3着大穴候補に△コスモファントム。
正直、今さら重賞で絡むほどの気力は疑問ですが、
早めに動いた前走…
××nige「直線は前と横に馬がいて斜めに間を割るように走っていたし最後」自信度D 14
本命は、フェイムゲーム
前走は皐月賞以来8か月ぶりのレースで、大外枠でスタートやや出遅れだったので後方から追走。
3角で動きたいところで先に後ろの馬に動かれて動けない位置に入って、4角から外に出しながら追い込み6着。
6着ですが0.2秒差で、直線は前と横に馬がいて斜めに間を割るように走っていましたし、最後の脚は良かったです。
未勝利戦、京成杯どちらもやや時計がかかる馬場で、今と同じような馬場。
距離延長はプラスで、今回は内枠なのでロスなく走れてるので期待できる。



対抗は、ダノンバラード
有馬記念は負けすぎ感はありますが、前が不利な流れだったので仕方ない。
重い馬場・中山適性は…
軍神マルス「AJCC 非根幹距離実績と今の中山芝に合う血統。」自信度A 2
★傾向分析★
テン3F-中盤5F-上がり3Fで分けて考えています。

2009年 タイム 2'13"9 (良) 1FAve=12.17 3FAve=36.52
テン36.6-中盤61.4(3F換算36.84)-上がり35.9 『加速・一貫』
1着ネヴァブション・・・マーベラスサンデー×Mill Reef=サンデーサイレンス×ネヴァーベンド 〔14-f〕 3-2
2着エアシェイディ・・・サンデーサイレンス×ノーザンテースト=サンデーサイレンス×ノーザンテースト 〔4-r〕 6-6
3着トウショウシロッコ・・・アドマイヤベガ×ニッポーテイオー=サンデーサイレンス×リファール 〔23-b〕 6-3

2010年 タイム 2'12"6 (良) 1FAve=12.05 3FAve=36.16
テン36.3-中盤61.2(3F換算36.72)…
naoch自信度C 1
◎コスモファントム

前走は重賞だった場合9.8.5.55

金杯でクリア

2〜4週の間隔で、9.3.3.47

金杯でクリア

前走1〜5着 7.5.7.37

8着...先行馬残らなかったし
展開が向かなかったということで

中山巧者であるし今の時期が1番走る

更に松岡起用で3年まえの再来か?

4着じゃダメだけど
雨龍泥舟自信度C 2
今週いちばん難しいのがこのレース。
実績ではダノンバラード断然だが、前走はいかに展開が向かなかったとはいえ、負けすぎだと思う。ここは、4歳馬に目が行く。
ケイアイチョーサン、ダービーフィズ、フェイムゲーム、レッドレイヴンの4頭。
ここからレッドレイヴンを◎に抜擢。例年は冬の中山は敬遠気味の藤沢和厩舎だが、今年は積極的に使っている。これもエクイターフ効果なのだろう。関東リーディングは当然として全国でもTop3に入ると予想。
秋になればコディーノと力関係が逆転している可能性の高い馬だと思う。

○ ケイアイチョウサン
▲ ダービーフィズ
△ フェイムゲーム
と4歳馬を上位に見た。

×カノープス「レッドに期待するも」自信度C 2
レッドに期待するが
青葉賞、ダービーに負けているので波乱も警戒
ヴェルデグリーンやサダムパテックが面白い
ケイアイとダノンはWIN5には買えない

トゥザグローリーの乗り替わり
マックスドリームの2桁人気が来ると大きいな

3.10.11.12.14.16のBOXか
711自信度C 1
 7-ω-) 第55回アメリカジョッキークラブカップ(G2)の予想UPします。

◎レッドレイヴン
 叩き2戦目となる前走は、危なげのない立ち回りで、人気に圧勝で応えた。2歳の時は、クラシック候補の呼び声もあった逸材が、ここにきて勢いが付いたとなれば、人気先行と思いつつも本命に。

○サトノシュレン
▲トゥザグローリー
△ダノンバラード


 7-ω-) 印は上記のとおりですが、馬券は⑦⑫⑬⑭の馬連BOX6点買いです。


 7-ω-) いつも読んでいただき、ありがとうございます。それでは皆様、良い競馬を。…
カタストロ自信度C 2
 確たる逃げ馬不在だが、恐らく外からサトノシュレンが積極的に主張。ただブノワがどこまで適性ペースを刻めるか微妙で消極的になるようであればコスモファントム、ダノンバラード辺りも意識してコスモが押し出される展開もある。いずれにせよこれといって行きたい馬がサトノシュレンしかいないことを考えると序盤はそんなにペースが上がらないだろう。中盤からのロンスパ戦となる可能性が高いし、12秒前後の平均的な脚を持続させる展開を想定したいところだ。ポテンシャル最優先。


◎ダノンバラードはこの条件ならと思っていたら思ったよりも人気していない。素直に本命にしたつもりなので少々驚きだが、この馬は基礎ス…
radia「ここからG1馬」自信度C 2
◎1 フェイムゲーム

AJCCは今後も重賞で活躍する馬か今までG1まであと一歩だった馬を買うのが定石。

今回、G1まであと一歩な馬はトゥザグローリーですがさすがにもう7歳なので×

というわけで、今後も重賞で活躍しそうな馬からフェイムゲームをチョイス。

京成杯を勝っている(ただし施行日が変わった特殊なレース)馬ですがそれ以降はケガもありイマイチ。

しかし、ハーツクライ産駒といえばジャスタウェイやウインバリアシオンのように

4歳以降活躍する馬が多いのでこれからが勝負。

後ろから行く馬なので1枠からうまく馬群を捌けるかが勝負の分かれ目となりそうです。


ブログやってます!
自信度C 2
◎ダノンバラード
○フェイムゲーム
▲ダービーフィズ
☆マックスドリーム
△サダムパテック
△マイネオーチャード


三連単Fマルチ
軸◎
相手○▲☆△


京都牝馬Sは三連単取りましたが、今回は難しすぎる。

消ケイアイチョウサン
消レッドレイヴン
消ヴェルデグリーン

↑本当に迷いました。



下記に全頭の短評があります。




ケイアイチョウサン
【プラス材料】
・末脚
中山金杯では、内有利な状況で、外を回して追い込んだ末脚は素晴らしい。
セントライト記念でも素晴らしい末脚を見せた。

・距離延長
距離が延びるのは、前走の中山金杯を見てもプラス材料になるでしょう。

・叩き2走目…
やまっくす「当日オッズに注目」自信度C 9
過去5年の馬券対象馬から見た消去、減点、強調データになります。
まずは消去データから。

×前走条件戦出走馬やOP特別敗退馬
近年は重賞で好走したことがある強いメンバーが揃うためか、前走条件戦出走馬やOP特別敗退馬といった実績不足な馬は、馬券に絡んでいない。
GⅡという格から、勢いよりはある程度の実績と重賞から参戦してきた馬を重視したいところ。
(該当馬)
ヴァーゲンザイル、サトノシュレン、ダービーフィズ、チョイワルグランパ、フェイムゲーム、マイネオーチャード、レッドレイヴン

×馬体重470㎏未満
冬場の芝でパワーが必要なためか、ある程度馬格がある馬が好走している。
09年ドリームジャ…
カピバラ「中長距離向きの持続力」自信度C 4
・傾向
基本は前半の緩いロングスパート勝負ですが、2013年のように2番手以降も中盤を早く走るケースも有ります。
サトノシュレンの出方次第で、今年もそうなる可能性はありますね。


・ステップレース見解

オールカマー
内外フラットな馬場。テン緩く締まった流れのロングスパート戦。
ダノンバラードは最内。4角で1・2頭分外。
ヴェルデグリーンは4角で5頭分外。

ディセンバーS
少し内有利な馬場。一貫ペース。
ダービーフィズは1・2頭分外。
サクラアルディードは最内。
フェイムゲームは2頭分外。
コスモファントムは最内。

中山金杯
内外フラットな馬場。2番手以下はテン早く中盤で少し緩んだ中弛…
ばっじょ「34.9と33.2の意味をゆっくりと考えて」自信度A 2
AJCCの予想です。


血統面でのポイントは、

[Northern Dancer系統/ST血統]
[Mill Reefを中心としたNasrullah系統配合馬]

の2系統です。

そして血統配合面では2200m戦という距離よりも長く2500m戦などで好走し、そしてズブい競馬でこそという血統。

[トランスワープ]
[ミヤビランベリ]
[シャドウゲイト]

などは過去好走馬です。

2014年の出走馬に父:Northern Dancer系統配合馬がいない点からも狙いは、Nasrullah系統になります。

では、結論に入ります。

-AJCC 結論-

本命 : ダービーフィズ 牡4 蛯名
対抗 : ヴェルデグリーン 牡6 田辺
単穴 : マックスドリーム セ7 …
××めんぼう自信度C 4
中山も開幕が進み、本来の距離よりスタミナが重視されるかなと思ったが、意外と逆。


『ダービーフィズ』
飛節的には1800~2200くらいがいいと思う。菊花賞は明らかに長かった。中山も大得意なのに、ここまで人気がないとは・・・

『マイネオーチャード』
メンバーの中では、一番2200に適した馬体と、飛節を兼ね備えている。牝馬ということか軽視されているが、前走の調教が変わってから本当に一変したとおもう。


『フェイムゲーム』
正直、2200は長い。2000mがベスト。ただ、メンバーのなかでは一番底が割れていないし、内枠もいい。

『コスモファントム』
前走に続き再度狙ってみ…
××たけぼぉ自信度E 2
◎⑦ダノンバラード
・前走は強力な差し馬に早めに来られたが負けすぎで、条件は良いが過信は出来ない
○⑪サダムパテック
・・この距離でも走れない事は無いだろうが、うまく馬のやる気を持続させられれば
▲⑫トゥザグローリー
・恐らく楽に良い位置を取れそうで、復調途上も鞍上の力で持たせられないか
△②サクラアルディート
・期待された前走は後方からで、やはり重賞では厳しかったのか
△⑩ヴェルデグリーン
・時計の掛かる馬場は微妙だが、中山は良いし相手関係的には上位
△⑧マイネオーチャード
・オープンに昇級したばかりだが、このメンバーなら上位を狙えるかも

切り
③ケイアイチョウサン
・ここも後方から…
index自信度C 7
スペシャルウイークからもう幾年が経ちましたが、やはり今年もレッドレイヴンの様な馬は勝たないのだろうか・・・

これといって予想を考えていなかったので、軽い予想になりますが、いつもの対角配置で考えてみます。

今回馬券になりそうなのが、
ケイアイチョウサン
ダノンバラード
ヴェルデグリーン
レッドレイヴン
のいずれかです。

◎ケイアイチョウサン
最近のAJCっぽい馬だと思います。
ただ典さんが極端なレースをしないで欲しいって事ぐらいかな。

無ダノンバラード
有馬、もっと走っても良かった気がする。
いろんな面で好材料多かったのに、気に食わない。

△ヴェルデグリーン
よく知らない…
Asuna自信度C 0
◎ケイアイチョウサン
ジョッキーが気になるところだがここは馬の力を信じて◎打ちます!
前走は大外枠が響いたのかも
好位での競馬を期待
今日の京都牝馬Sのゴールデンナンバーみたいな騎乗は勘弁してください

○マックスドリーム
いつも外まくりなので逆に大外枠は競馬しやすいか。
前走を見ても好気配

▲トゥザグローリー
G1への出走が多くソコソコやれてるしまだ素質は残ってるはず
G2ではかなり好成績だしここで復活期待

△サトノシュレン
有力馬の多くが後方なので単騎逃げでアッといわせられるかどうか
ブノワJでなんかやってくれそう…
×kathu自信度C 0
このレースの予定タイム

4—7—13—15—8—10—12—9—14—1—6—2—16—11—3—5

12――11—7—5—4—10—14—3—1—2—8—13—16—9—6—15
このレースの逃げ馬
04番コスモファントム 36.1   35.8 

07番ダノンバラード  36.1   34.8

格の上位馬
12番トゥザグローリー 36.1   34.5  
11番サダムパテック  この馬は中距離に疑問
 
人気馬
14番レッドレイヴン   36.9  33.6 
03番ケイアイチョウサン 36.5  34.9


予想オッズでは
08番マイネオーチャード  3.8 
              36.0   34.0
14番レッドレイヴン    5.8 
              36.9   33.6
11番…
ベストアン「"有馬記念惨敗組より、⑧マイネオーチャードの充実度"」自信度B 2
先々週と打って変って前へ行く馬の活躍が目立った先週は、馬場コンディションが良いとされる外と比べても内もしっかりと伸びていた。もうどこが有利と言う事はなく、ペース次第と見た方がいいのではないか。
1回中山の最終週のメインは、確固たる主役不在で一筋縄ではいかないレースになりそうなアメリカJCC。

本命に推す紅一点の⑧マイネオーチャードは、中山に相性抜群のステイゴールド産駒だ。ワンパンチ足りない競馬が続いていたが、ここへ来て末脚に磨きがかかっている。同舞台で行われた前走のクリスマスC(1600万下)では、終始外々を回りながるロスの多い競馬になったものの、長く良い脚を使って先頭に立つと、あと…
×サニーのす「オーシャンブルーと同じブリンカー作戦で」自信度C 1
◎トゥザグローリー
近走が不振のため狙いづらいことは確かではあるが厩舎としては中山金杯でようやく復活したオーシャンブルーに続いてもらいたいところであろう。オーシャンブルーは中山金杯でブリンカーを着用して復活したが今回この馬もブリンカーを着用して臨むことになった。復活への手は尽くしている。あとは馬自身の問題だろう。メンバー的には勢いのある有力馬もレッドレイヴンぐらいなので何とかなる。


○フェイムゲーム
京成杯を勝っているように冬の中山という舞台設定は良い。骨折明けの前走は終いしっかり伸びていたのでそう悪競馬ではない。叩いた上積みと絶好の舞台で再び名を上げたい。


▲ダービー…
××クライスト「新興勢力を優先」自信度A 2
例年通りなら有馬記念組が上位と見込まれるところだが、今年のメンバー3頭はいずれも成績的に不安が見られるからには信頼(巻き返し)するには至らないと判断。よって、新興勢力たる4才馬の方が主体になると推察した。
ただし、古馬でもG1馬がいるからにはどれも今一つ抜けた感のない4才馬だけで上位を独占するとは思えないので自信度Aとした。

◎・・・本来の厩舎傾向だと好走後は疑ってかかるのが正解だが、AJC杯の好走傾向を考えると、前走完勝で臨戦してくる同馬が今回最も勢いある存在であり、有馬記念組がどれも信頼不足の成績の今回ならまとめて負かせると判断して本命とした。

○・・・古馬の実績馬が中心にな…
まじん自信度C 2
仕事が忙しくなかなか予想もかたまらないためか、べ圏が全然当たらない・・・・。予想人気では前走1600万を方ばかりのレッドレイヴンが人気を集めそうなところでメンバー的には実績馬もいて難解なレースになりそう。

本命はマイルとはいえなんといってもG1ホースのサダムパテックに期待したい。もともとクラック好走組であり、3歳時は弥生賞を勝つなどクラシックの最右翼にも考えられた馬。このところ短い距離を中心に使われていたので、久しぶりの距離延長がどうかだが地力も決めても上位であり中山コースは実にセントライト記念以来と得意だった舞台に戻り不気味。

対抗は同じ1600万を勝って人気してきそうなら距離に…
現場監督自信度E 2
◎ヴェルデグリーン
田辺騎手になり7戦4勝、もち時計2.12.0で3番手
G2ならば勝てると評価した。

〇サダムパテック
もち時計の2.10台は2番手に1秒近く差がありダントツの1番手
メンバー内で唯一G1勝利経験の実績
しかし、やや距離が長いようにも感じたのでここまでの評価

▲ダノンバラード
もち時計は2.12.1と4番手
昨年の勝利している馬は気になる。

△チョイワルグランパ
ダートばかり走ってきた馬が芝に挑戦し馬券に絡んだら面白いと思っただけです。…
minom自信度C 2
人気になりそうな馬に後ろから行く馬が目立つ顔ぶれ。そうすると、前に行く馬が有利。ならば、ダノンバラードでいいんじゃないでしょうか。

昨年のこのレースの勝ち馬で、同じ中山2200の昨年のオールカマーも3着。天皇賞(秋)、有馬記念と凡走続きですが、ここは適正条件ということで見直します。

すると相手筆頭はオールカマー勝ち馬のヴェルデグリーン。この馬は有馬でも一瞬、期待を抱かせてくれました。本来は本命の予定でしたが、展開を考慮して、この順番です。

続くのが前走が残念なフェイムゲーム。狙い目と思っていたのですが、僅差の6着。今回は一叩きで上昇確実ですが、人気にならないか心配。

あ…
予想屋マス「ダノンバラードの連覇なるか?」自信度C 0
今週のメインレースは、第55回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)である。
第55回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)は、冬場のG2ということもあり一線級不在の混戦模様である。
そこで、競馬理論の競馬予想では、第55回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)に出走する有力各馬の能力をステップレースごとに分析する。

2k13年のグランプリ有馬記念組からは、8着のトゥザグローリー、10着のヴェルデグリーン(田辺裕信)及び15着のダノンバラード(川田将雅)が第55回アメリカジョッキークラブカップ(AJCC)に出走する。

トゥザグローリーの有馬記念の8着という結果は、直線で前が壁になり追い出しが遅れたものでは…

タイム 2:14.0 4F 48.7 3F 36.4
単勝10番570円(2人気)
複勝10番230円(2人気)2番900円(10人気)1番360円(6人気)

編集長おくりばんと<08期 東大関>
「遂に素質開花か?そして天皇賞春へ」
ヴァーゲンザイル7着/15人気
○マックスドリーム▲マイネオーチャード  
    
1126
0拍手

2200mはちょっと長めかなというメンバーが揃っている。
サダムパテックは路線転向。
サクラアルディートも2000までの馬で2200に良績なし。
サムソンズプライドも。レッドレイヴンも。
フェイムゲーム、マックスドリーム、フラガラッハに至っては走った経験もなし。
人気のヴェルデグリーンさえオールカマーで高速馬場で1度走っただけ。
これが高速馬場ならば、そう気にすることもないと思うのだが、
今の中山は上がりが非常にかかるパワーとスタミナを要する馬場。

ここは距離適性重視で狙いたいところ。

マイネオーチャード
前走は同コースで、内伸び馬場を外を回って差し切っていて強い内容。
エリザベス女王杯もタフな重馬場で4着しているし、
2400でも好走できていて、距離不安はなし。

ヴァーゲンザイル
良績は2400~2500に集中。
ここでは珍しい、ちょっと距離適性長めの馬。
デビュー時から、フットワークは非常に大きくゆったりとしていて、
潜在能力は高いはずと注目してきた馬。
リズムに乗れないと脆いが、はまれば一発の可能性を秘めた馬。
中山コースは最も得意で、本来は広いコース向き。
もしも素質開花となれば天皇賞で面白い存在になるはず。
01/26 15:34

■■■■■■■■■■■■■■■
ジャパンカップ制覇で波に乗る
シュヴァルグランの馬主

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【朝日杯FS・最終結論!】

▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

JCはシュヴァルグラン
から3連単 13,340円的中!

天皇賞秋はサトノクラウン
から3連複1万5290円的中!

ア共和国杯はスワーヴリチャード
から馬単2250円的中!

福島記念はウインブライト
から馬単2380円的中!

今週の朝日杯FSの
▼▼最終結論もお楽しみに!▼▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




編集長おくりばんと

予想歴24年
回収率120%
内が伸びるか、外が伸びるか、トラックバイアスを見極めます。 JRAレーシングビューを見て、少なくとも全馬のフットワークはチェックします。 総拍手獲得数10047
過去のベスト予想
 山陽特別2014

◎フォーチュンスター○ワールンガ
55拍手

4-1-5番: 334,420

YoutubeAJCC関連動画

新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
夜明けのばぁた
12/17 07:02

投稿総評のきっかけとなれば…!? ブログ・ツイッターにアップしました。

   つぶやきだけ全て見る

メアド
パ ス
 

ナンデPOG2018セリ開始  

コメント

雀>>

>>雀


12/10 21:29
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社