8/18 8/19
8/11 8/12
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【北九州記念2018】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想ローズステークス2017予想一覧クライスト教授の予想

阪神11R ローズステークス 2017年9月17日(日)
芝外1800 3歳GII 曇良 平均レースレベル4.0

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番













































































































馬名



牝3 牝3牝3 牝3牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3性齢
54 5454 5454 54 54 54 54 54 54 5454 54 54 54 54 54斤量































騎手
単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
×

BC爺

アキ

編集長おく自信度C 0
メイショウオワラ
前走を見てみたら、こんなに素晴らしいフットワークをしていたっけというくらい、馬が変わったのだろう。内に行く馬が少ないので、前で運べれば。

サトノアリシア
阪神JFの内容からコース適性はある。前走のように馬任せで行って内の良いところを回ってこれれば。

ミスパンテール
素晴らしいフットワークの馬で、チューリップ賞はフロックでもなんでもない。前走は1枠の馬を外から追走して健闘していて、やはり力はある。この距離なら。…
下彦「ローズステークスはリスグラシューから・・・」自信度C 2
◎リスグラシュー
同コース高速での未勝利レコード勝ちは鮮烈でした。このメンバーであのようなレースは出来ないかもしれませんがコース、距離共ベストな可能性が高いここが狙い目。
土曜日の稍重から重へ変遷した馬場の芝レース結果をみると、そんなにはかかっていなくとも、最終内回2000mなどは勝ったアロマドゥルセ(ディープに母父がサドラーズウェルズの仔カーネギー)始めサドラーズウェルズを持つ5頭が全て人気を上回る走り。1400mの瀬戸内海特別でも9人気の母母父サドラーズウェルズのウィズアミッションが3着へ滑り込んでいました。
当馬も母父アメリカンポスト(ネイティヴダンサー系)で4代にサドラーズウェルズ…
カタストロ自信度C 1
前日予想では台風の影響を考えていたら全く雨降らず。稍重で軽い馬場だし正直変えたいところですけどね…リスグラシューにはあまり良くないかも。代わりにモズカッチャン入れたい…。


◎ファンディーナ

 台風の影響を受けそうでタフな馬場状態。ここまで道悪だと多少の不安はあるが、超高速馬場よりは時計が掛かる方が良いとは思っている。ただ、絶対の自信は無くて、不安は追い切りがそこまで良い感じではなかったというところ。陣営もその辺は少し控えめなコメントを見せているし、状態面がしっかりと立て直せているかどうか。素材という点では超一級だと今でも思っているが、皐月賞の場合は超高速馬場で59.0-58.8と…
スコット自信度C 0

 ◎メイズオブオナー

 前走久々の芝で吉田隼人テン乗りで、500万ではあるが上がり1位で差し切ってきた。
 前半が遅かった中での脚ではあるが、阪神外回りで芝に戻して2戦目、馬券圏内は十分あると思う。

 ○モズカッチャン
 ▲リスグラシュー
 △ファンディーナ

 あとは人気馬3頭を相手に。

 内でうまく立ち回れそうな枠をひいたモズカッチャンと、東京2400mから確実にコースが好転するリスグラシュー、いまいち計り切れないが地力は確かなファンディーナの順。…
××「2走前が2000mのオークス連対馬は(0,2,0,2)」自信度A 0
本命はファンディーナ

前走の皐月賞は牝馬の身ながら牡馬混合のG1に参戦して果敢に先行したが坂ありの根幹距離のレースであのペースだと牝馬の体力ではさすがに厳しかった、年明けデビューで休みなく4戦、輸送競馬続きで馬体も減っていて状態もよくなかった、それでいて0.5秒差7着なら十分評価できる、今回は休み明けの短縮ショッカー、多少馬場が渋るぐらいなら問題ない

対抗はブラックスビーチ

前走オークス6着以下馬は過去10年で23頭出走して(1,1,1,20)、9頭が掲示板を確保、人気より着順がよかったのは8頭、さすがに率は悪いが回収率は悪くない
馬券に絡んだ3頭の主な共通点は前走一桁人気で着順が人気を上回…
ムトト自信度C 18
◎ラビットラン
道悪で通常だと前目の馬を狙いたいが人気のファンディーナにテンに速いカワキタエンカがいて微妙。道悪でもダートをこなすパワーのある当馬なら追い込みもきくのでは。
初芝だった前走500万下が上がり2位に0.7差つける破格の上がり。後に2着エンヴァール、3着レインボーフラッグ、5着セイントバローズが軒並み次走で勝ち上がりを決めていて、面子もレベルは決して低くない。タピット産駒だが芝で大いに期待の持てる内容だった。
半弟アサクサゲンキは小倉2歳Sを制して早くも重賞馬。BMSディクシーランドバンドはサンズオブアース、レッドリヴェール、デルタブルース等大物を出して来る。母Ameliaの成長力も…
ばっじょ「この母系なら、何とかならないかなと。」自信度C 0
ローズステークスの予想です。

昨年は、直線一気のシンハライトに痺れたレース。


当レースの過去好走馬を見ると一つの傾向があります。

① 母系にサドラールズウェルズを持つ馬が、

シンハライト、タッチングスピーチ、リラヴァティなど。

② ヌレイエフの影響を受ける馬が、

トーセンヴィクトリー、タガノエトワール、ヌーボレコルトそして、デニムアンドルビー。


では、推奨馬。

メリッサ 牝3 福永

①に該当し、なおかつシンハライト、リラヴァティの半妹です。父は変わりますが、①は母系に配合されているサドラールズウェルズがポイントなので、今年も引き続き狙いたい馬。

ハローユニコー…
浪花の赤い「ローズS 2017 予想」自信度C 0
台風が心配ですが

年 Time テン-中盤-上り 4F 5F 前後差
'12 1:46.8 = 36.5-36.9-33.4 49.0 61.4 △3.6
'13 1:47.7 = 34.6-35.5-37.6 46.3 58.2 +3.2 (重)
'14 1:46.0 = 35.1-36.7-34.2 47.3 59.8 △1.1
'15 1:45.2 = 35.1-35.2-34.9 46.7 58.4 +0.1
'16 1:46.7 = 35.4-36.7-34.6 47.4 59.9 △0.6 (重)
──────
Ave 1:46.1 = 35.3-36.4-34.3 47.5 59.7 △1.2

基本は3F瞬発力勝負。
スタート後の3角までに十分な距離があるので、テンはそれほど早くないが、コーナーでの弛みが少ないので、スピードの持続力とスタミナも問われると思います。

逃げるのは⑯カワキタエンカでしょう。
平均よりはスロー寄…

タイム 1:45.5 4F 46.9 3F 34.9
単勝14番2640円(8人気)
複勝14番640円(9人気)16番490円(6人気)6番210円(3人気)

クライスト教授<10期 東関脇>
「TRにて敢えて伏兵の好走を考えると、」
モズカッチャン7着/2人気
○ラビットラン▲リスグラシュー△ファンディーナ
×カラクレナイ  
1119
4拍手

自信度A・・・実績上位と見られる6頭(ファンディーナ、アドマイヤミヤビ、モズカッチャン、リスグラシュー、レーヌミノル、カラクレナイ)が中心視される。
夏の上がり馬と春のトライアル戦好走馬がこれら6頭に挑む形になるが、過去の実績と騎乗者を考えるとさすがに大化け好走は厳しいと思われるため現時点では中心視6頭の争いと見てAとする。

【ファンディーナの能力は如何に!】…前予想

◎=モズカッチャン
現時点では実力馬がその能力に見合った結果を残したオークス好走組を上位と見て同レース最先着の同馬を○に置く。
なお、同馬の不安は今回が初めて上位人気として他馬から見られる事で直前2走ほどノーマークにならない(はず…地力が問われる)事。
なお、和田という鞍上からも人気に推され過ぎると危なっかしい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
てっきり和田が乗ってくると思ってたら、ミルコ騎乗となると人気でも走っておかしくなくなった。ならば却ってここは鞍上の実力を信じて◎で狙った方が理屈に適うと判断。

○=ファンディーナ
皐月賞の敗戦でケチが付いた格好も「皐月賞1番人気」はただの酔狂で推されるモノでないはず。
この能力的期待値から世代代表ソウルスターリングと唯一未対戦牝馬である将来的期待値からも現時点の優勝候補一番手は同馬に期待。
なお、同馬の一番の不安材料は高野という「厩舎」である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
モズカッチャンが◎で狙える鞍上になったため○に置くが、どちらが勝ってもおかしくないと思っている。

▲=リスグラシュー
最も安定した複勝対象馬なら同馬は実績一番。
なお、同馬の不安は勝てる目算が低い事。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
アドマイヤミヤビが屈腱炎で出れなくなった事で俄然有力複勝候補に。

△=レーヌミノル
オークスは距離不適正で惨敗はやむを得ないが、桜花賞も諸条件が上手くハマった結果である感は否めないので現時点では重いシルシは打てない。
ただし、桜花賞馬という看板がモノを言えば勝たれても不思議じゃない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
桜花賞馬の看板が活かせれば武豊の縁故に優って3着もあると思っていたら、アドマイヤミヤビ離脱で存在価値が高まった事で厩舎のポカ度と騎乗力を落としている岩田騎乗のファンディーナが不発だった場合、もしくはミルコの乗り変わりが裏目に出た場合はまさかの連対もあり得るまで広がったと見て複穴に。

不運=アドマイヤミヤビ
オークス好走組を上位と見た観点から▲に置く。
なお、同馬の不安は近走成績が不安定な事。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ミルコの代わりがルメールなら本気で乗れば武豊よりも先着出来るはずが屈腱炎とは誠に不運。

その他=ミリッサ
おそらく伏兵の好走候補の中で最も人気に推される馬になると思う。
ましてや秋華賞直前でリタイアした姉馬シンハライトのリベンジ要素(話題性)を持っている馬で、思い入れあるシンハライト(POG指名馬だった)の妹馬だけに私的には好走されてもおかしくないとも思っている。
ただご承知の通り、福永を騎手と認めていない私としては馬への思い入れより下手なヤラセなど起こって欲しくない公正さから同馬は無印にせざるを得ない。何より同馬の好走を考えると、チューリップ賞の結果からリスグラシューとミスパンテールの好走まで浮上してくる事で好走候補が増えすぎるため無印に。

騎手狙いの穴=ラビットラン
アルアインの松山と同じくモズカッチャンを降ろされた和田が乗ってくるのが妙味で、角居厩舎3頭出走の1頭である点も穴馬として狙う好材料になると思う。
仮に桜花賞ワンツーが不発だった場合、同馬を穴で狙いたいと思ったほど。
ただ、さすがにここまでシルシが回らなかった。

消し馬=カラクレナイ
前走NHKマイルC惨敗は不可解だが、桜花賞までの実績ならここで好走しても一向に不思議じゃない。
ただし、今回は鞍上面の変更も見込まれる状況でそれも弱化が見込まれるだけに重いシルシは打てない。
なお、NHKマイルC勝ち馬がアエロリットなのに惨敗し過ぎの点が一番の減点材料。
よって、今回の上位実績6頭の中で好走すると道理に反する筆頭は同馬だと判断。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【TRにて敢えて伏兵の好走を考えると、】…最終決断

◎=モズカッチャン

○=ラビットラン
騎手予想屋としては、角居厩舎の3頭出しにモズカッチャンを降ろされた和田の存在は何より気に懸かる事柄。
よって、モズカッチャンが勝つとすれば和田の追従好走もあるとして同馬を2着に指名。

また、いち競馬ファンとして「和田、降ろされた事への意地を見せろ!」との騎手への思いもあるので。(良い意味での反骨心に期待!)

▲=リスグラシュー

△=ファンディーナ
世代トップのソウルスターリングと未対戦である事の期待から否でも重視していたが、冷静に見ればいくら皐月賞1番人気馬でもすでに賞金的に秋華賞に臨めるはずの休み明け馬が乗り慣れた鞍上でここに全力を注いでくるとは限らない。ましてや馬場も悪化必至の状況では、あくまでトライアル戦であるここで脚を量ってくる可能性の方が高いと判断。
よって、能力的には連軸候補でも隙があると見て△とする。

ただし、この予想だと角居と絡みのある福永が台頭する怖れも増すのがとても心配。(苦笑))
09/17 00:35

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【札幌記念最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼札幌記念最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




クライスト教授

予想歴38年
回収率0%
騎手の実力を最も重視。ここに調教師・生産地レベル・馬の脚質を絡めて予想。 総拍手獲得数:3728
過去のベスト予想
 札幌記念2014

◎ハープスター○ゴールドシップ
38拍手

19,780

新着回顧ローズステークス2017回顧一覧クライスト教授の回顧
クライスト教授TM競馬歴38年 回収率0%
まさかここまで荒れるとは。
次走狙い馬:ラビットラン   
次走危険馬:ファンディーナ 次走危険馬:モズカッチャン
4
0拍手

レースレベル4・・・前半58秒台で逃げたカワキタエンカが残ってしまう異質なペースとそれを可能にした馬場状態は減点材料も、概ね馬の能力は発揮されたレースだった事から本番にも大いに反映する内容と見て4と評価。

次走狙い馬=ラビットラン
ほぼ完璧にレースを牽引したカワキタエンカを唯一差し切った能力は単なる穴の和田の仕込みで出来る芸当ではなく、馬場状態や展開に恵まれたモノでもないと見る。
この内容で本番コケたとしたらよっぽどのお笑い種になるだろう。

次走危険馬=ファンディーナ
直線で伸びなかった事が休み明けのレース感の鈍さと大幅な馬体増のせいであれば良いが、はっきり言ってレース運びは万全だったので、最後に弾けなかったのは同馬の能力の底が知れたとしか評せない。
ある意味一番心配していた新造厩舎の重賞レースにおける躓きがここでも現れたと言えるため、シャイニングレイからすでに2度目の躓きを示してしまった高野厩舎ではショウナンパンドラよろしく今回の敗戦で本番格段(6番人気以下)に人気落ちしないと狙える存在になるとは思えない。
優秀な馬を調教師デビュー年から任されている有能な厩舎であるが、それだけに今回が2度目の期待外れとなっては調教師の格付けでクラシックではまだ見劣る厩舎であると判断せざるを得ないためファンディーナ秋華賞でも危ないとしか評せない。

次走危険馬=モズカッチャン
同馬もファンディーナと同じで今回が馬体増による伸び欠きであれば良いが、馬場状態を考えてミルコが敢えて前に位置取って競馬してこの結果ではとても本番で巻き返すとは断言できない。
それこそ今回の結果がJRAお得意の縁故仕込みであれば良いが、それなら横山典弘、武豊、福永でワンツースリー決着に成って和田の勝つ余地など無かったはずで、ある意味これが鮫島厩舎の分相応な結果と見て良いだろう。
サマーシリーズで勝たせて貰う程度がこの厩舎に付けられた主催者の格である事はすでに結果で示されているからにはいくらミルコが降りないとしても次走もファンディーナ以下にしか成れないと判断する。

それにしても、まさかここまで(横山典弘の逃げ残り、高野と鮫島が共に凡走する)荒れるとは思わなかった。
特にミルコには「鮫島の馬とは相性が良くないのでもう二度と乗るなよ!」とまで言いたくなったほど。
さすがは臨時代役の秋山でサマーシリーズを勝たせて貰う厩舎だとつくづく思い知らされた気がした。
正直、『和田が勝ってるんだから来いよ』と思った。(苦笑)

09/17 17:45 回顧アクセス:915

コメント2件

ドリームパスポート 2017年09月11日14時43分
モズカッチャンはデムーロさんですね。

クライスト教授 2017年09月11日22時56分
情報ありがとうございます!…ミルコですか…オークス2着が地力上位のモノなら対抗も堅くなりそうですね。


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
クライスト教授
08/15 09:22

アカネサス、ぜひ2勝目を挙げて下さい。

クライスト教授
08/04 12:42

ミディオーサ2戦目勝ち。石橋脩からミルコ騎乗で万全。

とりおやこ
08/04 10:53

月更新お願いします。

競馬ナンデ編集部
07/26 11:34

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

編集長おくりばんと>>

>>雨龍泥舟


08/15 15:15

雨龍泥舟>>

>>雨龍泥舟


08/14 09:18

編集長おくりばんと>>

>>雨龍泥舟


08/13 19:16

雨龍泥舟>>

>>雨龍泥舟


08/13 13:04

雨龍泥舟>>

>>雨龍泥舟


08/13 13:03

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社