10/20 10/21
10/20 10/21
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【菊花賞2018】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想エリザベス女王杯2017予想一覧クライスト教授の予想

◎単勝 5番:770円的中

京都11R エリザベス女王杯 2017年11月12日(日)
芝外2200 3歳上GI 晴良 平均レースレベル3.5

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番























































































































馬名



牝4 牝5 牝4 牝5 牝7 牝4 牝7 牝3牝5 牝4 牝5 牝5 牝3牝3牝4 牝5 牝5 牝5性齢
56 56 56 56 56 56 56 5456 56 56 56 545456 56 56 56斤量

































騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
××

BC爺

ヨルゲンセ

ぐつん

××編集長おく自信度C 0
エリザベス女王杯の特徴は56キロ定量であること。
牝馬戦で唯一の56キロを背負わせる競走なので、斤量耐性が大きなポイントになると思う。

まず、54キロだと非常に強いが、56キロを背負うとからっきしダメなルージュバックは、
非常に危険な人気馬だと思う。

他にも背負いこなせた経験のないマキシマムドパリやトーセンビクトリーも危ないと思う。
クロコスミアもかなり小さい馬なので厳しいのではないか。

逆にガサがある馬は怖い。
大穴ウキヨノカゼは500キロ近い馬で、昨年のターコイズステークスで56キロで好走。
重賞を二つ勝ってしまっているので、斤量を背負うのでここのところ着順が悪いが斤量が同じこ…
雨龍泥舟自信度C 2
波乱度 中
◎(A)ヴィブロス
○(B)ルージュバック
▲(C)ディアアドラ
△(X)スマートレイアー
△(Y)クロコスミア
△(Z)モズカッチャン
△   ミッキークイーン

[最終]
YZ馬に先に行く馬を選んでみた。有力馬が外目にまわったこともあり、4‐5の馬連&ワイドは押さえておきたい。

[木曜日]
▲ ディアドラ
秋初戦を10Kg以上の馬体増で勝つ馬はそれほど珍しくはないが、2戦目も10Kg以上の馬体増で勝つ馬は極めて珍しい。最近は記憶力がさっぱりで、自信はないが、「空前絶後」といってもいいのではないかと思う。
それほど、この馬の充実ぶりはすばらしい。この馬に関しては春のク…
ムトト自信度C 0
◎トーセンビクトリー
キンカメ×トゥザヴィクトリー。全兄トゥザグローリーやトゥザワールドは有馬で穴をあけたように意外性がある。当馬のこれまでは目立つ血統に武豊ということで過剰人気の傾向にあり手を出しづらかったが、ここのところ乗り替わりもあり落ち着いてきた。母も勝った舞台でありキンカメもちょろちょろと穴をあけるレースなので血統的魅力は十分。また距離延長、時計のかかる馬場というのも良い。ジェンティルドンナMでは京都でステイインシアトル相手に逃げ切りを決めている。粘り強さを活かせる位置取りにつければ。アッゼニ次第だが全く期待の持てない屋根というわけでもなく期待値は高い。

○マキシマ…
ぐつん「炎の1点勝負(3連単)(゜∇^d)!!」自信度S 0
=エリザベス女王杯=

古馬混合になった1996年以降で
11/12に行われたエリザベス女王杯

<2000年>
1着→ファレノプシス正223
2着→フサイチエアデール正120
3着→エイダイクイーン正235

<2006年>
1着→フサイチパンドラ正223
2着→スイープトウショウ正120
3着→ディアデラノビア正235

3連単1点勝負します( ̄0 ̄)/

「1着馬は正223」
→正223⑦クイーンズリング

「2着馬は正120」
→正120⑫スマートレイアー

「3着馬は正235」
→正235①クイーンズミラーグロ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<結論>
3連単⑦⑫①

Σ(゜Д゜)

どうやら100円が120万円になりそう
(゜∇^d)!!

競馬に絶対は無いんだから
(*´∀`)…
夏影「今週は前残り狙いで」自信度B 1
昨日の京都競馬は、外回り2200㍍のコースで2レース行われた。
京都準メインの比叡S(1600万下)は、8番人気の人気薄のクイーンチャームが道中3番手からの先行策、7Rの平場戦(1000万下)は1番人気のアドマイヤロブソンが道中2番手からのこちらも先行策で1着となった。

比叡Sの勝ち時計は2.13.9、7R平場は2.16.6とかなり時計は掛かっている。
比叡Sのレースの上がり3ハロンは35.5とかなり遅い。
7R平場戦に関しては前半1000㍍が1.03.5の超どスローだったにも関わらず、最速上がりが勝ち馬の出した34.2と遅い。
かなり摩擦が高く、体力の問われる馬場と見る。

面白いのは勝ち馬の血統で、クイーンチャー…
nige「成長を感じる近走の走りから、今なら軽い馬場でも」自信度D 0
本命は、ディアドラ

前走は、出遅れてしまって後方4番手から追走。
残り800mから徐々に進出して、4コーナーに入る所で前の集団が外に出してできた内の進路から中団やや前まで上がって直線へ。

直線に入って、徐々に外に出しながら伸びてきてリスグラシューの外に出して、勢い止まらず差し切り勝ち。

ルメール騎手の進路取りが完璧だったのはあるが、上がり3F12.5-12.1-12.4のところを、残り200mでまだ3馬身差はあったのに差し切っていて、前の馬が大きく止まっていない所を差し切ったのは強い内容。


重い馬場でペースが流れる展開が理想とは思うが、軽い馬場で時計が出ていた馬場のオークスで、スローペースか…
××「前走3角9番手以降の秋華賞連対馬は(0,1,0,5)」自信度S 0
本命はクイーンズリング

前走府中牝馬S3着以下馬は過去10年で50頭出走して(1,1,3,45)、11頭が掲示板を確保、人気より着順が悪かったのは16頭、率が悪いが前哨戦がこのレースしかなくとにかく出走数が多いので無視できない
連対した2頭含む複勝圏を確保した5頭の内3頭は前走3角2番手以内か前走3角11番手以降の馬と極端な脚質で負けていた、前走ハマらなかった馬を狙うのが期待値が高い、他の2頭は当日が重馬場と特殊馬場だった13年5番人気3着アロマティコと11年4番人気3着アパパネ、2頭の共通点は前走が1番人気だった、同じキングカメハメハ産駒だったのはさすがにたまたまだと思うが前年の京都競馬場でのG1で3着以内の実…

タイム 2:14.3 4F 46.6 3F 34.4
単勝5番770円(5人気)
複勝5番260円(3人気)4番630円(9人気)10番240円(2人気)

クライスト教授<10期 東関脇>
「ムーア人気の過剰さに疑問!」
モズカッチャン1着/5人気
○ディアドラ▲ヴィブロス△ルージュバック
×ミッキークイーン×リスグラシュー
2324
6拍手

◎単勝 5番

770円的中

【ムーア人気の過剰さに疑問!】
自信度A・・・北村宏司からムーア騎乗の圧倒的鞍上強化は好材料でもルージュバックの叩き2走目の負け実績は減点材料のため予想を修正してAとした。

◎=モズカッチャン(ミルコ)
秋華賞において落鉄しながらも接戦した同馬の地力を評価。
また前走から1ハロン距離が延びるのも良い傾向と見て◎と判断。

○=ディアドラ(岩田康誠)
秋華賞を体重増で勝った勢いもあり、ルメールは降りても乗り戻しの岩田であれば本気騎乗なら残りの日本人騎手には騎手力でも優っている。
反動という名目の手抜きが一番怖いが、騎手のヤラセ好走よりは遥かに正しい好走可能馬なので、モズカッチャンを有力視した事から○に指名。

▲=ヴィブロス(ルメール)
叩いての上積みもあるだけにルメール騎乗なら馬券対象の最有力は同馬と見るのは極めて順当。
ただ、これは個人的な経験値からの見解だが、もしも前走が鞍上変わりで完全な試走でなかった場合、前走以上の着順に成れない馬が多い点に当てはまるため▲と判断。

△=ルージュバック(ムーア)
好走後の負け実績はいただけないが、それでも北村宏司からムーアでは高校生からメジャーリーガーに手変わりしているようなモノなので△と判断。

消し馬=ミッキークイーン(浜中俊)
全力で乗って真っ直ぐ追えるように体調を戻してから騎乗しろと言える者が、2外人にムーアまでいる本物の騎手たち相手に好走できる道理がなく、たとえ馬がどんなに良くてもあきらかに騎手力で見劣るからには消えるべき筆頭は可哀想だが同馬になってしまう。
ある意味、好走した時にどんな形で仕込み好走があるのか見ものである。

消し馬=リスグラシュー(福永祐一)
縁故騎手から縁故騎手への騎乗変更。その上にテン乗りで縁故力低下ではそれこそ好走したらヤラセ。
この騎手が乗るという事はヤラセ好走する代わりにのちのち馬が能力を落とすという事でもあり、馬が潰されないためにはここは無理する事なく消える馬になったと判断。

その他=スマートレイアー(川田将雅)
この急遽乗り変わりで好走すれば「武豊も川田も騎手力に差はない」となり、それではこれまでの武豊の実績がとても胡散臭いモノになるだろう。
凱旋門賞に乗せて貰えず、他馬の騎乗依頼もないダービージョッキーが武豊と遜色ないなどそれこそ主催者の格付けに適わないため無印とするしかない。
負けても理由の付く馬になっては評価は下げざるを得ない。

その他一言
=クインズミラーグロ(藤岡康太)
騎手との相性は悪くないが調子が疑問。
=ハッピーユニバンス(池添謙一)
鞍上は強化と言えるがただの大穴候補でしかない。
=トーセンビクトリー(アッゼニ)
騎手力は強化と言えるが強調材料に欠ける。
=クロコスミア(和田竜二)
牝馬は好調が第一と言うなら最大の伏兵馬だが鞍上が問題で同馬まで手が出せない。
=クイーンズリング(Cデムーロ)
昨年の覇者で好走してもおかしくない馬だがハッキリ言って吉村厩舎の連覇それも弟デムーロでとなると日本人騎手どころか他の外人騎手まで全員不甲斐ない騎乗になる事に疑問。
=タッチングスピーチ(松山航平)
距離経験があると言うだけで人事的な強調材料がない。
=デンコウアンジュ(蛯名正義)
この距離で好走したらそれこそKY。
=ジュールポレール(幸英明)
距離をこなせれば穴で来てもおかしくないがここまで手が出せない。
=ウキヨノカゼ(横山典弘)
強調材料一切なしで義兄弟コンビもただのお笑いネタなだけ。
=マキシマムドパリ(藤岡佑介)
距離経験だけなら穴で来てもおかしくないがここまで手が出せない。
=エテルナミノル(四位洋文)
好調さはあっても格見劣り。おまけに和田の代役ではダービージョッキーの名折れ。


【牡馬相手の臨戦馬を上位と判断】・・・前予想
自信度A・・・牝馬戦よりも牡馬相手に勝って来た2頭を上位と判断。
ただし、鞍上次第(外人騎手起用)で日本人騎手は軽くいなされるため現状Aとした。
ところが、武豊の調教落馬で急遽川田が代役になり、スマートレイアーの勝ち目が落ちた事でルージュバックが連軸確定になったのでSに引き上げた。

◎=ルージュバック
前走騎手のままだったら前走が仕込みと軽く消せた馬だが、ようやく桁違いの鞍上強化で臨戦するからには好結果必至と判断。

「青は藍より出でて藍より青し」・・・このことわざの如くロジユニヴァース(萩原)の大竹は、シンボリルドルフ(野平)の藤沢和雄、ミホノブルボン(戸山)の森などの過去の事例に準じた師匠を越える実績を残す土台は持っている調教師になるはず。
まして今回は、これまで良くて戸崎が限界の騎手起用だった厩舎がムーアを起用できるこれ以上ないG1勝ちのチャンス。
(エピカリスが証明した萩原清の相馬眼のなさ=ロジユニヴァースを育てたのは大竹の力量と推察。何より北村宏司で牡馬を負かして来た馬がムーアなのだから連を外すなど考えられない。どうか師匠筋の縁故ボンクラを受け継いでいない事を願ってやまない。勝て、大崎の息子!)

○=ヴィブロス
ルメールが乗ってくる事が前提も、ルージュバックとスマートレイアーを負かせる筆頭なら同馬と判断。
(叩いての上積みにルメール騎乗なら普通に考えても掲示板以上は濃厚。ただし、前走クロコスミアに負けて来ているので同馬が連対以上になるならクロコスミアまで好走対象に挙げられる点が唯一の懸念。)

▲=モズカッチャン
前走落鉄であの競馬なら今回は3才馬の代表に置ける存在。
引き続きミルコが乗って来るなら鞍上が乗り変わる秋華賞1・2着馬より好走率は高くなるので上位食い込みもあると予想。
(落鉄が事実なら今回最も狙える馬。鞍上もミルコなので騎手の実力順なら武豊が△になるのが当たり前になるが、同馬が連対以上になるとリスグラシューはまだしもディアドラも勝ち負け候補に挙げられる事が懸念。)

△=ディアドラ
馬体を増やしての秋華賞勝ちを評価。
ただし、ルメールが降りる事を考慮すると一枚割り引かざるを得ないため△とした。
(リスグラシューに武豊同類の福永が配された事でヴィブロスの好走が高まった事から同馬が伏兵と予想。)

その他=スマートレイアー
武豊の調教落馬で急遽川田に乗り変わりでは大きな減点材料。
牡馬を負かして来た馬だけに武豊の援護を川田が引き継いでいれば2着もあるだろうが、武豊なら勝てたかも知れない馬があっても2着までとなっては騎手の実力からも狙い目より危険度が増すため無印とした。

消し馬=ミッキークイーン
実績的に人気に推されそうだが、2外人に加えムーアまでいるのに馬を真っ直ぐ走らせられない浜中が休み明けで勝ち負けできる道理がない。
浜中は斜行してG1勝ちさせて貰った上にフィリーズレヴューでも斜めに追った事で完全に体感の狂っている騎手。
そんな騎手が調整期間も取らずに騎乗し続けて全力で真っ直ぐ追える事の方がおかしい。
キチンと体感も整えてない騎手は好走うんぬん以前に、ミッキークイーンが(福永が乗る好素質馬のように)鞍上のせいでおかしくならないかが心配。
同馬を推すくらいなら騎手力上位(弟デムーロ)のクイーンズリングを推すべきと判断。
11/12 15:28

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【菊花賞最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

北九州記念はラブカンプーから
3連単7万1170円的中!

小倉記念はトリオンフから
3連複2880円的中!

アイビスSDはラブカンプーから
3連複5640円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼菊花賞最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




クライスト教授

予想歴38年
回収率0%
騎手の実力を最も重視。ここに調教師・生産地レベル・馬の脚質を絡めて予想。 総拍手獲得数:3751
過去のベスト予想
 札幌記念2014

◎ハープスター○ゴールドシップ
38拍手

19,780

新着回顧エリザベス女王杯2017回顧一覧クライスト教授の回顧
クライスト教授TM競馬歴38年 回収率0%
牝馬最強決定戦らしい結果!
次走狙い馬:ヴィブロス 次走狙い馬:ディアドラ
次走危険馬:リスグラシュー 次走危険馬:ミッキークイーン
5
0拍手

レースレベル5・・・秋華賞を落鉄で落としたモズカッチャンクロコスミアと共に好枠を活かして古馬を負かす。
これでソウルスターリングの存在価値も改めて見直せると言えるだろうし、如何に鞍上強化が好結果に結びつくかの勝目にもなった。
いずれにしても、これだけ成績優秀な牝馬が集まるレースは十年に一度あるかないかだけにレベル5以外は付けようがない。

次走狙い馬=ヴィブロス(ルメール)
やはり府中牝馬Sは叩き台ではなく、ほぼ仕上げた状態で臨んだモノと言うのが示された。
クロコスミアが粘っているだけに悔しい5着だとは思うが、休み明けを遠征競馬でほぼ仕上げて臨んだ反動であるからには、今回は悔しい5着でも遠からず巻き返すと推察される。
逆に、クロコスミアが好走しているだけに同馬の能力の高さは動かし難いモノと言えるので次走狙い馬の筆頭に挙げる。

次走狙い馬=ディアドラ(岩田康誠)
スタートから終始後方追走で、私が一番怖れていた「岩田の手抜き騎乗」があからさまに行われてしまった。
それだけに今回の結果が決して同馬の実力でない事も間違いなく、良く言えば「今回は馬に疲労を残さないただの周回練習」と捉えて良いはず。
よって時点の狙い馬に挙げる。

個人的に同馬の動向を注視していたので、道中の位置取りを見ていた間中ずっと『岩田なんぞ、もう辞めれば良い』と思っていたが、「これが中央に縁のない者が息子を準公務員にする代償なのだ」と言えるので、レースが終わった後には却って岩田が可哀想になった。
中央騎手界が騎手の実力に忠実であればこんなマネをしなくて良いだけの腕があるだけに本当に哀れでならない。

次走危険馬=リスグラシュー(福永祐一)
ヤラズの岩田と正反対に「これが本当の馬の実力」と言えるのが同馬。
当初、武豊の代役で誰が乗るのか注目していたが、こともあろうに縁故王から縁故王子のこの騎手になり、レースでも終始見せ場のないインの後方待機から直線では一瞬伸び脚は見せたものの前にスマートレイアーが見えた辺りでピタリと伸びが止まった。
おそらく武豊が乗り戻せばもっと良い競馬はするだろうが、それでもこの鞍上を乗せた事で疲労は無くても走る気が落ちる事になるのは否めない。
これが馬の能力を潰す福永祐一を起用する報いであるだけに、いくら乗り戻しても次走危険馬筆頭は同馬を挙げざるを得ない。
ただし、この事は矢作師もよく分かっているはずなので、もしかすると次走好走の確約のためのボンクラ起用である可能性があるので「好悪五分五分」と捉えていれば良いだろう。

次走危険馬=ミッキークイーン(浜中俊)
ヴィブロスがつまずくのなら同馬が3着になっても一向におかしくない。
だが、今回も勝ち負けには届いていないように、鞍上のビビり騎乗は動かしようがなく、休み明け好走で次走人気に推されるだけに却って危険度は増すと思われる。
もちろん鞍上を変えれば好走する可能性は上がるだろうが、これだけ長く未熟な競馬学校上がりが乗り続けていると馬の方が勝ち切るだけの脚を出さなくなっている悪癖が付いているだけに、人気以上の結果が出せるとは通常は考えられない。
結果的に3着だった今回こそムーアが乗れば良かったかも知れないと言えるだけに次走危険と見ておくのが妥当だろう。

その他=クインズミラーグロ(藤岡康太)
テレビ馬として立派な競馬をした鞍上と共に次走期待!

その他=スマートレイアー(川田将雅)
急遽騎乗にしては川田はよく頑張ったが、ケガより不倫がネタにされている今週の武豊ではどうしようもなかっただろう。
いい加減に武豊が天才などとされている低レベルな評価は辞めるべきとつくづく思った。

その他=ウキヨノカゼ(横山典弘)
どうせ惨敗するのだからもっと覇気のある競馬をすべきと思った。
これだから実力のない公務員一家はヤラセと言われる良い証拠。

その他=ルージュバック(ムーア)
やはり前走の勝利が同馬の能力の限界と北村宏司に勝たせるための仕込みであった事がハッキリした。
確かに2走目の負け実績がそのまま出ただけではあるが、それを少しでも抑えるためのムーア騎乗であるだけにもう期待するほどの価値もなくなったと言わざるを得ない。
関係者の意向で桜花賞に挑まされた事が本当に同馬にとって不幸な出来事だったと可哀想でならない。

11/12 17:09 回顧アクセス:2007


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
雨龍泥舟
10/12 23:35

すごい動画発見! https://www.youtube.com/watch?v=55NE29sWHCU

競馬ナンデ編集部
10/12 18:19

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

クライスト教授
10/11 09:12

石橋脩は残念だが代わりが北村友一なのは思わず笑った。指定の厩舎付き騎手では絶対に被らないはずの騎手が起用されたから。これで来たらアーモンドアイは危ないって事か?(苦笑)...

ドリームパスポート
10/09 14:24

ラッキーライラックに友一君なんだ。脩君残念。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

ゼータ>>

>>ゼータ


10/20 21:49

編集長おくりばんと>>

>>ゼータ


10/20 15:51

編集長おくりばんと>>

>>ゼータ


10/20 15:49

雨龍泥舟>>

>>編集長おくりばんと


10/17 10:42

ぷみを>>

>>クライスト教授


10/16 21:39



19
秋華賞
◎アーモンドアイ
○カンタービレ
三連単11-13-2番
5,600円 的中

ぷみを
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社