11/25 11/26 12/3
11/18 11/19
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【ジャパンC2017】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想マイルCS2017予想一覧ヨルゲンセンの予想

京都11R マイルCS 2017年11月19日(日)
芝外1600 3歳上GI 晴稍重 平均レースレベル5.0

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番














































































































馬名
牡3 牡3 牡5 牡5 牡6 牡5 牡6牡4 牡5 牝3 牡5 牡6 牡5 牡6牡3 牡5 牡3 牡5性齢
56 56 57 57 57 57 5757 57 54 57 57 57 5756 57 56 57斤量




































騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

クライスト

××ぴろり金「混戦も・・・。」自信度S 1
◎クルーガー。
馬券にならなかったのは距離不適と長欠明け。
前走のの走りは、馬場を考えれば上出来。
気楽に乗れる人気も良い。

○エアスピネル。
マイルで馬券にならなかったのは安田記念だけ。
それも馬群を捌けず脚を余しただけ。
さらには鞍上強化。
ただ、いまいち鞍上が乗れていないので対抗まで。

▲ペルシアンナイト。
レッドファルクスを降りてまで選択してきた。
大外枠が良いわけはないが
ミルコロガシ継続か。

△イスラボニータ。
これもスピネル同様馬券にならなかったのは安田記念だけ。
原因は別にしても勝ちきれないのが不満。

×サトノアラジン。
安田記念はスムーズだっただけ。
前…
雨龍指数自信度B 0
 ()内は単勝人気
◎ エアスピネル  117(2)
○ レッドファルクス 82(3)
▲ イスラボニータ  78(1)
△ ペルシアンナイト 75(4)
⑤ サトノアラジン  67(5)
⑥ サングレーザー  53(6)
⑦ クルーガー    50(8)

多少の前後はあるが、ほぼ人気どおりの指数になった。
見解に異同があるのは、マルターズアポジーの扱いだろう。
コース自体は逃げ馬でも勝負になるコースであるが、スピード上位のレーヌミノル、本命馬、エアスピネルの動向次第で、馬郡に沈む可能性も高い。
この辺りは指数には反映されないが、マルターズアポジーの評価が低かったのは状態がそれほど良くはない…
nige「後半減速ラップになるような流れになれば」自信度C 2
本命は、サトノアラジン

前走は、唯でさえ距離が長かったのに超時計のかかる馬場で、全く競馬にならなかった。
参考外としていいレース。


この馬は、加速に時間がかかるなので、ペースが流れて瞬発力の重要度が下がった方がいいタイプ。

東京ならペースが多少遅くても、直線の長さでカバーできるが、京都ならやや早めくらいは流れてほしい。

今年は、マルターズアポジーがある程度のペースで引っ張ってくれるはず。
後半減速ラップになるような流れになれば、この馬の長所が生きる形になる。


去年は5着だったが、4コーナーで少し押さえて内から差してきたので、加速に時間がかかり、直線で致命的な不利…
××「当日3角9番手以降のスワンS連対馬は(0,0,1,7)」自信度S 4
本命はヤングマンパワー

前走毎日王冠出走馬は過去20年で23頭出走して(0,4,1,18)、10頭が掲示板を確保、人気より着順が悪かったのは10頭
前走連対馬は5頭いて(0,2,0,3)、着外3頭は16,5,4着、人気より着順が悪かったのは3頭、連対した2頭は当日3角8番手以降に位置取りを下げた2頭、単調なレースから臨戦のせいか疲労があるせいか位置取りを下げた方が無難か
前走3~5着馬は8頭いて(0,1,1,6)、4頭が掲示板を確保、人気より着順が悪かったのは4頭、複勝圏を確保した2頭は前走2番人気以内、前走2番人気以内馬は3頭いて(0,1,1,1)、着外は97年1番人気スピードワールドの12着、人気より着順が悪かったのは1頭、人気で軽く凡走…
下彦「マイルCSはエアスピネルから・・・」自信度E 4
マルターズアポジーの逃げ濃厚でマイル戦では今迄どの様な「逃げ」をしてきたか確認すると、
新潟1000万 47.2-45.9で1.3秒スロー
中山1000万 46.7-46.7でイーブン
中山1600万 47.2-46.4で0.8秒スロー
関谷記念 46.6-45.6で1.0秒スロー
京成杯AH 45.8-45.8でイーブン

と、意外にもマイル戦では前後半差のハイラップは一度も踏んでいません。全5戦の内2F目に10秒台というのも前走京成杯AHの10.9が最速でこれも意外でしたが、スタートからハナを取り切るのが早い事を思えば争わない分だけ前の隊列確定も早いという事の証左かと思います。もう一つの特徴としては目視でも何となくわかるように道中の緩み幅が少なく…
スコット「ディープを蹴とばす?」自信度C 0

 ◎エアスピネル

 ムーアに乗り替わってしまったエアスピネルを本命。

 まず、昨日の京都、ここまでの京都が全然軽くないということ。
 スワンSこそサングレーザーが勝ちましたが、あれは通ったところの話かなと。

 このエアスピネルについては、高速馬場が苦手な馬で、瞬発系のレースやコースではイマイチな印象。

 今回は馬場もまだ重馬場だし、一方で前に行く馬も多く、今年のマイルCSなら。


 ○レッドファルクス

 何も考えなければこの馬で良いかなと。中山でスプリンターズは勝ちましたが、スウェプトオーヴァーボードなだけあって平坦なコースが強い馬。

 ▲クルーガー

 本命でも…
naoch自信度C 0
マルターズアポジーが逃げて
2番手辺りにウインガニオン
重馬場得意そうなウインガニオンと得意じゃないかも
しれないマルターズアポジー。これでこの2頭の差は
縮まりそうだ。

関谷記念よりも更に絶妙な間隔で着いていければ
逆転も可能

夏馬のイメージがあるが今年の伸びはそれすら凌駕
している。

Mデムーロ
18番枠で人気少しでも下がるなら
外不利と言われながら15番16番17番枠は良枠
18番は近走人気馬が居なかっただけ…
ムトト自信度C 0
◎ヤングマンパワー
今年のマイラーズカップではイスラボニータ、エアスピネルに続いて3着。イスラボニータには昨年の富士Sで勝っているし、人気勢とオッズ程の力の差はない。
典型的トライアルホースの戦績で、G1では足りないかにみえるが、昨年のマイルCSはなぜか先行せず後ろを回ってきただけというテン乗りバルザローナの不可解な騎乗で、今年の安田記念は前崩れの展開だった。(残ったロゴタイプはすごい!)敗因としては明確。
今回は石橋脩。前走に続く騎乗で、その前走毎日王冠は1ハロン長いながら粘り込みを見せていたし、同じ乗り方で良い。
例年京都の高速馬場でなく、ハービンジャーが走る馬場。同じデインヒル…
ネオニア自信度D 0
馬場は少し重め。

ペースはマルターズアポジー次第だが、平均~ちょいスローで予想していく。おそらく完全なTS戦にはならないのでそこを考慮して。



◎ヤングマンパワー


この馬はあまりにもペースが流れすぎるといけない、でもスローすぎてTS戦になってしまうと他の馬に抜かれしまうという難しい馬。

ただ今日のような少し重い馬場、そしてペースもハイペースにならなそうというのは結構いい条件だと思っていて、

イスラボニータに完勝した富士Sなんかは、
13.0 - 11.5 - 11.8 - 11.8 - 11.7 - 11.2 - 11.2 - 11.8

3F戦なんだが、そこまでTS戦にならなかったレースで良さが出ている。


速い脚は使…
しろ自信度C 0
11:エアスピネル これまで一度も掲示板を外していない安定感の持ち主。さらに京都では、4戦して馬券を外さなかった実績がある。前走は悪い馬場ながら逃げ切ったし、スタミナの心配もない。今回も前目で走れれば馬券に絡むはず!ただ、勝ち数を見ると先行馬の2勝に対して差し馬の6勝だから、勝ち切るというよりも2~3着を狙う感じで考えたい。もう少し人気が落ちてほしいところだけど、このレースで軸にするならエアスピネル!…
軍神マルス「マイルCS エアスピネルの好走に期待!」自信度A 0
★傾向分析★
2012年 タイム 1’32”9 (稍重) 1FAve=11.61 3FAve=34.84
テン35.0-中盤23.2(3F換算34.80)-上がり34.7 『一貫』
1着サダムパテック・・・フジキセキ×エリシオ=サンデーサイレンス×ノーザンダンサー 〔9-h〕 6-7
2着グランプリボス・・・サクラバクシンオー×サンデーサイレンス=プリンスリーギフト×サンデーサイレンス 〔8-c〕 8-8
3着ドナウブルー・・・ディープインパクト×Bertolini=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔16-f〕 8-8

2013年 タイム 1’32”4 (良) 1FAve=11.55 3FAve=34.65
テン35.1-中盤23.2(3F換算34.80)-上がり34.1 『加速』
1着トーセンラー・・・ディープインパクト×Lyc…
ま。ゼミ塾自信度C 0
◎マルターズアポジー
スタートの不安なく、ハナを切ればマークは薄くなり自分のペースに持ち込めそう。馬場も回復仕切らないだろうし、ここはチャンス。期待したい。

○クルーガー
土曜日の芝はキングカメハメハが好調。劇的に傾向が変わることもないだろう。同じ産駒でもこちらの馬の方が魅力。

レーヌミノルは渋った馬場なら。この距離ならもう少しやれてもいい。

乗り替わりがなければ上位評価だったエアスピネルはおさえまで。…
はやと自信度B 0
◎イスラボニータ

3歳の秋にセントライト記念を勝ってから約2年半もの間、白星から遠ざかっていたが、今年の4月のマイラーズCで待望の白星。次走の安田記念は直線で前が壁になってやや脚を余し、前走の富士Sは道悪巧者の前に2着に敗れたが、まだ力の衰えがないことを証明した内容だった。マイル以下では実に堅実。京都コースは一昨年のマイルCSが3着で昨年が2着、そしてマイラーズCでの勝利と、3戦してすべて馬券圏内。展開に左右されないレース運びの上手さもこの馬の強味。今回は57キロ。馬場回復なら逆転可能。…
ドリームパ自信度C 0
◎エアスピネル
ムーアさんです。
武さんがこのお馬さんでG1を取れるイメージを持っていたみたいで、それを具現化するのが今回はムーアさんですね。

◯イスラボニータ
ルメールさんです。
お馬さんの調子は良さそうですね。
もしかしたら外国人騎手独占なんてあるのかな。
まじん自信度A 3
◎5番サトノアラジン
〇7番レッドファルクス
▲18番ペルシアンナイト
△11番エアスピネル
△8番マルターズアポジー
△13番グランシルク
△3番ヤングマンパワー

本命が人気がないのでやはり手広く。馬場がの回復がどこまでか解らないので、印変更します。買い目
はあまりかわらない
馬連5番流し2-3-4-6-7-8-10-11-12-13-16-18
BOX5-7-11-18
三連複BOX5-7-11-18

不倫疑惑の武豊が嫌われたのか、エアスピネルは乗り変わってしまった。先週もそうだが、やはり社会的影響が大きい人だけに、あまり囃し立てられているわけではないが、制裁を受けているようにも見える。元来エアスピネルを本命に持ってこようと思っていた…
とりおやこ自信度A 3
私が最近ひいきにしているイスラボニータが人気になってます。
いい馬ですから当然のことだし、
イスラボニータを本命にしてもいいとさえ思います。

ただ、イスラボニータと同じくらいいい馬なのがサトノアラジン。
ほぼ同じ強さと言ってもいい。

ここ2年のマイルCSでは、イスラボニータの3着→2着に対し、
サトノアラジンは4着→5着。
ただ去年のサトノアラジンは、大きな不利を受けてこの着順。

また、ここ2年の安田記念では、イスラボニータの5着→8着に対し、
サトノアラジンは4着→1着。
ただ、今年のイスラボニータは、直線で前が塞がる不利があっての結果。

不利のないときはほぼ同じ着順…
だるま「京都11R マイルCS」自信度C 0
京都11R マイルCS
以下の様に予想する
◎ 7 レッドファルクス
〇 10 クルーガー
▲ 12 イスラボニータ
△ 8 マルターズアポジー
△ 4 サングレーザー
3連単
7-10 12-10 12 8 4
12-10 7-10 7 8 4
10-7 12-7 12
3連複
12 5-2 4 8 10
7 5-2 4 8 10
馬単
7=4 8
10=4 8
ぷみを自信度C 0
馬場の状態からサトノアラジンを下げサングレーザーを上げます。

過去10年の勝ち馬は4、5歳馬が中心です。せいぜい6歳まで。

前走で馬の力を比較

富士S(東京1600)
1イスラボニータ
2グランシルク
3エアスピネル
4ガリバルディ
5ブラックムーン

毎日王冠(東京1800)
1ソウルスターリング
2サトノアラジン
3アストラエンブレム

スワンs(京都1400)
1ダノンメジャー
2レッツゴードンキ
3ビップライブリー
4サングレーザー

天皇賞秋(東京2000)
1キタサンブラック
2サトノアラジン
3ソウルスターリング
4ヤマカツエース
5サトノクラウン
6ミッキーロケット

今…
×ビートブラ自信度B 0
久しぶりに時間ができたので、考えていることを書き込みたいと思います!

土曜日は思っていたよりも雨が降ったので馬場は重表記にまで悪化しましたね!さて明日はどうなるか?


さて、今週からCコース替わりということで、3~4コーナー内の荒れた部分は映像を見る限りではほぼカバーされているように見えました。土曜日は外回りを使ったレースが2つありましたが、どちらも内を極端に避ける様子はありませんでした。

日曜日には外回り使用レースがマイルCS前に3つありますが、その3レースのみでマイルCSに影響するほど馬場が荒れるとは考えにくいです。
低温による回復遅れも考慮し、やや重もしくは良表記のや…
カタストロ自信度C 0
◎マルターズアポジー

 全体的に穴狙いをすべきと感じた。その中で、この馬に関しては素直に実力を評価していて関屋記念で強いなと感じた。46.6-45.6とややスローにコントロールしての逃げなんだがポイントは3角以降。11.4 - 11.3 - 11.1 - 11.0 - 12.2と3~4角でむしろ加速して番手のウインガニオンに対して出し抜く感じでのロンスパの勝負。そこから10秒台を踏まずに新潟としてはそこまでトップスピードの質を要求させないまま押し切った。これ後半5Fで57.0でまとめているわけで、これは相当なインパクトなんだよなあ。中間的な脚を維持し続けてそこからもう一段、後半型の競馬で圧倒できているし、この競馬でウイ…
「マイルCS 2017」自信度S 2
 展開タイプは【前急TS】
 前日の馬場が重重馬場で、当日が晴れ続きだが低気温ということで良稍~稍稍ぐらいまで回復するかな。
 マルターズアポジーが逃げて、内からヤングマンパワー、ダノンメジャー、外からイスラボニータ、ムーンクレスト、ウインガニオンあたりが先行争いで序盤は結構流れると思う。マルターズアポジー的には1600mなら12秒代まで緩める可能性は低いかなと思っているので、11秒P戦を想定している。
 序盤は結構流れる割には馬場が渋っているゆえに騎手の意識が下がり、最速地点はL2になると想定。

 上記から、【前急TS】11秒P/最速L2戦 or 【前急TS】11秒P最速L3戦を想定して決めていく。


BC爺自信度C 0
◎グランシルクは上がり最速常連でマイルCS向き。
前走は2走前の高速決着の反動があったのでしょう。いくら相手が強かったとは言え、安定馬なのであんなに負けるのは普通じゃないです。しっかりガス抜きして人気も大幅に落ち、気楽に末脚勝負できれば面白いはず。

○レッドファルクスは驚異的な末脚の安定感。
最近はデュランダルみたいな成績になってきました。差し決着と見ているので、この馬は外しづらいです。

▲サングレーザーは上り詰める時は強いディープ。
ただ、どう見てもマイルでは頼りない走りなので、インで脚をためての3着あたりが似合う感じ。…
雨龍泥舟自信度C 0
馬場状態がつかみづらい。当初は、
◎ イスラボニータ
○ エアスピネル、
▲ サトノアラジン
△ レッドフォルクス
と考えていたのだが、《サトノアラジンが力を発揮できない馬場》と想定し、
◎ イスラボニータ
○ エアスピネル
▲ レッドフォルクス
△ クルーガー
に変更した、

イスラボニータの安定感、前走も得意とはいえない重馬場でよく頑張っている。サンデー系で競争馬寿命の長いフジキセキ産駒で、完成の域に近づいているのではないだろうか。エアスピネルは距離適性、上昇度に期待したい。重馬場ならなお良し。
レッドフォルクスは、絶対的な能力という点では一番と見ているが、距離適性がどうだろう…
サニーのす自信度C 0
◎クルーガー
ギリギリまで騎手が決まっていなかったのは微妙ですが十分な騎手を確保できたと思います。この騎手は大きいレースでバリバリやる騎手ではありませんがロスなく乗ろうという意識が高いのでそのあたりでも期待したい。
3走前の勝ちっぷりはいいところを通れたこともありますが時計も優秀でした。順調に使えないので1戦1戦が勝負となる中で前走のような悪い馬場でもいい脚を使ったしあのレースの後でも間隔を詰めて使えるのは大きな収穫。長くいい脚を使えるのでそれを生かした強気の仕掛けで後ろの猛追を凌いでほしい。

○イスラボニータ
勝ち切れない馬ですが前走の富士ステークスでは悪い馬場もしっかりこな…
ラインマス自信度E 0
【予想】

◎3.ヤングマンパワー
○5.サトノアラジン
▲11.エアスピネル


マイルチャンピオンシップは
近年は人気馬で決まりやすい。

直線も長いし能力ある差し馬買えばいいんだが
穴狙いとなるとグランデッツアパターンかなと
思うんですよ。

つまり先行してスピード持続じて押し切る馬。

そんな競馬したことあるのがヤングマンパワー。

新潟の関屋記念で前半スローだったが
長い直線で後ろの馬にほぼ差されることなく
2年連続で好走した経験があるので
ああいうスピードで押し切る馬は
なんか来そうな感じがする。

欧州血統なので道悪歓迎。

あとは相手をどうするか。

3歳馬はデータ的に不利なので買わない。

中…
××アキ「今のとこ超大穴から。」自信度C 0
◎ダノンメジャー
○ヤングマンパワー
▲クルーガー
△レッドファルクス
□ペルシアンナイト・レーヌミノル・アメリカズカップ・ブラックムーン
×エアスピネル・イスラボニータ

まあ今のとこは決め打ち。マルターズアポジーとウインガニオンが引っ張る形で、スローロンスパになれば案外侮れないというところで◎をダノンメジャーに。馬場が多少タフになってもやれるし、意外だけど前走で初めて連対を外したくらい京都とは相性はいい。坂を活かしたスローバランスからの後半勝負を前受でできるのはプラスだし、去年ほどのペースバランスだとごめんなさいだけど、今年はちょっと期待。…
××みぞおとし自信度C 0
前走ヨクガンバタエアスピネルによくやた賞送ります前走ヨクガンバタエアスピネルによくやたしょうです今週はエアスピネルによくやたしょうです今週はエアスピネルによくやたしょうです今週はエアスピネルによくやたしょうです今週はエアスピネルによくやたしょうです
夜明けのば「お膳立ては出来た!」自信度B 0
出走予定馬の詳細をブログに載せています。
https://blogs.yahoo.co.jp/yoakenovaata

傾向の前段部分は過去の戴冠馬10頭の実績から検証したもので該当馬はサトノアラジン・エアスピネルの2頭。次位グループにイスラボニータ・ウインガニオン・マルターズアポジーの3頭。

特色は要約すれば中間の推進力が持続出来て且つ末脚が発揮できれば展開的に向くだろうとなる。 馬場の状況や対応性を踏まえるならばエアスピネルが断然優位に立つ、しかし馬番・大勢・流れ・直線からゴールまでの攻防などの想定範囲で強調できるのはマイルまでならと思わせるレッドファルクス、馬場の対応性が高いイスラボニータ、3C辺りで…
夏影「馬場がはっきり読めない状況で…」自信度E 0
先週のエリザベス女王杯のモズカッチャンの勝ち時計は2.14.3と掛かっており、しかも1番人気のヴィヴロスは5着に沈んだ。
良馬場だったにも関わらず体力消耗の厳しい摩擦馬場で、末脚のトップスピードが全く生かす事が出来ない馬場で素直にスタミナ的な体力が問われていた。
モズカッチャンは体力色の強い馬先行馬で、3着に差して来たミッキークイーンも体力が豊富なタイプ。

さて今週はどうだろう?
土曜日の段階で重馬場だが、明日は晴れ予想でおそらく良馬場まで回復するだろうと思われる。
今週の土曜の京都競馬で芝2000㍍のレースが3レース行われているが、勝ち時計は次の通り。
・11R「アンドロメダS」古…
ぐつん「魔法の絨毯」自信度S 6
=マイルCS=

*今年の京都G1は
Mデムーロの右18隣が3着以内
天皇賞春 3着(右18隣)
秋華賞  1着(右18隣)
菊花賞  1着(右18隣)
エリザベス  1着(右18隣)

・・・・・・・・・・・・・・・・

*今年の京都G1は
岩田の12隣が3着以内
天皇賞春 3着(右12隣)
秋華賞  3着(右12隣)
菊花賞  2着(左12隣)
エリザベス  1着(右12隣)

・・・・・・・・・・・・・・・・

*今年の京都G1は
正40が3着以内
天皇賞春 2着(正40)
秋華賞  3着(正40)
菊花賞  2着(正40)
エリザベス  2着(正40)

・・・・・・・・・・・・・・・・・

*今年の京都G1は
正逆23が3着以内
天皇賞春 2着(正23)
秋華賞  1着(逆…
FUNNY自信度C 0
金曜オッズですが一番人気がサングレーザー何ですね。どゆこと?前走重賞で勝利しているといえどもメンバー的にはあまり評価できない感じですね。これならペルシアンナイト買った方が良いような。まぁ単勝と連複系で大分変わっているのでしょう。

土曜日が雨予報ということでこのレースも割りと影響しそうです。いやはや今年は雨多いですね。

本命はイスラボニータ、何だかんだで二年連続でマイルCSで馬券内に入っていることは強みでしょう。対抗馬にしたエアスピネルは鞍上の乗り代わりの分だけ評価を下げました。実力的には甲乙つけがたいところではあります。雨が強くなれば逆にエアスピネルの方が強いのではないか…
××KUROS「体力をもってGⅠを制するか」自信度C 2
富士Sで直線で1頭だけ末脚が目立っていたクルーガー。過去に良馬場以外のレースを経験したことがなく道悪適性は半信半疑だったが、そこは体力と馬力に優れたキンカメ産駒らしく、馬場を苦にせず力づくで追い込んで来た印象。今の京都芝は昨月の不良馬場開催が続いた影響で、これ以上の高速化はやや考えにくく、例年以上に切れ味よりも体力を問われそうな雰囲気があり、1800~2000Mでも好走していた同馬にはむしろ望むところ。母はドイツ血統だけに、騎手もここは腕の見せ所ではなかろうか。

イスラボニータは古馬になりマイル戦で最も成績が安定している。とはいえ、皐月賞馬かつダービー2着とマイルより長い距離でも成績…
編集長おく自信度C 0
ここ数年アーリントンC優勝馬が外れがない。
ジャスタウェイ、コパノリチャード、ミッキーアイルが連続でG1制覇。
ヤングマンパワーもその後重賞2勝。レインボーラインもG13着3回、2着1回と活躍。
やはり改修されて以降、いやでも能力が問われるコースになり、強い馬でないと勝てなくなった。
ジャスタウェイが勝ったときはたまげた。
まったく外が伸びない開幕週で豪快に大外一気を決めたからだ。
これは凄い馬が出てきた思ったが、
ペルシアンナイトにも同様のすさまじさを感じた。
出遅れて差し切って3馬身ちぎる快走。

きっとデムーロ騎手も同じように感じたのではないだろうか。
そうでないと、なかなかGⅠ…
kid自信度C 2
前走馬場悪からのステップ馬が多いので、変わり身に注意したいですね。
G1連対馬が6頭だけというしょぼいレースになったマイルCS。新興勢力からの一発があってもいいようなメンバーだと思います。
◎サングレーザー
メンバー薄かったスワンS勝ち馬ですが、レース内容は悪くなかったと思う。ややテンも流れて前のこりのレースを内からしっかり勝ちきった。今回も同じ2枠で京都外回り。いいんじゃないか。
〇レッドファルクス
最優秀短距離馬確定なので変なレースはしないでしょう。安田記念でも3着来てますし。
▲イスラボニータ
去年と同じく前哨戦きっちり負けて本番。
去年2着
△クルーガー
マイラーズC勝ち…
ロックステ「鍵はガニオンとダノンメジャー」自信度C 4
マルターズアポジーがナンデ予想陣の間で人気ありますね。
逃げ馬だけに、人気になるのは好ましくない。
先週のクロコスミアは不安より期待が勝りましたが。。。

ただ、武士沢騎手も「強かった」と行った小倉大賞典、それと去年のマイルCSのラップを比べてみましょう。

●小倉大賞典@2017
12.2 - 11.1 - 11.5 - 11.4 - 11.4 - 11.7 - 11.7 - 11.9 - 12.9

●マイルCS@2016
12.3 - 10.9 - 11.2 - 11.7 - 11.4 - 11.7 - 11.6 - 12.3

テン3Fは34.8と34.4でマイルCSの方が早いですが、5F時点では57.5と57.6と小倉大賞典の方が早い。
マイル時点での時計も小倉大賞典は1:32.9とマイルCSを0.2秒上回る。

秋の京都…
ダーハラ「マイルCSの予想」自信度A 2
内有利はほぼ確定なので、先行内側を位置する馬を推す。

ヤングマンパワー 能力的にも展開的にもここが堅い。

マルターズアポジー ハイペースにしすぎなければ楽逃げ切り。

アメリカズカップ 先行内枠の展開絶好。

エアスピネル 能力1番なのでムーア騎手が上手く乗れれば。
××クライスト「全種1点で買える馬券で考えれば!」自信度S 8
【混戦もメンバーは絞られる】・・・前予想

自信度A・・・実績的に抜けた馬がいないため一見すると「混戦」に見えるが、新興勢力となる3才馬や古馬の上がり馬がほとんどいないので好走要素を持つ馬は自ずと絞られる事からAとした。

◎=レッドファルクス
比較要素となる安田記念の好走実績と前走G1勝ちを評価。
好走後の遠征競馬で不安はあるものの鞍上がミルコなら勝ち負けが考慮されるので現状本命と評価。
・・・ミルコから弟への騎乗変更には驚いたが、それでも弟デムーロなら多少弱化でもまだ勝ち負けできるだけ幸い。
それどころかG1レースにおけるミルコを休ませる意味での乗り変わりなら却って好走度強化と言…
××index自信度S 9



【リターンした馬達】

阪神3歳ステークスは、91年を最後に阪神3歳牝馬ステークスに変わりました
牝馬限定戦になった事で、牝馬クラシックとの繋がりが深くなりました
そしてマイルCSでリターンする馬もその時期を境に変化しました

91①ダイタクヘリオス ⇒GⅡ①着⇒次年①着(リターン)
92②シンコウラブリイ ⇒GⅡ①着⇒次年①着(リターン)
97①タイキシャトル  ⇒GⅠ①着⇒次年①着(リターン)
01②エイシンプレストン⇒GⅠ①着⇒次年①着(リターン)
03①デュランダル   ⇒GⅠ②着⇒次年①着(リターン)
04②ダンスインザムード⇒GⅠ①着⇒次年②着(リターン)
05②ダイワメジャー  ⇒GⅠ①着⇒次年…

タイム 1:33.8 4F 47.1 3F 35.2
単勝18番880円(4人気)
複勝18番290円(4人気)11番180円(2人気)4番430円(7人気)

ヨルゲンセン<16期 西十両二枚目>
「ペースを機械的に導き出す試み」
マルターズアポジー15着/6人気
○レッドファルクス▲ダノンメジャー△ムーンクレスト
    
357
2拍手



まずは
週頭の段階で テーマにした 
位置取り指数からのペース読み を。



位置取り指数ランキング


1. マルターズアポジー 21.0 A
2. ムーンクレスト   20.2 B
3. ダノンメジャー   17.3 B
4. ウインガニオン   16.3 B
5. アメリカズカップ  12.0 B
6. ヤングマンパワ―  11.4 C
7. エアスピネル    10.4 C
8. レーヌミノル    10.3 C
9. イスラボニータ   10.2 C
10.ペルシアンナイト   8.6 D
11.ジョーストリクトリ  7.3 D
12.グランシルク     4.2 E
12.クルーガー      4.2 E
14.レッドファルクス   3.2 E
15.サングレーザー    2.5 E
16.ガリバルディ     0.7 E
17.ブラックムーン    0.6 E
18.サトノアラジン    0.1 E


※解析ツールの修正に伴い 
 週頭に出した数値から 細微な変動はある。


事前の数値では
平均 - 最大 - 10Pシェア率
  8.4 - 21.0 - 50% 

出走馬確定後
平均 - 最大 - 10Pシェア率
  8.9 - 21.0 - 50% 

高数値のネオリアリズムが抜けたが
更に高い値を出したムーンクレストの出走で
平均が気持ち程度上がった。

10pを超える馬のシェア率は 50%だが
ギリギリ10台にのせてる馬も多いので
コレをどう見るかは微妙なところ。

とはいえ
どっちにしても
月曜段階で確認した 他レースとの比較で言えば
ペースが平均以上になる数値を出している。

※週頭に出した他レースのペースは
 前後半差と テン・上がり3F差の 
 両方が混在しており
 正確な並びではなかったコトに後で気付いたが
 どちらにしてもあまり大差はなさそう。


月曜に記述した通り
ペース読みは本来もっと柔軟にすべきだが
思ってた馬が思ってた位置で競馬してくれない
なんてことはザラにあるし
思ってたペース・展開にならないコトも多いのが競馬なので
それならばいっそ、機械的に出してみよう と。


なお
このレースで
好走率が高い位置取りタイプは



イスラボニータ  (2016)
モーリス     (2015)
フィエロ     (2015)(2014)
ダノンシャーク  (2013)
サダムパテック  (2012)
グランプリボス  (2012)
ドナウブルー   (2012)
エーシンフォワード(2010)
ゴールスキー   (2010)


次いで 



ネオリアリズム  (2016)
グランデッツァ  (2014)
ダイワマッジョーレ(2013)
エイシンアポロン (2011)
フィフスペトル  (2011)



ペースがスロー寄りの場合は

Eタイプの台頭もある。

イスラボニータ(2015)
トーセンラー (2014)
サプレザ   (2011)
ダノンヨーヨー(2010)



---------------------------------------------





補正変速度数ランキング
(好走時の自己ラップ後傾度)

1. ガリバルディ    13.2 - 25.5
1. サトノアラジン   13.9 - 23.7
3. ブラックムーン   16.1 - 20.6
4. グランシルク    13.6 - 16.6
5. イスラボニータ   12.0 - 23.7
6. ペルシアンナイト  13.0 - 15.0
7. エアスピネル    10.0 - 16.0
7. ムーンクレスト     5.9 - 24.5
9. サングレーザー   11.2 - 14.9
10.レッドファルクス   6.1 - 16.3
11.クルーガー      9.5 - 14.7
11.ヤングマンパワ―   9.7 - 13.4
13.アメリカズカップ   5.7 - 15.7
14.ダノンメジャー    8.1 - 11.6
15.ジョーストリクトリ  7.0 -  9.5
16.ウインガニオン    5.5 - 12.8
17.マルターズアポジー  3.2 - 12.7
18.レーヌミノル     1.6 -  7.2

レース補正変速度数   5.5 - 17.6


上位ランクの方が 
自己ラップ後傾 で力発揮する可能性高い

下位ランクの方が 
自己ラップ前傾 で力発揮する可能性高い







上がりタイム度数ランキング

1. サトノアラジン   17.5
1. ブラックムーン   17.0
3. ガリバルディ    15.0
4. グランシルク    14.0
5. レッドファルクス  12.0
5. エアスピネル    12.0
5. ヤングマンパワ―  12.0
8. イスラボニータ   11.0
9. ペルシアンナイト  10.0
10.サングレーザー    9.5
11.ウインガニオン    9.0
12.ムーンクレスト    8.0
13.クルーガー      6.5
14.レーヌミノル     4.0
15.ダノンメジャー    3.5
16.アメリカズカップ   3.0
17.マルターズアポジー  2.5
18.ジョーストリクトリ  2.0



上位ランクの方が 
上がりが速くなる流れ・軽い馬場 で
力発揮する可能性高い

下位ランクの方が 
上がりがかかる流れ ・重い馬場 で
力発揮する可能性高い






どちらのランキングも

よりスロー より軽い馬場で見立てれば 
人気薄でも上位馬台頭の余地あり 

よりハイ より重い馬場で見立てれば 
人気薄でも下位馬台頭の余地あり

というコトになる。


位置取り指数によるペース読みでは
平均以上の流れるという見立てで
馬場も多少タフだと考えたいので
穴は中位~下位から出る可能性が高いとみたい。



------------------------------------------



ココからは通常の解析結果を。

※週頭の結果からは
上位評価馬が抜けているので多少変更


(高評価順/同印は同評価)



ラップ適性解析

◎マルターズアポジー
○レッドファルクス
▲ムーンクレスト
★ヤングマンパワ―
☆クルーガー
△イスラボニータ
△サングレーザー
▽ウインガニオン
▽レーヌミノル
▽グランシルク
▽アメリカズカップ




調教適性評価

◎エアスピネル
○ペルシアンナイト
○ブラックムーン
▲サトノアラジン
▼ヤングマンパワ―
▼グランシルク
△クルーガー
△ジョーストリクトリ
▽ムーンクレスト
▽レーヌミノル
▽アメリカズカップ




--------------------------------



あとは血統。

基本は
ディープインパクト
スピード型サンデー

コレに 母 欧州型、特にノーザンダンサー

という配合の馬ばかりが近年走っているレース


まんま なのは 
ダノンメジャーしかいない。

次点で イスラボニータ

少しズレるが
ジョーストリクトリ




問題は 馬場。

どうなるかは 正直ギリギリまで分からないが
大まかには 今の京都芝はノーザンダンサー馬場と見る。

そもそもの マイルCS自体の傾向としても 
ノーザンダンサーの血が生きている感はあるが。


まず マルターズアポジー
とにかく父サンデー系が優勢のレースだが
少し遡れば、人気薄の勝ち馬にノーザンダンサー系がいる。
それらはストームバードの系統。
(エイシンアポロン、エーシンフォワード)
今回のメンバーで唯一のストームバードの系統が
マルターズアポジー

次に ペルシアンナイト
ハービンジャーはこの秋フィーバー中
さらに、2010年3着のゴールスキーは近親。
ノーザンダンサー系の血が生きる馬場なら。


もう一頭のノーザンダンサー系 ヤングマンパワ―
父スニッツェル は ハービンジャーと同じダンチヒの系統。
土曜の京都最終(芝1400m)でも
産駒が9番人気3着
※この時点では 馬場発表・重 ではあったが。



更に 視点を少し変えて 血統を見る

サンデーサイレンス × ノーザンテースト 
この配合馬は マイルCSで (4.1.0.8) と
好走率が高い。

サンデー直仔はもう走っていないが
この配合の馬、エアメサイアが
エアスピネルの母

同じく、この配合のダイワメジャーが
上で出たダノンメジャー と レーヌミノルの父

んでもって
これまた上に記した土曜京都最終の勝ち馬が
ダイワメジャー × モンジュー (5番人気)
だった。



あとは、サンデーの血が入った短距離指向性のアドマイヤムーン
今回の出走馬 
ブラックムーン
ムーンクレスト は
共に、欧州型ノーザンダンサー系との配合馬。
変則的に注目する価値はあるか。



ただし、
このレースでは
ミスプロ系が不振
母父SSは 更に不振

エアスピネルは 母エアメサイアを注目ポイントに挙げたが
基本の型としては 不振なパターンの配合

アドマイヤムーンもミスプロ系。


ノーザンダンサー系に注目というコトで上に挙げた
ヤングマンパワ―
ペルシアンナイト も
不振な 母父サンデー系 になる。




---------------------





エアスピネルは 京都マイルが絶好だと思うし
ラップ適性解析ではピックアップされなかったが
ココは当然合うと思う。
不安は、鞍上。
ムーアの実力を云々するつもりは無いが
手が合わない可能性はあるかと。


イスラボニータは
実績最上位で ココも悪くない条件。


レッドファルクスは
距離を不安視する声も聞かれるが
私的には全く問題ないとみる。
マイルであっても、
実力だけなら この中では断然抜けていると判断。
鞍上が、この馬の実力を最も引き出せるミルコでない点だけが不安材料か。


総じて
上位人気は あまり嫌う要素が無さそう。

となれば
上位人気での決着も十分に有り得るか。


しかし、

人気薄にも面白い馬が多いのと

最近は堅めの決着もあるが
マイルCSはカンパニー以来
1番人気が7連敗中であるし
印は 穴目に広げたいと思う。



中穴の激走臨戦パターンに
綺麗に合致しているのが

マルターズアポジー

爆穴の激走臨戦パターンに
綺麗に合致しているのが

ダノンメジャー
ムーンクレスト

さすがに 実力・実績が足りなさすぎるか

とは思いつつも。




------------------------------------
------------------------------------
------------------------------------
------------------------------------
------------------------------------


以下 月曜更新分

↓↓↓




まずは解析結果を。

(現状の除外対象を除く18頭のみ)

(高評価順/同印は同評価)


ラップ適性解析評価

◎マルターズアポジー
○レッドファルクス
▲ネオリアリズム
▼メラグラーナ
☆サングレーザー
△イスラボニータ
△アメリカズカップ
△レーヌミノル
▽ウインガニオン
▽ヤングマンパワ―



エリ女の結果を受けて
解析ツールに修正を… というよりは
最終的に出た結果を精査する側の
リテラシーに問題がある気もしたので
もう少し細かく詳解してみた。

もちろん 
まだ練らないとと思う部分はあるが
とりあえずはコレで。

上位は割と綺麗に順列がついた感じ。



さて

今回はペース読みを。

もう少し早い段階で検討したい課題だったが
サンプル数が少なかったので先送りに。
で そろそろ
ココらでひとつお試ししてみようかと。


いつも
前に行ける可能性を示す 
位置取り指数
という数値を解析で出している。
その、出走馬全頭の平均と最大値
あとは全体の中で指数が10を超える馬の割合を用意した。

(ペース緩い順)


レース名  平均 - 最大値 - 10P割合 ペース

府中牝馬S  5.9 - 14.9 - 14% 超スロー
毎日王冠   5.9 - 12.4 - 25% スロー
エリ女    5.6 - 13.9 - 17% スロー
京都大賞典  3.7 - 10.5 - 13% スロー
富士S    6.2 - 13.7 - 13% 稍スロー
アル共    3.9 - 10.7 -  6% 平均
天皇賞・秋  6.0 - 14.2 - 28% 平均
武蔵野S  11.3 - 21.0 - 63% 稍ハイ
スワンS  12.6 - 23.0 - 61% 稍ハイ
みやこS  12.9 - 21.6 - 69% ハイ
秋華賞    8.1 - 18.9 - 33% ハイ


マイルCS  8.4 - 21.0 - 50% ?
  



ペースの表記には異論が出るかもしれないが
全部同じ基準で出しているので
ココではこの表記でお許し願いたい。



レースのペースは
馬と騎手がその場で作り出すモノであるし
コース形状や馬場状態によっても変わってくるので
この数値だけでどうこう と
決め込むのも危険だが

数字的には 
ある程度、傾向が出てる気もするな と。


近年のマイルCSは
1秒程度流れたり、弛んだりというレースが
交互に続いてきて
極端なペースにはなっていない。

それも踏まえて
位置取り指数の一覧と
マイルCSのメンバーの値を比べると

天皇賞・秋 から 
武蔵野S の間ぐらいで
どちらかというと
武蔵野S 寄りの数値かな
というところ。

となると…
この数字からは
平均以上で 
1秒ぐらいのハイペース寄りのところまで
かかってくるぐらい
と 見立てるコトができそう。


ペース読みは
もっと他のファクターを考慮して
もう少し想像力に富んだ思考で
おこなうべきな気はするが、
今回は、機械的に出してみるという試みなので
とりあえずはコレを参考に考えたい。
さぁ
この解析結果がどのぐらい現実に結びつくか。。



最後に 位置取り指数のランキングを

(ディサイファはJCへという話もあるので
       外してガリバルディを繰り上げ)

1. マルターズアポジー 21.0
2. ダノンメジャー   17.3
3. ウインガニオン   16.3
4. ネオリアリズム   13.5
5. アメリカズカップ  12.0
6. ヤングマンパワ―  11.4
7. エアスピネル    10.8
8. イスラボニータ   10.2
9. レーヌミノル    10.1
10.ペルシアンナイト   8.6
11.ジョーストリクトリ  7.3
12.グランシルク     4.0
13.レッドファルクス   3.2
14.サングレーザー    2.5
15.メラグラーナ     2.3
16.ガリバルディ     0.7
17.ブラックムーン    0.6
18.サトノアラジン    0.1

  ディサイファ     4.6


(ディサイファが出るなら
   少し平均値が上がるコトになる)
11/19 12:23

■■■■■■■■■■■■■■■
“大魔神”の愛称でお馴染み!

ドバイバイターフ(GI)を制した
シュヴァルグランの馬主でもある
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
の【ジャパンC・最終結論!】

愛馬シュヴァルグランで同レース
に挑む意気込みも同時に配信!

▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!
天皇賞秋はサトノクラウン
から3連複1万5290円的中!

先々週のア共和国杯はスワーヴリチャード
から馬単2250円的中!

先週の福島記念はウインブライト
から馬単2380円的中!

今週のジャパンカップの
▼▼最終結論もお楽しみに!▼▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




ヨルゲンセン

予想歴9年
回収率%
元々は血統予想から入ったが それだけでは不十分と感じ ある時期からラップ予想を取り入れる。 馬券購入初年度から回収率を100%を超えていたのに その辺から迷走。 最近は自身でラップ解析ツールを作り 予想に取り入れている。 しかし、なんだかんだで 競馬予想は 馬場読みと 展開読みが 全てだと思うの。 総拍手獲得数62
過去のベスト予想
 菊花賞2017

◎クリンチャー○スティッフェリオ
19拍手

4-14番: 12,360

   この予想に拍手:
新着回顧マイルCS2017回顧一覧ヨルゲンセンの回顧
ヨルゲンセンTM競馬歴9年 回収率%
1分32秒台で走るのはツラい3歳馬
次走狙い馬:ペルシアンナイト 次走狙い馬:サングレーザー
     
 
0拍手




まだ各馬のテンタイムやら
細かい部分は確認できていなかったりで
レース結果の解析は暫定だが
把握できた部分と 雑感を。


3歳馬が不振だったこのレース。
丁度、古馬との斤量差が縮まった01年から
勝てなくなったというコトで
斤量の問題が大きいというのが、
一般的な見方だったかと思う。

確かにそれがネックになっていたとは思うが、

もう一つ思っていたのが
この時期の3歳馬に
1分32秒台~
速い時は31秒台に乗るようなタイムで走れというのは
酷なんだろうな という点。

なので、
時計が多少かかりそうな今回は、
3歳馬も可能性はあるかなと思っていたら…
見事に1・3着。

終わってみれば
掲示板内はGⅠ実績のある馬ばかり。
唯一、GⅠ初参戦のサングレーザー
4連勝で前哨戦のGⅡを勝ったという馬。


------------------------


さて
ラップ解析だが、


まず、今回の予想のテーマにした
ペース読みに関して。

コレは割と綺麗にハマっていた。
テン・上がりの3F差で -0.6
前後半差で -0.4

月曜の時点から
平均以上~1秒程度までのハイ寄り
という見立てを書いていたが
コレが結構しっかり合致。
やはり 使えそうかなと。


以下、位置取りと補正変速度数

ペルシアンナイト E(指数はD) 13.7
エアスピネル   C(指数もC) 6.6
サングレーザー  D(指数はE) 9.0

レースの補正変速度数は 0.1

マイルCSの過去圏内走馬の
補正変速度数が 5.5 - 17.6
なので
速すぎないペースなら
丁度こんなもんだろうと。


事前に出していた数値を参照すれば

変速度数も高すぎず低すぎず
タイムに関しても速すぎず遅すぎず

どちらのランキングでも
5位~10位程度の中位に位置していた馬での決着だった。



--------------------------



解析結果を
パッと見た感じでは
2010年に似た型かなという印象だが

当時は同じ稍重でもあり、

その年の勝ち馬は
今回の勝ち馬と同じノーザンダンサー系の
エイシンアポロン

2着馬も今回と同じキングカメハメハ産駒の
フィフスペトル

だった。



血統的には
やっぱりハービンジャーのフィーバーは
ホンモノだったのね。
という感じ。

エアスピネルも含めて 
血統的な強調材料を出したが

同時にマイナス材料として書いた
母父サンデーは額面通りなら不振 
という点は 
結果、問題にならなかった。


サングレーザー
基本通りのディープインパクト。
データ的には最上位。
月曜段階のラップ適性解析でも 
回避馬を除けば3番手の高評価。
その後、かなり悩んで何度も確認して
最終的には評価がズルズル下がってしまった。

初動では人気しすぎ感が否めなかったが
最終的には買いやすいところまで落ちていたなぁと。


レーヌミノル
血統的に注目した ダイワメジャーの産駒。
最も好走率が高い位置取りタイプCでもあった。
(実際のレースでの位置取りはB)
変速・上がりの両ランキング的にも
タフな馬場で時計はかかった方が良い
という評価で 
頑張って4着。

舐められたGⅠ馬という
ベタベタな典型的穴パターン。

もう一歩詰めて欲しかったが… 残念。


------------------------------


今回は、
ペース読みが完璧だったが
ラップ解析に固執しすぎて
上位評価馬は好走できず。

またもや
調教適性
エアスピネル
ペルシアンナイト
で決まっているという。。

同じく○としたブラックムーン
人気と着順の乖離が最も大きかった馬。



掲示板内は全て
しっかりした実績のある
格の高い馬だった今回は、

結果的に
無理な穴狙いは禁物だったらしい。


だが
だからと言って
堅く決まったワケではなく、


舞台設定が絶好だったエアスピネル
比較的軸には据えやすかったし、
勝ち馬はミルコのペルシアンナイト
この2頭までが連。

3着が前哨戦勝ちの中穴で
獲りやすい 程よい荒れ方だったなぁ と。

11/19 22:57 回顧アクセス:108

  この回顧に拍手:
YoutubeマイルCS関連動画

新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
夜明けのばぁた
11/20 20:11

今回の上場2頭の落札は締め切り間際に激しく集中しそうだな!!

雨龍指数
11/18 16:01

ストレンジクォーク、勝った!

編集長おくりばんと
11/16 17:30

新たにPOG対象馬上場しました!今回はナンデBBSに記して入札してください 締切11/22水時点で最高額だった方が落札となります

ぷみを
11/07 19:13

編集長ありがとうございます。仕事が忙しくシンプルに考えるのが好走しています。

アキ
11/05 17:02

ロス無く乗ってくれましたから満足ですけどね。キングズとジンソクにワイド流してたんでルールソヴァール要らない感が(笑)

   つぶやきだけ全て見る

メアド
パ ス
 

ナンデPOG2018セリ開始  

コメント

編集長おくりばんと>>

>>KUROSHIMA


11/18 14:54

index>>

>>index


11/16 20:58

KUROSHIMA>>

>>KUROSHIMA


11/16 02:07

編集長おくりばんと>>

>>index


11/15 21:43
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社