6/23 6/24
6/16 6/17
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【ユニコーンS2018】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想マイルCS2017予想一覧ロックステディ八戒の予想

京都11R マイルCS 2017年11月19日(日)
芝外1600 3歳上GI 晴稍重 平均レースレベル4.0

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番

















































































































馬名



牡3 牡3 牡5 牡5 牡6 牡5 牡6牡4 牡5 牝3 牡5 牡6 牡5 牡6牡3 牡5 牡3 牡5性齢
56 56 57 57 57 57 5757 57 54 57 57 57 5756 57 56 57斤量




































騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

BC爺

ヨルゲンセ

クライスト

××ぴろり金「混戦も・・・。」自信度S 1
◎クルーガー。
馬券にならなかったのは距離不適と長欠明け。
前走のの走りは、馬場を考えれば上出来。
気楽に乗れる人気も良い。

○エアスピネル。
マイルで馬券にならなかったのは安田記念だけ。
それも馬群を捌けず脚を余しただけ。
さらには鞍上強化。
ただ、いまいち鞍上が乗れていないので対抗まで。

▲ペルシアンナイト。
レッドファルクスを降りてまで選択してきた。
大外枠が良いわけはないが
ミルコロガシ継続か。

△イスラボニータ。
これもスピネル同様馬券にならなかったのは安田記念だけ。
原因は別にしても勝ちきれないのが不満。

×サトノアラジン。
安田記念はスムーズだっただけ。
前…
雨龍指数自信度B 0
 ()内は単勝人気
◎ エアスピネル  117(2)
○ レッドファルクス 82(3)
▲ イスラボニータ  78(1)
△ ペルシアンナイト 75(4)
⑤ サトノアラジン  67(5)
⑥ サングレーザー  53(6)
⑦ クルーガー    50(8)

多少の前後はあるが、ほぼ人気どおりの指数になった。
見解に異同があるのは、マルターズアポジーの扱いだろう。
コース自体は逃げ馬でも勝負になるコースであるが、スピード上位のレーヌミノル、本命馬、エアスピネルの動向次第で、馬郡に沈む可能性も高い。
この辺りは指数には反映されないが、マルターズアポジーの評価が低かったのは状態がそれほど良くはない…
nige「後半減速ラップになるような流れになれば」自信度C 2
本命は、サトノアラジン

前走は、唯でさえ距離が長かったのに超時計のかかる馬場で、全く競馬にならなかった。
参考外としていいレース。


この馬は、加速に時間がかかるなので、ペースが流れて瞬発力の重要度が下がった方がいいタイプ。

東京ならペースが多少遅くても、直線の長さでカバーできるが、京都ならやや早めくらいは流れてほしい。

今年は、マルターズアポジーがある程度のペースで引っ張ってくれるはず。
後半減速ラップになるような流れになれば、この馬の長所が生きる形になる。


去年は5着だったが、4コーナーで少し押さえて内から差してきたので、加速に時間がかかり、直線で致命的な不利…
××「当日3角9番手以降のスワンS連対馬は(0,0,1,7)」自信度S 4
本命はヤングマンパワー

前走毎日王冠出走馬は過去20年で23頭出走して(0,4,1,18)、10頭が掲示板を確保、人気より着順が悪かったのは10頭
前走連対馬は5頭いて(0,2,0,3)、着外3頭は16,5,4着、人気より着順が悪かったのは3頭、連対した2頭は当日3角8番手以降に位置取りを下げた2頭、単調なレースから臨戦のせいか疲労があるせいか位置取りを下げた方が無難か
前走3~5着馬は8頭いて(0,1,1,6)、4頭が掲示板を確保、人気より着順が悪かったのは4頭、複勝圏を確保した2頭は前走2番人気以内、前走2番人気以内馬は3頭いて(0,1,1,1)、着外は97年1番人気スピードワールドの12着、人気より着順が悪かったのは1頭、人気で軽く凡走…
下彦「マイルCSはエアスピネルから・・・」自信度E 4
マルターズアポジーの逃げ濃厚でマイル戦では今迄どの様な「逃げ」をしてきたか確認すると、
新潟1000万 47.2-45.9で1.3秒スロー
中山1000万 46.7-46.7でイーブン
中山1600万 47.2-46.4で0.8秒スロー
関谷記念 46.6-45.6で1.0秒スロー
京成杯AH 45.8-45.8でイーブン

と、意外にもマイル戦では前後半差のハイラップは一度も踏んでいません。全5戦の内2F目に10秒台というのも前走京成杯AHの10.9が最速でこれも意外でしたが、スタートからハナを取り切るのが早い事を思えば争わない分だけ前の隊列確定も早いという事の証左かと思います。もう一つの特徴としては目視でも何となくわかるように道中の緩み幅が少なく…
ヨルゲンセ「ペースを機械的に導き出す試み」自信度B 4


まずは
週頭の段階で テーマにした 
位置取り指数からのペース読み を。



位置取り指数ランキング


1. マルターズアポジー 21.0 A
2. ムーンクレスト   20.2 B
3. ダノンメジャー   17.3 B
4. ウインガニオン   16.3 B
5. アメリカズカップ  12.0 B
6. ヤングマンパワ―  11.4 C
7. エアスピネル    10.4 C
8. レーヌミノル    10.3 C
9. イスラボニータ   10.2 C
10.ペルシアンナイト   8.6 D
11.ジョーストリクトリ  7.3 D
12.グランシルク     4.2 E
12.クルーガー      4.2 E
14.レッドファルクス   3.2 E
15.サン…
スコット「ディープを蹴とばす?」自信度C 0

 ◎エアスピネル

 ムーアに乗り替わってしまったエアスピネルを本命。

 まず、昨日の京都、ここまでの京都が全然軽くないということ。
 スワンSこそサングレーザーが勝ちましたが、あれは通ったところの話かなと。

 このエアスピネルについては、高速馬場が苦手な馬で、瞬発系のレースやコースではイマイチな印象。

 今回は馬場もまだ重馬場だし、一方で前に行く馬も多く、今年のマイルCSなら。


 ○レッドファルクス

 何も考えなければこの馬で良いかなと。中山でスプリンターズは勝ちましたが、スウェプトオーヴァーボードなだけあって平坦なコースが強い馬。

 ▲クルーガー

 本命でも…
naoch自信度C 0
マルターズアポジーが逃げて
2番手辺りにウインガニオン
重馬場得意そうなウインガニオンと得意じゃないかも
しれないマルターズアポジー。これでこの2頭の差は
縮まりそうだ。

関谷記念よりも更に絶妙な間隔で着いていければ
逆転も可能

夏馬のイメージがあるが今年の伸びはそれすら凌駕
している。

Mデムーロ
18番枠で人気少しでも下がるなら
外不利と言われながら15番16番17番枠は良枠
18番は近走人気馬が居なかっただけ…

タイム 1:33.8 4F 47.1 3F 35.2
単勝18番880円(4人気)
複勝18番290円(4人気)11番180円(2人気)4番430円(7人気)

ロックステディ八戒<08期 東前頭十三枚目>
「鍵はガニオンとダノンメジャー」
マルターズアポジー15着/6人気
○イスラボニータ▲サトノアラジン△ウインガニオン
    
897
4拍手

マルターズアポジーがナンデ予想陣の間で人気ありますね。
逃げ馬だけに、人気になるのは好ましくない。
先週のクロコスミアは不安より期待が勝りましたが。。。

ただ、武士沢騎手も「強かった」と行った小倉大賞典、それと去年のマイルCSのラップを比べてみましょう。

●小倉大賞典@2017
12.2 - 11.1 - 11.5 - 11.4 - 11.4 - 11.7 - 11.7 - 11.9 - 12.9

●マイルCS@2016
12.3 - 10.9 - 11.2 - 11.7 - 11.4 - 11.7 - 11.6 - 12.3

テン3Fは34.8と34.4でマイルCSの方が早いですが、5F時点では57.5と57.6と小倉大賞典の方が早い。
マイル時点での時計も小倉大賞典は1:32.9とマイルCSを0.2秒上回る。

秋の京都終盤の荒れ馬場と、週中の雨の影響が残った冬の小倉、どちらが時計の出やすい馬場だったろうか。
コース体系、レースレベルが違いすぎるが、殆ど差はなかったと思う。

台風に祟られた今の京都は去年より若干時計が掛かるが、マルターズアポジーには今の京都を1分33秒台前半で走行できる実力があると言ってしまっても、分の悪い賭けではないだろう。

問題はペースだが、ウインガニオンは大外枠、陣営は控えても大丈夫と明言した。

ダノンメジャーはテン34秒台の展開では殆ど先行したことがないし、1400の前走も番手だったが、自身は35秒台だったろう。

ムーア騎手の騎乗するエアスピネルも、京都金杯や皐月賞はペースが早かったが、この馬自身は35秒前後というところ。

安田記念で恐らく34秒台前半で先行したヤングマンパワーも気になる所だが、1:31.5が出た安田記念と、今回1分33秒台になるであろうマイルCSの馬場は全く異なる。
同じ調子で先行しても、テン35秒前後というところだろう。

これらの馬を2、3馬身離して逃げるマルターズアポジーは、34.5前後で逃げることになる。
つまり昨年のミッキーアイルのペースをなぞる形だ。
アポジーにとってそれはオーバーペースだろうか? ……そうではないと思う。
小倉大賞典では、コーナーを2回周りながら34.8で逃げたが、京都は直線だけである。
勾配は異なるが、3m前後の上り坂が存在するという点では、小倉も京都も変わらない。

人気が出そうなのは困るが、自滅覚悟のラビットでもぶつけない限りは止まらないように思える。
もしくは、レースレベルが昨年より上昇している場合は通用しないが、それはないのではないか。
昨年の1着3着馬不在で、今年の安田記念は昨年も出走していた馬。
著しい伸長があるとは思えない。


ウインガニオンの大外枠は、他の先行馬と離れた位置で競馬できるのでむしろ恵まれたと思う。
新潟日報賞は2ハロン目が10秒台のペースでも逃げて快勝。
先行争いが厳しくなっても、このハイペース適正が有利に出ると思う。
夏馬でなく、サウスポーでもなく、実力を十全に発揮できた場合は面白い馬。


ペルシアンナイトは外枠は嫌だなと思っていたが、見事に大外枠。
元々斤量差の少ないこのレースは3歳馬不振。
紐までに評価を落としたい。


昨年も好走したイスラボニータとサトノアラジンは、馬場とペースが昨年の近似値になるなら当然ここでも上位争いするはず。

===========================

京都マイルというのは、年齢・条件問わず基本的にスロー傾向のコースです。
過去23戦全て逃げてきたマルターズアポジーという、確固たる逃げ馬が存在する以上、アポジーの創り出すペースの中で全馬が競馬をすることになります。

が、同じ逃げ馬ながら、『番手の競馬』という選択肢を持つウインガニオンとダノンメジャー。
この2頭が、2番手3番手の競馬で妥協出来るか否か、がペースの鍵であり、ひいてはレースの鍵となると考えます。
いずれかが――恐らくはガニオンが、「俺の隣を走るな!」となって上がって行った場合、先行勢総崩れの乱ペースと成り得ると思われます。
昨年のようなハイペースで後続を完封できるミッキーアイル、3着に残ったネオリアリズムのような強力な先行馬は、恐らく今年はいません。(ネオリアリズムは香港目標で回避らしいです)

最終的には枠順次第、あとはガニオンとダノンメジャーの勝負気配次第になりますが、まあ妥協してダノンメジャーが3番手になるんじゃないかなと。
ガニオンはアポジー以上に舐められていますので、ダノンメジャーも「所詮夏馬だし垂れるだろうから行かせてもいいか」と考える可能性は低くないでしょう。

そして後続は、「夏馬と重馬場得意な馬(ダノンメジャー)が前に行ってるから前は潰れるだろ」と、アポジー含めて油断してくれるんじゃないかなと。


馬場は内外フラット、スロー~ミドルまでなら内有利と予想します。
勿論土曜日のレースをしっかり確認する必要はありますが、昨年を見ても、また天気予報からも、急激に馬場が悪化することは考え難いです。


◎マルターズアポジー

エリ女につづいてまた逃げ馬指名、二匹目のドジョウはいないとか思われそうですが、この馬も不人気気質という逃げ馬の重要な好走要因を満たしている。
どうせ今回も上位人気にはならない。

京王杯AHは高速馬場で58キロ背負って先行馬は全て潰しました。
人気が落ちて定量戦ならば見直せる。

昨年の福島記念のように、荒れた馬場の経験も充分有る。
関屋記念のようにウインガニオンと仲良く逃げて、ミドルペースで進めれば、1分33秒台で走破できる実力があることは疑う必要ないと思います。
そして昨年(1:33.1)より若干悪化した馬場状態から、1分33秒台で決着するであろうことも、エリザベス女王杯のタイムから言い切って良いち思います。

逃げの戦法のことを「先手を取る」と言いますが、上手い言い方ですよね。
後続が逃げ馬に合わせた後手の競馬をしてくれるわけですから。
結局、一定レベルの地力があれば、逃げ馬って相手関係はあまり考慮しなくて良いのかなと思うようになりました。


○ペルシアンナイト

ミルコ・デムーロ騎手、いえミルコ神は、オークス以降G1で複勝圏内を外していないそうで。
こういうのって気付いた瞬間崩れるものですけどね。

快勝したアーリントンCがミドルペース戦でした。
2着馬も富士Sで4着と頑張りましたし、レースレベルはそれなりだったと。
そして当時のペースが、今回のアポジーが作るペースとマッチすると考えます。

馬の調子、レベルはレッドファルクスではなくこの馬をお選びになられたミルコ神の御心を信じて。
……などと言いつつ、大外枠にでもなったら印を下げるつもりの不届き者だったりしますが。


▲イスラボニータ

かつては東京マイルは中距離を走れるスタミナが必要などと言われていましたが、恐らく現在では京都マイル、というか、安田記念よりマイルCSの方がスタミナが必要なんじゃないでしょうか。
馬場指数が違い過ぎます。

そういう傾向があってのものかは不明ですが、本馬は安田記念では馬券になれず、マイルCSでは上位の常連となっています。

マイラーズCではエアスピネルを完封しているように、京都で良馬場ならこちらが上でしょう。
前走も馬場を考えれば、前哨戦としては申し分ないものだった。


△ウインガニオン

夏馬と思われていますが、秋冬に走った時は敗因もはっきりしている馬で、成長した現在侮るのは非常に危険な馬だと考えます。

冒頭で述べたようにダノンメジャーとの兼ね合いになりますが、離れた番手の競馬をして折り合えた場合はそれなりの上がりが使えることは関屋記念の通り。
アポジーと一緒に後続完封の行った行ったも、全然有り得る結果だと思っています。


イスラボニータの項で書きましたが、マイルCSが馬場も荒れていて時計が掛かるので、スプリンター寄りの馬よりも中距離寄りの馬の方が有利でしょう。
昨年のミッキーアイルは、元々NHKマイルC逃げ切り勝ちという勲章の持ち主でした。
レッドファルクスの安田記念3着も立派ですが、1分31秒台の一戦を差して3着というのは、今の馬場の京都には直結しないと思います。
馬場の向き不向きでもなくて、単純に安田記念より2秒前後長く走るはずですから、その時に末脚が残っているかどうか、という話しです。


サトノアラジンに関しては、安田記念を制覇しましたが昨年と比べて著しい成長したわけでもなく、単に適正と展開が向いただけではないかと。
昨年の安田記念はひどいスローペースでしたから、展開さえ向けば昨年だって勝つ力はあったと思います。
そして成長がないのであれば、昨年一昨年同様掲示板まで、というところではないでしょうか。


エアスピネルは、まずは武豊騎手が今週乗れるのか否かですね。
荒れた馬場自体は向くはずなので、連下には押さえたいと思います。
11/17 17:21

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【エプソムC最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼エプソムC最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




ロックステディ八戒

予想歴18年
回収率105%
穴狙い。ヒモ抜け多々。 総拍手獲得数:1509
過去のベスト予想
 中山金杯2013

◎アドマイヤタイシ○タッチミーノット
28拍手

1,810


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス
土曜・日曜 22時~23時頃  http://twitcasting.tv
ツイッターユーザーの方はコメントで参加できます。



つぶやき
ドリームパスポート
06/18 12:34

夏競馬をする人ってかなり少ないですね。配当還元率あげれば良いのに。


06/17 19:52

G1なかったら見る人減っちゃうな

まじん
06/09 15:51

よっしゃ

競馬ナンデ編集部
06/08 15:46

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

編集長おくりばんと>>

>>守屋丞蔵


06/18 22:17

アキ>>

>>アキ


06/10 18:43

編集長おくりばんと>>

>>まじん


06/10 18:08

編集長おくりばんと>>

>>アキ


06/10 18:07

アキ>>

>>アキ


06/10 15:40

@マーメイドS あー相手がないっ!!笑

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社