12/15 12/16 12/23
12/8 12/9
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【朝日杯FS】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想スプリングS2018予想一覧軍神マルスの予想

馬連 5-8番:680円的中

中山11R スプリングS 2018年3月18日(日)
芝1800 3歳GII 曇良 平均レースレベル3.0

87654321枠番
13121110987654321馬番

















































































馬名



牡3牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3性齢
5656 56 56 5656 56 5656 56 56 56 56斤量


























騎手
単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

BC爺

ヨルゲンセ

ぐつん

711

クライスト

ヨルゲンセ「最終切符」自信度D 0

出走各馬の位置取り指数
1. コスモイグナーツ  19.3 A
2. エポカドーロ    16.4 B
3. ハッピーグリン   11.1 B
4. ビッグスモーキー  9.5 B
5. バールドバイ    9.1 C
6. マイネルファンロン 8.9 C
7. ライトカラカゼ   7.6 D
8. レノヴァール    6.9 D
9. ルーカス      5.7 E
10. ゴーフォザサミット 3.6 E
11. カフジバンガード  2.7 E
12. ステルヴィオ    0.9 E
13. フォルツァエフ   0.2 E



近走機動力値(位置取り指数補助値)
1. エポカドーロ    33.8 A
2. コスモイグナーツ  25.5 B
3. レノヴァール    18.7 B
4. バールドバイ    1…
×クライスト「決断…サトノソルタス出ずなら」自信度A 1
「前予想…波乱度アップの鞍上配置」

自信度B…(3連複複数予想)

◎=マイネルファンロン(柴田大知)
スタミナ血統でコース向きの先行型ジョッキーが逃げ馬を目標にレース競馬出来る利点から本命と判断。

○=サトノソルタス(石橋脩)
将来的な期待度は一番も鞍上弱化である点が不安のため対抗と判断。

▲=ステルヴィオ(ルメール)
末脚なら信頼度一番も休み明けと差し・追い込み馬でのルメールに不安があるため単穴と判断。

△=エポカドーロ(戸崎圭太)
前行き有利な中山レース向きの脚質に戸崎の騎手力が上手くハマれば今回一番の伏兵になると判断。

消し馬…フォルツァエフのような論外を除けば、ミルコが…
××「前走3角二桁番手の朝日杯FS連対馬は[0-0-1-2]」自信度S 1
本命はバールドバイ

注目したいのは前走の未勝利戦、最後の直線で内に進路を取ったが外の⑥ウインアイスバーグと前の③ダジボーグに挟まれて追い出しが遅れたが強引に抉じ開けてラスト1Fほどしか追えなかったが並びかけてきた2着馬を一瞬で突き放して0.2秒差つけて1着、ペースも決して遅くなくタイムも悪くないしラスト3Fは11.8-11.8-11.7と余力たっぷり


対抗はカフジバンガード

前走共同通信杯またはきさらぎ賞5着以内馬は過去10年で17頭出走して[2-3-2-10]、7頭が7着以下、人気より着順がよかったのは6頭、前走2着以下馬が軽視されるケースが多く期待値は高い
当日3角7(6)番手以降馬は10頭いて[0-1-1-8]、4頭が6…
ぐつん「外人(゚∠゚) 飛んでけぇ」自信度S 0
=スプリングS=

<2008年~>

・単勝100倍以上は[用無し]
→③コスモイグナーツ⑨フォルツァエフ

・関東馬で単勝50倍以上は[用無し]
→⑬ライトカラカゼ

・前走重賞で10番人気以下は[用無し]
→⑬ライトカラカゼ

・前走重賞で5着以下は[用無し]

②ルーカス③コスモイグナーツ⑩カフジバンガード

前走新馬未勝利は[用無し]
→①バールドバイ

=============================

・JRAHP出走馬情報掲載馬から[勝ち馬]

ステルヴィオ、ゴーフォザサミット、「レノヴァール」、
「エポカドーロ」、ルーカス、ハッピーグリン、ビッグスモーキー、
サトノソルタス

============================

<今年2018年中山重賞>

・中山金杯 2着(2番人気)
・フェアリーS  1着(2番人気)
・京成杯  2着(2番人気)
・AJCC …
naoch自信度C 0
北村宏司1枠1番
この枠はキタサンブラックと同じですね。

北村宏司がここ10年このレースで乗った馬
キタサンブラック1着
フェイムゲーム4着
レッドスパーダ2着
ダイワワイルドボア14着
全て重賞勝ち馬に上り詰めてる

ということは北村宏司が乗れば将来有望
あわよくばこの舞台で魅せるかも

ということで北村宏司から

馬も内田デムーロルメールと乗り替わり狙いすましたか
のような北村さん
ステルヴィオと同じ木村厩舎
本当にこっちなのかもしれないね。

ステルヴィオ強い馬の2着続きだがそれ以下の馬とも差は
それほどなく展開一つで入れ替わりもありそな予感…
ムトト自信度C 0
◎コスモイグナーツ
アイビーSを逃げ切ったが良であれば中山向き。
千八で2勝。フローテーションのように当該距離で結果を残していて人気落ちが来るパターンに当てはまる。エポカドーロとハナを争うが恐らく譲らない。それでも東スポ杯のような過度なペースアップにさえならなければ残り目がある。騎手が変わった点それが期待できる。穴のエイシンフラッシュに期待。

○ライトカラカゼ
前走くらい走れれば複勝圏内はある。距離短縮ローテよし。…
はやと自信度C 0
◎ハッピーグリン


コスモス賞では、ステルヴィオと0秒2差。それを思えば、前走のセントポーリア賞快勝はある意味当然と言えば当然だが、切れる脚が使えたというのは嬉しい誤算。脚質的にコース適性に不安は残るものの、中山得意の父系。
しろ自信度C 0
2:ルーカス

ここも人馬で。というか中山内回りは基本的にミルコ。実力的には正直ここで抜けているとは思わないんだが、新馬戦でも見せているようにしっかりと動いて脚を使えるのは魅力。新馬戦はスローから12.3 – 12.6 – 11.9 – 11.4 – 11.7とL2最速の流れで中団から外々押し上げながらしっかりと直線で抜け出した。ここは相手関係もそこそこ強敵だったし、この時点でこれだけやれればひとまず上等。2走前の東スポ杯はワグネリアンをマークする形になってしまったので苦しかったが、後方からとはいえ46.5-48.1とかなりのハイからの12.0 – 12.3 – 12.0 – 11.8 – 12.0とL2最速戦だが恐らく後ろからの馬にとっては早めの…

タイム 1:48.1 4F 48.5 3F 36.4
単勝8番230円(1人気)
複勝8番120円(1人気)5番180円(3人気)12番260円(5人気)

軍神マルス<08期 東前頭二枚目>
「スプリングS スタミナ型サンデーサイレンス系を中心に。」
エポカドーロ2着/3人気
○レノヴァール▲ステルヴィオ△ゴーフォザサミット
    
596
0拍手

馬連 5-8番

680円的中

★傾向分析★
2013年 タイム 1’47”8 (良) 1FAve=11.98 3FAve=35.93
テン36.8-中盤35.4-上がり35.6 『裏「へ」』
1着ロゴタイプ・・・ローエングリン×サンデーサイレンス=サドラーズウェルズ×サンデーサイレンス 〔8-k〕 4-2
2着タマモベストプレイ・・・フジキセキ×ノーザンテースト=サンデーサイレンス×ノーザンテースト 〔1-t〕 5-5
3着マイネルホウオウ・・・スズカフェニックス×フレンチデピュティ=サンデーサイレンス×ヴァイスリージェント 〔16-c〕 9-10

2014年 タイム 1’48”4 (良) 1FAve=12.04 3FAve=36.13
テン35.8-中盤36.6-上がり36.0 『一貫・中弛み』
1着ロサギガンティア・・・フジキセキ×Big Shuffle=サンデーサイレンス×ボールドルーラー 〔8-b〕 5-3
2着アジアエクスプレス・・・Henny Hughes×Running Stag=ストームバード×グレイソヴリン 〔4-m〕 8-7
3着クラリティシチー・・・キングカメハメハ×スペシャルウィーク=キングマンボ×サンデーサイレンス 〔2-f〕 10-5

2015年 タイム 1’49”1 (良) 1FAve=12.12 3FAve=36.37
テン36.7-中盤37.9-上がり34.5 『加速・中弛み』
1着キタサンブラック・・・ブラックタイド×サクラバクシンオー=サンデーサイレンス×プリンスリーギフト 〔9-g〕 2-1
2着リアルスティール・・・ディープインパクト×Storm Cat=ディープインパクト×ストームバード 〔20〕 8-7
3着ダノンプラチナ・・・ディープインパクト×Unbridled's Song=ディープインパクト×ミスプロ 〔18〕 5-4

2016年 タイム 1’48”1 (良) 1FAve=12.01 3FAve=36.03
テン36.0-中盤35.9-上がり36.2 『一貫』
1着マウントロブソン・・・ディープインパクト×Mr. Greeley=ディープインパクト×ミスプロ 〔2-r〕 5-5
2着マイネルハニー・・・マツリダゴッホ×ナリタブライアン=サンデーサイレンス×ロベルト 〔1-l〕 1-1
3着ロードクエスト・・・マツリダゴッホ×チーフベアハート=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔13-c〕 10-10

2017年 タイム 1’48”4 (良) 1FAve=12.04 3FAve=36.13
テン36.4-中盤35.7-上がり36.3 『一貫』
1着ウインブライト・・・ステイゴールド×アドマイヤコジーン=サンデーサイレンス×グレイソヴリン 〔18〕 8-6
2着アウトライアーズ・・・ヴィクトワールピサ×フレンチデピュティ=サンデーサイレンス×ヴァイスリージェント 〔14-f〕 8-6
3着プラチナヴォイス・・・エンパイアメーカー×マンハッタンカフェ=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔2-f〕 7-2

 中山芝1800mのらしく、中盤が弛まない厳しい流れになりやすく、『前傾』や『一貫』といった流れになりやすい重賞。牝馬のフラワーCや中山牝馬Sでは『中弛み』の流れになることも多いが、この重賞は弛みにくくきつい流れで底力が問われることが多いと考える。14年・15年と弛んだ流れとなってはいるが、本来は厳しい流れになりやすい。そのため逃げ馬にはきつい流れなのだが、直後につけた4コーナー2・3番手の馬が良く好走している傾向がある。

 血統の傾向は、サンデーサイレンス系×大系統ノーザンダンサー系に向く感じです。持続型の流れになりやすいこともあり、欧州型のノーザンダンサー系やロベルト系、グレイソヴリン系・レッドゴッド系の大系統ナスルーラ系も好走する傾向に思えます。全般的にスタミナ型に向くといってよいと思います。

 ステップの傾向は、前走きさらぎ賞好走馬が最良のステップ。過去に好走馬は多く(=04年1着ブラックタイド、06年1着メイショウサムソン、08年1着スマイルジャック、13年2着タマモベストプレイなど)、好走の確率が高いと考えます。きさらぎ賞好走馬は後にダービーや菊花賞で好走することが多く、スタミナ型の証明がされているので、現時点での完成度と適性が嵌りやすいのかもしれません。
 また前走共同通信杯好走馬(=06年2着フサイチリシャール、07年1着フライングアップル、08年3着ショウナンアルバ、10年1着アリゼオ、12年2着ディープブリランテ、15年2着リアルスティールなど)も好走が多い。中山好走歴があるならば好走確率は高いと考えます。
 前走朝日杯FS好走馬も近年では好走が多く(=09年3着フィフスペトル、10年3着ローズキングダム、13年1着ロゴタイプ、14年2着アジアエクスプレス、15年3着ダノンプラチナなど)、GⅠ好走している能力の高さと完成度の高さで好走しやすいのではないか?と考えます。ただ休み明けとなる分、やや割引は必要かも。また14年からは朝日杯FSは中山芝1600mではなく、阪神芝1600mで行われているため、この傾向は変わるかもしれませんが、とりあえず15年3着ダノンプラチナが好走しているので、素直に評価して良いと考えます。

★予想★
スプリングSのポイントは、
①中盤の弛みにくい流れで、締まったペースになりやすい。逃げ馬には厳しいが、その直後2・3番手に位置する馬の好走が多い。
②スタミナ型サンデーサイレンス系の好走が多い。
③欧州スタミナ型血統(=大系統ノーザンダンサー系:ニジンスキー系やサドラーズウェルズ系など、大系統ナスルーラ系:グレイソヴリン系やレッドゴッド系など、ロベルト系なども)に向く。サンデーサイレンス系×大系統ノーザンダンサー系配合馬には注目。
④きさらぎ賞好走馬の好走が多く、信頼性は高い。
⑤朝日杯FS好走馬も、休み明けでの好走が多い。
⑥共同通信杯好走馬も好走が多く、中山芝コース実績があればなお良い。
⑦1着にはオープン・重賞好走実績のある馬が好走しやすく、2・3着なら条件戦好走馬も好走は可能。どちらかというと実績重視の方が良い。
⑧馬体重480㎏以上の馬に注目。520kgを超えた馬も好走が多い。

◎エポカドーロ・・・オルフェーヴル×フォーティナイナー=サンデーサイレンス×フォーティナイナー 〔1-l〕
 前走500万条件戦あすなろ賞1着(=小倉芝2000m)。中山芝コースは初で、芝1800m戦は(0-0-1-0)。
 オルフェーヴル産駒はサンデーサイレンス系で、ステイゴールド産駒よりもより長めの中長距離向きで、やや奥手な印象。なのでまだ特徴が少ないので、ステイゴールドの特性を参考に、ステイゴールドは母父ディクタスの特性がでていて、サンデーサイレンスというよりはサッカーボーイに近い特徴があり、夏~秋にかけてよく軌道に乗ることが多い。ディクタスのスタミナ型の特性とまた強敵相手に食い下がる勝負根性は、ステイゴールド産駒の持ち味。1戦燃焼型のタイプも多く、惨敗後から涼しく巻き返す能力も高い。断然人気よりも穴で狙いたいタイプで、人気馬よりもその人気馬をマークする立場の方が好走しやすい。母父フォーティナイナーはフォーティナイナー系で、ぶっちぎりの楽勝や不可解な凡走があり、強さと脆さが同居するヤンキー不良血統。外枠からあっさり先行してそのまま押し切ったと思うと、もまれて走る気をなくすこともしばしばあり、近走の着順よりも気分良く走れるかが取捨選択のカギとなる。芝・ダートともに信頼性が高いのは1400m。
 No.〔1〕の牝系は、クラシックで好走が多く3歳春にはある程度完成する、完成度が高く仕上がりの早い牝系。3歳のこの時期は成長力で他の牝系よりも完成度は高い。分枝記号lは、クラシックで特注の記号で、能力が高くトップクラスのポテンシャルを秘めていて、成長力も豊富。

○レノヴァール・・・ハーツクライ×Roy=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔5-g〕
 前走500万条件戦若竹賞1着(=中山芝1800m)。中山芝コースは(1-0-0-0)、芝1800m戦は(1-0-0-1)。
 ハーツクライ産駒はサンデーサイレンス系で、ハーツクライ自身はサンデーサイレンス×トニービン配合。母父トニービンの不器用さをやや受け継ぐタイプが多く、一瞬でエンジンがかかり加速できる器用さはないが、助走をつけて末脚が全開になりギアが入れば長く良い脚を繰り出す。馬群の外をのびのび走れるコース向き。サンデーサイレンス系としては、ダンスインザダーク産駒に近く、点火しづらい弱点を持ちつつ、嵌れば大仕事という“難儀なステイヤー血統”。ペースが締まるGⅠほど、大駆けが期待できる。また距離が延びて成績が良くなる馬も多く、本質は中距離~クラシックが能力を活かしやすい。牡馬は芝1800m~2600m、牝馬は芝1400m~2000mを中心に走る。後方一気型は展開に左右され、直線だけの勝負や、内しか伸びない馬場は不発多数。スローが苦手なわけではなく、前半じっくり追走して、助走付きのロングスパートが出来れば好走可能。長い直線+剛腕騎手はプラス条件になる。母父Royはミスプロ系で、詳細は不明。
 No.〔5〕の牝系は、緩いペースよりも厳しいペースで真価を発揮するタイプが多く、人気よりも人気薄で好走することの多い穴タイプの馬が多い。直線の長い芝コースでの好走が多い。分枝記号gは、パワータイプが多く雨も苦にしないが、不器用なタイプも多く厳しい流れで力を発揮する。

▲ステルヴィオ・・・ロードカナロア×ファルブラヴ=キングマンボ×ノーザンダンサー 〔11-c〕
 前走朝日杯FS2着(=阪神芝1600m:0.6秒差)。中山芝コースは初で、芝1800m戦は(1-0-0-0)。
 ロードカナロア産駒はキングマンボ系で、スピードと仕上がりの早さを有している。意外と短距離では勝ち馬は出ず、芝1600mで好調。ストームキャット系も内包しているため、高速タイムやハイペースも苦にしない。ダイワメジャー産駒のように、スピード持続型とスロー瞬発型の見分けが馬券のカギを握りそうで、得意とするペース、得意とする上がりを個々の馬で見つけたい。ダートも走り、脚抜きのいい馬場はプラス。母父ファルブラヴはノーザンダンサー系で、、同系のエリシオなどと同じく2歳や3歳春に好走する早熟の快速牝馬がでやすい特性がある(=レーヴダムール、ビーチアードル、ラルケットなど。エリシオ産駒ならヘルスウォール、シェーンクライトなど)。牝馬のスピード馬は多数いるのだが、現状は芝1200mや芝1400m、芝1800mが主戦場で稼ぎ所。夏を境に上昇する産駒も多く、上昇軌道に乗った馬はしばらく追いかけても損はない。トップスピードに乗るのは早くないが、速い上がりの瞬発力勝負にも対応できる。
 No.〔11〕の牝系は、3歳春から秋にかけて成長し、古馬でもう一段階成長する。東京や京都などののびのび加速できるコースに強い牝系。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。欧州的な瞬発力を秘めるがゴチャつく展開は苦手。

△ゴーフォザサミット・・・ハーツクライ×Storm Cat=サンデーサイレンス×ストームバード 〔4-k〕
 前走共同通信杯4着(=東京芝1800m:0.3秒差)。中山芝コースは(1-0-0-0)、芝1800m戦は(1-0-0-2)。
 ハーツクライ産駒はサンデーサイレンス系で、ハーツクライ自身はサンデーサイレンス×トニービン配合。母父トニービンの不器用さをやや受け継ぐタイプが多く、一瞬でエンジンがかかり加速できる器用さはないが、助走をつけて末脚が全開になりギアが入れば長く良い脚を繰り出す。馬群の外をのびのび走れるコース向き。サンデーサイレンス系としては、ダンスインザダーク産駒に近く、点火しづらい弱点を持ちつつ、嵌れば大仕事という“難儀なステイヤー血統”。ペースが締まるGⅠほど、大駆けが期待できる。また距離が延びて成績が良くなる馬も多く、本質は中距離~クラシックが能力を活かしやすい。牡馬は芝1800m~2600m、牝馬は芝1400m~2000mを中心に走る。後方一気型は展開に左右され、直線だけの勝負や、内しか伸びない馬場は不発多数。スローが苦手なわけではなく、前半じっくり追走して、助走付きのロングスパートが出来れば好走可能。長い直線+剛腕騎手はプラス条件になる。母父Storm Catはストームバード系で、斬れよりも全体のスピードに優れ、ハイペースに強いが、揉まれる競馬は苦手。大一番よりも前哨戦が向くタイプ。またストームバード系の特性として、勝負強さや底力には欠ける点と勢いがなくなるとスランプに陥る点には注意が必要。
 No.〔4〕の牝系は、2歳時にも好走可能だが、3歳春から力をつけてクラシックでも好走することの多い牝系。成長能力に優れ、スタミナも豊富。2歳時はもともとの素質で走る感じだが、3歳春シーズンになると実が入り始める。分枝記号kは、かなり時計の掛かる馬場でのみ力を発揮する。冬場のダートや最終週の重馬場等が合う。気性が激しく、時計のかかる消耗戦に活路がある。
03/18 11:23

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【朝日杯FS2018最終結論】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

武蔵野Sはサンライズノヴァから
馬単5360円的中!

スワンSはロードクエストから
3連複1760円的中!

アイビスSDはラブカンプーから
3連複5640円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

有馬記念へ向け佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼朝日杯FS2018最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




軍神マルス

予想歴20年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3386
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
ムトト
12/09 20:49

エンジニア、ダメでしたね…

編集長おくりばんと
12/02 17:22

ムトトさんもすみません、、なるべく早く対応します

ムトト
12/02 15:23

あ、僕も昨年の年間賞が表示されてないです。受賞歴が寂しいのでお願いします。

編集長おくりばんと
12/01 16:53

とりおやこさんご指摘ありがとうございます。システムのエラーだと思われますので、エンジニアに対応してもらいます。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>ふくたん


12/10 08:30

@阪神JF お見事!

クライスト教授>>

>>クライスト教授


12/09 17:06

編集長おくりばんと>>

>>星白金


12/08 13:41

星白金>>

>>クライスト教授


12/08 10:06

あみー>>

>>あみー


12/03 23:06



16
阪神JF
◎ダノンファンタジー
○クロノジェネシス
三連単13-9-11番
5,020円 的中

ふくたん
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社