10/20 10/21
10/20 10/21
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【菊花賞2018】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想桜花賞2010予想一覧軍神マルスの予想

阪神10R 桜花賞 2010年4月11日(日)
芝外1600 3歳GI 晴良 平均レースレベル3.3

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番

























































































































馬名



牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3牝3 牝3牝3牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3 牝3性齢
55 55 55 55 55 55 5555 555555 55 55 55 55 55 55 55斤量





























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順

BC爺

sun

雨龍泥舟

クライスト

マッサ

編集長おく自信度C 12
オッズを含めて

◎アプリコットフィズ
新馬戦で、この馬のフットワークを見たときには衝撃を受けました。1馬のある記事には、女版ディープインパクトかといった表現がありますが、そういっても過言ないくらいのものを感じました。
なので、個人的に非常に評価が高いために、恐らく一番人気なのだろうと勝手に妄想してしまい、ちょっとご迷惑をかけてしまったくらいです。
オッズを見ると、巷よりも個人的な評価が高いようで、6倍近いオッズというのは、美味しいのでは、と感じてしまいました。今後二度とこんな高いオッズでアプリコットを買えることはないかもしれない、と思っていまい、つい食指が動いてしまいました。…
××影虎「阪神10R 桜花賞」自信度C 2
多くのメディアで紹介されていることですが、過去の傾向を見ますとSS系×ノーザンダンサー系の配合馬が優秀な成績。

昨日の結果や本日も結局雨が降らずにすみそうなので、速い馬場状態の阪神芝では、その配合を持つ馬が有利になりそうです。

その配合構成の無い⑨アパパネは1番人気ということも含め、他の馬の台頭を期待し消しとします。

また⑧オウケンサクラも同じ考え方で消しとします。

これといって先手を主張する馬が居ないので、先行有利、内有利となりそうですが、昨日の結果を見ると瞬発力のある馬については外からでも充分差し込めそうなイメージ。

ということで本命は⑦タガノエリザベート。
ファン…
キングガル「混戦予想」自信度C 6
タトル通り、何頭かはあまり力に差がないように感じるため混戦が予想されます。

その中でも下記の馬の争いになると思います。

①ショウリュウムーン
③アプリコットフィズ
⑦タガノエリザベート
⑧オウケンサクラ
⑨アパパネ
⑬アニメイトバイオ
⑮サウンドバリアー
⑰シンメイフジ


【展開】
おそらくスロー
その場合、タガノエリザベート、シンメイフジは上がりタイムを見て最後の直線勝負に答えてくれそうです。

また、天気が悪い場合にはショウリュウムーンも外せません。

【枠】
先行、逃げの場合内が有利ではないでしょうか。





【結論】
正直、迷っていますが力量に差がないことを考え馬…
××はるんぴ自信度C 2
ショウリュウムーンは前走、前々走が優秀。ともに道悪だが時計も優秀。以外に人気の無いようなので今回が狙い目では?
アパパネは阪神JFでは展開が向いた面が強く、阪神JF組ではシンメイフジが最上位ではないでしょうか。
×優駿「桜花賞」自信度A 2
非常に難しい
しかも苦手な3歳戦

本命はラナンキュラス
前走、4角時には権利も無理かと思えるような
感じが、なんとか2着に
この馬、エンジン掛かるの遅い印象
なので1着までは厳しいかなとも思うが
3着までなら来ると思い◎
オークスのが良さそうな気もするけどね

なぜか人気のないコスモネモシンと不思議なローテの
タガノエリザベート
その他は1・3・9あたりで

買い目は3連複BOX
16・4・7・9・3・1

3連単BOX
16・4・7
3連単フォーメーション
1着16・4
2着16・4・9
3着16・4・7・9・3・1

こんなんでどうでしょう…
スナフキン「成長とタフさ」自信度C 6
内枠に有力勢が入り、勝ちを意識する騎手の早め動き出しが予想される。特にアパパネは前走負けたムーンとネモシンの末脚、前で粘りひと伸びするフィズにサクラ、バイオを差したボナンザの存在に早仕掛けの予感がする。鞍上蛯名が人気を背負い、熟知しているとは言えない関西圏を相手に他馬つられずに攻略できるかが不安。馬は新馬から馬体重が増加し、叩かれ申し分ない状態。
騎手の手腕が問われそう。

アプリコットフィズの輸送とコース、鞍上と初物づくしでなかでも小柄な牝馬の馬体減に不安がある。

欲しかった内枠になったギンザボナンザ。控えて折り合いをつけるには中団の内は窮屈になりやすく気性の悪さを出す…
BC爺「困ったら母父サンデー」自信度B 1
◎ワイルドラズベリーはG1に強い母父サンデー。
前走は1400を差しきった後に1600の外枠では凡走も仕方ない。
その前走以外は文句ない結果を残していますし、好枠ゲット。
G1でサンデーの神通力が発揮されれば一発あるはず。

○アプリコットフィズも母父サンデー。
能力的にも断然だと思いますが、緩い流れ向きで本来はオークスタイプ。
ただ、クイーンCは新馬勝ち後の厳しい流れでも格好をつけましたし、
今回はスロー濃厚で桜花賞らしいタフな流れにはなりそうになく。

▲コスモネモシンは厳しい競馬が予想されるなら◎でした。
とにかく根性があって相手が強くなった方が能力を出せるタイプ。
まぁ最も持ち味を発…
naoch自信度C 2
上2頭は
他の方の予想でも参考にしてもらって....

モトヒメを熱く語りたいと思います。

モトヒメはショウナンカンプの仔だし1600は無理だぁ
って声も聞こえてきそうですけどジュベナイルフィリーズは
アパパネにたった0.9秒差ですよ。
このレースは結局後ろにじっとしていた馬たちで決まって
いるので果敢に先行したモトヒメの先行勢最先着は立派なのだ。

前走フィリーズレビュー
結果を見れば重賞で0.3秒差
しかしまったくこの組は人気ないんだねぇ....

忘れされたフィリーズレビュー組のすごさを見せてくれ…

タイム 1:33.3 4F 45.8 3F 34.4
単勝9番280円(1人気)
複勝9番130円(1人気)8番310円(3人気)11番550円(10人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「桜花賞 オークスとのつながり重視。」
アプリコットフィズ5着/2人気
○アニメイトバイオ▲アパパネ  
    
2399
2拍手

★傾向分析★
2007年 タイム 1'33"7 (良) 1FAve=11.71 3FAve=35.14
テン35.7-中盤24.1(3F換算36.15)-上がり33.9 『加速・中弛み』
1着ダイワスカーレット・・・アグネスタキオン×ノーザンテースト=サンデーサイレンス×ノーザンテースト 〔4-d〕 3-5
2着ウオッカ・・・タニノギムレット×ルション=ロベルト×ネヴァーベンド 〔3-l〕 7-6
3着カタマチボタン・・・ダンスインザダーク×Bob Back=サンデーサイレンス×ロベルト 〔12-b〕 3-3

2008年 タイム 1'34"4 (良) 1FAve=11.80 3FAve=35.40
テン34.6-中盤23.9(3F換算35.85)-上がり35.9 『前傾・中弛み』
1着レジネッタ・・・フレンチデピュティ×サンデーサイレンス=ヴァイスリージェント×サンデーサイレンス 〔4-m〕 10-10
2着エフティマイア・・・フジキセキ×ニホンピロウイナー=サンデーサイレンス×ハビタット 〔4-k〕 6-6
3着ソーマジック・・・シンボリクリスエス×Fairy King=ロベルト×ノーザンダンサー 〔16-f〕 8-6

2009年 タイム 1FAve=11.75 3FAve=35.25
テン35.9-中盤24.2(3F換算36.30)-上がり34.9 『一貫・中弛み』
1着ブエナビスタ・・・スペシャルウィーク×Caerleon=サンデーサイレンス×ニジンスキー 〔16-c〕 16-15
2着レッドディザイア・・・マンハッタンカフェ×Caerleon=サンデーサイレンス×ニジンスキー 〔16-b〕 12-12
3着ジェルミナル・・・アグネスタキオン×Double Bed=サンデーサイレンス×ノーザンダンサー 〔7-e〕

流れは07年は『加速』、08年は『前傾』、09年は『一貫』だが、ともに『中弛み』の流れは複合している。牝馬限定戦は『中弛み』の傾向が強く、牡馬ほどスタミナがないのが影響してなのか、中盤に弛みがでて上がり勝負になりやすい傾向にある。

血統の傾向は、アグネスタキオン(=07年1着ダイワスカーレット、09年3着ジェルミナル)、ダンスインザダーク(=07年3着カタマチボタン)、フジキセキ(=08年2着エフティマイア)、スペシャルウィーク(=09年1着ブエナビスタ)、マンハッタンカフェ(=09年2着レッドディザイア)、母父サンデーサイレンス(=08年1着レジネッタ)の好走から、サンデーサイレンス系のキレが重要と考える。中盤が弛み、瞬発力の上がり勝負ならサンデーサイレンスのキレが最も活きる流れと考える。

また阪神コース馬場改修後は、桜花賞好走馬が次走東京芝2400m(ダービー・オークス)で好走する傾向に。以前の内回りの時にはスピードの持続性能が問われやすくなかなかつながりにくい傾向でしたが、外回りに替わり瞬発力のキレ勝負になりやすいことからつながるようになったと考えます。次走も狙いたい馬を評価するのもありと考えます。それからスタミナ型サンデーサイレンス系(-ダンスインザダーク、スペシャルウィーク、マンハッタンカフェなど)が好走しやすい傾向となり、瞬発力とスタミナは必要な適性と考えます。

牝系の傾向は、No.〔4〕〔16〕の牝系が好走馬多し。
どちらもスタミナを活かしやすい距離延長に対応しやすい牝系。オークスでの好走も多い牝系です。

★予想★
どうしてもハナを切らなければという馬が見当たらないため、ゆったり流れる『加速』と中盤の弛む傾向から『中弛み』の複合ラップを想定。上がり特化の瞬発力勝負とみています。

◎アプリコットフィズ・・・ジャングルポケット×サンデーサイレンス=グレイソヴリン×サンデーサイレンス 〔16-c〕
前走クイーンC1着(=東京芝1600m)。ジャングルポケット産駒はグレイソヴリン系で、小回りコースが得意なタイプと広いコースで末脚を繰り出すタイプとがいる。本馬は母父サンデーサイレンスということもあり速い上がりを繰り出しているので、広いコースで末脚を活かすタイプと考える。母父サンデーサイレンスは、前走の勢いをそのまま活かして好走することの多い特性があり、重賞好走の勢いとGⅠ初挑戦の鮮度も高く好走しやすい特性が活きると考える。またジャングルポケット×サンデーサイレンスは、オークス馬を輩出した東京芝2400mGⅠ好走血統。最近の桜花賞はオークスとのつながりが深く、オークス向きのタイプと思うがその点が逆にここで活きると考える。
No.〔16〕の牝系は、叩き良化型のステイヤー特性がある牝系。本来は距離が延びてこそ本領発揮だが、同系のブエナビスタやレッドディザイアのように向くはずと牝系から期待する。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向で、推進力には優れていると考える。

○アニメイトバイオ・・・ゼンノロブロイ×フレンチデピュティ=サンデーサイレンス×ヴァイスリージェント 〔19〕
前走アネモネS2着(=中山芝1800m:0.1秒差)。ゼンノロブロイ産駒は、淀みない流れを前で展開好走するタイプもいれば、鋭くキレるタイプもいて、比較的堅実なタイプが多い。スピード豊かでレコード決着のような高速タイムやハイペースでの適性が高い。母父フレンチデピュティは、勢いと鮮度が重要なヴァイスリージェント系。距離の融通性も広い。
No.〔19〕の牝系は、キレ味を武器に東京コースでの好走が多い牝系。このレースは東京芝2400m好走血統が強いレースでもあり、父ダービー馬のゼンノロブロイ、母父は距離に柔軟性のあるヴァイスリージェント系なら好走可能とみて適性は合うと考えて期待する。分枝記号はなしにて、やや晩成気味ながらも、平均的に能力を発揮するタイプと考える。

▲アパパネ・・・キングカメハメハ×Salt Lake=ミスプロ×ヴァイスリージェント 〔9-f〕
前走チューリップ賞2着(=阪神芝1600m:0.1秒差)。阪神JF1着・チューリップ賞2着とコース実績は2戦2連対。キングカメハメハ産駒はミスプロ系だが、凱旋門賞での好走も多いキングマンボ系で欧州型の要素を兼ね備えている。格の高いレースでの究極のスピード競馬になると本領を発揮し、厳しい展開ほど持ち前の底力を活かす。ダンシングブレーヴ系に近い特性と考える。母父Salt Lakeはヴァイスリージェント系で仕上がりが早く、2~3歳の時期なら重賞でも勝負になる。現時点では完成度は高く成長力にも期待できる。ヴァイスリージェント系は距離に融通性があるのだが、母は短距離を中心に走った馬のため距離延長に不安は残すため、オークスで積極的に買いたいと思えない分割引して評価。ただしマイル特化のスペシャリストタイプの可能性も十分と考える。
No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコース鬼門だが、広いコースは好走が多く阪神コースでも好走するので牝馬クラシック向き。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面叩いて一変が少ないタイプ。前走好走から調子は維持と考えて好走に期待する。

△ショウリュウムーン・・・キングカメハメハ×ダンスインザダーク=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔12〕
前走チューリップ賞1着(=阪神芝1600m)。キングカメハメハ産駒はミスプロ系だが、凱旋門賞での好走も多いキングマンボ系で欧州型の要素を兼ね備えている。格の高いレースでの究極のスピード競馬になると本領を発揮し、厳しい展開ほど持ち前の底力を活かす。ダンシングブレーヴ系に近い特性と考える。母父ダンスインザダークで、ダンスインザダークは秋華賞でよく好走する血統。クラシック春シーズンでは、不器用なためペースが締まるような流れでないと好走が難しい点があるが、桜花賞では好走した産駒がいるので相性は良いはず。
No.〔12〕の牝系は、比較的タフな流れに強く厳しい流れで本領発揮のタイプが多い。分枝記号なしなので、産駒ごとに得手不得手はあるものの平均的に能力を発揮するタイプ。
04/11 11:33

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【菊花賞最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

北九州記念はラブカンプーから
3連単7万1170円的中!

小倉記念はトリオンフから
3連複2880円的中!

アイビスSDはラブカンプーから
3連複5640円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼菊花賞最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




軍神マルス

予想歴12年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3353
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370

新着回顧桜花賞2010回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴12年 回収率137%
桜花賞 問われたのはマイラーの資質!?
次走狙い馬:アプリコットフィズ 次走狙い馬:エーシンリターンズ
次走危険馬:ショウリュウムーン   
 
0拍手

2010年 タイム 1'33"3 (良) 1FAve=11.66 3FAve=34.99

ラップ
①12.6-②11.2-③11.8-④11.9-⑤11.4-⑥11.1-⑦11.1-⑧12.2
1FAveとの誤差
①+0.9 ②-0.5 ③+0.1 ④+0.2 ⑤-0.3 ⑥-0.6 ⑦-0.6 ⑧+0.5
テン35.6-中盤23.3(3F換算34.95)-上がり34.4 『加速』

『加速』・・・逃げ◎ 先行○ 差し△ 追込×

1着アパパネ・・・キングカメハメハ×Salt Lake=ミスプロ×ヴァイスリージェント 〔9-f〕 5-4
2着オウケンサクラ・・・バゴ×リアルシャダイ=レッドゴッド×ロベルト 〔4-m〕 1-1
3着エーシンリターンズ・・・キングカメハメハ×キャロルハウス=ミスプロ×ターントゥ 〔8-c〕 3-2
4着ショウリュウムーン・・・キングカメハメハ×ダンスインザダーク=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔12〕 10-8
5着アプリコットフィズ・・・ジャングルポケット×サンデーサイレンス=グレイソヴリン×サンデーサイレンス 〔16-c〕 3-4

阪神コース改修後4年になるが初めて中盤が弛まないレースとなった桜花賞。流れは中盤は平均ラップで、テン-上がりのラップ差から『加速』の流れ。スピードの持続性能が求められた流れと考える。展開は逃げが最も恵まれ、次いで先行、差し・追込には厳しい流れ。

1着アパパネは、前走チューリップ賞2着(=阪神芝1600m:0.1秒差)からの好走。阪神JF1着・チューリップ賞2着とコース実績は2戦2連対。また阪神JF好走馬でチューリップ賞好走馬は、過去3年で2頭好走(=07年2着ウオッカ、09年1着ブエナビスタ)と好相性で、崩れない軸馬として最適のようです。また前述の2頭は次走東京芝2400mのGⅠ(ダービーオークス)で好走しているので、本馬も好走の可能性も十分。キングカメハメハ産駒はミスプロ系だが、凱旋門賞での好走も多いキングマンボ系で欧州型の要素を兼ね備えている。格の高いレースでの究極のスピード競馬になると本領を発揮し、厳しい展開ほど持ち前の底力を活かす。ダンシングブレーヴ系に近い特性と考える。母父Salt Lakeはヴァイスリージェント系で仕上がりが早く、2~3歳の時期なら重賞でも勝負になる。現時点での完成度が高いのはここでも証明され、勢いはまだ保っているので次走も侮れないと考えます。ヴァイスリージェント系は距離に融通性があるのだが、母は短距離を中心に走った馬でSalt Lake産駒の特徴を良く出していた馬のため距離延長に不安は残す。オークスが中盤弛む流れでキレを活かせるマイラーでも好走できる流れならば好走も可能と考えるが(=ヴァイスリージェント系の器用さとキレも兼ね備えているので)、ただ本馬の本領発揮しやすい流れは、ペースの締まった流れをスピードを活かしてなだれ込む展開ではないかと考える分過信禁物。NHKマイルC路線に向かうようなら、桜花賞からのステップも好相性なので期待と考える。
No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコース鬼門だが、広いコースは好走が多く阪神コースでも好走するので牝馬クラシック向き。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面叩いて一変が少ないタイプ。前走好走から調子は維持と考えて好走に期待する。この牝系や分枝記号の特性は次走にも活かせるので、東京コースへのコース代わりも向くと考える。

2着オウケンサクラは、前走フラワーC1着(=中山芝1800m)からの好走。バゴ産駒はレッドゴッド系で、凱旋門賞好走を好走した欧州スタミナ型の芝向き中長距離血統。同系にスウェイン産駒がいるが、スウェインほど重厚ではない様子。ただこの系統は、総じてスローの上がり勝負よりも厳しい流れでこそ持ち味が活きる。母父リアルシャダイはロベルト系で、スタミナや消耗戦での強さを伝えている。父×母父ともに厳しい展開でこそのタイプなので、今回は中盤が弛まず、完全な上がり特化の瞬発力勝負とならなかったことと逃げての展開利が活きたと考える。ただ反省しなければならないことはフラワーCを先行して好走している馬は桜花賞では好走も多かったこと(=04年1着ダンスインザムード、05年1着シーザリオ、06年2着フサイチパンドラなどが桜花賞で好走)。もう少し評価してよかったと反省します。
No.〔4〕の牝系は、3歳春から力をつけてクラシックで好走するような成長力がある。近年桜花賞での好走も多い牝系だったので(=07年1着ダイワスカーレット、08年1着レジネッタ・2着エフティマイア)、十分に好走可能と考えるべきでした。分枝記号mは、勝ち上がり率は高いが、能力の壁にぶつかると乗り越えることが難しいタイプ。よく言えば自分の持てる力を全て吐き出すが、相手がそれ以上だとあっさり負けてしまうタイプ。ただし弱い相手には滅法強いタイプ。近2走を考えるとチューリップ賞4着をもっと評価すべきでした(=不利な流れで4着、次走フラワーCで好走し2着に0.2秒差)。分枝記号mはものさし馬になりやすいので、このものさしを誤ってしまいました。

3着エーシンリターンズは、前走チューリップ賞3着(=阪神芝1600m:0.1秒差)からの好走。キングカメハメハ産駒なので1着馬アパパネと同じ。前走チューリップ賞でも産駒が一緒に好走していて、まとめて好走しやすい今勢いのある系統と考える。母父キャロルハウスはサーゲイロード系で、丈夫で長持ちし、高齢まで力が衰えない特性がある。一定のペースで先行するとゴールまで粘るスタミナがあり、平坦巧者でもある。究極のキレ勝負には向かないが、僅差の勝負を毎回している内容から次走も要注意。
No.〔8〕の牝系は、古馬で真価を発揮するタイプが多い。3歳春シーズンも好走は可能だが、桜花賞とは相性はあまり良くなく(=エアグルーヴ、アドマイヤグルーヴ、フサイチパンドラなど)、オークス秋華賞とは相性が良い。今回はこの特性の影響もあったかもしれないが、次走オークスでは逆に反撃可能なタイプでもあり、この点からも要注目。分枝記号cから、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。

4着ショウリュウムーンは、前走チューリップ賞1着(=阪神芝1600m)からの好走。キングカメハメハ産駒で1着アパパネ・3着エーシンリターンズと同じ。母父ダンスインザダークで、ダンスインザダークは秋華賞でよく好走する血統。クラシック春シーズンではまだ成長力に甘さがあること、不器用なためペースが締まるような流れでないと好走が難しい点があり、今回は中盤が弛まなかったことはプラス要因になったが、『加速』の流れで差し届かず。このあたりは母父ダンスインザダークの特性がよくでていると考える。オークスならば距離延長になる分向いていると考えたくなるが、ペースが弛む分瞬発力勝負になりやすいため逆にまた差し損ねる可能性が強くなる傾向なので、今回の好走は上位馬の中では評価するが、次走は危険な人気馬の可能性高し。
No.〔12〕の牝系は、比較的タフな流れに強く厳しい流れで本領発揮のタイプが多い。分枝記号なしなので、産駒ごとに得手不得手はあるものの平均的に能力を発揮するタイプ。

5着アプリコットフィズは、前走クイーンC1着(=東京芝1600m)からの好走。ジャングルポケット産駒はグレイソヴリン系で、小回りコースが得意なタイプと広いコースで末脚を繰り出すタイプとがいる。本馬は母父サンデーサイレンスということもあり速い上がりを繰り出しているので、広いコースで末脚を活かすタイプと考える。母父サンデーサイレンスは、前走の勢いをそのまま活かして好走することの多い特性がある。またジャングルポケット×サンデーサイレンスは、オークス馬を輩出した東京芝2400mGⅠ好走血統。最近の桜花賞オークスとのつながりが深く、オークス向きのタイプと思い評価したが、今回はマイラー向きの流れとなりスピードの持続性能負け。溜めて瞬発力を活かす能力は高いと考えるので、オークスでの巻き返しに期待。
No.〔16〕の牝系は、叩き良化型のステイヤー特性がある牝系。本来は距離が延びてこそ本領発揮のため、次走オークスでの距離不安はない。ブエナビスタやレッドディザイアと同じ牝系で、次走の反撃が最も期待できる馬と考える。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。

04/14 01:09 回顧アクセス:2399

コメント2件

2010年04月11日11時35分
ほほ~う
ショウリュウムーンっていいんですか
結構評価高いですな

軍神マルス 2010年04月11日11時40分
★チキン馬券師さん、こんにちは。

ショウリュウムーンは前走内容からの評価です。不利な流れの中での好走を評価しました。少し緩めの流れを想定した分、ちょい届かずと考えました。


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
雨龍泥舟
10/12 23:35

すごい動画発見! https://www.youtube.com/watch?v=55NE29sWHCU

競馬ナンデ編集部
10/12 18:19

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

クライスト教授
10/11 09:12

石橋脩は残念だが代わりが北村友一なのは思わず笑った。指定の厩舎付き騎手では絶対に被らないはずの騎手が起用されたから。これで来たらアーモンドアイは危ないって事か?(苦笑)...

ドリームパスポート
10/09 14:24

ラッキーライラックに友一君なんだ。脩君残念。

   つぶやきだけ全て見る
競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

雨龍泥舟>>

>>編集長おくりばんと


10/17 10:42

ぷみを>>

>>クライスト教授


10/16 21:39

クライスト教授>>

>>ぷみを


10/16 08:52

下彦>>

>>下彦


10/13 21:16

編集長おくりばんと>>

>>下彦


10/13 20:52



19
秋華賞
◎アーモンドアイ
○カンタービレ
三連単11-13-2番
5,600円 的中

ぷみを
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社