4/21 4/22
4/14 4/15
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【フローラS】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想NHKマイルC2010予想一覧たつやりん@名古屋の予想

東京11R NHKマイルC 2010年5月9日(日)
芝1600 3歳GI 晴良 平均レースレベル4.0

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番



















































































































馬名



牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牝3 牡3牡3 牡3牡3性齢
57 57 57 57 5757 57 57 57 57 57 57 57 55 5757 5757斤量






























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順着順

BC爺

軍神マルス

のび犬

KUROS

雨龍泥舟

成田無頼庵

××編集長おく自信度C 6
出走馬が決まってみれば、がんがん行く馬が何頭かいなくなったせいか、どうにもそんなに速いペースにならない可能性もでてきた感じがします。どういった展開になるか正直全然予想がつきません。
そこで、ハーフウェイというか、どっちつかずな結論にしました。速いペースでも遅いペースでも勝てる可能性がある、対応できる馬。

リルダヴァル
皐月賞は、最内枠からずっと窮屈なところを回り、綺麗な跳びのこの馬には可哀想な競馬でしたのであまり気にしません。それよりは、最初からそこそこ速い流れで、あそこまで粘れたこと、57キロを経験できたことを評価したいところです。
ここのところは掛かり気味になるところ…
××KUROS「岩田はテン乗りに限る」自信度C 1
 皐月賞の大敗がやや不可解だが、マイルに戻れば同じ敗戦を繰り返すと思えないエイシンアポロンに◎。注目は特に騎手面で、岩田Jへの乗り替りが大変魅力的。データを集計した訳ではないが、皐月賞のヴィクトワールピサを筆頭にGⅠでの代打騎乗には強いというかイメージは非常に良い。先入観を持って乗らないほうが結果を出せる騎手なのかもしれないが、舞台も馬にとってベストのマイル戦。騎手と馬の歯車がピタリとかみ合うようなら勝算も。

 ニュージーランドTは終始サンライズプリンスの強さばかりが目立ったレース。となれば、評価の対象は道中で外枠から自ら仕掛け、走破タイムを1分32秒台も持ち込んだ勝ち馬だけ…
もんまっち「速い流れも経験済みのプリンス」自信度C 3
<速い流れも経験済みのプリンス>人気2頭ではNZTで今回と同様の流れを経験したサンライズプリンスに分があり。NZTと皐月賞組を上位評価。穴を開けそうなのは先行馬。1枠2頭がコースロスなく進めれば。
××たけぼぉ自信度A 2
◎⑬ダノンシャンティ
・中段あたりに付けられれば、長い直線で末脚を活かせるだろう
△④サンライズプリンス
・外枠からハイペースを追走して速い上がりで勝利した前走は評価できるが、年明け五戦目の点は気がかり
△③リルダヴァル
・皐月賞でもまずまずの競馬で、世代の中で能力の高さを示したがローテーションは厳しい
△⑪エイシンアポロン
・前走は位置取りより距離が原因かもしれないが、走法から東京向きでは無いかも
△①ダイワバーバリアン
・いつも何かに負けるが、展開次第で上位に食い込めそう
△②コスモセンサー
・前走は速いラップの逃げで潰れて、今回は好枠を引けたが前が速くなりそうなメンバー構成でどう…
×影虎「東京11R NHKマイルC」自信度C 2
馬連④-⑬が3倍台…。

オッズが示す通りこの2頭が抜けている気がします。

しかし昨年は1分32秒台の決着となり、その時計でれば人気馬も実績的にまるで保証はありません。

過去5年程度の結果を見ても、うち3年は雨が降り馬場状態が悪化したうえでの結果。今年は天候も良く、昨年と同様に1分32秒台の決着になるのではないかと思います。となると、能力、実績から想像すると必ずしも上位2頭のオッズが適正なものでは無いはず。主観的期待値の匙加減で評価します。

天候が良く非常に速い馬場状態ということで昨年の結果のみ特化して参考にすると昨年はマイルを1分32秒台で走ったような実績の馬は1頭も居ませんでした。…
××スナフキン「なぜか(N)波乱の(H)結末に(K)?そりゃ~マイルわ(苦)」自信度B 7
エイシンアポロンは前走オーバーワークという追い切りの判断から今回は手控えられた坂路追い。すでにクラシック路線に突入している状態で陣営の仕上げ具合が手の内に入っていない。

【アポロンの追い切りから3つ言えることがある】

1.皐月の敗因をデキ下降と見ている陣営が正しいなら、落ちた状態から上げてくる期間が短すぎる。

2.皐月がデキではなく距離だったなら、仕上げ切った状態から上積みはない。

3.弥生賞はラチ沿いの有利さでの距離克服であり、安易に距離大丈夫と踏んだ陣営の皐月からのマイルへの路線変更はやはり距離であり馬の見極めができてない。

こんな状況でテン乗りの岩田君にどう…

タイム 1:31.4 4F 46.6 3F 35.1
単勝13番260円(1人気)
複勝13番140円(2人気)1番340円(5人気)3番210円(3人気)

たつやりん@名古屋<09期 西十両十一枚目>
NHKマイルC2010予想
エイシンアポロン9着/4人気
○ダノンシャンティ▲サンライズプリンス  
    
1890
5拍手

■4月10日(土)の同条件、ニュージーランドトロフィーを分析■

 NHKマイルに出馬し、かつ、このレースにおける有力馬をまとめる。

 >1着 サンライズプリンス
 >2着 ダイワバーバリアン
 >3着 レト
 >5着 ニシノメイゲツ
 >7着 コスモセンサー

 ≪このなかで≫期待できるのは、1着のサンライズプリンス、または、7着のコスモセンサー。もうちょっと具体的にいうと、≪このなかで≫1番を決めるなら、サンライズプリンスかコスモセンサー。コスモセンサーはまだ逆転の余地があるけど、他3馬はサンライズプリンスと決着済。
 1着だったサンライズプリンスは、4角で3番手にいました。そこから34.8の上がり3ハロンでゴール。
 ちょっと表にしましょうか。

  4角  上がり 馬
 >3番手 34.8 サンライズプリンス
 >4番手 34.8 ダイワバーバリアン
 >5番手 34.8 レト
 >8番手 34.9 ニシノメイゲツ
 >1番手 35.9 コスモセンサー

 上のようになります。4角での位置取りは数が若いほど良い、上がりも若い数の方が良いわけです。
 すると、1着だったサンライズプリンスは、3-34.8という組み合わせ。どちらかが若い数値を持っていれば、逆転の余地はあるが、どちらも勝てないなら逆転の余地は低いといわざるを得ない。
 そうするとですね、前述のように、逆転の余地があるのは、コスモセンサーのみということになる。4角での位置取りがサンライズプリンスより前にいる。当然のことながら上がりで負けたから1着ではないわけだけども。
 逆転不可能に思える上がり3ハロン1.1の違いだけど、展開次第では分からないし、配当妙味から3着でも十分おいしい。
 このレースも先行するでしょうから、枠が良ければ、十分印はつけられます。本命でも良かったんですよ(笑)。

■他のメンバーは?■
 ダノンシャンティとリルダヴァルは1600mを走ったことがありません。
 だから、切り!と言いたいのではないんです。評価できない、といいたい。
 しかし、特にダノンシャンティが強力なのはもう毎日杯でお世話になったときから分かっている。
 エイシンアポロンは前走は崩しましたが、今回は狙い目ではないかな。1600mをきちんとG1で走っているし、その朝日杯では、ニュージーランドトロフィーで2着だったダイワバーバリアンに2馬身つけて勝っている。そのとき、エイシンアポロンが5-35.2だったのに対して、ダイワバーバリンは5-35.6。力関係は結構明確ではないかと。
 だから、エイシンアポロンがニュージーランドトロフィーに出ていれば、このダイワバーバリアンの前の2着か、または1着。これはどちらかは分からないけど、論理的に考えればそうなる。

 と、いうわけで、今回はカタめなんですが、

 ◎:エイシンアポロン
 ○:ダノンシャンティ
 ▲:サンライズプリンス
05/05 04:35

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【フローラS最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

佐々木主浩のフローラSへの意気込み
▼▼最終結論もお楽しみに!▼▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




たつやりん@名古屋

予想歴3年
回収率125%
 G1で5着だった馬と,G3で1着だった馬はどちらが強いでしょうか?  これに対しての答を出すために,レース自体のレベル,及び,その馬のレベルを求めることが重要だと思っています。  グレードや着順で誤魔化されてしまう馬の能力を客体的に考察して,数値化する。そして,予想を組み立てています。 総拍手獲得数:507
過去のベスト予想
 天皇賞(春)2010

◎ジャガーメイル○マイネルキッツ
23拍手

4,190

新着回顧NHKマイルC2010回顧一覧たつやりん@名古屋の回顧
たつやりん@名古屋TM競馬歴3年 回収率125%
NHKマイルC2010回顧
次走狙い馬:ダイワバーバリアン   
     
5
8拍手

 予想では、自身にとっては、初めての試みだったのですが、4角での位置取りと上がり3ハロンの数値に着目して、同距離のニュージーランドTを参考レースとして、予想を展開しました。何をうっかりしたのか、予想で取り溢していた馬もいたことに加え、数値に間違いがありました。訂正しながら、回顧してみることにします。

▼ニュージーランドT 分析▼
*** 4角位置 上がり3F 馬
 1着  2   34.8    サンライズプリンス
 2着  4   34.8    ダイワバーバリアン
 3着  4   34.8    レト
 4着 11   34.4    キョウエイアシュラ
 5着  8   34.9    ニシノメイゲツ
 7着  1   35.9    コスモセンサー
10着  8   35.1    キングレオポルド
11着  6   36.5    エーシンホワイティ

 予想で持論を展開したことは、4角位置と上がり3Fの数値の2つのファクターを比べて、そのどちらもが劣っている場合には、挽回は難しいのではないか、と(半ば強引に)まとめたものでした。
 具体的には、1着であったサンライズプリンスは、4角位置と上がり3Fが(2-34.8)と示せる。2着であったダイワバーバリアンは(4-34.8)で、いずれも劣っている。よって、ダイワバーバリアンサンライズプリンスを順位の上で逆転することはないのでないか、という見解でした。
 この仮説を、1着であったサンライズプリンスを基準としてまとめ直すと以下の通りとなります。

▼ニュージーランドT 分析 加筆▼
*** 4角位置 上がり3F 印 馬
 1着  2-  34.8-   - サンライズプリンス
 2着  4劣  34.8同   × ダイワバーバリアン*
 3着  4劣  34.8同   × レト*
 4着 11劣  34.4優   ○ キョウエイアシュラ
 5着  8劣  34.9劣   × ニシノメイゲツ
 7着  1優  35.9劣   ○ コスモセンサー
10着  8劣  35.1劣   × キングレオポルド
11着  6劣  36.5劣   × エーシンホワイティ

 それぞれの数値の末尾に示したのが、サンライズプリンスと比較した際の優劣で、その2つのファクターの分析の結果の逆転の可能性を示したのが、印の○×で、○はどちらかに優となっているため、少なくとも(※必ずしも逆転可能だといっているのではない)逆転の余地はあることを示します。
 では、そのNHKマイルCの結果を...と思ったのですが、一点、興味深いことがあったので、今後の分析のために、ここでそれをまとめておきます。
 それは、2着、3着の数値についてです。上の表では、馬名の末尾に*を施してあります。
 この2頭は、例の2つのファクターの数値が同値です。同着か?それともクビ差?ハナ差?と思っていたのですが、結果、1/2馬身差ありました。
 この結果はどうやら枠にありそうです。2着馬は3枠6番、3着馬は5枠9番。内枠にいた馬の方がその分だけ走る距離が少なくなり、その分だけ着差となって表れたのだと考えられます。このような差が生まれることは、キャリアの浅い自身にとっては今後の課題となりそうです。
 さて、NHKマイルCの結果です。示されている数値は、ニュージーランドTのものです。

▼ニュージーランドT 分析 加筆▼
*** 4角位置 上がり3F 印 馬
 1着 (非NZT組)      ダノンシャンティ
 2着  4劣  34.8同   × ダイワバーバリアン
 3着 (非NZT組)      リルダヴァル
 4着  2-  34.8-   - サンライズプリンス
 5着 11劣  34.4優   ○ キョウエイアシュラ

 ここまでで留めます。ダイワバーバリアンサンライズプリンスを下したり。持論成立せず。という見方が普通でしょう。しかし、今後の研究を促進させるため(笑)、あえて我田引水な分析の上で、この結果をみつめ直すことにします。
 1着と3着馬については、今回の本筋から逸れるのでここでの分析は割愛します。2着と4着馬について話を深めます。

▼NZT1着×NZT2着▼
*** 4角位置 上がり3F 印 馬
 1着  2-  34.8-   - サンライズプリンス
 2着  4劣  34.8同   × ダイワバーバリアン

 上の表は、逆転が起こってしまった、サンライズプリンスダイワバーバリアンについてのみ、まとめ直したものです。

▼NZT1着×NZT2着▼
*** 4角位置 上がり3F 枠 印 馬
 1着  2-  34.8-   2 - サンライズプリンス
 2着  4劣  34.8同   1 × ダイワバーバリアン

 上の表は、直前の表に、このNHKマイルCにおける枠順を加筆したものです。
 例の2つのファクターでは、サンライズプリンスに軍配が上がるものが、枠のファクターを加えることで逆転可能な気もしてきました。先ほどのダイワバーバリアンレトの事例がこれです。
 この枠のファクターを、ニュージーランドTを出走して、NHKマイルCにも出走しているすべての馬に当てはめてみます。

▼NZTとNHK-C▼
NZT 4角位置 上-3F 枠 NHK 馬
 1着  2-  34.8-  2  4着 サンライズプリンス
 2着  4劣  34.8同  1  2着 ダイワバーバリアン
 3着  4劣  34.8同  8  7着 レト
 4着 11劣  34.4優  5  5着 キョウエイアシュラ
 5着  8劣  34.9劣  3 17着 ニシノメイゲツ
 7着  1優  35.9劣  1 11着 コスモセンサー
10着  8劣  35.1劣  6 12着 キングレオポルド
11着  6劣  36.5劣  8  6着 エーシンホワイティ

 枠とNHKマイルCでの着順を加筆しました。
 4角位置2頭分は枠1つ分で逆転可能...?これはあまりに我田引水な感もありますが、(ほんとーに暫定的にですが)そう思って、筆を置くこともできます。ダイワバーバリアンの逆転についての弁明(笑)についてはこれまでです。
 さきの表で○印をつけたものも、2つのファクターから、逆転可能“の余地がある”としたまでです。それぞれのファクターにバイアス(係数)をつけるなどして数値化すると、○印になったものも×印に変わる余地が生まれるかも知れません。これも我田引水ですが(笑)、サンライズプリンスが馬券圏内に入らなくとも、×印になったもの(※ダイワバーバリアンは枠ということでちょっと様子見.)の馬柱が「?」から「消」に変わった(※サンライズプリンスより着順が下位と言う意味で.)だけでも、もうしばらく研究の余地がありそうです。

05/10 02:32 回顧アクセス:1890

コメント6件

のび犬 2010年05月08日23時10分
はじめまして、のび犬と申します。

「4Cの位置と上りタイムで馬の強さを測る」というのはシンプルでありながら効果的ですね。目からウロコでした。

たつやりん@名古屋 2010年05月09日04時13分
>のび太さん
はじめまして、コメント頂き、ありがとうございました。
あくまで思考実験です(笑)これでうまくいくかな?と、思ったので、結果も確かめないまま、書いちゃいました(笑)

のび犬 2010年05月09日23時50分
結果としてダイワバーバリアンがサンライズプリンスを逆転しましたね……正確な能力比較のためにはレースの展開、通ったコースなども考慮しないといけないというわけでしょうか。

ただ、中山の場合、直線が300ちょいなんで4Cの位置取りと上り600のタイムを単純に比較できないのかも知れません。
直線が長く、瞬発力をフルに活かせる東京、京都、新潟でのレースなら、大まかな能力比較として有効な手段なのではないかと思います。

NHKマイルCの回顧で使わせてもらいます。

たつやりん@名古屋 2010年05月10日01時21分
>のび犬さん
コメント頂き、ありがとうございます。
そうですね(汗)。しかし、我田引水ですが(笑)、私はある程度において成功だったかと思っています。なにをうっかりしたか、前掲の予想で、ニュージーランドTに出走しているにも関わらず、分析していなかった馬がいますので、それも合わせて、回顧してみたいと思います。
少々長くなりますので、詳しくはこのレースの回顧にまとめました。ご覧になって頂ければうれしいです。

のび犬 2010年05月12日01時50分
レース回顧を読ませていただきました。素晴らしい発想力&分析力ですね。勉強になりました。

NHKマイルのレース回顧でこの理論を使わせていただこうかとも思ったのですが、私では上手く使いこなせそうにありませんでした(泣)瞬発力の活きるコースでは比較もしやすいかなと思ったら、後方の馬が速い上がりを使って上位に来てしまうので、逆に能力比較ができる対象が少なくなってしまうんですよね……

とても魅力的な理論だと思うので、完成を楽しみにしています。今後も予想や回顧を読ませていただいたり、コメントをさせて頂くこともあるかと思いますので、よろしくお願いします。

たつやりん@名古屋 2010年05月12日02時11分
>のび犬さん
こちらこそよろしくお願いいたします。
回顧では、我田引水の感が強く、読まれていて、釈然としない箇所も大変多くあったことと思います。今後は、筋の通る流れるような論理を大切にしなくてはな、と勉強になりました。
のび犬さんにとりましても、私にとりましても、馬券が的中することをただただ祈るばかりですね!


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
編集長おくりばんと
04/20 07:53

【競馬ナンデPOG】明日21時22:30~ 最後のセリ20頭分をツイキャスにて行います。ぜひ奮ってご参加ください!

とりおやこ
04/19 22:34

21日22:30でOKです。

編集長おくりばんと
04/19 11:25

とりおやこさんいかがでしょう?ダーハラさんは大丈夫とのことです!

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

クライスト教授>>

>>クライスト教授


04/18 01:45

ドリームパスポート>>

>>クライスト教授


04/17 23:10

とりおやこ>>

>>とりおやこ


04/15 20:05

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社