12/3 12/4
12/3 12/4
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] これを見ずに【チャンピオンズC】を買うの?誰もが驚く超穴馬を無料で
新着予想NHKマイルC2010予想一覧軍神マルスの予想

ワイド 3-13番:400円的中

東京11R NHKマイルC 2010年5月9日(日)
芝1600 3歳GI 晴良 平均レースレベル4.0

87654321枠番
181716151413121110987654321馬番
















































































































馬名
牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牝3 牡3牡3 牡3牡3性齢
57 57 57 57 5757 57 57 57 57 57 57 57 55 5757 5757斤量






























騎手
単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ人気
結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順結果着順着順
××

BC爺

のび犬

KUROS

雨龍泥舟

成田無頼庵

sun

index

マッサ

クライスト

春日部

たつやりん

牛島キング

ばっじょ

スナフキン

サニーのす

信じる♪

××編集長おく自信度C 6
出走馬が決まってみれば、がんがん行く馬が何頭かいなくなったせいか、どうにもそんなに速いペースにならない可能性もでてきた感じがします。どういった展開になるか正直全然予想がつきません。
そこで、ハーフウェイというか、どっちつかずな結論にしました。速いペースでも遅いペースでも勝てる可能性がある、対応できる馬。

リルダヴァル
皐月賞は、最内枠からずっと窮屈なところを回り、綺麗な跳びのこの馬には可哀想な競馬でしたのであまり気にしません。それよりは、最初からそこそこ速い流れで、あそこまで粘れたこと、57キロを経験できたことを評価したいところです。
ここのところは掛かり気味になるところ…
××KUROS「岩田はテン乗りに限る」自信度C 1
 皐月賞の大敗がやや不可解だが、マイルに戻れば同じ敗戦を繰り返すと思えないエイシンアポロンに◎。注目は特に騎手面で、岩田Jへの乗り替りが大変魅力的。データを集計した訳ではないが、皐月賞のヴィクトワールピサを筆頭にGⅠでの代打騎乗には強いというかイメージは非常に良い。先入観を持って乗らないほうが結果を出せる騎手なのかもしれないが、舞台も馬にとってベストのマイル戦。騎手と馬の歯車がピタリとかみ合うようなら勝算も。

 ニュージーランドTは終始サンライズプリンスの強さばかりが目立ったレース。となれば、評価の対象は道中で外枠から自ら仕掛け、走破タイムを1分32秒台も持ち込んだ勝ち馬だけ…
もんまっち「速い流れも経験済みのプリンス」自信度C 3
<速い流れも経験済みのプリンス>人気2頭ではNZTで今回と同様の流れを経験したサンライズプリンスに分があり。NZTと皐月賞組を上位評価。穴を開けそうなのは先行馬。1枠2頭がコースロスなく進めれば。
××たけぼぉ自信度A 2
◎⑬ダノンシャンティ
・中段あたりに付けられれば、長い直線で末脚を活かせるだろう
△④サンライズプリンス
・外枠からハイペースを追走して速い上がりで勝利した前走は評価できるが、年明け五戦目の点は気がかり
△③リルダヴァル
・皐月賞でもまずまずの競馬で、世代の中で能力の高さを示したがローテーションは厳しい
△⑪エイシンアポロン
・前走は位置取りより距離が原因かもしれないが、走法から東京向きでは無いかも
△①ダイワバーバリアン
・いつも何かに負けるが、展開次第で上位に食い込めそう
△②コスモセンサー
・前走は速いラップの逃げで潰れて、今回は好枠を引けたが前が速くなりそうなメンバー構成でどう…
×影虎「東京11R NHKマイルC」自信度C 2
馬連④-⑬が3倍台…。

オッズが示す通りこの2頭が抜けている気がします。

しかし昨年は1分32秒台の決着となり、その時計でれば人気馬も実績的にまるで保証はありません。

過去5年程度の結果を見ても、うち3年は雨が降り馬場状態が悪化したうえでの結果。今年は天候も良く、昨年と同様に1分32秒台の決着になるのではないかと思います。となると、能力、実績から想像すると必ずしも上位2頭のオッズが適正なものでは無いはず。主観的期待値の匙加減で評価します。

天候が良く非常に速い馬場状態ということで昨年の結果のみ特化して参考にすると昨年はマイルを1分32秒台で走ったような実績の馬は1頭も居ませんでした。…
××スナフキン「なぜか(N)波乱の(H)結末に(K)?そりゃ~マイルわ(苦)」自信度B 7
エイシンアポロンは前走オーバーワークという追い切りの判断から今回は手控えられた坂路追い。すでにクラシック路線に突入している状態で陣営の仕上げ具合が手の内に入っていない。

【アポロンの追い切りから3つ言えることがある】

1.皐月の敗因をデキ下降と見ている陣営が正しいなら、落ちた状態から上げてくる期間が短すぎる。

2.皐月がデキではなく距離だったなら、仕上げ切った状態から上積みはない。

3.弥生賞はラチ沿いの有利さでの距離克服であり、安易に距離大丈夫と踏んだ陣営の皐月からのマイルへの路線変更はやはり距離であり馬の見極めができてない。

こんな状況でテン乗りの岩田君にどう…
マッサ「本物の予感。」自信度C 2
◎サンライズプリンス
前走の走りで感じた本物感を信じてみたい。
初マイルだった前走は全く問題無く、道中の走りや直線の抜け出しなどは一流馬に感じる衝撃を感じた。
スプリングSの敗因はペースの割に位置取りが悪すぎた事に尽きると思う。
東京は初コースだが、まだまだ底を見せていないこの馬に本命評価。

○ダノンシャンティ
この馬は今回が初マイルだが、サンライズプリンスと違って共同通信杯で東京コースを経験している。
負けはしたが鋭い末脚を使って伸びてきた様に、脚質的にも東京コースは適性ありそうで、ある程度ペースが流れてくれれば間違いなく勝ち負け。
戦ってきた相手も強いし、サンライズプリ…
××信じる♪「横山騎手が見出した1歩半前の仕掛け」自信度B 3
サンライズプリンスは秘めた素質は断然の馬。ただこの馬は安定感ではダノンシャンティでは1歩劣るとは思う。ここ2戦スタートで上手くリズムに乗り切れてないし前回の競馬強かったけど強引といえば強引。短い直線の競馬しか経験してないなど上げれば正直切りがない。

なのになぜ本命なのか?それはこの春の東京開催が始まってからのノリの魅入られたような芝で勝っているときの騎乗サンテミリオン、ベルーサ、ルーラーシップなどちょっと東京の芝にしては常識で考えて馬の力が違うにしても仕掛けがワンテンポいやそれ以上に早く持たせてしまうというか逆に差をつけているように感じる。ここもスタートで上手くリズムに乗…
×sun自信度C 4
ダノンシャンティは凄みがでて来ましたよね。
スローの瞬発力勝負に強いというイメージはあると思うし、実際そんな競馬しか経験してないのは事実だけれど、あのメンバー相手に4コーナー楽々の手ごたえで、あっさりと突き抜けてみせ、まさに軽くひねったという表現がぴったりの勝ち方。松田国の超一流馬ってタニノギムレットとかキングカメハメハとかある時期を境に急に凄みを見せ始めるイメージがあります。この馬もそうなっても不思議ない素材だと思っています


サンライズプリンスは内枠引いたら馬券から消えるかもしれないと思っているんですよね。
小脚が使える馬じゃないし、スプリンターもたくさんででるここでは…
のび犬自信度E 7
〈過去の傾向〉
 レースの流れはテン3F34秒台前半の平均~持久力勝負になることが多い。そのため差し、追い込み馬が活躍する傾向がある。

 距離実績が重要。連対するには「1600以上で惜敗〈ダートでも可)」か「1600以上の重賞で好走」した実績が必要で、「前走マイル未満のレースに出走していた馬(距離延長になる馬)」は連対していない。※惜敗、好走はタイム差で判断している

 この条件でザックリと絞ってみるとコスモセンサー、リルダヴァル、サンライズプリンス、サウンドバリアー、ニシノメイゲツ、エイシンアポロン、ダノンシャンティ、ガルボが残る。この中からさらに絞っていく。

〈血統傾向〉
 良馬…
牛島キング「ダノンシャンティの毎日杯を信じる」自信度D 3
先週の◎フォゲッタブルは大失敗やった。
終わってから落ち着いて考えてみれば、
年末にアホほど長い距離ばかり走らされて体調崩した馬が、
休み明けで一番人気になっとったら、消しやわな。
恥ずかしい予想やった。
深く反省せんとな。


NHKマイルCはレースが楽しみや。
馬券どうこうというより、スポーツとして見たいレースやな。

予想のポイントは
人気のサンライズプリンスとダノンシャンティのどっちを評価するか。

▲サンライズプリンスはデビュー時から圧倒的な強さを見せていて、
先々を楽しみにしていた馬や。
ただし、マイラーっていうイメージやない。
1800-2400mくらいの距離の…
シーバス自信度C 6
直線の長い競馬場での開催が続く今日この頃。
もうすっかり新潟ダートにしか活路を見出せませんが、
GIくらいはなんとか当てたいですね。

本命はダノンシャンティ
前走はスローの展開を余裕の手応えで差し切り勝ち。
ちょっと相手が違うなと印象だったが、その相手が
ここで人気しているリルダヴァルや、プリンシパルSを圧勝した
ルーラーシップなのだから、世代では抜けた存在なのでは
ないだろうか。
同じく展開不向きながら勝ち馬を際どく追い詰めた共同通信杯の
内容からも東京コースは自慢の末脚を活かせる舞台。
早い流れを経験していない点を不安材料に挙げられるが、
共同通信杯はペースがもっと早けれ…
春日部「NHKマイルカップへようこそ」自信度C 13
相撲の本割や国会中継が生放送!(CM無し!)
野球中継の延長制限皆無!(CM無し!)
気になる災害情報も夜に垂れ流しで見れる!(CM無し!)
大きいお友達向けのアニメもたくさん!(R指定無し!!)
大河ドラマに連続TV小説、料理に教養・絵の具で絵日記!
折り紙のオルガンであいうえおの音楽!
そんな我らが愛する公営放送、NHKのマイルカップへようこそ!!

近頃、この神放送局NHKを偽った
NZT・マイルカップなるレースが中央競馬には存在している。
格はおろか出走メンバーまで劣化するといわれるNZTだが
今年はそれが特に顕著であるかもしれない。
NHK残念トライアル、それがNZTの略である(要出典)。

ということで今年のNZTの出走…
BC爺「目をつぶって振る」自信度D 2
正直言って人気3頭は消しにくいです。
タキオン2頭にフジキセキで東京マイルの軽い馬場は絶好なので。
しかも伏兵勢がパッとしないB級感漂う馬ばかりで、半ば諦めムード。

しかし、それで仕方なく人気サイドを買うと酷い目にあったりします。
いつも大振りしているので、当てにいくのは下手なんです。
ここも自分のスイングで。

◎コスモセンサーは前走が中山マイルの外枠で厳しい競馬。
特に休み明けの緩い流れを逃げ切った後だっただけに余計です。
あれで好走しろという方が無理なので、負け方としては上々。
ここは内枠引いて前走より楽に競馬できるのは間違いなく。

○サンライズプリンスは前走が異常に強…
ロックステ自信度C 2
かなりの内有利、前残りの馬場のようですね。
ということから内枠である程度前につけられる馬。

枠と脚質の恩恵を一番受けられるのは○ダイワバーバリアンでしょう。NZTもそつのない競馬をしていましたが、この枠で再現すればまた連に絡めるのでは。

戦法が読み辛いですが、前走で脚質の幅を広げた◎サンライズプリンスは、この鞍上なら不安なし。ダイワバーバリアンを買うならこの馬を本命に据えざるを得ない。

三番手に▲リルダヴァル。中山というイメージはなかったんですが、それなりの競馬をしていました。大崩れはしないでしょう。復帰二戦は行きたがるところがあったとレース後のコメントにありましたが、マイ…
××index「★ファビラスラフィンの執念☆エイシンプレストンの怨念」自信度A 3
ガルボ、現時点で6人気。。。売れてる。
コスモの方が売れて7人気だと思ってた。
なら、サンライズプリンスを◎にします。
そんなもん?
そんなもんなんです、私。
買い目は前日予想と同じく。
=============================
サンライズプリンスの対角にガルボ。
これは危うい。良くて7人気。。。
ダイワ、コスモ、ダノン、エイシン辺りが配置して欲しかった。
ガルボが変に人気すればサンライズが軸なのだが。
んん、一波乱ありそうだ。
ここはあえて同枠リルダに◎打ちます。
相手に美味しそうな3枠。
【3連複】
③④⇔⑤⑥⇔①②⑪⑫⑬⑭⑮(28点)
===============…
バニーボー自信度C 1
本命はリルダヴァル。
皐月賞は内に閉じ込められた形になり、力負けとは思えない内容。
2歳時にマークした野路菊Sの上がり33秒2の切れ味はマイルでこそ。
叩き3走目で気配絶好。
対抗はダノンシャンティ。
上がり3ハロンが強烈だった毎日杯。あの瞬発力を長い東京の直線で、どれだけ維持できるかが鍵。
あれでロングスパートも出来るようなら、崩れようが無い。
ペース的にも速い流れのレースを経験してないことから少々強引に割り引いた。
しかし、メンバー中、典型的なマイラーであることは間違いないのも事実。
単穴にレト。
アーリントンC、NZTと3着に食い込み、マイル転向後の充実振りが目を引く。
父ザカリ…
ゆい「NHKは穴しかない」自信度E 2
東京11R NHKマイルカップ

◎ガルボ
○キングレオポルト
▲キョウエイアシュラ
△リルダヴァル
△サンライズプリンス
△ダノンシャンティ

最近は人気馬ばかり指名しているので今回は穴狙いでいきたいと思っています(ただし大外れがないように、保険もかけますが。)

本命はガルボ
前走の敗因は久々と馬場の悪さ。
今の東京ならこの馬の実力を最大限生かせる
距離はマイルがベストで、ここは期待したい

相手にはキングレオポルド
近2走はふがいない走りだが距離はベスト
東京のマイルを経験しているのも好印象
調教も抜群で気配は十分

忘れてはいけないのがキョウエイアシュラ
重賞勝ちこそないが、こ…
カメハウス自信度C 8
どうしたもんかと考えた結果、サンライズプリンスとダノンシャンティの2頭でいいんじゃね?とは思うんですが、どちらかと言えばサンライズプリンスが勝つと思うので、ダノンシャンティが届かない場合の予想をします。

ダノンシャンティは1600を走ったこと無いんですね。はい、消し(笑)
サンライズプリンスに競り負けてほかの馬より先にゴールするなら、インの先行馬しか思いつきません。ハイペースでもなく瞬発力勝負にもならないんであれば前につけてないと残れませんしね。

◎サンライズプリンス
○コスモセンサー
▲ダイワバーバリアン

コスモセンサーは一番いいところを走れそうなので思ったより粘れるか…
雨龍泥舟自信度C 3
【予想】
本命にサンライズプリンス。前走は圧巻だった。記録的には33秒台の脚を見せてくれてははいないが、ここは記録より記憶を優先して。

二番手にダノンシャンティ。こちらは記録から。それなりに流れるだろうから、33秒台の末脚は脅威。

三番手にエイシンアポロン。皐月賞が究極の仕上げと思うが、馬体はぎりぎりで保っているように見える。ここがクラシック戦線の最後だと思うので(ダービーには行かないだろう)、何とか頑張ってもらいたい。2ヶ月間でG1を5連勝した父のタフネスを信じて。

この馬、マイラーとしていい馬体をしているんだよね。

リルダヴァルは好素質馬ではああるが本格化は秋から…
×サニーのす「ガラリ一変(予想が)」自信度B 7
期待通りシャイニーナイトが抽選漏れ。
内枠懸念のサンライズプリンスが見事に内枠。

なんでしょうね、何だか急に上位4頭を崩したくなってきてしまいましてね。

距離短縮が云々と予想を展開してきたくせに1頭抜けていたんですね。

ガルボ
シンザン記念以来の皐月賞を惨敗。いかにもここ狙いに見えて仕方なくなってきた。朝日杯では4コーナーあたりで一瞬前が詰まる不利があった。シンザン記念は圧勝。まぁシンザン記念は相手が相手だったということもあるけどそれにしても圧勝。
問題は府中コースと時計面ですか。
一応未勝利戦で勝利があるから問題ないことにします。
一応朝日杯でもシンザン記念でもそれ…
××東方飛鳥自信度C 14
戦績的に文句のつけ難いダノンシャンティでいいかなと思います。レース振りの大物感はサンライズプリンスなのですが、NZTの強引な競馬を見ると、暴走する危険も感じるため軸にしづらいです。中山だからこそできた芸当という感じもします。


ひっくり返すとしたら、前走で先行しつつ直線手前まで溜める競馬のできたダイワバーバリアン。この馬の新たな一面を見たような気がします。
エイシンアポロンはここが試金石だと思います。ここで3着以内に入るようならまだまだ将来性は十分でしょう。外枠の人気薄が突っ込んできやすいレースだけにエーシンダックマンが穴候補。

あとは牝馬の活躍が目立ちますが、サウンドバリ…
××成田無頼庵「プリンスを 嫌ってみたけど ややコワい」自信度C 5
◎ダノンシャンティ

おなじみのマツクニなローテということで過剰に人気するかもしれんが中心としては動かしがたいところ。少なくとも連は確保せねばならん立場かと思われる。

○コスモセンサー

アーリントンC勝ってNZT沈没。なんかいい感じがする。内枠も引いて、何も考えずに逃げそうなエーシンダックマンに番手でついていけたら、もしかして◎が差し届かない場合、抜け出していっちゃったりするんじゃないだろうか。

▲ガルボ

休み明けの皐月賞をプラス14kgで大敗してしまったわけだが、余裕残しで叩き台のつもりだったとすれば一変してもおかしくないはず。

×サンライズプリンス

たしかにNZTは強烈だっ…
ばっじょ「血統配合から-激走に期待」自信度A 3
『サンライズプリンス』

SS系統でもPW系のタキオンにIcepacade系統のWild Againの配合なので、小回りを力づくで捲る配合です。前走のように大外枠から強引に捲りきる競馬がベター。差して魅力のある馬ではなく、今回も番手から少し強引に抜け出したい。

『ダノンシャンティ』

フジキセキ産駒の適性距離は短めなので、距離を持たせたり東京の長い直線をこなすようにするには、母系にNasrullahなどの柔らかい血統を配合する必要があります。ダノンシャンティは母系にNasrullah系統でも最上級のDarshaanがきっちり配合されている点が魅力的で、東京を走れる配合です。先行有利のこの舞台で差し切れるなら、ダービーでも…
夜明けのば自信度C 3
ばぁた流データの中から、基礎数値(前走のB比とR比・馬場適性)、傾向値(前走)、展開(直線位置取り・推定タイム)をピックアップして10頭までに絞り紹介します。

①前走のB比とR比
サンライズプリンス(1.03・1.00)
ダイワバーバリアン(1.03・0.99)
レト       (1.00・0.99)
リルダヴァル   (1.01・0.99)
エーシンダックマン(1.01・0.99)
エイシンアポロン (1.01・0.99)
コスモセンサー  (1.00・0.99)
ガルボ      (1.02・0.98)
サウンドバリアー (1.00・0.97)
ダノンシャンティ (1…
××クライスト「2強の一騎打ち」自信度S 3
2強の一騎打ちにならねばおかしく感じるNHKマイルC。
◎…問題の1着争いだが、敢えてNZTを使ったことでよりマイル狙いに絞ったと思えるサンライズプリンスとした。
○…相手はもちろんダノンシャンティ。正直1・2着争いはほぼ確定と言え、自在性の差で対抗とした。
▲…今回一番のポイントは3着馬の選択。候補としては色々いるが、現時点ではやはりエイシンアポロンが2強の牙城を崩せる唯一の存在としか思えない。もちろん乗り変わりの岩田康が万全の騎乗をしての話だが。
X…サウンドバリヤーの消しは当然のことだが、悩んだ末にリルダヴァルも消すことにした。
 本来ならダノンシャンティに迫れる存在だが、ど…
たつやりん自信度B 5
■4月10日(土)の同条件、ニュージーランドトロフィーを分析■

 NHKマイルに出馬し、かつ、このレースにおける有力馬をまとめる。

 >1着 サンライズプリンス
 >2着 ダイワバーバリアン
 >3着 レト
 >5着 ニシノメイゲツ
 >7着 コスモセンサー

 ≪このなかで≫期待できるのは、1着のサンライズプリンス、または、7着のコスモセンサー。もうちょっと具体的にいうと、≪このなかで≫1番を決めるなら、サンライズプリンスかコスモセンサー。コスモセンサーはまだ逆転の余地があるけど、他3馬はサンライズプリンスと決着済。
 1着だったサンライズプリンスは、4角で3番手にいました。そこ…

タイム 1:31.4 4F 46.6 3F 35.1
単勝13番260円(1人気)
複勝13番140円(2人気)1番340円(5人気)3番210円(3人気)

軍神マルス<08期 東前頭二枚目>
「NHKマイルC ステップの傾向と血統適性重視で。」
ダノンシャンティ1着/1人気
○リルダヴァル▲エイシンアポロン  
×エーシンホワイティ×コスモセンサー
1788
3拍手

ワイド 3-13番

400円的中

★傾向分析★
2004年 タイム 1'32"5 (良) 1FAve=11.56 3FAve=34.69
テン33.9-中盤23.9(3F換算35.85)-上がり34.7 『前傾・中弛み』
1着キングカメハメハ・・・Kingmambo×Last Tycoon=ミスプロ×ノーザンダンサー 〔22-d〕 9-9
2着コスモサンビーム・・・ザグレブ×Rainbow Quest=ヌレイエフ×レッドゴッド 〔1-n〕 9-9
3着メイショウボーラー・・・タイキシャトル×Storm Cat=ヘイロー×ストームバード 〔10〕 3-3

2005年 タイム 1'33"6 (良) 1FAve=11.70 3FAve=35.10
テン35.5-中盤23.9(3F換算35.85)-上がり34.2 『加速・中弛み』
1着ラインクラフト・・・エンドスウィープ×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔9-f〕 4-4
2着デアリングハート・・・サンデーサイレンス×Danzig=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔1-l〕 6-4
3着アイルラヴァゲイン・・・エルコンドルパサー×Meadowlake=ミスプロ×セントサイモン 〔3-l〕 7-7

2006年 タイム 1'33"2 (良) 1FAve=11.65 3FAve=34.95
テン34.2-中盤23.3(3F換算34.95)-上がり35.7 『前傾』
1着ロジック・・・アグネスタキオン×サクラユタカオー=サンデーサイレンス×プリンスリーギフト 〔2-e〕 11-10
2着ファイングレイン・・・フジキセキ×Polish Precedent=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔14-a〕 3-4
3着キンシャサノキセキ・・・Fuji Kiseki×Pleasant Colony=サンデーサイレンス×リボー 〔14〕 9-8

2007年 タイム 1'34"3 (良) 1FAve=11.79 3FAve=35.36
テン34.2-中盤24.3(3F換算36.45)-上がり35.8 『前傾・中弛み』
1着ピンクカメオ・・・フレンチデピュティ×Silver Hawk=ヴァイスリージェント×ロベルト 〔5-g〕 13-14
2着ローレルゲレイロ・・・キングヘイロー×テンビー=リファール×ニジンスキー 〔1-b〕 4-3
3着ムラマサノヨートー・・・キングヘイロー×ヘクタープロテクター=リファール×ミスプロ 〔6-d〕 13-14

2008年 タイム 1'34"2 (やや重) 1FAve=11.78 3FAve=35.33
テン34.6-中盤24.6(3F換算36.90)-上がり35.9 『一貫・中弛み』
1着ディープスカイ・・・アグネスタキオン×Chief's Crown=サンデーサイレンス×ダンチヒ 〔23-b〕 16-11
2着ブラックシェル・・・クロフネ×ウイニングチケット=ヴァイスリージェント×グレイソヴリン 〔3-l〕 12-5
3着ダノンゴーゴー・・・Aldebaran×Potrillazo=ミスプロ×ナスルーラ 〔2-u〕 18-16

2009年 タイム 1'32"4 (良) 1FAve=11.55 3FAve=34.65
テン34.3-中盤22.9(3F換算34.35)-上がり35.2 『前傾・一貫』
1着ジョーカプチーノ・・・マンハッタンカフェ×フサイチコンコルド=サンデーサイレンス×ニジンスキー 〔2-f〕 2-2
2着レッドスパーダ・・・タイキシャトル×Storm Cat=ヘイロー×ストームバード 〔19-c〕 4-4
3着グランプリエンゼル・・・アグネスデジタル×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔22-b〕 3-3


流れはテンがきつく、中盤弛むが上がりのかかる『前傾・中弛み』の複合ラップになることが多い傾向。
逃げ馬が壊滅的な状態で、先行・差しが好走馬のほとんどを占めている。

血統の傾向は、仕上がりの早くテンのきつい流れで好走の多いミスプロ系や、持続した流れのレースで強いダンチヒ系が好走しているように感じます。
また東京芝1600mに強いヴァイスリージェント系、フジキセキやタイキシャトルといった芝・ダート兼用の血統も好走が目立つように思います。
同距離・同コース使用の安田記念やヴィクトリアマイル好走血統も相性は良いと思います。

特にその中でもNHkマイルC勝ち馬を多数だしたヴァイスリージェント系(クロフネ、ピンクカメオ)やキングマンボ系(エルコンドルパサー、キングカメハメハ)は要注意と思います。

牝系の傾向は、No.〔2〕や〔5〕の牝系が勝ち馬が多い傾向。
No.〔2〕・・・96年タイキフォーチュン、01年クロフネ、03年ウインクリューガー、05年ロジック、09年ジョーカプチーノ
2歳戦から走れる仕上がりの早さを有し、クラシックの時期にも成長力あり。直線の長いコース向き。
N0.〔5〕・・・98年エルコンドルパサー、99年シンボリインディ、02年テレグノシス、07年ピンクカメオ
早い時期から走り、クラシックでは人気薄の時に好走が多い。基本不器用なので厳しいペースや広いコースでの好走が多い。
No.〔1〕の牝系も好走馬は多いが2・3着の傾向。

ステップの傾向は、
毎日杯NHKマイルCのステップは相性が良く好走馬が多いです(全7頭出走:5-0-0-2)。特に毎日杯1着からの出走は5戦(4-0-0-1)(=96年タイキフォーチュン、01年クロフネ、04年キングカメハメハ、08年ディープスカイ)。最も好走しやすいステップ。
・また最近注目のステップは、桜花賞NHKマイルC。人気薄も多いのに(全5頭出走:2-1-0-2)好走率高し。勝ち馬もラインクラフト、ピンクカメオと2頭輩出。最近こそ出走馬が少なかったですが、00年以前は牝馬の出走も目立ち、好走馬も多かった(=97年1着シーキングザパール、98年3着スギノキューティー、99年3着レッドチリペッパー、01年3着サマーキャンドルなど)ことから、有利なステップと考えます。
皐月賞組は人気だが好走馬は以外に少ない。特に皐月賞好走→NHKマイルC人気で出走のパターンは、人気を裏切ることも多く頭向きではないようです。ヒモで考えるべきかも。3着外からの巻き返しでの2着・3着が多い感じ。
・NZT組は00年以降1600mになってからは、好走馬はよく凡走。本番では着順が入れ替わることが多く、人気でも過信禁物と考えます。1400mの時には好走馬がそのまま好走していたのですが、マイル重賞→マイルGⅠはストレスの影響が強いからだと考えます。2走前も好走していると、かなり危険と考えます。
・意外なステップとしては、スプリングS好走→NHKマイルC。好走馬は3頭(=02年1着テレグノシス・2着アグネスソニック、09年2着レッドスパーダ)。

毎日杯桜花賞スプリングSに共通していることは、ある程度間隔が開いていて、しかも別路線という新鮮さ。鮮度の高いステップなので、好走馬が多いと考えます。
逆に皐月賞・NZTは間隔が短く、疲れが溜まりやすいストレスの多い臨戦過程なので、ストレスの耐久性能を血統から推測すべきです。

★予想★
流れは『前傾・中弛み』を想定。差し位置から鋭く抜け出し、最後まで持続するような末脚を繰り出すようなタイプをイメージ。

ダノンシャンティ・・・・フジキセキ×Mark of Esteem=サンデーサイレンス×ネヴァーベンド 〔12-c〕 
前走毎日杯1着(=阪神芝2000m)。フジキセキ産駒はスピード型サンデーサイレンス系で、内枠を活かして好位から抜け出すレースが得意。すっと好位を取って折り合い、一瞬のタイミングで馬群を抜けられる器用な脚を持っている。この器用さはこの時期では大きな武器。母父Mark of Esteemはネヴァーベンド系で、キレや底力と全体的なスピードに優れている。世代ハイレベルのラジオNIKKEI杯2歳S3着馬(=阪神芝2000m:0.3秒差)で、相性の良い毎日杯好走からのステップ馬から軸馬としての信頼は高いと評価する。上がりの瞬発力・持続能力もしっかりしていて、強敵相手にも好走するドリームパスポートに似たタイプと考えます。
No.〔12〕の牝系は、2歳戦の早い時期から走るが、本格化は3歳秋以降が多い。またタフな流れでの好走も多い。分枝記号cは、高い心肺機能を持ち、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。

リルダヴァル・・・アグネスタキオン×Thunder Gulch=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔2-f〕
前走皐月賞6着(=中山芝2000m:0.4秒差)。毎日杯3着馬(=阪神芝2000m:0.3秒差)で能力は高い。
アグネスタキオン産駒はスピード型サンデーサイレンス系で、前走0.5秒差以内で5着以内だと好走しやすい特性を持ち、サンデーサイレンスの瞬発力を最も活かしやすい。母父Thunder Gulchはミスプロ系で、仕上がり早のマイラー血統。ダート戦では信頼が高いが、芝は3歳春までのことが多い。ただこれは父系に入った時に言えることで、母父ならばダート向きのパワーを瞬発力の推進力に利用できる。ステップ的には皐月賞からは疲れの残る臨戦過程となる分2・3着になりやすい傾向があるが、適性は高いと考えて評価する。
No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。直線の長いコースでの末脚勝負にも強く、NHKマイルCとも相性の良い牝系。分枝記号fは、休み明けを苦にしない反面、叩いて一変も少ない。皐月賞では直線で前が詰まる場面もありながら0.4秒差に好走しているので、調子は良いと考えて期待する。

エイシンアポロン・・・Giant's Causeway×Sadler's Wells=ストームバード×サドラーズウェルズ 〔1-l〕 
前走皐月賞11着(=中山芝2000m:1.0秒差)。Giant's Causeway産駒はストームバード系で、ハイペースで飛ばしても簡単にバテない先行押し切り型。またストームバード系は、好調期にまとめて稼ぐ短期集中型が多く、2~3歳戦で好走できるスピードと完成度の高さがある。母父Sadler's Wellsは、成長力豊かで底力がある。厳しい展開でこその血統だが、弥生賞では好走したが前走はヴィクトワールピサやヒルノダムールといった距離が延びても好走しそうな馬が好走した流れでは、距離が長かったのかも知れないと考える。得意の距離に戻っての反撃が期待できるので、巻き返しに期待する。
No.〔1〕の牝系は、クラシック好走が多く春シーズンには完成することの多い成長力と仕上がりの早い牝系。分枝記号lは、クラシックで特注の記号で、能力が高くトップクラスのポテンシャルを秘めていて、成長力も豊富。

サンライズプリンス・・・アグネスタキオン×Wild Again=サンデーサイレンス×ニアークティック 〔4-m〕
前走NZT1着(=中山芝1600m)。アグネスタキオン産駒はスピード型サンデーサイレンス系で、前走0.5秒差以内で5着以内だと好走しやすい特性を持ち、サンデーサイレンスの瞬発力を最も活かしやすい。母父Wild Againはニアークティック系で、晩成のダート血統。ジワジワと成長し、ひとたび本格化すると高齢まで力の衰えが少ない。パワフルな先行力があり、差しに構えるといい脚を使う。アグネスタキオン産駒のリズムとしてはリルダヴァルよりも期待できるが、ステップの相性から評価を下げて考えました(=ただし前走0.3秒差をつけているのでNZT組では能力は一枚抜けているので、あっさり好走もありえると思います)。
No.〔4〕の牝系は、3歳春から力をつけてクラシックで好走するような成長力がある。分枝記号mは、勝ち上がり率は高いが、能力の壁にぶつかると乗り越えることが難しいタイプ。よく言えば自分の持てる力を全て吐き出すが、相手がそれ以上だとあっさり負けてしまうタイプ。ただし弱い相手には滅法強いタイプ。

他に気になる馬は、ダイワバーバリアンサウンドバリアー
ダイワバーバリアンは、マンハッタンカフェ×Kingmambo配合。ともにNHKマイルC好走馬を出した血統でもあり、血統的な適性は高いと考える。
マンハッタンカフェ産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、ステイヤータイプだが軽い先行力を持ち、難儀な不発が少ない堅実さが特徴で、前半に脚を溜めれば鋭い瞬発力も使える。母父Kingmamboは、格の高いレースで究極のスピード競馬(=レコード決着)になるほど凄味をきかす血統。。
No.〔5〕の牝系は、緩いペースよりも厳しいペースで真価を発揮するタイプが多く、人気よりも人気薄で好走することの多い穴タイプの馬が多い。またNHKマイルCで好走の多い牝系でもある。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。適性は母系からも期待できるのだが、前4走の戦績から考えると能力が少し足りないように思えて、またNZT2着好走のストレスからも良くて3着と考える。

サウンドバリアーは、前走桜花賞16着(=阪神芝1600m:1.2秒差)。桜花賞からのステップは、NHKマイルCで鮮度の高いステップ。
アグネスデジタル産駒はミスプロ系で、アグネスデジタルは現役時代に芝・ダート兼用型でマイル~中距離で強さを発揮した異能のオールラウンダー。産駒もその特性を受け継いでいるようでマイル~中距離で強さを発揮し、また軽いスピードを披露しながらすぐに差しを覚える産駒も多く、脚質の幅と学習能力の高さを有している。基本は人気馬が信頼にこたえて好走することが多く、人気薄での好走がかなり稀であり、またローテーションも間隔を詰めたときに好走が多いのも特徴。NHKマイルCでは09年3着馬グランプリエンゼルの父でもあり、好走馬は出している。母父Seattle Slewはボールドルーラー系で、芝向きの中距離血統。スピードの持続能力にも優れている。
No.〔22〕の牝系は、ビリーヴやサンアディユがいる牝系で、高速決着に強いスピードに優れた牝系。芝1400mはやや短距離寄りの適性が必要なので、そのスピードを活かせたと思われる。分枝記号dは、精神的にタフなタイプが多く遠征や重馬場は苦にしない。また前走好走だと次走でも好走しやすい特性も持つ。この特性からは今回勢い不足と考えるが、ステップの鮮度の高さと出走馬で唯一の牝馬という異端性は気になる存在。アグネスデジタル産駒の人気薄での好走が稀な点から良くて3着と考える。
05/09 10:57


中京開催への変更後は1番人気が2年連続で大敗

今年も馬券で注目は……

アノ危険な人気馬よりデキ急上昇のアノ超穴馬だ!

この超穴馬で3連単1000倍も狙える!?

第17回チャンピオンズC(G1)

3連単超穴フォーメーション
無料で教えます

チャンピオンズCの3連単はコチラ



軍神マルス

予想歴12年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数3177
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

4-14-10番: 12,370

新着回顧NHKマイルC2010回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴12年 回収率137%
NHKマイルC 東京芝GⅠ血統とステップの相性。
次走狙い馬:ダノンシャンティ 次走狙い馬:サンライズプリンス
次走危険馬:エイシンアポロン   
 
4拍手

2010年 タイム 1'31"4 (良) 1FAve=11.43 3FAve=34.28

ラップ
①12.1-②10.4-③10.9-④11.4-⑤11.5-⑥11.5-⑦11.6-⑧12.0
1FAveとの誤差
①+0.7 ②-1.0 ③-0.5 ④±0 ⑤+0.1 ⑥+0.1 ⑦+0.2 ⑧+0.6
テン33.4-中盤22.9(3F換算34.35)-上がり35.1 『前傾』

『前傾』・・・逃げ× 先行△ 差し○ 追込◎

1着ダノンシャンティ・・・・フジキセキ×Mark of Esteem=サンデーサイレンス×ネヴァーベンド 〔12-c〕 16-16 
2着ダイワバーバリアン・・・マンハッタンカフェ×Kingmambo=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔5-c〕 7-5
3着リルダヴァル・・・アグネスタキオン×Thunder Gulch=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔2-f〕 7-8
4着サンライズプリンス・・・アグネスタキオン×Wild Again=サンデーサイレンス×ニアークティック 〔4-m〕 2-2
5着キョウエイアシュラ・・・スウェプトオヴァーボード×アンバーシャダイ=ミスプロ×ノーザンテースト 〔22-d〕 13-15

流れはテン-上がりのラップ差から『前傾』。中盤は弛まず、タイムは1'31"4のレコード。展開的には追込が最も恵まれ、次いで差し、逃げ・先行には厳しい流れ。

1着ダノンシャンティは、前走毎日杯1着(=阪神芝2000m)からの好走。毎日杯1着からのステップはNHKマイルCでの好走が多く、本馬を含めて全6頭(5-0-0-1)(=96年タイキフォーチュン、01年クロフネ、04年キングカメハメハ、08年ディープスカイ、10年ダノンシャンティ)と最良のステップ。皐月賞をパスして来るため間隔や余力も十分、また中距離路線→マイルへの距離短縮も鮮度と勢いに嵌りやすいのだと考えます。今回の好走では展開には恵まれた分はあるが、非常に強い内容だと考える。ただしレコード決着の速いタイムで非常に強い競馬をしたことから、マイラーとしての適性が高いと考え、スタミナが必要な流れになるようなダービーだと危険な人気馬になる可能性も十分と考える。ただしウオッカが好走したようなキレ重視の流れなら好走可能も考える。
フジキセキ産駒はスピード型サンデーサイレンス系で、内枠を活かして好位から抜け出すレースが得意。またフジキセキ産駒はNHKマイルCやヴィクトリアマイルなど東京芝1600mGⅠ好走血統でもあり、相性は良かった。すっと好位を取って折り合い、一瞬のタイミングで馬群を抜けられる器用な脚を持っていて、この器用さは2~3歳のこの時期では大きな武器。母父Mark of Esteemはネヴァーベンド系で、キレや底力と全体的なスピードに優れている。フジキセキ産駒としては、上がりの瞬発力・持続能力もしっかりしていて、強敵相手にも好走するドリームパスポートに似たタイプと考える。
No.〔12〕の牝系は、2歳戦の早い時期から走るが、本格化は3歳秋以降が多い。またタフな流れでの好走も多い。分枝記号cは、高い心肺機能を持ち、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。

2着ダイワバーバリアンは、前走NZT2着(=中山芝1600m:0.3秒差)からの好走。NZT好走からのステップは本来ストレスの溜まりやすいステップ。2走前も好走し前走NZT好走パターンだと非常に危険。本馬は2走まえは弥生賞4着(=中山芝2000m:0.5秒差)で、ストレスがきつくなかったことが好走につながった部分があると考える。
マンハッタンカフェ産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、ステイヤータイプだが軽い先行力を持ち、難儀な不発が少ない堅実さが特徴で、前半に脚を溜めれば鋭い瞬発力も使える。東京芝GⅠ血統で、09年はNHKマイルCでジョーカプチーノ、09年オークス2着レッドディザイアと東京コースで強さを発揮している。母父Kingmamboは、格の高いレースで究極のスピード競馬(=レコード決着)になるほど凄味をきかす血統。今回もレコードの速いタイムでの決着から、この特性が活きたと考える(=04年キングカメハメハのNHKマイルC・ダービーはその当時のレコードタイム、05年アルカセットのJCもコースレコード、06年ソングオブウインドの菊花賞もレコードタイムなど)。父×母父ともに東京芝コースGⅠ血統で、血統適性が高かったことを評価できなかったことは反省です。
No.〔5〕の牝系は、緩いペースよりも厳しいペースで真価を発揮するタイプが多く、人気よりも人気薄で好走することの多い穴タイプの馬が多い。またNHKマイルCで好走の多い牝系でもある。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。

3着リルダヴァルは、前走皐月賞6着(=中山芝2000m:0.4秒差)からの好走。皐月賞からのステップは、小回り急坂の中山芝2000mというコースということもあり、余力が奪われもうひと踏ん張りが利かない不利なステップ。1着は取れず2・3着になりやすい傾向からヒモ受けが正解。
アグネスタキオン産駒はスピード型サンデーサイレンス系で、前走0.5秒差以内で5着以内だと好走しやすい特性を持ち、サンデーサイレンスの瞬発力を最も活かしやすい。フジキセキ産駒やマンハッタンカフェ産駒同様、東京芝GⅠでの好走も多くNHKマイルCでも好走馬を出していました。母父Thunder Gulchはミスプロ系で、仕上がり早のマイラー血統。ダート戦では信頼が高いが、芝は3歳春までのことが多い。ただこれは父系に入った時に言えることで、母父ならばダート向きのパワーを瞬発力の推進力に利用できる。
No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さとクラシックでも好走する成長能力を有した牝系。直線の長いコースでの末脚勝負にも強く、NHKマイルCとも相性の良い牝系。分枝記号fは、休み明けを苦にしない反面、叩いて一変も少ない。

4着サンライズプリンスは、前走NZT1着(=中山芝1600m)からの好走。NZT1着馬はNHKマイルCには最も不利なステップで、近年での好走はない。今回はテン33秒4にペースを前にて展開した分、最後に踏ん張りが利かなかったが、内容的には評価すべき強い内容と考える。
アグネスタキオン産駒はスピード型サンデーサイレンス系で、前走0.5秒差以内で5着以内だと好走しやすい特性を持ち、サンデーサイレンスの瞬発力を最も活かしやすい。母父Wild Againはニアークティック系で、晩成のダート血統。ジワジワと成長し、ひとたび本格化すると高齢まで力の衰えが少ない。パワフルな先行力があり、差しに構えるといい脚を使う。
No.〔4〕の牝系は、3歳春から力をつけてクラシックで好走するような成長力がある。分枝記号mは、勝ち上がり率は高いが、能力の壁にぶつかると乗り越えることが難しいタイプ。よく言えば自分の持てる力を全て吐き出すが、相手がそれ以上だとあっさり負けてしまうタイプ。ただし弱い相手には滅法強いタイプ。今後の成長能力には期待できる牝系なので、巻き返しは可能と考える。

今回▲評価で期待したエイシンアポロンは、前走皐月賞11着(=中山芝2000m:1.0秒差)だったが、ヴィクトワールピサやヒルノダムールといった距離が延びても好走しそうな馬が好走した流れでは、求められた適性はスタミナだったと考えて、距離が長かったのかも知れないと考えて得意の距離に戻っての反撃を期待したのだが、結果9着。Giant's Causeway産駒はストームバード系で、ハイペースで飛ばしても簡単にバテない先行押し切り型。またストームバード系は、好調期にまとめて稼ぐ短期集中型が多く、2~3歳戦で好走できるスピードと完成度の高さがある。一度しぼんでしまうと立ち直りが難しく、時間がかかるのが特徴。前走皐月賞で自信喪失!?といった感じなのではないかと考える。母父Sadler's Wellsは、成長力豊かで底力がある。母父からは成長能力はあると思うので、休養して立ち直りを期待したい。
No.〔1〕の牝系は、クラシック好走が多く春シーズンには完成することの多い成長力と仕上がりの早い牝系。分枝記号lは、クラシックで特注の記号で、能力が高くトップクラスのポテンシャルを秘めていて、成長力も豊富。

NHKマイルCの傾向★
①流れは厳しい流れになりやすく、『前傾』や『一貫』を想定すべし。
②東京芝GⅠ血統重視。特にサンデーサイレンス系では、マイルGⅠ実績があるフジキセキ・マンハッタンカフェ・アグネスタキオンは特注。
③牝系の傾向は、No.〔2〕〔5〕は特注。No.〔1〕〔3〕〔22〕も好走馬は多い。
④ステップの有利・不利はよく考えること。
前走の勢いで好走出来るのは毎日杯組。毎日杯NHKマイルCなら堅軸。
NZTは好走馬は危険な人気馬と疑うべし。前々走も好走だと高確率で危険。
皐月賞組は2・3着候補。

05/13 01:22 回顧アクセス:1788

YoutubeNHKマイルC関連動画

新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
役立たず
12/03 03:15

福永・川田・岩田は日曜阪神騎乗か日曜阪神はこの3人絡めて馬券買えば当たるんじゃね?

アキ
12/01 18:07

GI3連発回顧書いたのでちょっと休憩。

競馬ナンデ編集部
11/30 13:35

番付を更新しました!

デイジー
11/27 17:13

ジャパンカップ三連複あたた。 皆さんのおかげさまありがとうございます

デイジー
11/26 18:36

ヨヨギマック当たった( ´∀`) 皆さんありがとうございます

ぷみを
11/26 05:34

東京は戸崎VSムーアの様相!?

とりおやこ
11/25 22:34

JC以外の枠順が反映されてませんね。

夜明けのばぁた
11/24 20:01

十一番勝負も折り返しを過ぎて、これからはひとレース毎に絞られてくるのかな???

ドリームパスポート
11/24 15:07

分かりやすい枠に決まったかな。

俺の名を言ってみろぉ
11/23 09:16

第18回兵庫ジュニアグランプリ ◎⑦アズールムーン 〇⑫ネコワールド △⑤ゲキリン △⑥キャプテンロビン 3連複2頭軸流し⑦⑫⇒⑤⑥...

クライスト教授
11/23 00:55

降着も厳罰も先ず判定が不徹底では話になりません。根本たる学校制度を改めて騎手育成は厩舎、主催者は厩舎を厳重に監視する縦管理の強化が理想と考えます。...

雨龍泥舟
11/21 11:21

私は基本的には降着より処分の強化派です。騎乗停止期間の長期化や騎賞金(手取り分)の没収とかやって欲しい。

クライスト教授
11/20 17:16

1・2着は降着入れ代わりだろうと思ったが、これでも降着じゃないならバンバン命懸けの強引騎乗をした方がジョッキーは良い。できるモノなら!...

デイジー
11/19 23:50

マイルcs3回も勝ってる池添頑張れ

ぷみを
11/19 16:03

馬場が厳しかったかな

クライスト教授
11/19 13:28

ムーヴザワールドには是非とも勝って将来に備えて欲しい!

役立たず
11/18 19:23

本日から参加させていただきます皆さんよろしくお願いします

夜明けのばぁた
11/18 15:28

枠が決まり大幅変更。むずかしいねぇ…ボックスにしようかと弱気になっている。

競馬ナンデ編集部
11/14 13:50

番付を更新しました!

デイジー
11/14 07:39

デムーロとルメールでどんだけw

   つぶやきだけ全て見る
メアド
パ ス
 
コメント

ドリームパスポート>>

>>ドリームパスポート


11/29 11:40

ともさん1960>>

>>ドリームパスポート


11/27 17:46

@京阪杯 お見事でした。

しのぶ人>>

>>しのぶ人


11/27 14:44

編集長おくりばんと>>

>>しのぶ人


11/27 14:24

とりおやこ>>

>>とりおやこ


11/26 09:17

編集長おくりばんと>>

>>とりおやこ


11/26 08:37

スカイポット>>

>>スカイポット


11/19 16:00

ちっく>>

>>スカイポット


11/19 15:44

ホーリーブル>>

>>ホーリーブル


11/19 14:56

編集長おくりばんと>>

>>スカイポット


11/12 14:04

デイジー>>

>>編集長おくりばんと


11/11 21:42

あみー>>

>>あみー


11/10 15:28

夏影>>

>>夏影


10/22 08:32

夏影>>

>>夏影


10/21 01:21

編集長おくりばんと>>

>>夏影


10/18 18:16

月下の素顔>>

>>夏影


10/18 02:03

りょう店長>>

>>りょう店長


10/17 22:18

編集長おくりばんと>>

>>りょう店長


10/16 16:54

編集長おくりばんと>>

>>ネオニア


10/15 16:40

ザプレ基地>>

>>編集長おくりばんと


10/14 08:22


29
ジャパンカップ
◎リアルスティール
○サウンズオブアース

スカイポット
新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社