5/26 5/27
5/19 5/20
モナコイン
tipmonaとは
[PR] 1日36レースから厳選「7割当たる1日1鞍の渾身予想」を無料
[PR] 【日本ダービー】大西直宏元騎手の絞りに絞った自信予想を無料で
新着予想ラジオnikkei賞2010予想一覧軍神マルスの予想

3連複 8-14-15番:9,510円的中

福島11R ラジオnikkei賞 2010年7月4日(日)
芝1800 3歳GIII 曇良 平均レースレベル3.0

87654321枠番
16151413121110987654321馬番























































































馬名



牡3牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3 牡3性齢
535555 54 53 54 53 5655 54 54 54 57 52 55 53斤量






















西





騎手
単勝オッズ単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ 単勝オッズ人気
結果着順結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順 結果着順着順
×

BC爺

はまちん

カタストロ

ツルガオカ

信じる♪

編集長おく自信度C 10
外伸びが進行しているときに1800というのは買わないようにしている。芝のよいところを通る有利さと、距離をとくする内を通るのと、どちらがよいのかわからないからです。

一番しっくりきたのは、
クォークスター。
硬い走りをする、小回り向きの差し馬、というイメージ。
それなりに流れそうなメンバーなので一番はまりやすそうな感じがする。
枠も中途半端なよいところか。
55キロで出られるのも恵まれた印象がある。

ガルボは57キロがかわいそう。

レッドスパークルは内を通って馬場をいやがらないか。距離も短い感じ。

ジャングルハヤテも大飛びで広いコース長い距離がよさそう。

リリエンタ…
カタストロ自信度B 8
◎レトはずっと注目してる馬で、速い脚は無いものの長く良い脚を使えるスピードタイプ。アーリントンC
のタフな馬場で11秒前半が続くラップを必死で追走して最後差しこんできたり、NZTのようにミドルラップ
の時計勝負にも対応出来たりと、普通に強い。1800mで若干緩みそうな今回はどうかとも思うけど、今回の
メンバー構成だと普通に最上位は疑う余地もないので。


○クォークスターは前走で切れる脚見せたと思われがちだけど、小回りでうまく立ち回っての差し込みが
ベスト。前走はポジションをうまく取れない府中で持ち味が消されたにも関わらずバシレウスに競り勝って
いる。これなら福島1800mで緩まないラ…
BC爺「いかにもな福島馬」自信度C 1
◎コスモヘレノスはスクリーンヒーローが大穴を開けたグラス産駒。
母父もエリシオで福島の消耗戦は向きそうです。
前走は少頭数とは言え厳しい流れの1800を経験できましたし、
ここは恐らく自分から動いていくこともできるでしょう。

○レトは母父コマンダーがこの舞台向き。
コマンダーらしい詰めの甘さも受け継いでいるので◎にはし難いですが。

▲アロマカフェは初勝利時の捲りが魅力的。
ああいう競馬ができるのは今の福島向きでしょう。…
××成田無頼庵「3歳戦 さらにハンデの 難解さ」自信度C 1
◎シャイニンアーサー

なぜかラジオNIKKEI賞の王道路線となっているエーデルワイスS。そこで最速の上がりを使いながら届かなかった。こーいうタイプの巻き返しがありそう。前々走で中山の道悪を勝っているのもいい。藤沢厩舎2頭出しも気になるけど53kgのこちらで。

○アロマカフェ

中山の山藤賞を勝って青葉賞で斬れ負け惜敗っていうのはいい感じ。しかも2勝してるのが不良馬場っていうのもいい感じ。柴田善騎手、波に乗っているか。

▲アースガルド

地味な印象で小回りが向くのかどーか不明も、先行できればいけるんじゃない。その他の500万勝ち馬、ジャングルハヤテ、ドリームカトラス、ナイスミーチューも押さ…
メロンドロ自信度C 2
09年12.4-11.3-12.0-12.3-12.1-11.9-11.9-12.0-12.4
08年12.6-10.8-11.7-12.6-12.2-11.7-11.6-11.4-12.2
07年12.6-11.5-11.3-12.2-12.4-12.3-11.6-11.6-12.2

小回りで、ペースがなかなか厳しく、先行して残るには相当の持続力が必要。このレースして好走で来た馬はその後の重賞でも好成績を挙げている馬が多いです。
そういった馬を見つけ出せれば、良いのですが、3連複の軸ならば差し馬を狙った方が、無難かな~と思います。
それが、先行争いが激化する重馬場ならなおさらかと。

血統的には、ミスプロなど、ダート血統を持った馬の好走が
印象に残りました。ダート血統を狙います。

◎ナイスミーチュー
ロックステ自信度C 2
◎モズ
他に逃げ馬がいないので、すんなり前に行けますね。
距離短縮に小回りと条件が良くなりそうで、更に初ブリンカー、叩き二戦目の上積み、そんな逃げ馬にこの鞍上と、気になることばかりです。

福島コースを知り尽くした騎手がその逃げ馬を操るので、そうなると後続を甘やかさない絶妙な逃げをしてきそうです。
そういう展開だとタフな馬じゃないと厳しいかもしれません。
○リリエンタールはこの距離は短いのではという馬ですが、それがいかにも向いていると思います。
青葉賞で負けた二頭が出ていますが、東京の適正と福島の適正は全然違うはずなので、むしろ負けてる方が良い気がします。その分ハンデも恵まれ…
マッサ「能力上位トゥザグローリー」自信度C 2
◎トゥザグローリー
ダービー7着馬でココは一番人気だが、能力上位でキッチリ結果を出してきそう。
前走のダービーは積極的に好位追走の競馬をして、勝ち馬から0,5秒しか負けていないのは能力の証明。
ポイントは小回りコースで上手く流れに乗って仕掛け所を間違えなければ、メンバーのレベルも落ちたココは勝ち負け必至だと思う。

○モズ
小回り、1800m共に経験済みで、重賞の札幌2Sは2着に入っている。
前走の京都新聞杯は久々のレースで15着惨敗だったが、一叩きして54キロ、鞍上はローカル巧者の中舘騎手と買いの材料はある。
去年の夏に活躍していたので、今の時期は走るかも。
 
▲レト
メンバ…

タイム 1:47.3 4F 46.9 3F 35.4
単勝14番730円(3人気)
複勝14番250円(3人気)8番210円(2人気)15番420円(5人気)

軍神マルス<08期 東前頭一枚目>
「ラジオNIKKEI賞 「ローカルコースの鉄則」と血統。」
レト3着/6人気
○アロマカフェ▲クォークスター  
×トゥザグローリー  
2755
15拍手

3連複 8-14-15番

9,510円的中

★傾向分析★
2004年 タイム 1'47"1 (良) 1FAve=11.90 3FAve=35.70
テン35.3-中盤35.0-上がり36.8 『前傾・ハイレベル』
1着ケイアイガード・・・デヒア×Relaunch=ヴァイスリージェント×マッチェム 〔8-f〕 4-4
2着カンパニー・・・ミラクルアドマイヤ×ノーザンテースト=グレイソヴリン×ノーザンテースト 〔9-a〕 6-5
3着リスティアエーデル・・・フジキセキ×リヴリア=サンデーサイレンス×ネヴァーベンド 〔1-x〕 3-3

2005年 タイム 1'47"2 (良) 1FAve=11.91 3FAve=35.73
テン34.5-中盤35.7-上がり37.0 『前傾』
1着コンラッド・・・ダンスインザダーク×Nureyev=サンデーサイレンス×ヌレイエフ 〔5-i〕 13-11
2着トーセンロッキー・・・チーフベアハート×トウショウボーイ=ダンチヒ×プリンスリーギフト 〔3-g〕 15-13
3着エイシンサリヴァン・・・El Prado×Nashwan=サドラーズウェルズ×レッドゴッド 〔9-c〕 15-13

2006年 タイム 1'50"5 (重) 1FAve=12.28 3FAve=36.83
テン35.5-中盤37.1-上がり37.9 『前傾』
1着タマモサポート・・・タマモクロス×ジョリーズヘイロー=グレイソヴリン×ヘイロー 〔12-f〕 4-2
2着ソングオブウインド・・・エルコンドルパサー×サンデーサイレンス=ミスプロ×サンデーサイレンス 〔9-f〕 11-9
3着ステラマドレード・・・フォーティナイナー×Miswaki=ミスプロ×ミスプロ 〔22-a〕 4-3

2007年 タイム 1'47"7 (良) 1FAve=11.97 3FAve=35.90
テン35.4-中盤36.9-上がり35.4 『中弛み』
1着ロックドゥカンブ・・・Red Ransom×Fairy King=ロベルト×ノーザンダンサー 〔11〕 2-1
2着スクリーンヒーロー・・・グラスワンダー×サンデーサイレンス=ロベルト×サンデーサイレンス 〔1-x〕 9-8
3着イクスキューズ・・・ボストンハーバー×Majestic Light=ボールドルーラー×レイズアネイティヴ 〔3-L〕 7-4

2008年 タイム 1'46"8 (良) 1FAve=11.87 3FAve=35.60
テン35.1-中盤36.5-上がり35.2 『一貫・中弛み』
1着レオマイスター・・・ニューイングランド×ジャッジアンジェルーチ=サンデーサイレンス×ボールドルーラー 〔11-c〕 4-3
2着ノットアローン・・・アグネスタキオン×Machiavellian=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔B3〕 1-1
3着ダイバーシティ・・・ジャングルポケット×Slew o'Gold=グレイソヴリン×ボールドルーラー 〔8-c〕 7-6

2009年 タイム 1'48"3 (良) 1FAve=12.03 3FAve=36.10
テン35.7-中盤36.3-上がり36.3 『前傾・一貫』
1着ストロングガルーダ・・・ダンスインザダーク×Kingmambo=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔5-c〕 7-9
2着サニーサンデー・・・マーベラスサンデー×トニービン=サンデーサイレンス×グレイソヴリン 〔1-l〕 4-4
3着ストロングリターン・・・シンボリクリスエス×Smart Strike=ロベルト×ミスプロ 〔A13〕 13-12

福島芝1800mの流れは、テンが速く上がりのかかる『前傾』になりやすい。中盤も比較的速い流れになりやすく持続型の流れにもなりやすいのが特徴。
好走馬の多くは4コーナー5番手以内が多く、「ローカルコースの鉄則」が活きやすいものと思われる。

血統の傾向は、上記の流れからスタミナが問われやすいためか、欧州スタミナ型血統(=凱旋門賞好走血統)が走りやすい傾向。福島の馬場も欧州型のようで、中央開催よりも好走血統の傾向が違うのがポイントと思います。
またスタミナを問われるので菊花賞血統の好走が多く、菊花賞連対馬をだした種牡馬には要注意。また菊花賞好走血統=天皇賞春血統でも良いと思います。
また持続型の流れになりやすいことから、フォーティナイナー系のミスプロ系、ノーザンテースト系、プリンスリーギフト系やレッドゴッド系などの大系統ナスルーラ系も好走しやすいように思います。

ステップの傾向は、前走ダービー組が不振なこと。ダービー出走組はハンデが重いこと、またダービー出走が今までの目標だったことからの疲労が蓄積されていることなどが原因では?と思います。
前走1800mや2000mの条件戦やオープン戦からのステップ組が好走多し。

★予想★
流れは『前傾』を想定。ただし「ローカルコースの鉄則」より、前に位置した馬が有利な展開となるため、厳しい流れでも押し切れる馬を考えました。

◎レト・・・ザカリヤ×コマンダーインチーフ=ミスプロ×リファール 〔8-c〕
前走NHKマイルC7着(=東京芝1600m:1.3秒差)。ザカリヤ産駒はミスプロ系で、2歳時から好走する能力を秘めた早熟マイラー。完成は早く、芝・ダート兼用の軽いスピードが武器。母父コマンダーインチーフはリファール系で、小回りでコーナー4つの加速しにくいコースに抜群の適性を秘めている。直線の長くコーナー2つのコースは決め手の甘さがでてしまうが、ローカルコースの中距離はこの甘さを出さずに、短い直線をぐいっと出る一瞬の脚が武器となる。道悪も得意。
No.〔8〕の牝系は、古馬で真価を発揮するタイプが多いがクラシックでも好走する。クラシック時期は詰めの甘い点があり、断然人気なら少し信頼性が劣るのだが、中穴の人気だと期待値が高い。使って良くなる馬が多い。分枝記号cから、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。パワーに優れるので、積極的に前に位置取りする展開に期待する。

○アロマカフェ・・・マンハッタンカフェ×ハートレイク=サンデーサイレンス×ヌレイエフ 〔7-c〕
前走青葉賞4着(=東京芝2400m:0.8秒差)。マンハッタンカフェ産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、ステイヤータイプだが軽い先行力を持ち、難儀な不発が少ない堅実さが特徴で、前半に脚を溜めれば鋭い瞬発力も使える。母父ハートレイクはヌレイエフ系で、仕上がりが早く、湿ったダートの成績がよく深い砂で詰めの甘い馬が変わり目を見せるパワー型。先行力を見せるがダラっとしたスピードでもどかしいのだが、ローカルコースでは武器に変わる。
No.〔7〕の牝系は、京都コースや阪神コース、東京コースなどでの好走が多くやや広いコースに向く牝系ではある。間隔を詰めて使ったり距離変更のショックが効きやすい牝系で、この点は今回活きると考える。分枝記号cはレトと同じで、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。

▲クォークスター・・・アグネスタキオン×ヘクタープロテクター=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔4-d〕
前走プリンシパルS2着(=東京芝2000m:0.7秒差)。アグネスタキオン産駒は、前走0.5秒差以内で5着以内だと連続好走しやすい特性がある。重賞好走ほとんどこのパターンで、サンデーサイレンスの瞬発力を最も活かしやすい。母父ヘクタープロテクターはミスプロ系で、素軽い先行力と立ち回りの巧さがあり、直線平坦コースが得意。急坂コースで泣いていた馬がローカルコースで好走するパターンが多い。淡泊でごちゃつく展開が苦手なので、揉まれない先行策に期待する。
No.〔4〕の牝系は、3歳春から力をつけてクラシックで好走するような成長力がある。スタミナを活かしての好走が得意。分枝記号dは、精神的にタフなタイプが多く、遠征や重馬場は苦にしない。また前走好走だと次走でも好走しやすい特性も持つ。

△レッドスパークル・・・ニューイングランド×ヘクタープロテクター=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔2-r〕
前走青葉賞13着(=東京芝2400m:2.2秒差)。ニューイングランド産駒はサンデーサイレンス系で、得意なコースで好走することが多いスペシャリストタイプ。ニューイングランド産駒は直線の長いコースよりも小回りコースでの好走が多く、東京→福島の小回りコースへのコース替わりはプラス要因なはず。近2走は敷居の高いGⅠ・GⅡで惨敗だったが、GⅢなら存在感を示すはず。地味目のサンデーサイレンスだが、ここにピッタリと考える。母父ヘクタープロテクターはミスプロ系で、クォークスター同様素軽い先行力と立ち回りの巧さがあり、直線平坦コースが得意。急坂コースで泣いていた馬がローカルコースで好走するパターンが多い。淡泊でごちゃつく展開が苦手なので、揉まれない先行策に期待する。
No.〔2〕の牝系は、2歳戦から走れる仕上がりの早さと器用さが売り。分枝記号rは、あらゆる条件を平均的にこなすタイプ。様々なレース経験を活かすと好走につながり、スローも淀みない流れも経験している強みが活きるはず。成長力はあるので、上手く展開が嵌ることを期待する。

トゥザグローリーは、前走ダービー7着(=東京芝2400m:0.5秒差)。前4走の内容から力は上位と考えるが、この手のタイプが毎年良く沈む重賞であり危険な人気馬と考える。キングカメハメハ産駒のミスプロ系だが、凱旋門賞での好走も多いキングマンボ系で欧州型の要素を兼ね備えている。格の高いレースでの究極のスピード競馬になると本領を発揮し、厳しい展開ほど持ち前の底力を活かす。ダンシングブレーヴ系に近い特性と考える。道悪も得意。母父サンデーサイレンスは、瞬発力勝負に強く、前走好走だと勢いに乗じて連続好走しやすい特性がある。特に0.5秒差以内だと好走する可能性は高いのだが、瞬発力を活かしにくい流れが福島コースの特性。この点にも不安が残る。
No.〔9〕の牝系は、早い時期から好走できるが本格化前までは詰め甘なところがある牝系。小回りコース鬼門で、広いコースは好走が多く東京コースは得意。東京→福島コース替わりは逆に不安が残る。分枝記号fは、休養明けは苦にしない反面叩いて一変が少ないタイプ。
07/04 11:33

■■■■■■■■■■■■■■■

“大魔神”の愛称でお馴染み!
≪JRA馬主・佐々木主浩≫
【日本ダービー最終結論!】


▼こちらで無料公開!▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

金鯱賞はスワーヴリチャードから
3連複4000円的中!

弥生賞はダノンプレミアムから
3連単1万3200円的中!

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中!

フラワーCはトーセンブレスから
3連複2870円的中!

馬主佐々木主浩の
意気込みも語ります

▼ダービー最終結論無料配信▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz02




軍神マルス

予想歴12年
回収率137%
過去のレースからラップ・血統・ステップなどの傾向を考えて、好走しそうな馬を狙い撃つ!! 総拍手獲得数:3309
過去のベスト予想
 フェブラリーS2015

◎コパノリッキー○インカンテーション
35拍手

12,370

新着回顧ラジオnikkei賞2010回顧一覧軍神マルスの回顧
軍神マルスTM競馬歴12年 回収率137%
ラジオNIKKEI賞 「ローカルコースの鉄則」。
次走狙い馬:クォークスター 次走狙い馬:アロマカフェ
次走危険馬:レト   
 
3拍手

2010年 タイム 1'47"3 (良) 1FAve=11.92 3FAve=35.77

ラップ
①12.6-②11.5-③11.4-④12.6-⑤12.3-⑥11.5-⑦11.6-⑧11.7-⑨12.1
1FAveとの誤差
①+0.7 ②-0.4 ③-0.5 ④+0.7 ⑤+0.4 ⑥-0.4 ⑦-0.3 ⑧-0.2 ⑨+0.2
テン35.5-中盤36.4-上がり35.4 『一貫・中弛み』

『一貫』・・・逃げ△ 先行○ 差し◎ 追込△
『中弛み』・・・逃げ◎ 先行△ 差し× 追込○

1着アロマカフェ・・・マンハッタンカフェ×ハートレイク=サンデーサイレンス×ヌレイエフ 〔7-c〕 6-4
2着クォークスター・・・アグネスタキオン×ヘクタープロテクター=サンデーサイレンス×ミスプロ 〔4-d〕 15-13
3着レト・・・ザカリヤ×コマンダーインチーフ=ミスプロ×リファール 〔8-c〕 1-1

流れはテン-上がりのラップ差から『一貫』、中盤の弛み『中弛み』の複合ラップ。展開的には、逃げが最も恵まれたが、それほど差はなく、先行・差し・追込はほぼ同じ条件と考える。ただローカルコースの福島なので、「ローカルコースの鉄則」が当てはまり、前に位置取りした馬がやや有利な展開と考える。

ちなみに「ローカルコースの鉄則」とは小回りコースで直線の短いコースでは、後方に位置して上がり勝負を得意とする馬が届かないという考え方です。小回りコースは比較的ペースの弛まない流れになりやすく、中央開催なら前がつぶれてしまうのだが、前にきつい流れでも踏ん張りきれてしまうケースが多いのがローカルコースの傾向です。函館・札幌・福島・中京・小倉で特に有効です(=中京はコース改修などもあり直線が少し長くなったコースがあるので傾向は変わる可能性あり)。この「ローカルコースの鉄則」が活かしやすいコースなら、ペースが弛めばさらに前有利な展開になるので、基本は逃げ・先行馬から考えると良いと思います。マイル、中距離でペースを握る馬がはっきりわかると対策も立てやすいので、逃げ馬は非常に重要です(=大逃げするタイプはものすごく厳しいペースになるので、その場合は大逃げした馬はつぶれてしまうので)。

1着アロマカフェは、前走青葉賞4着(=東京芝2400m:0.8秒差)からの好走。これまで小回り急坂の中山コースや中京コースでの好走実績があり、小回り適性が合った馬。
マンハッタンカフェ産駒はスタミナ型サンデーサイレンス系で、ステイヤータイプだが軽い先行力を持ち、難儀な不発が少ない堅実さが特徴で、前半に脚を溜めれば鋭い瞬発力も使える。母父ハートレイクはヌレイエフ系で、仕上がりが早く、湿ったダートの成績がよく深い砂で詰めの甘い馬が変わり目を見せるパワー型。先行力を見せるがダラっとしたスピードでもどかしいのだが、ローカルコースでは武器に変わる。今回は父×母父の良さが上手く活かせた結果と考える。クラシック秋シーズンに向けては、セントライト記念(=中山芝2200m)に向かうようなら持続型の流れになりやすいので向いているのでは!?と考えます。
No.〔7〕の牝系は、京都コースや阪神コース、東京コースなどでの好走が多くやや広いコースに向く牝系ではある。間隔を詰めて使ったり距離変更のショックが効きやすい牝系で、様々なショックが有効。比較的締まった流れや厳しいペースでの好走が多い牝系。分枝記号cは、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。

2着クォークスターは、前走プリンシパルS2着(=東京芝2000m:0.7秒差)からの好走。本馬も中山コースでの好走実績があり、小回りコースも対応可能でした。
アグネスタキオン産駒は、前走0.5秒差以内で5着以内だと連続好走しやすい特性がある。重賞好走ほとんどこのパターンで、サンデーサイレンスの瞬発力を最も活かしやすい。今回はこの瞬発力を活かしにくいコースでも後方から鋭く延びての2着の内容は評価したいし、またアグネスタキオン産駒は好調期に連続好走しやすい特性は健在と考える。母父ヘクタープロテクターはミスプロ系で、素軽い先行力と立ち回りの巧さがあり、直線平坦コースが得意。急坂コースで泣いていた馬がローカルコースで好走するパターンが多い。淡泊でごちゃつく展開が苦手なので、揉まれない先行策に期待しましたたが、今回は揉まれずに後方一気での好走。内容的には1番強い競馬をしたのは本馬と考え、今後に期待する。
No.〔4〕の牝系は、3歳春から力をつけてクラシックで好走するような成長力がある。スタミナを活かしての好走が得意。クラシック秋シーズンの成長力は、他の牝系よりも優れているので今後に期待です。分枝記号dは、精神的にタフなタイプが多く、遠征や重馬場は苦にしない。また前走好走だと次走でも好走しやすい特性も持つ。トライアル好走なら本番も期待ですが、母父ヘクタープロテクターなので、やはりトライアル好走がピッタリかも(=ヘクタープロテクター産駒や母父ヘクタープロテクターはトライアルでは好走するが、本番で底力を問われると足りないことが多い)。

3着レトは、前走NHKマイルC7着(=東京芝1600m:1.3秒差)からの好走。小回りコース実績は、福島コースで3戦(1-2-0-0)、中山コースのNZT3着(=中山芝1600m:0.4秒差)など十分でした。
ザカリヤ産駒はミスプロ系で、2歳時から好走する能力を秘めた早熟マイラー。完成は早く、芝・ダート兼用の軽いスピードが武器。母父コマンダーインチーフはリファール系で、小回りでコーナー4つの加速しにくいコースに抜群の適性を秘めている。直線の長くコーナー2つのコースは決め手の甘さがでてしまうが、ローカルコースの中距離はこの甘さを出さずに、短い直線をぐいっと出る一瞬の脚が武器となる。道悪も得意。父系の今後の成長力には疑問だが、本馬のタイプは来年も狙っていきたいタイプと考えイメージしておきたい。
No.〔8〕の牝系は、古馬で真価を発揮するタイプが多いがクラシックでも好走する。クラシック時期は詰めの甘い点があり、断然人気なら少し信頼性が劣るのだが、中穴の人気だと期待値が高い。使って良くなる馬が多い。分枝記号cから、開幕週・最終週や重馬場での持久力勝負に強い傾向。パワーに優れるので、積極的に前に位置取りする展開に期待する。

今回1番人気だったトゥザグローリーは、結果5着(0.2秒差)。上位3着までの馬とは対称的に、小回りコース実績はなく、阪神コースや東京コースのこれまでの実績から人気になった馬。ラジオNIKKEI賞はハンデ戦でもあり、これまでの実績を評価されるとハンデも重くなるし、ダービー出走だとダービー好走が目標となり余力に欠ける点も出てくると考える。これらの不利な条件も相まって1番人気馬が好走しにくい傾向なのではないか!?と考える。小回り実績や、父や母系からの小回り適性を加味した上でよく判断していきたいと反省する。
とりあえず小回りコース→広いコースに変わるのはプラス要因だし、届かず5着となったが求められる適性が異なってのものなので評価を落とす必要はなく、秋シーズンのトライアルでの反撃は可能と考え今後の成長に期待する。

★ラジオNIKKEI賞のポイント。
①「ローカルコースの鉄則」が基本。逃げ・先行策で位置取りそうな馬に注目。
②欧州スタミナ血統を上位に。
ダービーまでの実績評価で人気になっている馬は、危険な人気馬になりやすく過信禁物。ハンデも重く、疑ってかかるべし。
④小回りコース実績重視。福島コースでの好走実績があれば素直に評価。中山コースもポイント(=福島コースはミニ中山)。

07/07 23:52 回顧アクセス:2755

コメント4件

編集長おくりばんと 2010年07月04日15時49分
またもや出ましたザパーフェクト!

2010年07月04日15時58分
軍神さんはこれから隅に置けない♪

クライスト教授 2010年07月04日16時39分
お見事!トゥザグローリーの消し理由は特に素晴らしいです。(感服)

軍神マルス 2010年07月04日20時28分
★おくりばんとさん、チキン馬券師さん、クライスト教授さん、コメントありがとうございます。

予想が的中したのはうれしいですが、また来年的中できるようにしっかり回顧していきたいと思います。ありがとうございました。


新着予想は競馬ナンデ公式ツイッターで配信
競馬ナンデ公式ツイキャス

つぶやき
まじん
05/20 15:06

興奮したわ

競馬ナンデ編集部
05/11 00:10

先週の各賞を確定し、番付を更新しました!

クライスト教授
05/10 00:43

私感ですが、人気の単騎でも大野の逃げはほとんど見た記憶がなく、正直巧いとは思えません。残り目はあっても勝ち負けは疑問です。...

   つぶやきだけ全て見る

競馬ナンデチャンネル
メアド
パ ス
 

コメント

編集長おくりばんと>>

>>たのしもん


05/23 23:28

ガッシー>>

>>ガッシー


05/20 16:00

ぷみを>>

>>クライスト教授


05/13 21:49

新規無料登録広告掲載サイトマップリンクニュースリリース利用規約プライバシーポリシーお問合せ運営会社