レッドソックスの田沢純一(新日本石油ENEOS)獲りと、カジノドライヴの海外挑戦

レッドソックスが今ドラフトの目玉、田沢純一(新日本石油ENEOS)獲りへ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080902-00000000-spn-spo


前からずっと書こうと思いながら、
考えがまとまらなくて書けないことがありました。


「日本人野球選手のメジャーリーグ挑戦と
 日本馬の海外遠征とは、パラレルに捉えてよいものなのかどうか」


やはり同じような問題を孕んだことだろうと思えてきたので
軽く書き留めようと思います。


<日本競馬に興味は無し 新馬を勝って海外へ カジノドライヴ>


MLBのレッドソックスが今ドラフトの目玉、田沢純一(新日本石油ENEOS)投手を獲得に動いているそうなのだが、
この投手が日本プロ野球を経由せずに、メジャーリーグ挑戦してしまうのと、
日本調教馬だが、日本では一度しか走らず、いきなりアメリカの大レースに挑戦しているカジノドライヴと、
何か似た現象のように感じたのだ。


「日本の優秀な人材が海外に流出してしまって残念だ」
というのはよく聞かれる感想。



「でもいまどき日本の野球ファンはMLBを見れるし、
日本の競馬ファンは海外のGⅠレース見れるからいいじゃん。
そもそも海外で日本の人・馬が評価されるようになるのはいいことなんだから」
とぼくはちょっと違った見方をしていた。



でもやっぱりそうでもない気がしてきた。



カジノドライヴをそんなに応援する気持ちになれていない自分がいる。
きっと日本の野球ファンもそれほど田沢純一投手を応援する気持ちにはなれない、
感情移入できなくなるんではないかなと思う。


やはり、日本プロ野球で大活躍した田沢だから、MLBでどれくらい頑張ってくれるんだろう、応援したい、と思うのが普通だし。
カジノドライヴに関してもそうだと思う。


やはり単純に日本野球界も日本競馬界もスターを流出させているにすぎない。
日本野球界はMLBに敗北した。
日本競馬界はアメリカ競馬に敗北した。
単純にそういうことなんだろうと思う。



の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >