【2010年フィリーズレビュー】ラブミーチャンいらないぢゃん。

| コメント(4)

今年もダートから、芝のクラシック戦線へ殴りこみ。

その名も「ラブミーチャン」!

2007年はフリオーソが共同通信杯、スプリングSに。

2008年はイイデケンシンが共同通信杯に、そしてサクセスブロッケンが日本ダービーに。

2009年はスーニがアーリントンCに。

と、ダートの新星がクラシックに参戦することは珍しいケースではない。

結果はどれも散々たるものだったが、果たしてラブミーチャンはどうなのだろうか?

芝経験はないので、もう血統を見て判断するしかない。

血統を見ると、まず父はサウスヴィグラス。

なんとなく産駒はダートで活路を見出してるイメージがあるし、良積も短距離が多いイメージがある。

サウスヴィグラス自身も獲得した重賞はダート短距離のみ。

あまり芝転向へは強気になれない種牡馬と思える。

では母血統はどうでしょう?

血統は本来母系が大事。こっちで芝路線カバーしてるんだったら、何の問題もない。

母・ダッシングハニーの戦績は・・・

2戦1勝。

しかもどちらもダート1000Mのみの出走。

これは、いよいよ雲行きが怪しくなってきた。

待て待て両親の戦績だけを見て何が血統だ、と。

幾多の名馬の系譜を経て、生まれてきたのがサラブレッドじゃないのか、と。

ということで、もう少し掘り下げて

母の乳。いや、母の父。

母の父は、アサティス。欧州系の馬でキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドSで3着の実績があります。

やっと買えそうなあれが出てきたな。

が、しかしこの馬1989年には日本へ来てジャパンCへ出走歴があります。結果は12着と惨敗。

そして、この馬の仔もまたダート路線なんだよね。主な活躍馬は。

ウィングアローしかり、ボンネビルレコードしかり。

じゃあ、母の母はどうなんだい?もうここが最後の砦。

えー母の母・ラストヒット。

地方出身でオープンまで行きましたが、芝で2戦2敗。しかも2戦ともにシンガリ負け。

ガッチガチのダート馬。

つまり、ラブミーチャンガッチガチのダート馬。

これは斬れます。

ここ数年、全日本2歳優駿の勝ち馬は、すべて芝転向は失敗してるし、

例年通り過剰人気するかどうかも微妙ですが、

まぁ、正直よっぽどの道悪にでもならない限り買う要素は無い。サウスヴィグラスの仔は阪神では強いし、フィリーズRは内回り1400Mなので、コース適正、距離自体は得意分野なのかもしれないが、

上位人気では正直妙味は無い。少なくとも俺は買わない。単勝で100倍付くなら別だが。

もし来たら店頭で「ラブミーチャン来ました」と言ってください。

お得なクーポンがもらえるかもしれません。

 


コメント(4)

>チキンさん
書き始めの頃は悪くても3:7くらいのバランスに収めようと思ってたんですけど、調べれば調べるほど出るわ出るわでしてw
「お前、万引き今日が初めてって嘘だろ!」というくらいに叩いて出たホコリがとんでもなく結局1:9くらいのバランスになってしまいましたw

ブログ開設おめです♪


よくもラブミーチャンの購買欲が下がらせてくれました(笑)

コメありがとうございますw
バランスを考えて、もう少し買える要素も含みたかったのですが、色々調べていくうちに買えない要素のみ浮き彫りになってしまいましたw
結果はどうなるやら。

今後ともヨロシクお願いします。
こんだけ掘り下げたらもう丸裸のラブミーチャンじゃん。

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ