【フィリーズレビュー2010】無敗の快速馬ラブミーチャンはマーチャンになれるのか

| コメント(5)

ラブミーチャンの逃げはもう地方では誰も止められないのか。
首が高いわけではなく、気性が悪いわけでもなく折り合いもつく。
他馬よりもスピードがあるだけ、引きつけた逃げも打てている。
地方ダートには打ってつけのタイプ。
480キロの体格のいい牝馬、スピード馬の割にフットワークは小さくない。
ダートの距離の融通性はあると思う反面、幅の利いたトビに芝への適性は疑問に思う。

前走1600は余裕の勝利、前2の2歳優駿1600はラスト追い上げられたが逃げたリードの勝利。
確かに差して来た岩田騎手の2着ブンブイチドウの末脚の方が良かったのは事実。3角スパートで長く良い脚を使っていた。
3着は先行粘った後藤騎手のアースサウンドには力勝ち、中央ダート2勝の実績はある。
弥生賞出走の1人気ビックバンはスタートで挟まれる不利があり、この馬の離脱は大きかったか。


一昨年マイネレーツェルの2着ダート実績馬ベストオブミーが内から伸びて権利を取りました、これは好材料。
あと連勝の要因には過去6戦中5戦が重馬場で脚抜けの良い状態、スピード優先のミーチャンに向いたのもあります。


なんと言っても中央挑戦の無敗馬だからちょっと気になるよ。

芝1400だからもうちょっとピッチが速いといいんだけど・・・、あの快速馬アストンマーチャンよりはスピードは落ちるかな。

アストンマーチャンの父アドマイヤコジーンは芝馬、産駒の成績も芝の短いところに集中。

やっぱりマーチャンにはなれないかな、ミーチャンは。


コメント(5)

なかなかいい好材料ですな
ラブと心中したくなりますね♪

先輩のオグリローマンは、中央初戦は気性的に・・・敗退。
2戦目チューリップ賞は田原で2着、桜花賞は武で1着。
それも不利な内枠からの勝利でしたね。
ミーチャンも芝適性より環境の変化への対応もポイントでしょうか?ローマンよりも地方戦歴は上ですし、怖がりな気性がないところは良いでしょう。産駒には芝路線中心のサザンスタディがいますし、トーホウドルチェは芝6戦して全て1秒以内の大差ないもの。
どうでしょうか?鍋をつついてみました。

>2着ダート実績馬ベストオブミーが内から伸びて権利を取りました、これは好材料。

ああ!良かった
好材料みつかった!
と言ってもまだ丁半博打の域を出てないのが
なんとも・・・

オレも必死にラブミーチャンの好材料探してみます

こういう挑戦はあった方が競馬界にはいいね。
何かと話題になるし、笠松も経営的に勝ってほしいだろうね。
マーチャンは短距離馬らしいピッチ走法、前脚のかき込みがほとんどない馬だったから真のスプリンターなのね。
あの世代よりは楽だよなあ、見合って見合って~「はっけ良い、残った!」

アストンマーチャンは、なんといっても3歳牝馬でスプリンターズSを制しましたが、
そのアストンマーチャンですらクラシック戦線では、遅れを取ってましたね。
黄金の牝馬世代、距離の適正等、同じ目線で考えてはいけないですが、
ミーチャンはこの世代で、距離も十分守備範囲の1400Mでは、芝初戦といえど、待ったなしですね。

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ