【日本ダービー2010】ダービートライアル(青葉賞・プリンシパルS)優先出走枠削減の効果は?

今年からダービートライアルの着順による優先出走権が絞られましたが、
これはどういった趣旨によるものだったでしょうか?
すみません。
単純に、趣旨、メリットについては完全に失念してしまったのですが・・・

とりあえず今年の両トライアルを見たところでは、
勝ち馬がものすごいパフォーマンスをしていたように感じました。
トライアルというレベルではないような・・
その脚は本番に取っておいた方がいいんではないかというような・・

もしも、陣営において
「今年から出走枠が減ってしまったから、
トライアルも本番のつもりで仕上げて、
レースでも目いっぱい追って勝ちに行くぜ」
みたいな気持ちが高まっている傾向だとしたら、

どうなのでしょうか?

ファンとしてはトライアルなのにあんな競馬が見れて、
本番への期待も高まって、ラッキーな気持ちもありますが、

本番のときに疲れちゃっているようなことがなければよいけれど・・

という意味でこのトライアル勝ちの2頭にも注目しています。
もしも大きく負けてしまうと制度変更への批判が出るかも?

の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >