長短の距離によってのタイム差は同じ力量差ではない

| コメント(2)

ちょっと確認、予想するときタイム差見るよねえ~

距離によって見方を変えないといけないはずなんだ、うん。

勝ち馬から2着以降の着順に対して、主に数字で各馬の差を表します。

通常0.2秒差で1馬身ですが、短い距離だと接戦になりやすく長いと差が開くのが当然です。

3000mなら大差あるけど1200mだと1秒以内に半数の馬がひしめき合います。
これは短いと差のないレースなりやすいためで、中長距離と同じような比較はできません。

0.5秒差は長距離では僅差と捉えるのが正解ですが、1200mだと実力差という線引きに変わっていいでしょう。

ただ斤量や枠順展開など考慮するところあります。

1秒以内が並んだ成績でも、短距離なら善戦してるとは言えないでしょう。

よく同じレースに出た結果を照らし合わせるでしょ。

もう一度レースしたら違う結果が出るはずなのにタイム差あったから、こっちが上とかはちょっと・・・

馬場状態や展開、鞍上などのファクター抜きで決め付けるのは、タイム差から来る悪いイメージとも言えるかな。

 

 


コメント(2)

およそ1秒で芝なら5馬身、ダートなら4馬身あるかないか。
脚が止まればダートのほうが差がつくし、1700mで1秒以上の差から巻き返すなんてザラだし
とりわけタイム差がないタイプにグラスワンダーとか
メイショウサムソンのように馬体を合わせてからエンジンが
かかる馬は関係ないこと
ニシノフラワーみたいに12でズドーンと桁違いなタイプにも
タイム差は関係ないわな。

これは芝とダートでもそうかもしれませんね

ダートだと1秒差くらいは展開次第で楽に縮めることでができるけど

芝だと1秒差は決定的な差だし
0.5秒でも意外と逆転できないもんだな~と思います

この認識の違いで最近芝のレースで大損こいてますね


今思うと芝の一流どころは
テイエオムオペラオーとかブエナビスタとかいい
タイム差なくても
わりと決定的な差があるかもしれませんね
じゃないと毎回好走する理由がわからないし

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ