菊花賞について本気出して考えてみた。

| コメント(4)

自室にあるパソコンが壊れました。

諭吉さんが二十人ほど消えてしまいますが、不便なので買わざるを得ません。

この出費は庶民にとっては痛いです。欲しいギターとか文庫本とかオタクグッズがあるのに。

かの有名なマリー・アントワネットは言いました。

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」

かの無名なザプレ基地は言いました。

「お金がないなら菊で稼げばいいじゃない」

よし、ギターは菊花賞を当てて買うとしよう。

以上、9行に渡っての無駄な前置きでした。

 

過去10年、夏の1000万以上を勝ち上がり、菊でも馬券になったのは合計9頭。

01マンハッタンカフェ(札幌1000万) SS系×リボー系 最速上がり34.9

01エアエミネム(札幌記念) ダンチヒ系×レイズアネアティヴ系 最速上がり34.4

02ヒシミラクル(阪神1000万) ディクタス系×ネヴァーヴェンド系 最速上がり34.1

04デルタブルース(中山1000万) SS系×ノーザンダンサー系 最速上がり34.4

04オペラシチー(小倉1000万) サドラーズウェルズ系×ネヴァーベンド系 最速上がり34.0

07ロックドゥカンブ(ラジオNIKKEI賞) ロベルト系×ノーザンダンサー系 最速上がり34.3

08オウケンブルースリ(新潟1000万) グレイソヴリン系×デピュティミニスター系 最速上がり34.1

08ナムラクレセント(小倉1000万) SS系×マイバブー系 最速上がり34.3

09スリーロールス(阪神1000万) SS系×ロベルト 最速上がり33.6

1000万すら勝てなかった01マイネルデスポット、09フォゲッタブルも馬券になっています。

マンハッタンカフェ以外は34秒前半の上がりを繰り出した実績ありと、

折り合いに専念しなければならない京都芝3000mはある程度の決め手は必要そうです。

 

周知の事実ですが、SS系ではダンスインザダーク産駒の成績がずば抜けていい。

過去10年で5頭も馬券になっている。「菊はダンス」という格言が出来るのにも頷けます。

あとはスペシャルウィーク、アドマイヤベガ、フジキセキ、ヤマニンセラフィムが1回ずつ。

マイル前後を主戦場にしているフジキセキやニホンピロウイナー産駒が好走しているのだから、

血統はそこまでこだわる必要がないのかも知れませんね。

こんなことを言っちゃうと、「お前は血統派じゃないのか? アァン!?」と怒られそうですが。

 

さてさて、今年の上がり馬はどのようなのがいるのだろうか?

短評付きでメモっておこう。

 

トウカイメロディ

青葉賞はキレ負けして6着(1.3秒差)だったが、

HTB賞(函館芝2000)、みなみ北海道S(函館芝2600)、札幌日経OP(札幌芝2600)と3連勝。

OP2戦は早めに動いて4角で突き放す、スタミナがない馬には出来ない芸当だ。

上がりも山吹賞で33.6秒を計測すると申し分ないが、懸念は血統。

父チーフベアハートはマイネルキッツやナムラマースなど、タフな馬場が得意な産駒が多い。

エリモハリアーで有名な凱旋門賞馬ジェネラスが母父と、こちらも洋芝適性が高い。

母に流れるリアルシャダイもスタミナの塊と、高速馬場であろう京都が合わない恐れがある。

自分から動き、ズブズブのスタミナ比べに持ち込めば大チャンス!

 

ヤマニンエルブ

逃げを覚えてから馬が変わった。

未勝利で惨敗し続けていたが、未勝利、500万、1000万と破竹の3連勝。

前走(新潟芝2200)はスローに持ち込み、終い2Fを11.0-11.4纏めて7馬身差の大楽勝。

しかしこの3走はどれもヨーイドン。菊花賞は4F~5Fぐらいのロングスパート勝負が多いため、

この内容では強調材料にはならない。父サッカーボーイは平坦巧者が多いディクタス系。


ミキノバンジョー

小倉で古馬相手に2連勝した。どちらもワンペースなので持久力はある。

相手に恵まれた感が強いので、次走(セントライト記念)の競馬次第で。

 

リリエンタール

父は日本の夢を壊した凱旋門馬モンジュー。

母も重たいドイツ血統で、勝ったレースは渋馬場と洋芝の札幌。

セントライト記念では買う予定だが、京都の馬場が合うようには思えない。

 

シルクオールディ

最大の惑星はこの馬かも知れません。

後方からの競馬じゃ勝てない。試しに前に行こう。

そんな感じで早仕掛けした未勝利戦(新潟芝2400)は終い4F勝負になり、3馬身差の楽勝。

北海道シリーズで元鞘の四位に戻り、早め抜け出しの競馬で2連勝。

母系は推せませんが、父は菊花賞馬マンハッタンカフェです。

瞬発力勝負は向かないタイプなので、神戸新聞杯は惨敗するかな。

誰が乗るのか知りませんが。柴原に戻っちゃったりして。

 

ビッグウィーク

特に書くことがありません。バゴ産駒ですが母が短距離馬です。

 

 

こんな感じでしょうか。まだ余裕があるので狙える馬が出てくるかも知れませんね。


コメント(4)

>チキンさん
タニノエポレットはダンス産駒なんですね。
メキメキ力を付けたら面白いかも。

>スナフキンさん
長距離開花組を夏に探すの楽しみですよね。
直行組やらトライアル惨敗組が平気で来るレースですし。

>信じるさん
僕もJRA様にお恵みを授かりたいです笑。
Win7使いやすいですが、高かった。本当に高かった。
明後日から資金を貯めたいなぁ笑。

ぼくもこわれましたPC

マザーの取替え8万

いまなら8万なら新品ある

悩みます

JRAさまお恵みをww

秋の成長株には要注意ですな。
同年2頭絡む年がこんなにも・・・
条件戦からの直行組でもスリーロールスとデルタブルースが
いる以外に侮れない存在だと改めて知らされました。

まだ500万勝ちしかしてないけど
タニノエポレットとかもこれから次第なんでしょうね~

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ