南部杯の回顧とエスポワールシチーの今後の取捨

勝ったオーロマイスターはパドックの出来は一番よかったのは間違いないと思う。今回も2番手ですんなり外から先行。エルムSもそうだったけどすんなり無理なく先行できるようになっている。これは馬の進化トモがしっかりしてきたのかなと感じる。正直レース見ているときはガチンコ勝負挑みに行ってどうしちゃったの??とか思っていたが直線入ってからも手ごたえ楽で突き放してしまった。これは秋のダート戦線はにぎわす存在になるのは間違いないね。

エスポワールシチーはとうとう連勝がとまっていまった。今回の敗因は馬体重にみな求めてくるだろうけどそこだけに原因を求めていいのだろうかじっくり考えたほうがいいような感じがする。パドック派である自分としてはこの馬はパドックよく見せなさ過ぎる馬だけにパドック判断は今後も厳しいでしょう。そうしたときに日本で次に走るときにどうするか馬券。負け方よくないしもたれていたしね。悩みます。

グランシュヴァリエは一瞬突き抜けるかと思いましたね。とてもいままで勝負にならない競馬ばかり交流戦でしてきたとは思えない爆走でした。高知の馬は交流戦では必ず顔を出しているものの勝負になっているのがいない参加賞。なんでわざわざ輸送だけでも赤になるのに出走させてくるなと表増したけど継続は力なりなんでしょうか。これは天晴れですね

バーディバーディとテスタマッタのパドックの出来は笑ってしまいましたが結果も笑ってしまいました。
の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >