Ribotを追え!!

| コメント(5)

何カ月か前のサラブレに柏木集保が「競馬ファンは皆リボ-が好き」というようなことを書いていて、「年配の」を付け加えるべきだろうと突っ込みを入れたくなったのだが(若い人には「リボ-って、極々たまに超大物を出す大穴種牡馬?」という感じだろう)、まぁ「年配」の競馬ファンである私なども、リボ-は気になる種牡馬である。

 

今でいえばどんな感じだろう...と考えて、思いついたのがステイゴールド(これはナカヤマフェスタの凱旋門賞好走の前の話)。

なんとなく、地味系SS後継の中では一番大物を出しそうな雰囲気を感じていたわけだ。リーディングの上位にはいかないが時折大物をだし存在感を誇示する、そんなタイプとして。

 

で、ナカヤマフェスタの話へ。

 

血統評論家の栗山求氏が、ブログの中で「ナカヤマフェスタの母が持つ「His Majesty ×4」、これがヨーロッパの一線級と互角以上に渡り合ったパワーと底力の源泉でしょう。His Majesty Graustark の全弟にあたる名血で米リーディングサイアーです。その父 Ribot は凱旋門賞を2連覇した歴史的名馬。パワーと底力に関してずば抜けたものを伝えます。」

 

おお、ここでリボ-が出てきたか。

というわけで、ここしばらくリボ-を追っかけてみたい。

まぁ、その前にJRAの中央四場のうち、一つぐらいは洋芝の生い茂ったパワー型の競馬場に変わる必要があるか。


コメント(5)

中央にも洋芝オンリーがほしいです。
が暑さに弱い性質で今年の猛暑で阪神と中山は野芝に占拠されました。
逆に冬は野芝は枯れますから、洋芝の独壇場ですね。
例年通り夏軽く、冬重いになっちゃいますが・・・
現中央の場所だと1年通して開催するには混合芝が最適な答えになります。

今年は中山の野芝の生育が良くて全面だから、有馬は荒れない馬場になりそうです。
猛暑の恩恵はここにちょっとあったかな。
今年暮れの馬場が良かったら来年も秋の中山は野芝かもですよ。

湿気がなく涼しいフランスとは気候が違うので、難しいのが現状ですね。

まぁ、血統理論というのは、特定の馬のクロスを作ってその馬の優れた資質を引き出すというもので、そこから諸派に分かれるわけですから、私のようなアウトブリード論者は、しょせん血統理論家にはなれないということで…(笑)。

ところでサラブレッドの遺伝子プールというのでしょうか、種牡馬の遺伝的貢献度を計算すると、最も貢献度が高いのが
ゴドルフィン・アラビアンなのだそうです。この馬が14.5%で、2位がダーレー・アラビアン、7.5%、3位がCurwen's Bay Barbというすでに滅亡した種牡馬の5.6%、4位がバイアリー・タークという順になるそうです。

つまりすでに現在では父系としては影響力を失ったゴドルフィンアラビアンの血が母系に脈々と流れていて、フィクサーのように影響力を与えている。

そうだとすると、いつか父系と母系の血が入れ替わるということもあリうるのではないだろうか?

その時に、これら少数派の種牡馬がいなくなっていたというのは寂しいというのが、私が少数者種牡馬を応援する理由なのですが。

いや~

ダビスタの血統マニアもリボー好きなんじゃないですかね

だってゲームでもリボーのクロスって
底力とかスタミナUPとかするみたいだし


日本でリボー系の父系種牡馬と言ったら
今じゃタップダンスシチーとかくらいしかもういませんが

父系という意味は日本ではほとんど無用の血統でしょうね~
理由は雨龍さんの仰る通りで活躍の場がほとんどないし


そういえば水上学も自身のブログで
「リボークロスのナカヤマフェスタが大活躍して大喜び」
してるみたいですよ

田端到みたいな血統予想家も
菊花賞とか長距離になると
リボーリボーうるさいし

日本の競馬限定という話だったら
リボーなんか牝系に一本入ってるくらいの方が
コンスタントに走るとは思うんですどね

ぼくもよく分かりませんが、洋芝の研究が阪神競馬場で行われ、相当タイムがかかっていた時期がありました。

ネットで調べた範囲では基準タイムがマイル、1分40秒、2000m、2分5秒の時代があったと書かれていました。

一方、「今開催は野芝のみの状態で施行します。」とアナウンスされている時期もあり、かなり恣意的な運用がされているようです。

混栽の方法によってもかなり変わってくると思います。

いずれにしてもスピード志向があることははっきりしていて、ヨーロッパで通用する馬作りという考えはあまりないような。

僕が競馬見始めたころは、阪神というのは重い印象があったんですが、洋芝主体だったんでしょうか?当時はよくわかってませんでしたが・・
個人的には未だに阪神にはそういう印象を引きずっています

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ