2010年秋のジェイエス繁殖馬セール

| コメント(2)

先日、繁殖牝馬セールが行われました。

今回は例年になく頭数が集まり、売却額もまずまずの結果でした。

長年にわたるこのセールから最近マイネルキッツやセイウンワンダーが活躍するなどで

認知度は高まりつつあるようです。

競争馬として走らせながら繁殖牝馬としても売却する仕組みに牧場側の流れがこのセールに組み込まれてきている結果が現われたようです。

 

高額サイドではシャイニンレーサーの半妹と産駒に人気が、父メイショウサムソン、チチカステナンゴを受胎しての2000万超え。

ジェイエスの藤原社長の草の根運動的なものが実を結んできたように思えた2010年秋のセール。

今後さらにブルドメアサイアーの重要性も認識されていく感じでしょうか。

 

[インタビューの様子] 

http://www.youtube.com/watch?v=FU5fGsatC4Q

 

 

 

 


コメント(2)

牡馬は走らないと損害が大きいけど、牝馬は血統の質さえ良ければ走んなくてもいいわけだから。
重賞なんか取ると母も兄弟もその産駒の繁殖にいい影響があるようです。
実に利にかなっていて、この不況下に売り上げがアップしたのもいいタイミングと格安さが後押ししたのでしょう。

売却率は最近のこと考えれば
まあまあってとこですかね

ここからリーズナブルの値段で
走る産駒が多くなれば
案外社台とかの高額馬買うよりは
収支的には良さそうですね

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ