生産頭数減少

| コメント(2)

■平成22年の登録状況がまとまりました■

軽種馬登録情報の統計データベースからサラブレッドの生産頭数等各種統計をご覧ください。

2010年の生産頭数は、サラ系統が7,112頭、アラ系統が10頭の合計7,122頭です。
昨年より約360頭減少しました。
今年(2011年)は、昨年の種付頭数から推計すると6,980頭となり、7,000頭を割り込むだろうと予測さ
れます。
7,000頭を割るのは1968年以来となります。
なお、生産頭数が一番多かった年は1992年の12,874頭で、その年より約54%の減少となります。


http://www.jairs.jp/contents/tokei/tokei_template.html

 

だそうです。




 


コメント(2)

中国がJRAの視察に来たみたいですね。
本格的に中国で競馬が始まれば需要が増えるのかな。

でも生産頭数が減るってことは
要は馬を購入できる人口も減ったってことですよね

やっぱり
競馬が景気に左右されますよね~

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ