単複比率と標準偏差

| コメント(7)

任意のレースに於いて、馬券ファンの多くはイメージ残像で検討作業を行っている

前走3着の馬の方が、前走11着の馬より能力が高いと感じ、前走負けてはいるが物凄い脚で追い込んで僅差の勝負に持ち込んだ馬を、次走は突き抜けると確信する

勿論そうなる事もあるし、全くそうならない事も多々ある

古の武田文吾師ほどの方であっても 『結局馬の事は皆目分からない』 となる訳で、見えない未来を、更には言語を持たない生物による不確定レースを正確に予測する事は不可能、もし予測可能であるとすれば、それは能力ではなく ゛イカサマ゛ と呼ぶ

 

さて、本題

およそ世界の各地で、動物を使ったギャンブルが行われているが、馬を使った競馬に限定すると、ニッポンであれ欧州であれ米国・豪州であれ、皆が勝手な思考で、てんでバラバラに馬券を購入しているにも関わらず、単勝馬券が最も売れる馬の勝率が最も高い、次いで2番人気⇒3番人気と、優勝出現率とオッズが正確に連動する、能力を表す指数で最も信憑性が高いのがこのオッズというシロモノであるのだ

逆に言えば、能力を示す指数で、このオッズというモノ以上の指数は存在しないという証明である

 

単勝シェアの標準偏差、という単語をご存じだろうか?

久根崎透という方が発見した事なので、何も勝負師が知っている事をひけらかしている訳ではない

ただただ、この角度からのアプローチが、曖昧模糊とした ゛荒れる゛  ゛堅い゛  を解明してくれる糸口になるのでご紹介したいまでの話

 

単勝偏差という考え方は、購入される単勝馬券のシェアが、バラバラであるのか??偏っているのか??を数値化してくれる非常に便利なものである、例が無いと理解しにくいので、例を挙げる

 

ディープインパクトのダービー、ご存じであろう

あの、何ともいえない、パンクしない限り絶対に勝つ、といった雰囲気

このレースでの単勝標準偏差は 16.89  極めて大きな数字で、単勝の売れ方に極限の偏りを示している、レース結果も比例して、単勝も連複も軒並み低配当であった

 

因みに先日のセントライト記念の標準偏差は 7.71  ディープインパクトの極端な例と比較すると著しく低く感じるが、まぁオーソドックスな数値

 

標準偏差自体は、一本カブリを表す数値ではなく、あくまでも単勝の偏った売れ方を表す数値であるので、単勝偏差が大きく、カブった馬が居ないレースは、任意の馬群に投票が集中している事を表す事になる、すなわち偏差は大きいが ゛堅い゛ 決着の可能性の高いレース

 

但し、馬券ファンのファジーなイメージによる 『堅そうだ』 とか 『荒れそうだ』 という拠り所の無い推論に対するアンチテーゼと成り得る事は間違いなさそうだ

 

 

 

一方単複比率とは

そのレースでの単勝総得票と複勝総得票の関係性である

計算式は単純で        複勝総得票数 ÷ 単勝総得票数 =  α

 

同様にセントライト記念で見てみると  ⇒  レース全体として 138.0%

 

例えば個別の馬で見てみると

フェイトフルウォー       181.8%

トーセンラー          114.5%

トーシンイーグル       205.3%

 

つまり、フェイトフルウォーは、やや複勝が売れ、反対にトーセンラーは極めて単勝投票が多い事になる、トーシンイーグルは単勝が売れずに複勝に、シェアでいうところの最大の投票が入っている、という事

 

因みに、セントライト記念の日(9月18日)の全12レースで、単複比率最大は阪神7レースの276.6%で、最小は阪神9レース野路菊Sの121.4%

結果はドチラも単勝100円台、馬連も400円以下である

 

阪神7レースでは、優勝したプリティカポレイの複勝に、シェア72.0%近くの投票が入った事が分かり、事前にコノ馬の好走が容易に予測できたものと推測する

反対に9レースでは、複勝に過剰投票する購入者がおらず、ほぼ単勝だけが売れている事を示している

 

このように、極端な傾向のレースでは、結果が堅い決着になる事が多い

 

 

GⅠレースともなると、単複比率の数値は小さくなる事が顕著で、より複勝(連複・三連系)という馬券のメリットが生まれる、 ゛にわか゛ による単勝投票が、ちりも積もればで膨らむ事を如実に証明している

 

 

 

単勝シェア標準偏差と単複比率という数値を意識した購入も、一つの予想であると言えるのである

スプリンターズSの際には、事前にこの数値(刻一刻と変化する)を公開できれば、と思っています。

 


コメント(7)

なるほど・・そう簡単な話ではないのですね・・

いずれにしても、私が信じているのは、競馬の予想行為というのは、どの馬がどれだけ勝つ確率があるのかを考える作業で。
馬券の買い方は、その確率に見合うオッズであるかを照らし合わせて買うことによって儲かることにつながると思っています。
予想行為が楽しく、競馬の魅力だと思っていますし、
数字だけを追い掛けるのであれば、面白さ半減、25%の寺銭では割も良くないのかなと思っています。

最終的に競馬を楽しむ、その中に儲かることも重要な部分として含まれている、という感じの競馬姿勢です。

非常にアカデミックなやり取りになってきました!!

シェアと言うのは、ご指摘の通り控除後の、全体に占める割合という事です
ですので、当然の事ながら、1番人気から下は18番人気まで、任意の単勝馬券を永久に買い続けていたら、結局は胴元のみが儲かる仕組みになっています、それは胴元が損をするバクチが存在しえない事を証明するとともに、このシステムが国庫納入金を確実にモノにするために、相当考え抜かれたモノであるという事です。

しかしながら、単勝人気別による出現率の差、または回収率の差というものは存在します、ココから先は、わたし勝負師が苦難の努力の末に到達した ゛儲かる買い方゛ に直結してしまうため公開は出来ないのですが、一つ言えるのは、出現率(的中率)と回収率(101%超え)には、切っても切れない関係性にあるということ

因みに、単勝10倍(前後、9.5~10.5)で括って、2006年以降で集計するとその成績は、56・49・55・442となって、単勝回収率は93.0%

つまり負ける事をハッキリと証明しています

但し、特定の条件で検証し直すと、110%前後の回収率を示している事実もあります

コレこそが、負けない買い方、儲かる馬券であると断言できます
予想をしない、法則買い
ほとんど仕事と呼ぶに等しい、ストレスだらけの購入方法
儲かりはしますが、死ぬほどつまらなく、辛い寂しい孤独な闘いです。

回答ありがとうございます!

シェアというのは単勝の全体売り上げに対する割合のことでしょうか?
もしそうだとすると、単勝の場合のいわゆる控除率を差し引いた、売り上げの80%が分母となってしまい。
そういった期待値の馬券を買い続けると回収率80%となり負け続けることになる、20%のいわゆる寺銭を取られ続けることになるのではないかと思うのですがそういうことではないのでしょうか?
あくまで勝つ確率が10%の馬券が10倍であって初めてトントン。馬券で回収率100%を超えたいかどうかを考えた場合、そこが基準になるのではないかと思うのですがいかがでしょうか?

出走全馬でそれを行う事は、物理的にかなり難しいです(レースとレースの間が40分程度だとパドックも見られない、馬体重も確認できないかもしれません)
但し、レース全体の得票数(単複比率)は単純計算なのでリアルタイムに行う事はさほど難しくはありません

GⅠは別として、条件戦の多くは、全く勝負にならない馬(イラナイ馬)が4割程度出走していますから、残りの6割の馬を重点的に行って、それを馬券戦略に応用する事は結構やっています

また、単勝オッズと優勝確率の問題については、単勝オッズ10倍を参考にすると、およそシェア8.0%となるので、確率的には8.0%の優勝の可能性の有無、についてどう捉えるか? だと思います。


何度も登場して恐縮ですが、ディープインパクトのダービーは、単勝シェアが73.4%でオッズ1.1倍でした
ディープインパクトが勝つ確率が73.4%以上だと思えば、配当の問題は別として購入するに値する馬券であるという事になります

あてずっぽうな質問に丁寧に答えていただき大変嬉しいです。
ところでそもそもそういった票数といったものはリアルタイムで情報として入手して、数値を計算して、馬券購入時にそれを参考にして買えるものなのでしょうか?

私としてはあまりに素人考えで恐縮ですが、単勝10倍の馬を目の前にしたときに、単純にこの馬が勝つ確率は10%を超えるだろうか、と考えて、超えると判断したら買い、越えなければ買わない、という意味で数字を意識し参考にしてはいるのですが・・・

おくりばんとさん、こんにちは

非常に難しい質問です、偏差の数値が大きなレースと小さいレースを同等に検証する事は出来ないので、偏差の標準ともいえる7.0台~9.0台で判断すると、単複売上比が170.0%ぐらいだと思います

例としてセントライト記念だと、ユニバーサルバンクという馬の売上比が185.7%なので近いと思います

この馬の単勝得票は83307で複勝の得票が154722です
このぐらいのバランスが平均と言えますが、やはりレース自体の単複売上比を考慮しないで標準を出そうとしても正確な数値は得られません、セントライト記念(というか重賞やGⅠ)は、どうしても単勝投票が入りやすいという条件ですので、複勝オッズがオイシくなってしまいます

それを踏まえて、敢えて申し上げると
出走全馬に於ける、任意の馬の単勝シェアが6.0%程度なら
複勝のシェアが8.0%程度となりやすい

したがって単勝オッズ ÷ 複勝オッズ = 0.24ぐらい
配当にして、12倍なら2.88倍ぐらいが平均という事になります

くどいようですが、レース全体での各馬の売り上げシェアによって、比率は相当の変化をしますので、あくまでもほんの目安です

スプリンターズステークス楽しみにしています。
私は標準偏差の使い方はまだよくわかりませんが、
とりあえず単勝に比して複勝のオッズが高いときは複勝を買ってしまいます。1着になる確率は高いが3着以内になる確率が低い馬というのはそんなにいないと思っているので。

その際に参考にしたいのですが、例えば、15頭立てで単勝12倍の馬だと、複勝の倍率としては平均としてはどれくらいが目安だと思っていればよいのか、計算方法はあるのでしょうか?
大体自分の感覚だと、、、2.3倍~3.7倍くらいを示すことが多いかなと感じるのですが・・もちろん馬それぞれの個性はさておき平均値という意味でです。

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ