2011年生産頭数

| コメント(2)
 「JAIRSメールマガジン」より

■2011年生産頭数

2011年の生産頭数(速報値)がまとまりました。サラブレッドは7000頭を割り込むと予測されていま
したが、7000頭を若干超えました。
昨年は7100頭をうわまわっておりましたので昨年より約100頭減となっております。
他の品種はサラブレッド系種が5頭、アラブが8頭、アングロアラブが5頭となっております。
詳しくは、統計データベースのサラブレッドの生産頭数等各種統計からご覧下さい。

http://www.jairs.jp/contents/tokei/tokei_template.html/?mail2011101801

どうにか7000頭台維持。

コメント(2)

ダーレーが中国にSSを造るというニュースがありました。種牡馬2頭で始めるようなので規模は小さいですが。

でも、ダーレーが動き出したということは、中国で競馬が始まるというのは、かなり実現可能性の高い話なんでしょうね。

今のところ、馬券を発売しない「スポーツ競馬」ということなので、中国サイドもアラブの方が参考になるんでしょう。

もし、競馬は税収増に役立つとばかり政府がしゃしゃり出てきたら、JRAの出番かもしれません(笑)、どうなるでしょう。JRAも一部生産者も積極的に動いてはいますが。

中国で本格的に競馬が始まれば、馬の供給源はオーストラリアと日本が中心になるでしょう。7:3ぐらいでオーストラリアの方が多いでしょうか。
あと、欧米と自国生産が少々。

窮状にあえぐ日高の生産者には朗報かもしれません。社台がどう動くか。

ちょっと前は8000頭いたのに・・・
世界全体を見ると来年は約3000頭減になるとか(爆
欧州の生産も種牡馬の数も落ち込んでいるらしいね。
それからすると今年の日本の100頭減はまだ頑張っていますわ。

専門家の言う、今後オセアニアからの輸出が増える見方はまんざらじゃないのかも。
将来的には「生産は頼んだよ」の楽チン運営の国が増える??
となれば種牡馬セールスを兼ねてこの先豪州遠征にこぞって行きますか(^^;

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ