勇退≒廃業 もはや『勇退』は競馬用語のようです

| コメント(2)
美浦の中島敏文調教師から勇退届が提出され、10月20日をもって調教師を勇退することになった。

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/news/entry-209156.html



この記事を読んで思ったことは、

「また勇退という名の廃業じゃないか。黒い交際もアレけど、これもアレだな」

「『勇退届』ってなんだ!?」


です。
前者はいつものことですのでね。まぁ近いうちにまたポコポコ出てくるでしょう。

後者ですよね。
『勇退届』って何だ?

「勇退」っていう言葉は、
今までの輝かしい功績を惜しまれつつ後任に譲る
的な意味合いで使われるべきだと思うんですけどね。「勇ましく退く」ってことで。

それを「届け出る」っていうことは、
今まで数々の栄光を手にしてきましたが辞めさせてください
ということでしょう。


ディープインパクトの引退と同時に池江泰郎さんが
「あとは息子に任せた!」として勇退すれば、

かっこいい!



となりますが、今回の中島調教師ようなケースでは何を持って勇ましいのかがわからない。

勇退を自ら申し出るというのはいささかおかしなものである。


勇退を辞書で引く。

勇退
後進に道を譲るため、自分から官職などを退くこと。「若返りを図って幹部が―する」

うん。そうだよね。



念のためWikipediaでも調べる。

驚いた。 → http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8B%87%E9%80%80


『競馬の世界における「勇退」』として別くくりである。

もはやJRAのHPにおける競馬用語辞典の「ヤマキズ」と「輸出入検疫」の間に『勇退』を入れてしかるべきではないか。

コメント(2)

これ書いてるときにそういえばチキンさん秋山調教師のこと書いてたなと思って。
後藤調教師の時は何だかよくわからないままの引退(勇退?)という感じでしたし、何というか有耶無耶ですよね。
定年が70歳というのも遠すぎるのかな。年金の制度がようやく完全に定年=65歳になろうとしている今70歳ですからね。

確かこの前引退した秋山調教師は
「オレは勇退なんて言葉好きじゃない 解散だ」つってたけど
本当ならそれくらいはっきり言った方がカッコイイですわな

一応秋山さんは昔だけどクリスザブレイヴとか
G1でも1番人気になる馬管理してただけに
それ以下の厩舎が「勇退」と言っても
カッコついてないですからねぇ

むしろ「オレ全然調教師の才能なかったわ ごめんね」くらいの方が
男らしいかもしれないですねぇ

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ