買わない牝馬限定戦だけど、なんとなく秋華賞

| コメント(2)

桜花賞、優駿牝馬と比較すると、ガクンと格の落ちる歴史の浅いGⅠレース

根幹距離と施行時期に拘った結果、京都の内回り2000mという設定になってしまったこのGⅠであるが、過去10年に限定すると、単勝一番人気で優勝した馬は、アパパネファインモーションテイエムオーシャンの3頭

アパパネ、テイエムオーシャンの2頭は既にGⅠを2回以上勝っているし、ファインモーションはデビュー以来ほぼワンサイドゲームの無敗馬

 

チョロイコースといえども、圧倒的な能力差を有していなければ、簡単には勝てない事を証明している

 

一番人気で僅差好走の、ブエナビスタウオッカラインクラフトらは、能力は高いものの京都内回りの2000mというトラックバイアスに適合しなかった事が敗因と思われるが、最大の原因は実は違うところにあると思っている

 

3頭に共通する項目は、実のところ、クラシックを走った後に、 ゛牡馬混合戦゛ もしくは ゛古馬混合戦゛ を使っているところである

あれほど強かったウオッカであっても、宝塚記念で敗れて以降、一以上も勝利から遠ざかっている

人間の勝手なエゴで 『通用しそうだなぁ~、いっちょ使ってみるかぁ~』 的に酷使され、パフォーマンスを落す結果となっている

 

小回りの適性も重要だが、馬のポテンシャルを維持できているか?が結構な重要ポイントになっている

 

 

 

 

優勝馬の前走、という観点ではローズSを走った馬が、ほぼ確実に優勝すると言える、ローズS出走馬が優勝できないケースでは、優駿牝馬からの直行馬で、それも馬券になっている馬が対象

つまり、ローズSに出走した馬かオークス直行馬全てを買えば、少なくとも的中の可能性は非常に高いという事が言える

 

血統面では、ミスプロ・ネイティヴダンサー系サイヤーにノーザンダンサー牝馬という配合が、少ない出走頭数ながら、中々の好成績と高回収率を示している

 

 

 

小回りであるがために、シマイの斬れというファクターはあまり重要ではなく、むしろスピードの持続性に特化した馬を模索する事が必要であると思われる、後半のLapに急加速や急減速が無く、一定速で流れるレースを差し切る持続力こそが最重要ファクターである

逆算上り3ハでは最低でも0.8秒程度に位置し、そこから持続力で押し切るタイプが最も勝つ可能性が高いだろう

 

 

今年の出走馬で、血統面に於いて注目すべき馬は見つからない

なので、持続力レース適性について、とりあえず有力馬と目される馬について見てみる(登録28頭全てはウザすぎる)

 

 

アドマイヤセプター        1勝       3着1回            着外2回

アヴェンチュラ           2勝

エリンコート                      3着2回           着外1回

スピードリッパー         1勝 2着2回 3着1回

ドナウブルー           1勝                        着外1回

ビッグスマイル          1勝 2着2回                  着外1回

ホエールキャプチャ       1勝        3着1回

マルセリーナ                     3着1回

 

 

現在の状態や、そもそもの相対能力などのファクターを完全無視して述べれば、アヴェンチュラ ⇒ スピードリッパー ⇒ ビッグスマイル ⇒ ホエールキャプチャ という序列になる

 

この内、アベンチュラの前走が、前10年で連対馬を輩出していないクイーンSで、スピードリッパーが紫苑Sであるので、イラナイ確率が高い

 

京都内回り2000mを走った経験を持つ馬の登録が皆無な今年

サンプルの無い現状で推測する限りでは、ビッグスマイルとホエールキャプチャの2頭が、このバイアスでパフォーマンスを上昇させる可能性の高い馬であると言える

 

しかし常に問題は、馬個体の能力以上に ゛状態面゛ である

 

ビッグスマイルに関しては、9月27日(前走の9日後)から時計を出し始めて、先週5日の時点で坂路55.1秒を出している

まぁ、状態にそれほど大きな変化は無いと思われる、上昇も認められないし下降も発見できない

 

ホエールキャプチャは、ビッグスマイルより2日早い9月25日から開始、ほぼ全日に渡って坂路に入れて、先週は5日6日と速い時計を弾き出しているし、おとといの日曜にも52.1秒が出ている事から、状態面で叩いて更に上昇している事を示している

 

 

 

なんとなくではあるが、今年は優駿牝馬直行馬とか、海外のレース出走馬などが不在で、ローズS組の上記2頭で決まる可能性が高いように思える

あとは、最終追い切りを見定めて、好走馬を探し出す作業を行えば、それほど難しくなく的中に至れるのではないだろうか???

 

但し、不確定要素を多数孕む ゛牝馬限定戦゛ である故、渾身の馬券勝負は避けるべき

点数を絞って、遊び的感覚で参加が、最も健全だ

 


コメント(2)

ビッグスマイルが抽選を突破したらちょっとだけ買おうかと思っていますが、出走が叶わなかったら ゛ケン゛ 決定です(笑)

未だ、ケンしたレースで 『買っとけば良かったぁ』 という経験が無いので、今年もケンなら、無理して買っても、どうせ外れているでしょう・・・・

「桜花賞、優駿牝馬と比較すると、ガクンと格の落ちる歴史の浅いGⅠレース」

そもそも未だにクラシック扱いじゃないですからね
カオスなG1なんで今年も割と人気薄が来るかもしれないですね

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ