感想   菊花賞

| コメント(9)

麻雀で、一人が立直をかければ、他の三人は和了させないように廻す

1人が仕掛ければ、簡単には食わせないように打つし、絞って自分の和了を捨てて和了させないように最善を尽くす、それが勝負事であり、それがゲームを面白くする

一般人はそれをジャマと感じるかもしれないが、勝負というものは勝たせないとする負の力と、勝とうとする可の力の鬩ぎ合いでこそ、その美しさは最高潮に達するのだ

 

 

今日の菊花賞

せっかくオルフェーヴルが危うい一面を露呈しているのに・・・・・

 

後藤は池添を内に入れてはダメ

公営のジョッキーは、外に蓋をするつもりなのだろうが、今回は蓋では無くて外に弾かなくてはならない

 

わたしの見るところ、この二人のジョッキーが、もう少しゲームを面白くするための騎乗に専念していたなら、ひょっとしたら二周目の向こう正面までも、オルフェーヴルはかかり通しだったかもしれない

発馬から二周目までかかり通しで、にも関わらずシマイ爆発するのであれば、それはもう仕方がない

 

しかし外をずっとであれば、パフォーマンスを落した公算が高い

ポケットに入れたら、さすがに折り合っちゃうよ、ヤツらには無念を感じる

 

 

 

 

一言で断定は出来ないが、サラリーマンジョッキーが多い弊害ではないだろうか? いわゆる勝負師というタイプは皆無だ

加賀武見のような野武士のような・・・・・

飲んだくれて暴れるが、馬に乗ったら勝負師に変貌する

常識はかけらもないが、天才的な騎乗をする

 

ニッポン国は、全てに於いて平均化を望む

突出した存在を、その芽を摘もうとする  故にそのような存在が育たない

つまらない国だ

 

 

 

勝たせた

とも見える

 

 

誤解しないでもらいたい、彼の偉業に異を唱えているわけでは無い

ギリギリの勝負が無い、やわいゲームは仮想世界で行って欲しいという勝負師の願望

 

せめて競馬、せめてバクチでは、加賀武見の精神が必要だと思う

トウショウボーイを負かすには、一発カマシたれ、という捨て身の戦法が

でなければトウショウボーイを倒せない

 

 

 

 

 

感想としては、三冠というものの価値が

ホントに昭和時代と歴然とした乖離を感じてならない

 

 

その昔レコード大賞は、歌手にとって羨望の存在であったのが

ジャリタレ事務所に専横され、一介の作曲家に蹂躙され、その価値を失った過程と同様に感じる

 

 

今回の菊花賞ほどがっかりしたレースは過去に存在しない


コメント(9)

例えば10人の顧客(オーナー)を抱えて満足する人間と、それでも満足できずに、上を!!上を!!と飽くなき向上を目指す人間

明らかに魅力的なのは後者です、きっと女にモテるのも後者です

クソなんですよクソ
今年も1億稼いだし、身体にムリの無い程度に来年も頑張ろうって
クソでしょ????

サラリーマンは勝負の世界に居てはいけない、会社で勤めなさいって

その、いわゆる既得権的な発想や思想に問題があるのです
騎手やその他サークル内の人々にとどまらず、今のニッポン社会は既得権者の頑強な抵抗や、テコでも動かないその言動によって、様々な障害が生まれています

馬乗りなどというものは、それほど立派な職業ではありません
自分がどのような役割であるかを理解して騎乗している者は、ごく僅かで

勝つために、あらゆる手法と手段を講じる努力も怠っています
なぁなぁの世界では、ファンタスティックな感動は生まれません!!

死んでくれ、っていう気がします、もしくは馬から降りろと

>いろいろな意味でエージェントや馬主の絡みでしがらみは多い、
トップクラスではないけど比較的上位の騎手なんかは、
そんな風に見える時が結構ありますね。
馬券を買っている側からすると、
それもれっきとした「ヤラズ」なんですが。

勝負師に関しては、良い意味での狂人的な乗り役が
最近はかなり減ったような気がします。
昔と比べて騎手という立場が勝負を賭ける者というよりも
一競技のアスリートとして見られるようになったのも
勝負へのこだわりを薄くしてしまった遠因かもしれませんね。

ただ、今回のオルフェーヴルに対する抵抗は
あの辺りが本当に精一杯だったような気もしないでもないです。

かなり同感ですね
結局今の日本のベテラン騎手はもう一定の収入と地位のある
富裕層なんで一か八かをしなくてもいいのでしょう

それにくらべて地方、外人はその技術の割には
収入が少なく、スポット的にでも大いに稼いでやろうという気が強いのではないでしょうか?

個人的には競馬学校以前の馬事公苑時代の河内、南井、田原などが
去ってから競馬に勝負師がいなくなった気もするし
その辺りから安藤勝己やペリエの台頭が多くなった気がします

藤田だって男男とか言ってますが
もうハングリー精神なんてものはない富裕層ですからねぇ

 サラリーマンジョッキーというか、自分としては
「金持ちケンカせず」と言ったほうがしっくり来ますね。
お互いの立場があるから、最初からできる限り無茶はしない感じ。

いろいろな意味でエージェントや馬主の絡みでしがらみは多い、
トップクラスではないけど比較的上位の騎手なんかは、
そんな風に見える時が結構ありますね。
馬券を買っている側からすると、
それもれっきとした「ヤラズ」なんですが。

勝負師に関しては、良い意味での狂人的な乗り役が
最近はかなり減ったような気がします。
昔と比べて騎手という立場が勝負を賭ける者というよりも
一競技のアスリートとして見られるようになったのも
勝負へのこだわりを薄くしてしまった遠因かもしれませんね。

ただ、今回のオルフェーヴルに対する抵抗は
あの辺りが本当に精一杯だったような気もしないでもないです。

マジで競艇デビューの日も近いかも・・・・

まぁそうでしょうね
なんか・・・・・今日は・・・・・付き合ってる彼女が他の男と歩いてるところを見たような感じといいますか・・・・・

大した返しが出来ずにすいません

もう・・・
どいつもコイツもサラリーマンJKなら賞金とか無くて
年俸か月給料制にしてはどうだろう?
もちろん、勝率と3着率を考慮した階級システムで^^

ただ乗ってくるだけだったら大学の乗馬クラブの人でも十分。

個人的にはディープインパクトの年の方がジョッキーが何もしていないイメージでしたね


でした

個人的にはディープインパクトの年の方が何もしていないイメージでしたね
どいつもこいつもディープインパクトの近い位置で競馬したくないとか見え見えでしたし
一緒に競馬してた連中が実際に上記の発言もしてたので
今年の方がオルフェーヴルに近い位置で競馬してただけいいかなと
ディープの時の方が全く仕事してなかったと思います

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ