嗚呼メジロ牧場

わたしは函館に住んでいます。

わたしはよく札幌へ行きます。

札幌競馬場へ競馬をしに。札幌ドームへ野球を観に。試験を受けに。などなど


今回は母親と叔父と叔母を連れてとあるコンサートへ連れて行くという、タクシー業務みたいなやつでした。

コンサート会場まで車で連れて行き、終わるまでブラブラし、あとは連れて帰ってくるというなんと使えるアッシーくんなのでしょうね。


まぁそれはさておきですね。

函館から札幌というのは300キロもありましてね。北海道って広いんだなぁと毎度毎度改めて気づかされます。

長万部までは一本道。小樽方面へ向かうもよし、室蘭方向へ向かうもよし。

室蘭方面へ進んでずっと海沿いを通って苫小牧経由で札幌へ行くととんでもない距離になりますし、小樽経由で行くと冬は両サイド雪の壁ですし。

速く行くなら高速道路!とならないのも函館-札幌間の不思議。おそらく利用のほとんどがトラックです。馬運車は高速乗りますね。


函館→札幌の一番のルートは、

函館 → 長万部 → 豊浦 → 洞爺 → ルスツ → 中山峠 → 定山渓 → 札幌

となると思います。暇だったら地図でも開いてください。

簡単に説明すると

豊浦・・・ボクシングの内藤大輔選手の出身地

洞爺・・・洞爺湖付近。洞爺湖サミットなどがありましたしだいたいわかってくれますよね?

ルスツ・・・留寿都。遊園地があります。

中山峠・・・羊蹄山という山を左に見ながら超える峠。頂上の道の駅の揚げいもが有名。

定山渓・・・札幌市の南はずれにある温泉街。



今回もそのルートです。
豊浦を越えるとちょくちょく牧場も見えてきたりします。「あ、馬だ」「あ、牛だ」と毎度反応してしまうわたしはまだまだ子供心が残っているのかもしれません。

そう、そしてこのルートを通ると洞爺ではメジロ牧場の前を通ることになるのです。

サミットも行われたウインザーホテルを丘の上に眺めていると、左側にメジロの勝負服でおなじみの緑色の屋根が見えて・・・


  メ  ジ  ロ  牧  場  


と大きく書いているのが印象的。馬が放牧されていて、
「あれはメジロ何という馬なんだろう?」なんていつも思いながら通過していました。


しかし、そのメジロ牧場と書かれた屋根はもうなかった。

馬は・・・いた。


何でしょう。メジロ牧場!と主張しないあの建物に何の魅力も感じなかった。

行きは必ず「あ、メジロ牧場だ」となるのに、帰りは絶対に見逃してしまうということについては謝ります。

だからお願い。あの文字だけは残してください。

確かにもうメジロ牧場はないのだけど・・・・

何か・・・寂しくなりました。



コンサートとか内藤大輔とか定山渓のくだりとか全く不要でしたね。

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ