2012年競馬日誌 その4

| コメント(3)

3.その状況とは?

サンデーサイレンスの後継種牡馬がことごとく成功したこと。その結果、非SS系の繁殖牝馬の需要が増えた。幸いにも資金は潤沢にあるので、欧米から良血の牝馬を購入することができる。まずはその手当が第一。さら

に返還条件付きのクラブ馬がいるわけで、牧場が満杯になってしまった。

 

ある情報では、「繁殖牝馬数 社台514頭 ノーザン563頭 白老193頭追分83頭」だそうで、総数1353頭。ドイツの年間生産頭数がそれぐらいだったわけで、一国の生産頭数に近い数字。

 

そこで、新たな生産牧場を、というのも問題がないわけではない。日高地方では廃業する牧場も多く、日高の生産者がそれらをすべて吸収することも難しい。社台はすでに小さな育成牧場を日高に持ってはいるが(購入動機は、おそらく金融サイドからの要請)、だからといって本格的に生産をというのは、やはり軋轢が心配だ。

 

その点、有力オーナーが牧場を開設するというのは、地元も歓迎するだろうし、日高地方の馬産の活性化という点でも意義は大きい。有力馬主のオーナーブリーダー化の道は、大きく開けているわけだ。

 

そこで、2つ目の予想。

「次に牧場を開設する有力オーナーはY氏」

彼は、すでに一口馬主クラブを持っているし、有力なサポート集団もいる。オーナーブリーダの最有力候補だと思うのだが。さらにK氏やM氏も牧場を開設というような流れになれば、ファンサイドとしては楽しいのだが。(この項、終わり)


コメント(3)

ありがとうございます!
どちらかというと、牧場→馬主になるものなのかなあと思っていたので、馬主→牧場というのも多いのだなと勉強になりました。

社台ブルーグラスファームです。ここで初期育成をしているよう。他にも日高社台ファームというのもあるようです。いずれも日高町。

馬主の牧場というのはたくさんあると思います(それがすぐに思い出せないのが老化)。
協和牧場とか、古いところではバンブー牧場など。
最近では、オリオンファーム。ここはシンガポールの日本人馬主が開設した牧場だと思います。

Y・K・M氏、とても気になります^^
馬主が牧場を開いて生産を開始する例というのはけっこうあるものなのでしょうか?
社台が日高で始めた小さな育成牧場というのはなんというところでしょうか?
質問ばかりですみません!

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ