当たるまで続くWIN5の旅 第3話 ~1月7日予想~

~第1レース 京都9R 許波多特別~
エクセルサス、ロードオブザリングは3歳春に同着を演じたことがありましたね。
その時の4着馬がメイショウウズシオですからついに激突・・・
激突の場が1000万下とは・・・ちょっとがっかりですが・・・
ここは京都外回り巧者ロードオブザリングを素直に信頼。京都外回りなら重賞でも掲示板に載る馬ですので。

2.ロードオブザリング


~第2レース 中山10R 迎春S~
トウカイオーロラにしようかと思ったんですけど2場開催なのにどうしてこのジョッキーを抜擢したのかは正直よくわかりません。まぁセンスはあると思うけど。
ドリームセーリングとコスモラピュタの逃げ争いの2頭買いも考えましたがコスモラピュタは脆いのでね。意外と落ち着くのかも。
内で我慢するコスモロビンが魅力的に映りますが昇級で斤量増ではね。
それならば中1週で意欲的に遠征してくるメイショウドンタクの復調に期待したい。このメンバーなら。

11.メイショウドンタク


~第3レース 京都10R 寿S~
ココが難解と判断します。
アナバティックが人気なのでしょうけど正直スピード不足という評価をしている馬なのですよね。前走はダノンシャーク相手によく食い下がっているとは思うんですがちょっと他も情けなかったのかな?というんしょうもあるのでここはアナバティック切りで。
2000mは微妙でもロスなく立ち回れそうなシルクアーネスト、長期休み明けでもクルクル回るコースで立ち回ってこそのマルカボルト、前目につければしぶとく馬齢ならさらにやれるはずのカワキタフウジン、現級安定のタガノエルシコを。
ラフォルジュルネはどうして関門橋Sに行かないのかわからないので消し。

1.シルクアーネスト
5.マルカボルト
8.カワキタフウジン
11.タガノエルシコ


~第4レース 中山11R ジャニュアリーS~
金杯デーもダートの1200mがありましたけど逃げ馬狙いはキツイですね。
ただ後ろから行きすぎると届かないのがこのクラスだろうと考えます。
斤量が重くても得意条件のティアップワイルド、クラスが上がってペースが上がってからますます安定してきたゼンノベラーノの2頭。

5.ティアップワイルド
6.ゼンノベラーノ


~第5レース 京都11R シンザン記念~
ナンデの予想の通りトウケイヘイローで。
シゲルアセロラが引っ張って縦長→去年のように先行抜け出しで決まると予想。朝日杯だけ走ればあっさり、のはず。

11.トウケイヘイロー


1→1→4→2→1 で 8通り


なお、結果編は次週の予想時にまとめてやることにいたします。ご了承ください。
の詳細解説を見る

最新記事一覧

もっとみる >