桜花賞(GI)2012:新星ハナズゴールの本質を斬る(後編)

 さて、前日に新星ハナズゴールの圧倒的なパフォーマンスの評価を前編としてお届けさせていただきましたが、本日は敗北を喫している2つのレースから違う角度で分析してみたいと思います。

 

 まずはトーセンベニザクラが勝った赤松賞ですね。トーセンベニザクラは後方からの差し切り勝ちを収めていて、ハナズゴールが負けた理由が単純に前残りが原因だとかそういうわけではないはずです。この馬の弱点がここには隠されているとみていいでしょう。東京芝1600m良馬場。見てみましょう。

 

 12.6 - 10.9 - 11.8 - 12.2 - 12.5 - 11.0 - 11.5 - 12.0

 L4で12.5と少し減速した後に、L3で11.0と、ここで一気にペースアップしています。が、L3最速戦らしく、L1では12.0と落としているレースで、全馬脚を出し切れるレースにはなっています。

 

 五分のスタートからある程度押して先行する構えを見せるも、結局は中団よりやや前という位置で競馬。向こう正面で少し下げる不利は見られたが、極端ではない。それでもこれでポジションを下げてしまう。3角で内から中目に進路を取って、4角でじわっと仕掛けるような感じ、中団やや後方で直線を向く。序盤の速い地点では、比較的良い脚を使っていたものの、減速する後半になると思った以上に伸びきれずに、最後はなだれ込む程度の競馬となっている。

 

 これは前編で見せた強烈なパフォーマンスからは考えられないぐらいの凡戦となっています。ここの敗因分析はすごく難しい。昇級のペースに戸惑ったと言うほどの早いペースでもないはずなのだが。いくらか考えられることを挙げてみると、向こう正面で多少ブレーキが掛かったときにやる気が削がれたか、実は序盤にちょっとだけ脚を使ったが、それがこの馬にとって良くなかったのか。まだデビュー2戦目のことでもあるので、馬自体がまだ安定していなかったのか。色々な要因が考えられるわけですが、一応ラップ分析派としては、序盤のペースが新馬に比べて少し上がってしまったのが少しあったかなと思います。新馬戦ではこれよりやや遅いペースでも追走に苦労していたので、陣営が意識的に少し前を考えての競馬をしたが、この馬にとっては厳しかったのかもしれません。敗因が明らかには出来ないものの、上記のことを頭にとどめておいて菜の花Sにいきましょう。

 

 菜の花Sは中山1600mで行われました。牝馬限定戦ですし、本当に力があれば崩れることはないはずなんですよね。しかし崩れている。これも何らかの問題があったと考える方が妥当でしょう。中山芝1600mヤヤオモ馬場。

 

12.4 - 11.3 - 11.8 - 12.0 - 12.3 - 12.2 - 12.0 - 12.2

 2F目以降は12秒台前後を刻んでいく、俗にいう平均ペースというやつです。平均的なスピード持続力が問われる中山マイルらしい競馬になっていて、かつL1がそこまで落ちていない。基本的には前有利のラップ構成になっています。

 

 五分のスタートから中団で競馬を進める。抑え気味だが折り合いに苦労することはなくスムーズに進める。3角で中目を追走しながら、4角で外に出して押し上げを計るが窮屈になって後方で直線を迎える。この時点で致命的な差があったわけですが、直線でも目立つような末脚を発揮したというわけでもなく、なだれ込むだけの競馬になっています。

 

 これがこの馬を測るうえでは重要な一戦になっていると思います。平均ペースで追走してはいますが、やはり要所で置いていかれている。この2走は共に持ち味の切れ味を全く出すことが出来なかった。赤松賞の方はともかく、菜の花Sの敗因は平均的な競馬になって追走に脚を使い、持ち味の切れ味が削がれてしまったのではないかと考えます。もちろん、4角でスムーズさを欠いたことも敗因に挙げることはできますが、それならラストでもう少し伸びてこないと説明できない。この馬にとって、この敗戦2走は共に、ペースの割に序盤に自分の脚を使ってしまったというところが原因と考えるのが妥当ではないでしょうか。

 

 そして、前編にあった強烈なパフォーマンスを考えた時に、どのレースも序盤に無理をしていないんですよね。序盤に無理して追走せずに、道中この馬のリズムを保って後方から進める。そうすると勝負所では鋭く反応して最後まで鋭い切れ味を発揮しています。新馬戦を見た時に感じた「マイルはちょっと長い気がする」という点は、この辺が大きいのかもしれません。東京1400はペースが上がりにくい特殊なコースなので、前半の追走スピードを問われなかったという点でこの馬には合っていたと思いますが、本質的にはマイルより長いところでゆったり運んだ方が良いタイプのように感じています。マイルという距離ながら、中長距離的な競馬が出来ない馬でないとなかなか苦しい阪神1600mの舞台で圧勝できていることからも、その裏付けとしては十分ではないでしょうか。

 

 では、現時点でのハナズゴールの診断結果を。長所は前編にも載せているように「トップスピードの切れ味と、それを長く使える持続力」。しかし課題として残るのが、「序盤に追走で脚を使わされた場合」。勝った時のパフォーマンスが化け物レベルなのは確かだが、とてもその化け物とは思えないほどの敗北を喫しているのも事実で、高いパフォーマンスを中心に考えると、その敗因が解せないという難解な馬であることは確かです。今のところは、この馬は序盤で脚を使わずに、自分の脚を引き出すことに徹することが勝利への一番の近道ではないかと考えています。

 

 個人的には恐らく2200~2400mぐらいがベストではないかと考えております。もっとも、血統的にオレハマッテルゼ×シャンハイと、血統を知る人なら短距離ベスト同士の配合ということもあって、違和感は残るのですが、少なくともマイル以下で純粋なスピードを問われて良いタイプには全く思えません。オレハマッテルゼ産駒の傾向がまだ全く分からない状況ではありますが、芝2000mで勝ち馬を出しているように、サンデーサイレンス直仔種牡馬らしく、本馬の成績と産駒成績が重ならない可能性もあるでしょう。この血統で、距離が伸びて不安が出てくるようであれば、是非とも狙いたい一頭だと思っております。

 

 今回は桜花賞の診断ということで、やはり課題は序盤に脚を使わされるようなペースにならないかどうかでしょう。今はとてつもなく時計が掛かる馬場ですが、馬場が軽くなってペースが上がってくるようなら、不安も多少はあるのではないでしょうか。ただし、阪神マイルは強い馬ならペースに惑わされることなく最後方から進んでも届くコースです。どんな馬場になっても、自分の脚を引き出すことだけを考えて、無理せずリズム良く運べれば、結果はついてくる、そういう馬ではないでしょうか。近走は序盤に手を動かしてみたところで、前目にとりつけることは出来なくなっているし、この際、後方からと割り切って競馬をしてみてほしいですね。ここ2走のパフォーマンスは凄まじいですから、それを引き出せれば好勝負は確実でしょう。とはいえ、不安も無きにしも非ず。スムーズな騎乗が必要になってきます。その辺りをクリスチャンがどう乗ってくるか、楽しみですね。


能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ