皐月賞(GI)2012:ワールドエースと福永が中山2000の舞台で...?

| コメント(2) | トラバ(1)

 先週は非常に残念な結果となりました。注目馬に挙げていたハナズゴール...前後半の2度にわたって分析をお届けしてまいりましたが、桜花賞を回避という無念の結末に。関係者の無念も察するに余りありますが、この2度の記事が水泡に帰してしまった僕も、相当なショックを受けております。結果も結果でしたが、やはりハナズゴールが出ていれば、どういう競馬になったんだろうかというタラレバがどうしても出てしまいますね。今週の注目馬は皐月賞のワールドエースですが、まずは何とか無事に出走していただきたいと切に願います。

 

 その前に、ここでお届けしている注目馬診断のコーナーですが、コンセプトとしては「世間的な注目馬」を「そのレースにおいて」、「是か非か」という観点で進めております。ですから、ここで取り上げた馬が必ずしも評価している場合ばかりではないということをご理解ください。

 

 今週の注目馬、関西ディープインパクト産駒の最有力候補に挙げられているワールドエースと、昨年のリーディングジョッキー福永祐一のコンビですね。若葉Sを圧勝してこの舞台に挑んでくるのですが、恐らく1番人気か2番人気になるであろう1頭です。今回はこの馬の能力、適性を分析して、皐月賞という舞台でどうか、という診断を行いたいと思います。

 

 まずは伝説となっているきさらぎ賞のパフォーマンスから。京都芝外1800m良馬場

 

 13.1 - 11.5 - 11.9 - 12.5 - 12.7 - 11.6 - 11.3 - 11.3 - 11.1

 

 前半からスローペースで、中盤更に緩んでいて、後半は11秒台が続きL1最速というかなり切れ味に特化したレースながら、全体時計まで早いというちょっと特殊なレース。下り坂でペースが上がりながら、前との差がほとんどない団子で直線ヨーイドンではあるし、L3から11.3とかなり速い脚を要求されているので、ここに向けて下り坂でゆったりと加速して、勢いに乗って直線を迎えた差し馬が有利という展開ではあったかなと思います。

 

 出は良くなかったが、ペースも上がらなかったのでじわっと追走。騎手の重心はやや後ろにはいっていたけど、折り合いに苦労することはなかった。3角坂の下りでペースが上がると、ここで外からじわっと押して追走していく。4角でも中団の後ろぐらいから押し上げるというほどではなく3馬身差程で直線を迎える。直線序盤でトップスピードにすぐに入るとグングン伸びて一気に先頭。L1でもそれをしっかり維持して最速の11.1を刻んで完勝した。2着に入ったヒストリカルが毎日杯を制覇していて、3着以下は千切っている。

 これだけ見ると、やはり評価すべきものではあるのだが、一つ注意すべき点があって、この日の京都というかきさらぎ賞までの京都の芝と比べると京都記念からの京都の芝では目に見える範囲で時計が出にくくなっていて、1:47.0という時計は早いのは事実だが、京都の当日の馬場状態を考えれば、かなりスローであったことは間違いないです。レースの上りが33.7という馬場状態で1000通過が61.7というのは馬場の割にかなりスローと言えます。前日のエルフィンSでも1:36.9と時計は遅いですが 11.4 - 11.5 - 11.1とL1最速11.1という競馬になってます。パフォーマンスとしてはかなり高いと思いますが、あくまで高速馬場での上り勝負、という前提が付きますね。ただし、61.7というスローペースの流れで、1:47.0という全体時計は馬場を考慮に入れても破格といえて、このレースの評価を時計的にするなら、GI級であるということは間違いないと思います。

 

 そして、その前提の上で、評価すべきはトップスピードの絶対値。これは凄い。4角~直線は決してスムーズな流れというわけではなく、外に振られていたのですが、そこから立て直して追われると一気にトップスピードに入って前を貫いた。3Fでの平均的な脚という点ではヒストリカルの方が時計的には上。ですが、これは超スローで残り4Fから仕掛けて脚を使って詰めている点、3-2Fの地点でロスなく内を回しているから結果的に3Fの上がり時計では速かったというだけであって、勝負所での鋭い瞬発力という点ではワールドエースには及びません。きさらぎ賞では、少なくとも高速馬場でスローの上り勝負ならば世代トップクラスのものがあると言って良いでしょう。

 

 続いて若葉Sのレース分析を行います。阪神内回り2000mとある程度のタフさが要求される舞台。その上にヤヤオモ馬場と時計が掛かる状態で、真価が問われた一戦でした。

 

p> 

12.6 - 11.8 - 13.1 - 12.7 - 12.8 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.9 - 12.6

 1000通過が63秒と、きさらぎ賞より遅いものの馬場を考えればむしろこちらの方が超スローというほどではないというレース。それでもスローには変わりないですが。ただ、大きく緩むことなく徐々に加速していくレースでした。それでも馬場差があるとはいえ、翌日の準OP但馬Sよりも0.7早い時計でラップ面でも大きな差はないレースでした。つまり、時計的な評価ではGIで上位で戦えるだけのものは見せていると言えます。

 

 やはりスタートは良くなくて、後方からの競馬になる。ポジション的にはきさらぎ賞よりも後ろでの競馬になっている感じ。3角で中目から徐々に仕掛けて押し上げていく。4角で外、更に大外に持ち出して追って中団ぐらいで直線。直線序盤ではきさらぎ賞で見せたほどの爆発的な瞬発力は見せずに、押し上げてくる程度だったが、前がばてたL1でしっかりとばてずに鋭く伸びてきて、突き放す完勝だった。

 

 ただ、この競馬を見る限り、相手関係や時計面の比較を考えてきさらぎ賞のパフォーマンスからは下げてきていると思います。特にきさらぎ賞で目立った勝負所、直線序盤での切れ味というものはやや影をひそめてしまったかなと。それでも後半のL1で脚を伸ばしていることから、今度は末脚の持続力というものもある程度のものを見せてきたと言えそうです。この条件下でもある程度高いパフォーマンスを見せたという点では評価は出来ますが、きさらぎ賞で見せた圧倒的な切れ味を活かすならば、やはり軽い馬場が良いということでしょうか。内有利馬場だったことを考えると悪くはないが、相手関係を考えれば強調は出来ないという感じですね。今年は割とハイレベルな世代であると思いますので。

 

 ゼロスに逃げ切られた唯一の敗戦若駒Sでも京都の内2000m重馬場でレースが行われていますが。

 

 13.5 - 12.2 - 13.2 - 13.3 - 13.2 - 13.5 - 12.5 - 11.7 - 10.7 - 11.5

 このレースも出は悪い。5頭立てとはいえ最後方で進める。終始馬群は5頭で5馬身ぐらいの範囲で競馬。下り坂でゼロスが加速させて11.7-10.7の時にはあまり鋭く反応できずにこの時点で勝ちはなくなり、L111.7のところでじりじりと伸びて2番手をかわすまでの競馬となっています。

 

 このレースで思ったことは、すっとは動けないんだなということですね。5頭だて、L4から徐々に加速する競馬となっていて、L2最速が10.7と逃げ馬にこれを出される競馬では勝つのは難しいのだが、2着馬をかわすのも苦労していたことを考えると、瞬発力という点では実は疑問がある馬なのではないかと思っていました。もちろん、若葉Sのパフォーマンス低下から、道悪が得意ではないという可能性もあるわけですが、このレースはかなりの凡戦で、きさらぎ賞で見せたようにトップスピードに入りきれれば凄い切れ味をもっている馬なのであれば、京都内回りでも下り坂がある以上、本来ここでキレ負けするというようなことはないはずなんですよね。

 

 きさらぎ賞で見せた勝負所での切れ味というのをもう一度考えてみると、L4から11.6 - 11.3 - 11.3 - 11.1というラップなんですよ。これは、単純に言うと、前半の超スローから4Fの切れ味勝負になっています。ワールドエースがきさらぎ賞以外で見せた競馬は、勝負所での切れ味というよりは、L1の落ち込みで差し込んできている印象が強いですよね。それがきさらぎ賞だけは直線入りの切れ味が最も評価できるポイント。やはりL4から11秒台の脚を問われて、ここで追走することによって2F後の直線入りで鋭さを引き出せたのではないでしょうか?そう考えれば、この馬は加速するのに少し時間がかかるのでは?と考えるのが良さそうです。

 

 つまり、若駒Sでは、3Fの勝負になってしまい、トップスピードに入れられなかった。若葉Sでも大きく加速したのはL3からであり、L1でようやく伸びてきたというイメージです。

 

 そして、もう一つ疑問があって、コーナーの緩い京都外で下り坂を利して徐々に加速していってのきさらぎ賞は凄かった。が、コーナーがややきつい京都の内回りや、阪神内回りではそこまでのものはなかったということからも、小回りコースはどうなんだろうという点も気になってきますね。何度も言っているように、トップスピードの速さが持ち味の馬なので、それを殺されかねない舞台は合わないのではないでしょうか。露呈させている不安点という点ではこの2つが当てはまるように感じます。

 

 この2つを考えるうえで、1つ目の加速力の不安という点では、中山向こう正面の下り坂があるので、超スローの3F勝負で勝負所が下り坂を過ぎてから、なんてことにならない限りはそれほど大きな不安ではないかなと思われます。むしろ、やはりコーナリングが問われる中山の舞台がどうかでしょうね。

 

 そして、露呈させているわけではないものの、依然平均ペース以上での実績が無いという点は不安材料でしょうね。特にトップスピードの高さが魅力の馬だけに、ペースが上がることによって追走に脚を使わされることは好ましくないと思いますし、スタートが悪い馬なので、物理的に差すのが苦しくなるケースも考えておくべきでしょうか。

 

 最終的な診断を下しますと、トーセンラーの強化版という印象ですかね。トップスピードは三冠馬にも決して引けを取る馬ではないが、平均的な競馬になると勝負所で甘さを見せるという点で近いかもしれませんね。ただし、若葉賞でもそれなりのパフォーマンスを見せているという点はそれなりに評価しないといけません。きさらぎ賞のパフォーマンスは誰が見てもダービー向きのものですし、皐月賞で中山の差しに目途が立っていない福永が騎乗するのであれば、基本的には買いづらい存在であると言えると思います。あまり推奨できる馬ではないと、ここでは判断しました。


コメント(2)

返信が遅れまして申し訳ないです。

う~ん、思ったよりも強かったですね。若葉賞で見せたようにタフな馬場でも対応できる力はあったし、平均以上のペースになっても脚を使わされることなく最後まで伸びたのは驚きでした。どうも、やっぱりコーナリングに難があるような気がしますね。今回も直線に入ってすぐまではグランデッツァの方が良い脚でしたからねえ。加速までに少し時間がかかるのかもです。

おお これほど論理的にワールドエースを斬っている予想は初めて読みました
私は単純に強いんだろうなあ、買いたくないけれど怖いなあ、、という存在だったんですが、ちょっと自信が湧いてきてしまいました
ありがとうございます!

トラックバック(1)

皐月賞 小倉の馬券師Tの見解 その1 ワールドエースの切れ味=ワールド級。 2走前のきさらぎ賞で私がそう感じた理由は 単に上がりが33,0秒... 続きを読む

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ