フローラS(GII)2012:ミッドサマーフェアの底知れぬ地力を注目

| コメント(2)

 月火更新でありながら、水曜日になってしまったことをまずお詫びいたします。そして、皐月賞であまりお奨めできなかったワールドエースが見事に2着に入ってしまったこともお詫びいたします。う~ん、あれだけ外を回して伸びてきちゃうとは。馬場の傾向的にも時計的にもこれはちょっと見直さないといけない部分が多くあると思います。この時点なので、全てを見通せるわけではないですが、GIのペースになっても追走に脚を使わされるというようなことはなかったですね。あの馬場で34秒台の脚を最後に使えるわけですからね。参りました。

 

 さて、今週は谷間の週ということで、一流のマイラーが集まり京都に変わったマイラーズCか、オークストライアルで重要な一戦であるフローラSかで迷いましたが、やはり今年のオークスの混戦模様から見ても、フローラSの段階で面白い馬を探っておきたいということで、フローラSに決定いたしました。その中で、君子蘭賞でぶっちぎりの圧勝を見せたダーレーの秘密兵器ミッドサマーフェアに注目です。

 阪神芝外1800m重馬場。

 

1:49.7 12.5 - 11.2 - 11.3 - 12.1 - 12.2 - 12.6 - 12.8 - 11.7 - 13.3

 ペースは前半3Fで35.0と馬場を考えればかなり早く、中盤で少し緩んではいるものの、L1では13.3とかなり落としていて、少なくとも前半にラップに合わせた逃げ先行馬にはかなり苦しい競馬になっていると思います。

 

 スタートは五分だったが、そこからやや行き脚がつかずに後方からの競馬になる。ペースの割に団子で進んで、向こう正面でミッドサマーフェアも積極的に押してポジションを上げていく感じで3角へ。3~4角で外目から押しながらもポジションを上げていき、出口では中団ぐらいで直線を迎える。序盤で外からじわじわとしぶとく伸びて一気に先頭に躍り出る。L1で多少ふらつきながらもグンと伸びると最後は突き放しての圧勝となった。

 

 このパフォーマンスを見て、かなり長くいい脚を使えるんだなというのが第一印象ですね。特に団子でペースも早かった流れの中で、後方だったとはいえ押しながらポジションを上げていく競馬。コースロスはかなりあったと思いますし、早めに仕掛けながらも最後まで脚色を衰えさせなかったというのはかなり評価が出来るポイントではあります。単純比較はできませんが、ヒストリカルが勝った毎日杯の勝ち時計が1:49.6ということを考えても、このレースがいかに地力が問われたかの証明のように感じますね。間違いなく地力は今年の牝馬クラシック路線の中でも1,2を争える器だと思います。

 

 ただし、このレース単体で見ても疑問があるのは、やはりすっと反応できるかどうか。特にフローラS、オークスといった比較的瞬発力が問われやすいコースで行われる場合、単純な地力よりも、すっとスピードに乗れるというような瞬発力が問われるケースが多いです。そこを対応できないようでは仮に実力はGI級であったとしても、権利を取りこぼす可能性は否定できないでしょう。トラックバイアスで内有利の府中で外から届くというのは余程抜けていないと難しいですしね。そこで、そういった適性をもっているのかどうかを今度は測ってみたいと思います。

 

 気になるのはクイーンCの6着。これがどういう競馬だったのかを見てみましょう。

東京芝1600m良

 

1:37.2 12.6 - 11.6 - 12.4 - 13.1 - 13.0 - 11.5 - 11.0 - 11.4

 

 超スローからの3F瞬発力・キレ勝負戦になっています。4-3Fで13.0-11.5とかなりの瞬発力が問われていた上に、内有利馬場だったことを考えれば、差し馬にはかなり苦しい競馬になったと言えますね。 

 

  出負けしてダッシュがつかずに最後方から。3角で外から押し上げていくような形。4角でもてを動かされながらも差を詰められずに大外ほぼ最後方で直線。序盤で外から伸びてはいるものの、やっぱりジリジリ。しかしL1でも脚色衰えずにジリジリと伸びてきてのなだれ込み6着でした。

 

 まあラップ面や馬場から外差しにはかなり苦しい展開だったのは間違いないのですが、個人的には緩いところで外から押し上げて加速が出来ていたのと、そこから最速地点へ向けて直線でもスムーズに迎えていたので、それでも直線で鋭く伸びてこなかったということに関しては、瞬発力でやや疑問が残るのは間違いないと思います。少なくとも中団でペースが上がったときにすっと動けるような馬ではないような気がしますね。ただし、後半になっても脚色を落とさなかったことからも、切れ味の持続力はそれなりにあると思います。なのでキレ負けというよりは、位置取りと仕掛けどころが非常に重要になってくると思いますね。前の馬に合わせて仕掛けていては、動き出しが遅くなるという馬ではないでしょうか。

 

 裏付けというわけではないですが、黄梅賞も見てみましょう。

 

1:38.1 12.9 - 11.8 - 12.3 - 12.8 - 12.8 - 12.1 - 11.5 - 11.9

 

 中団で競馬をしながら、勝負所の3~4角で中目を追走。4角の最速地点でポジション争いに負けて一旦後ろに下がってます。しかしそこからL1で外からグングン伸びてきています。ここからも、手が動いてからワンテンポ遅れて伸びてくるという印象が極めて強いですね。

 

 総合的な判断をすると、

「地力はGI級だが動き出しが鈍い」

 

 ということになりました。君子蘭の内容はかなり強烈でしたし、あれはこの馬がずっと押し通しで脚を使い切れたからというのが正しいでしょう。問題なのは府中の舞台でその脚を出し切れるかどうかでしょう。スタートが良くない馬なので、2000mに延長するのはプラスになりそうです。これでどの位置につけられるかが重要でしょうね。外枠で自由に動いていける方が良さそうです。いずれにせよ、最後は必ず伸びてくるので、極端な内有利でなければここはある程度期待できるでしょう。勝ちきれるかどうかは騎乗に掛かってくると思います。


コメント(2)

コメント有難うございます~

無事権利を取ってくれましたね。それも快勝でした。蛯名騎手が上手く乗ってくれた印象ですね。それと距離延長で前目につけられたし、そこからの終いもしっかりしていたし、やっぱり距離が伸びた方が競馬がしやすそうだなというのも感じましたね。これは本番がかなり楽しみになりましたね。

この馬はタニノギムレットらしくないフットワークで、硬めで大飛びでなくて、キングマンボっぽさのほうが感じます
ベッラレイアのような差しきりが見られれば、オークスが盛り上がりますね

能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ