オークス(GI)2012:桜花賞馬ジェンティルドンナを斬る!

 先週の注目馬診断はオールザットジャズを取り上げ、ヴィクトリアマイルではお勧めできないという診断を下しましたが、見事に?ぶっ飛びました。しかし、2番人気だったんですね。ちょっと意外でした。途中までは3~4番人気ぐらいかなと思っていたのですが、想像以上に直前で人気を集めたのかなという印象です。ある程度予想通りの競馬になりましたね。あそこまで高速化して、終いの瞬発力が問われる、いわゆる「軽さ」が問われる舞台で本格派は来ないです。カワカミプリンセスやスイープトウショウが惨敗して、ブエナビスタが牝馬相手に苦戦するコースだというイメージがもろに当てはまりましたね。やはり前々で立ち回れ、勝負所ですっと動ける馬が上位に来るということですね、予想通りです。

 

 2万負けた!

 

 まあ、2万は冗談としても、馬券は外してしまいました。アパパネ本命も結果的には失敗でしたね。気を取り直してオークスの注目馬診断をしたいと思います。一杯い過ぎて、どれにすればいいかと悩んだ挙句、やはり唯一のGI馬であり、人気確実で、かつここでまだ取り上げていない桜花賞馬ジェンティルドンナを取り上げようと思います。

 

 まずベストパフォーマンスと言える桜花賞から。相手はヴィルシーナやアイムユアーズといったところで、春の実力馬を相手にといったところでした。

阪神芝外1600m良

 

1:34.6 12.7 - 10.9 - 11.3 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.0 - 12.2

 同日古馬1000万下で1:35.2という時計内容。まあGIではあるので、これを上回ってもらわないと困るかなという点ではまずまずの時計。ラップ的には前半が34.9、中盤で12秒台が3F続いてL2最速11.0。L1で12.2と落ち込んでいる。中盤がそこまでペースが上がっていない分、後方の馬も追走は無理なくできる。しかもL1落ち込んでいることからも、十分に差し届く展開。比較的力勝負にはなっていると思われます。

 

 スタートは五分でしっかりと出る。そのまま馬群の中、終始中団で3角。3角でも中目を通して中団のまま、4角で仕掛けて中団で直線。序盤でしっかりと伸びを見せてくると、L1で内の2頭も抵抗をしてくるものの、最後は岩田追いでそのまま抜け出しての完勝となった。

 

 実はオーソドックスな競馬をして勝っているので、意外と回顧するところがないですね。強いて挙げれば、L2-1でも一番良い脚を使っていたのだから、単純な力という点、脚を出し切れれば桜花賞組の中では最上位確実だと思います。ただし、阪神外1600mというコースでそれなりにペースも上がったということもあるので、競馬としてはしやすかったのかなという気はします。これが東京という舞台でしっかりと加速してスピードに乗れるのかどうかですね。

 

 続いて敗れたチューリップ賞。これは内で包まれた上に、相手がハナズゴール。相当強力な馬相手に、スムーズさを欠いた印象だったが、一応見直してみましょうか。

阪神芝外1600m良

 

 

1:35.5 12.7 - 10.9 - 12.1 - 12.3 - 12.2 - 12.2 - 11.3 - 11.8

 ここもスタート五分で進めるのだが、中団にすっと下げると、前の馬も下がってきてしまい、必要以上に後方に下がる形。道中も最内で押し上げられずに窮屈で3角。3~4角で最内からじわっと仕掛けるが、外から勢いをつけていく馬にポジションを上げられて中団の最内で直線。序盤から追われるのだが、ここで伸びることはなく、外のハナズゴールにあっさりかわされる。L1でようやく伸びを見せるが、ハナズゴールとは勝負にならず、2番手争いにも大勢不利で4着に終わった。

 

 ここの内容からも基本的に窮屈な競馬を好まない感じですね。阪神の外回りは外を回して直線に向いた馬の方が良い脚を使えるコースでもあるので、内で勝負所に加速しきれなかったという点では敗因の1つかもしれない。ハナズゴールのパフォーマンスが高すぎるので比較するのは難しいが、 ジョワドヴィーヴルやエピセアロームにも先着を許している点で、やはりこの馬は勝負所ですっと反応できる脚に欠けているかなというイメージがありますね。

 

 次は更に勝ったシンザン記念を見てみます。この相手はマイネルアトラクトやプレミアムブルーといった中堅どころ。そう考えるとそこまで評価できるかは疑問ですが、時計的には評価できるんですよね。

京都芝外1600m良

 

1:34.3 12.2 - 11.1 - 11.7 - 12.2 - 11.6 - 11.9 - 11.7 - 11.9

 

 同日はなかったものの、翌日の古馬1000万下の走破時計が1:35.4、L1が12.1。これと比較すれば、かなりレベルが高い走破時計とラップであることは分かる。ラップとしても坂の手前で12.2と少し落としている程度であることを除けば、あとは11秒台。平均的なスピードが問われたマイラー色の強いレースであったと言えます。

 

 五分のスタートから楽にスピードに乗るが、ここで前が壁になりブレーキをかけて引っかかる形。逃げ馬に少し離される形。3角で内目、馬群の中で追走。4角で仕掛けて5番手3馬身差ほどで直線。序盤でジリジリと馬群を割って伸びてくると、L1で先頭に立ち、そのままリードを広げての完勝。

 

 これは時計面からもラップ面からもかなり優秀で、切れ味を見ることは出来なかったけど、平均的なスピード勝負で楽に追走して勝負所から最後まで一定以上の脚を使ってきた。本質的にはスピードが勝った馬なんじゃないかなと思いますね。これを見た後だと、チューリップ賞で考えた戦法というのは、何とか2400mをこなすための修正作業というような気がします。桜花賞ではしっかりと中団からの競馬に対応できていますしね。しかし本当に強い競馬。ルメールが上手く進路を内に切ったりという点もあるが、完勝でしたし時計は優秀。ただ、同時に陣営も中団からの競馬にシフトしたように、やはりこのスピードが勝った競馬からオークスの2400mでどこまで合わせてこれるかでしょう。

 

 チューリップ賞では緩んでの瞬発力勝負で、内から勝負所での加速力を欠く競馬になりました。桜花賞では外目を回すことで、順々に加速して直線を向けた分、しっかりと脚を出し切れた印象。あとは東京の2400mの舞台でこれと同じことが出来るか。前が阪神程止まらないコース。仕掛けの遅れは致命的になるでしょう。それと、ここまでマイルばかりを使ってきたことを考えると、馬以上に騎手の意識が重要かもしれません。弱気になって仕掛け遅れると昨年のオークスのように差し届かないということも考えられるわけですから。実際の距離自体は阪神マイルという中距離寄りの差し馬が強いコースで王道通りの勝ち方をした馬で、不安は小さいと思います。あとはマイル戦同様にしっかりと脚を出し切れるかどうか。ここに尽きるでしょう。

 

 というわけで、最終診断は「力は最上位も本質はマイラー、2400は持つと思うが強気の競馬が出来れば」となりました。具体的に言うなら、やはり馬券の軸としてはお奨めしにくいですね。力はあるのですが、今年に限れば相手も強力ですし、桜花賞でも抜けたパフォーマンスというわけではなく、オークスで逆転可能な走りをしている馬もいます。今の高速東京コースで、持ち味のスピードが多少削がれるこの距離。鞍上もテン乗りで3歳牝馬クラシックがあまり得意ではない川田。「抑え」程度が妥当な判断ではないでしょうか。


能勢俊介元TMの予想

大西直宏元Jの予想

公式ツイッター(最新予想オッズ・出走予定馬)

カテゴリ